芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

批判殺到

8a6163c6


1: なまえないよぉ~ 2017/12/12(火) 05:59:33.65 ID:CAP_USER9
『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて今年スタートした、不定期開催の人気企画『世界の果てまでイッタッキリ』。

同企画にて、類まれなる才能とセンスを発揮し一躍人気者となったのが、ANZEN漫才のみやぞんだ。そんな彼が10日の放送でブレイクダンスの大技、ヘッドスピンに挑戦。

しかし、現地における番組スタッフの言動に、視聴者から批判が殺到する事態となっている。

■お題は「ヘッドスピンを2週間で」
世界の果てまで赴き、出されたお題をクリアするまで帰国が許されないという、過酷な同企画。今回みやぞんに課せられたお題はアメリカ・ロサンゼルスでの「ヘッドスピン」。

しかも、10回回らなくては認められない他、スケジュールの都合上これをわずか2週間でものにしなくてはならない。チャレンジ早々、みやぞんはブレイクダンサーたちから指導を受けながら、ヘッドスピンのベースとなる三点倒立をマスター。

持ち前の運動神経とセンスで幸先の良いスタートを切ったが、三点倒立から先へは中々進めず、苦戦を強いられてしまう…。

■リタイア宣言に「バカにしてるの?」
必死に練習を重ねるみやぞんだったが、2週間以内での習得は不可能と判断。日本で別の仕事が控えていることから、みやぞんから番組スタッフへ「リタイア宣言」が。

しかし、そんなみやぞんに対し番組スタッフから「バカにしてるの?」との発言が。みやぞんから「日本で練習を継続し、スタジオで(ヘッドスピンを)披露する」という提案が出されるとそれが承諾され、みやぞんに帰国が許された。

帰国後、プロブレイクダンサーによる指導を受けながら、仕事の合間を縫って必死に練習を重ねたみやぞん。スタジオではシンプルなフォームでの安定したヘッドスピンを披露し、歓声があがった。

■スタッフの言動に批判の声
「2週間でヘッドスピンを取得」というさすがに難易度が高すぎた今回の企画。必死に難題に挑むみやぞんに対するスタッフの言動に対し、視聴者からは批判的な声が多くあげられている。

#イッテQ
何かみやぞん可哀想だわ…。
スタッフも何か「は?何お前。2週間で出来ねえの?金使ってんだからやれよマジで。」
見たいな態度だったよねさっき。
何か無茶ぶりされてるいじめられっ子見てる気分であんまり好きじゃないな…。

— ラインハルト@リゼロ2期来い (@yFj8NKQFBFUeQNP) December 10, 2017

イッテQのみやぞん企画、スタッフチンピラかよ。。「バカにしてる?」とか引いたわよく放送したな、バカにしてんのはそっちじゃないの?みやぞんのポテンシャルと努力頼み過ぎだろ。

— 伊織 (@1234567lull) December 10, 2017

みやぞんのヘッドスピンチャレンジ。
スタッフの上から目線がすんごい鼻に付いた…「バカにしてんの?」とか、超多忙の中頑張った人になんでそんなこと言うんだろう。そっくりそのままお返ししたいわ。#イッテq #みやぞん

— 紅蓮の磯撫 (@425_akb) December 10, 2017

必死に頑張っている人に対する言葉としては不適切な言葉だ、と指摘するような声も。

異国の地での大胆なチャレンジが、笑いと感動を生み出している同番組。しかしながら、今回はさすがに無理があったようだ。


(文/しらべぇ編集部・もやこ)

しらべぇ2017年12月11日17時30分
https://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20161409676/?ptadid=

【<「イッテQ」みやぞん異例のリタイア>「上から目線」番組スタッフの言動に批判殺到!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/30(木) 15:39:27.76 ID:CAP_USER9
乃木坂46の斎藤飛鳥が今月28日、音楽番組『ベストアーティスト2017』(日本テレビ系)で嵐とのコラボ中に、出だしから歌詞を間違えるという失態で大きな話題となっている。

そんな乃木坂グループは過去にも、生歌で不安定な一面を露呈していることをご存知だろうか。

それが今年9月に放送されたタモリ司会の音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した時だ。

乃木坂メンバーの西野七瀬や白石麻衣などが出演する映画『あさひなぐ』の主題歌「いつかできるから今日できる」のソロパートを西野や斎藤などが生歌で熱唱するも、声量はまったく足らず、音程も不安定なままを終えた。

また今年10月放送の音楽番組『CDTVスペシャル! ハロウィン音楽祭2017』(TBS系)でも「いつかできるから今日できる」の生歌を披露したが、『ミュージックステーション』よりも悲惨な状況に。

西野の声が「かすれ」、思い切り音を外してしまった。その後他のメンバーのソロでも同様に音程が定まらず、生歌のリスクを露呈してしまったようだ。
 このあまりの酷さに視聴者からは「音程がズレている」「下手すぎにも程がある」と厳しい声が飛び交っている。
 

そんな乃木坂の歌唱力の不安定さは以前から囁かれていたが、昨年6月に放送されたネット番組『乃木坂46時間TV』は、もはや歌唱力の善し悪しというレベルではなかったようだ......。

「乃木坂46ガチ歌合戦という企画で、80年台アイドルに扮して対決するという内容でした。
その青チームとして西野と深川麻衣がデュエットを組み、Winkの名曲『寂しい熱帯魚』を生歌で披露しました。


