芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

批判殺到

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/29(金) 11:45:00.64
 毎年恒例で行われている日本テレビの『24時間テレビ 愛は地球を救う』だが今年はコロナの影響で中止するのではないかと言われていた。
フジテレビの27時間テレビは中止を発表されたが、日本テレビの24時間テレビはなんと放送を決行。放送は8月24日~25日となっており、内容を工夫して放送するとしている。

MCは嵐と決まっているが恒例のマラソンはどのようにするのか? リモートマラソンが導入され競技場をグルグル100キロ走るのだろうか……。

また各地で募っていた募金もオンライン募金のみ変更やスタジオで集まって『負けないで』や『サライ』の合掌もリモート出演で歌うことになりそうだ。

そんな24時間テレビの強行に対してTwitterでは「こんなにも世間は叩かれてるのにやるとかこの局狂ってるわ!」、「いい加減偽善番組はやめたらいいのに」、「どうせ募金より製作費かかるんでしょ」、「あの偽善チャリティー番組ヘドが出る」と批判が殺到している。

24時間テレビと言えば当初はチャリティーマラソンが無かったが、15回目からチャリティーマラソンが開始された。初代ランナーは間寛平。『サライ』も24時間テレビの企画で生まれた曲だ。

なおチャリティー番組を謳いながら、出演者にはギャラが支払われる。

https://gogotsu.com/archives/57479
3c6cbabd-s

【日テレ24時間テレビ放送強行に批判殺到 出演者にはギャラ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/10(金) 07:18:27.89
1月7日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で行われた「ロンハーに時々呼ぶかもしれない女性タレントオーディション」の内容に対して、「不快感極まりない」「非人道的な企画」とネット上で批判が続出している。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳がMCを務める『ロンドンハーツ』は、今回、“時々番組に呼べる”準レギュラーを発掘しようと女性タレントオーディションを開催。新番組のオーディションと偽り出演者を募ったところ、81名が集まった。そこから、元アイドルや劇団員、グラビアアイドルなどの12名を面接会場に呼び出し、3つのグループに分け4名ずつの集団面接を実施。その様子を別室で田村、有吉弘行、FUJIWARA・藤本敏史がモニターでチェックするという内容だった。

「面接官からの質問は、別室にいる田村からの指示だったのですが、田村は『ジャグリングが得意』とアピールしていた女性に『失敗したら失格』などの厳しい条件を突き付けて追い込み、半泣き状態にさせていました。また、『逆さ立ちで蕎麦を食べられる』とアピールした女性が実際に披露すると、麺を口に運ぶサポート役のスタッフへ『もっと(口に)入れて入れて』と指示を出し、女性が苦しむ姿を見て爆笑するシーンもありましたね」(芸能ライター)

真剣な面持ちでオーディションに取り組む女性を追い込む言動に、ネット上では「やりすぎ」「口に詰め込むのは危険すぎる」「女性タレントいじめ」という声が上がっている。

「また、“セクシー空手”ができるという女性が現れると、別室の3人はほかの女性タレントにもセクシー空手を強要。突然のムチャ振りを受け、胸元をはだけて男性スタッフにアピールする女性や、同スタッフの至近距離まで顔を近づける女性もいました。これにネット上では、『どう見てもセクハラだよね。みんな可哀想』『おっさん3人が集まって、女性を鑑賞とかキモイ』との言葉が集まっていました」(同)

番組公式Twitterにも、「人の弱みにつけこむようなクソみたいな内容でしたね」「オーディションではなく女性虐待」といったコメントが投稿されている一方、「面白かった」「嫌なら見なければいい」という声もネット上で散見される。さらには、そうした「楽しかった」という感想にも、「笑えるのは女性のことを下に見てる証拠」「こういうのを面白いと思っている男性が気味悪い」との指摘が上がり、波紋は広がっているようだ。

これまで多くの番組で同様の批判が巻き起こっているにもかかわらず、依然として変化がみられないバラエティ番組。「時代に合わない」「時代遅れ」という視聴者の声はテレビ局側に届くのだろうか。

https://www.cyzowoman.com/2020/01/post_265160_1.html
2020/01/08 19:17
20200110002

【【ロンハーなのに】『ロンドンハーツ』女性オーディション企画が物議――「いじめ」「非人道的」と批判殺到www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
computer_internet_enjou

1: なまえないよぉ~ 2019/11/05(火) 12:02:18.20
司会やコメンテーターの発言が「札幌をdisりすぎ」「札幌をバカにしている」といった批判がネット上で相次いでいる。

特に批判が多かったのは、TBS系の『ひるおび!』と日本テレビ系の『情報ライブ ミヤネ屋』だ。

両番組とも北海道マラソンのコースを辿り、9月に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)のコースと比較していた。
北海道マラソンは、札幌市中心部の大通公園を発着点に道庁舎、テレビ塔、すすきの、北大など地元の名所付近を巡るコースである。

最大の難所と言われるのが折り返し地点となる新川通りで、往復約13kmにわたって木陰が一切なく、
直射日光を浴び続けながら単調な道を走らなければならない。

この新川通りに「ここは建物が何も無いところで、走っても走っても前に進んで行かないような…飽きちゃうんですよ! 
心が折れる区間です」と文句タラタラだったのが、北海道マラソン経験者のスポーツコメンテーター・千葉真子さんだ。

司会の恵俊彰が
「雷門とか、いろんな物が見えた方が良いんだ」「東京の方が高いビルとかあって、日陰ができるかもしれない」と言えば、

さらに千葉さんは
「ここ(新川通り)は駅から3kmぐらい離れていてアクセスも悪く
応援も少ないかと心配している」など次から次へと北海道マラソンのコースへの不満を口にする。
それに恵が「応援する人も走っていかなきゃ行けないんだ!」と応え、スタジオ内から笑い声があがっていた。

『ひるおび!』では新川通りをGoogleのストリートビューを使って説明していたが、
『情報ライブ ミヤネ屋』では現地からの生リポートだった。

同番組の中山正敏リポーターも「風が吹くとふきっさらしですね」と不安を口にし、
最寄り駅から歩いて40分もかかることから観客の交通手段を心配する。司会の宮根誠司アナはこの新川通りは実況泣かせだとし、
「真っ青な空、緑の木々を繰り返すしかない」「東京だったら色々言えるが」と話していた。

この両番組に対し、ツイッター上では批判の嵐になっている。

『ひるおび!』には

「札幌にマラソン決まって、なぜこんなにディスられなきゃならないの? 

何にもないとか、単調で辛いとか、街中には百貨店とかあるそうですとか、バカにしすぎじゃない?」

「冗談にしても放送で言って良いことと悪いことがあります。スタジオ内で面白くても、道民は不愉快極まりない」

「千葉真子は3回も優勝しといてコースに文句言う? もう2度と北海道のどんなマラソン大会にも来て欲しくない」

「あまりにもめぐみのマラソンコースについての態度にムカついてTBSの視聴者センターに苦情入れた」

『情報ライブ ミヤネ屋』には

「確かに新川通は何もない。けど鼻で笑われながら、こんなとこ呼ばわりされる筋合いは無い」

「いつまでも東京でやりたかった、札幌はこんな風にダメ、ばかり。選手ファーストじゃなく、東京ファースト」

「東京が札幌disみたいな流れよくない」など北海道民や札幌市民だけでなく、東京都民からの声も見受けられ。
両番組の放送内容を不快に感じた人が少なくないようだ。

TBS東京オリンピック2020の総合司会を務める安住紳一郎アナは北海道帯広市出身だが、
北海道マラソンのコースをどう思うのか、実況泣かせのコースなのか、彼に聞いてみたいものだ。

https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9150488

【マラソン移転 『ひるおび!』と『ミヤネ屋』が札幌を罵倒しバカ騒ぎして批判殺到  】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/24(木) 15:17:27.89
火曜ドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)の第3話が22日に放送され、平均視聴率が10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第2話の7.7%からは2.3ポイントのアップ。2話ぶりに2ケタ視聴率となった。