二人揃って黒い衣装に纏って登場しましたが、歌唱力の低さはもちろん、終始やる気のなさが感じられました。
視聴者からは『宴会ですか』『ルックスを抜いたら素人レベル』と人気アイドルの演奏とは思えない感想ですね......」(記者)


歌手活動だけではなく、人気メンバーはモデルやバラエティでも活躍する乃木坂グループ。
「ボイストレーニングする時間がない」と擁護する意見もあるが、生歌で出演させる乃木坂あるいは番組関係者の配慮が足りないといえるだろう。



今年を締め括る大型歌番組『NHK紅白歌合戦』の出演が決まっている乃木坂グループだが、
生歌にするのか口パク、どちらになるだろうか......。色んな意味で大きな注目を集めるだろう。
http://biz-journal.jp/gj/2017/11/post_5174.html


no title

【【アイドルなんで】乃木坂46の生歌に批判殺到wwwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/12(日) 14:59:45.61 ID:CAP_USER9
11月7日、2018年の大河ドラマ「西郷どん」(NHK)のメインビジュアルが公開された。
桜島をバックに鈴木亮平が演じる西郷隆盛がジャンプし、何かを叫ぶかのように口を大きく開いている。
エネルギッシュで躍動感あふれるビジュアルだ。

だが、これにいきなりケチがついた。大河ファンから「心配していたとおりまったく西郷隆盛に似ていない」「ちっとも西郷隆盛に見えない」との批判が殺到したのだ。

「同ドラマはそもそも主人公・西郷隆盛を堤真一が演じるはずでした。
ところが堤に内定の報道が出た後、一転して鈴木亮平が務めると発表された。
これによって『鈴木亮平は代役』という印象がついたこともあり、鈴木では西郷隆盛を演じられないのではないか、似ないのではないかという心配が持ち上がっていました」(テレビ誌ライター)

その不安が的中してしまったようだが、一般的に言われている西郷隆盛のイメージがそもそも間違っているという意見もある。

「西郷隆盛というと、太い眉毛にぎょろりとした大きな目を持つガッチリした大男というイメージで知られています。
ですが、あれは西郷の死後に弟や彼をよく知る人から特徴を聞いて描かれたもので、実物とは違うと言われています。
西郷は写真嫌いなうえに暗殺を恐れていたため、写真が残っていないんです」(歴史研究家)

となれば鈴木亮平の西郷も十分“アリ”と言ってよさそう。ぜひとも鈴木にしかできない西郷像を見せてほしいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1374981/
2017.11.12 10:15 アサジョ

no title

【鈴木亮平の「西郷どん」メインビジュアルに「似てない」と批判殺到】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/30(月) 15:57:12.79 ID:CAP_USER9
10月23日からスタートした篠原涼子主演の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系)の視聴率が、9%だったことがわかった。
同ドラマは「プロ野球クライマックスシリーズ」の中継時間が延長となり、30分遅れの開始となった。

「前クールの『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』(フジテレビ系)放送時は、高視聴率を記録していた月9枠ですが、『民衆の敵』はその好調な流れを維持することができませんでした。
今回は野球延長による低迷との見方があるものの、放送直前の9時26分の時点では、視聴率16.6%という高い数字をマークしている。
そのため、ドラマの内容を見て多くの視聴者が離れてしまったようです」(テレビ誌記者)

同ドラマは、篠原演じる平凡な主婦が、高額報酬を目的に市議会議員選挙に立候補するという物語。
また実際の衆院選直後の放送だったため、注目度は高いように思われたが、視聴率には結びつかなかった。

さらに、ドラマを見た視聴者から、ある演出に批判が殺到しているという。

「今回、主人公が選挙で戦った相手に、磯部真蔵(いそべしんぞう)という、明らかに安倍晋三総理を意識したキャラクターが登場しました。
そして物語の終盤、その人物のもがき苦しむ様子が放送され、健康上の理由で退陣となった。
結果、篠原演じる主人公が繰り上げ当選するのです。
安倍総理と言えば、前就任中に持病の潰瘍性大腸炎が悪化し退陣している。
それだけにこの展開が、安倍総理を意識しているとして、一部視聴者から『難病で辞任した安倍総理をバカにしているのか!?』『やり方が汚い。不愉快だ!』
『フジは民衆の敵が安倍さんだと言いたいの?』と批判が殺到しています」(前出・テレビ誌記者)

フィクションのドラマとはいえ、実在の人物への悪意を想起させかねないキャラクターの描き方には、不快感を抱く視聴者が多かったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1370639/
2017.10.30 09:58 アサ芸プラス
6aa34325

【【いつもの】フジ月9「民衆の敵」に批判殺到wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/26(木) 09:58:29.21 ID:k6GjiSH80● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
10月26日に放送された『モーニングショー(テレビ朝日系)』の冒頭にて高木美保さんが、六本木でハリソン・フォードを
偶然見かけたという話になった。高木美保さんは「偶然すれ違ったんですよ」と嬉しそうに語り、また写真を撮影したのも
高木さんだという。

高木さんが撮影した写真は離れた場所から撮影しておりSPらしき人物も一緒に映り込んでいる。高木さんはこのことについて
「接写で撮ろうとしたら『ノー』と言われた。3回チャレンジしたけど3回とも『ノー』」と撮影を断られたという。

(つづく)

記事に動画全編あり
http://gogotsu.com/archives/34132
no title

【高木美保が六本木でハリソン・フォードを偶然見かけ盗撮 テレ朝の番組でその写真を使い放送し批判殺到】の続きを読む