 第3話は、桑野(阿部寛)が、隣人である早紀(深川麻衣)の飼うパグ犬・タツオをきっかけに、少しずつ交流を深めていくというストーリー。ある日、桑野は夜道でタツオを散歩させている早紀に遭遇する。そこに、早紀の元恋人で人気俳優の信吾(平田雄也)が「ヨリを戻したい」と迫ってきたため、桑野が信吾を追い返すと、ちょうどその場面を週刊誌に撮られてしまい――という展開になった。

 “謎の女”だった隣人・早紀の正体が新人女優であることが明らかになり、少しずつ出番も増えてきているものの、作品ファンからはある苦言が聞かれている。

 「桑野の周辺の女性は前作から一新され、ただでさえ困惑の声が寄せられていましたが、その中で特に悪目立ちしているのが、早紀を演じる乃木坂46の元メンバーの深川麻衣です。前作では国仲涼子が演じていた隣人役ですが、視聴者からは毎回のように『下手だし、国仲涼子と比べるとそこまで可愛くない』『国仲涼子は明るくて可愛くてサバサバしてたけど、女優役なのになんか暗くて見てられない』
『かわいい扱いされる役でむしろかわいそう』といった声が噴出。俳優とのスキャンダルや役を降板させられるなど、さまざまなトラブルを抱えているという役柄なこともあり、前作の国仲と比べる声が多く出てしまっています」(ドラマライター)
 
 さらには、「こんなだったら西野七瀬のほうがマシ」「アシスタント役で出てる奈緒を隣人にすればよかったのでは?」という声も上がってしまっているという。

「深川といえば、18年下半期のNHK朝ドラ『まんぷく』で素朴な役柄を演じ、作品に華を添えていましたが、今回のような大きい役はまだ合わなかったのか、『朝ドラの時はよかったのにね』という声も上がっています。一方、若手女優役ということで、ファンからは『わざと下手に演技してるだけ』『下手なのは下手な女優の演技』という擁護の声も出ているものの、セリフ読み以外でも変わらず棒読み。
『見るに堪えない』として視聴を中断した作品ファンも少なくないようです」(同)
果たして、女優として深川の今後の成長は見込めるのだろうか――。
https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_49569/

深川麻衣
no title

【『まだ結婚できない男』出演、元乃木坂46深川麻衣に批判殺到 「可愛くない」「演技下手」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/20(日) 07:25:22.82
「ドロドロの血液を体外に取り出し、オゾンで洗浄してサラサラの血液に」

「究極のアンチエイジング」「疲労回復・スタミナ増強」

「がんやHIV、脳梗塞、アトピー、アルツハイマーなどにも効果がある」

――こんな効果をうたう「血液クレンジング」なる治療法を、著名な芸能人らがSNSでこぞって拡散している。

ネット上では「トンデモ医療」「危険なのでは?」と批判や疑問の声が殺到。一時は「血液クレンジング」がTwitterのトレンドにも入った。

各地の消費生活センターにも契約トラブルや「効果がない」と訴える声が寄せられており、専門家は「十分なエビデンスがあるとは言い難く、誇大宣伝だと考えます」と指摘している。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

たかみな「身体の中をメンテ」
no title


元AKB48の高橋みなみさんは昨年1月、InstagramやTwitterで「血液クレンジングと高濃度ビタミンCなどなど身体の中をメンテナンスしてきました」と報告した。

このクリニックのホームページによると、血液クレンジングは100mlの血液を採取し、医療用オゾンを血液に加えた後で体内に戻す治療法。

採取時にはどす黒い色をしていた血液が、オゾンと反応することで「一瞬で鮮やかな赤に変色」するという。

大きな文字で「究極のアンチエイジング」と銘打たれ、「治療の効果」という欄には、がんやHIV、アトピー、糖尿病、パーキンソン病、アルツハイマーなどの疾患への「効果が報告されています」と記載されている。

女優の仲里依紗さんも、2015年9月に同名のクリニックで血液クレンジングを受けたとTwitterに投稿している。

10/19(土) 7:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00010001-bfj-soci

写真
no title

【<芸能人が拡散する「血液クレンジング」に批判殺到> 「ニセ医学」「誇大宣伝」指摘も】の続きを読む