芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

打ち切り

    このエントリーをはてなブックマークに追加
した


1: なまえないよぉ~ 2017/10/03(火) 07:23:08.44 ID:CAP_USER9
28日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年スペシャル』(フジテレビ系)が大炎上中だ。

番組序盤に放送された『笑っていいとも』のパロディ『祝っていいとも』は、タモリや笑福亭鶴瓶の協力もあり、かつての昼の顔『いいとも』の根強い人気を感じさせ、ネットの反応も良好だった。

雰囲気が変わったのは、ビートたけし出演パート。『オレたちひょうきん族』で一世風靡した「鬼瓦権造」とともに登場したのが、石橋貴明扮する「保毛尾田保毛男(ホモオダホモオ)」。かつての人気キャラクターで、同性愛者という設定だ。

冒頭部分で木梨憲武扮する「ノリ子」に「あんたホモでしょ?」とツッコまれ、「あくまでも噂なの」とかつてのやりとりを見せその場を笑わせたのだが、視聴者から不快感を露わにする声が続出。

とんねるずにしてみれば「かつてのノリ」だったのだろうが、波紋は広がる一方。LGBT関連団体からフジテレビに対し、「ホモという単語は男性同性愛者への蔑称」「その存在を嘲笑の対象として表現することは性的少数者への差別や偏見を助長する」と厳重な抗議と謝罪要求が入った。

これは受けたフジテレビは、29日に宮内社長が「不快な面をお持ちになった方がいたことはテレビ局としては大変遺憾なこと。謝罪をしないといけない」と発言し、謝罪。トップが頭を下げる事態に。また、一部にはスポンサーが降板を検討しているという話もあり、番組の存続が危ぶまれている。

「保毛尾田保毛男は、リアルタイム時代からその存在が賛否両論だったキャラ。放送当時はインターネットがなく、抗議の声が演者や世間に届かなかっただけ。

そんなキャラを現代に出演させてしまった番組スタッフは、やはりズレていると言わざるをえない。

とんねるずの場合、『おかげです』での女性タレントに対するセクハラまがいの行動など、いろいろな意味で『昔だから許された』ことが多く、今回の件で改めて『昔のノリ』が現代では批判の対象になることが露呈されてしまった。

元々視聴率も高くありませんし、ギャラも高額で『いつ打ち切られても不思議ではない』番組。保毛尾田保毛男騒動でフジテレビが決断する可能性も、あるかもしれませんよ」(芸能ライター)

とんねるずにとっては、踏んだり蹴ったりの30周年となってしまったようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13695571/
2017年10月3日 1時6分 リアルライブ

【フジ社長が謝罪『みなさんのおかげでした』打ち切りは近い?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
フジテレビ


1: なまえないよぉ~ 2017/09/11(月) 19:23:20.94 ID:CAP_USER9
一部で「冬の賞与がゼロになるのでは」と報じられるなど、深刻な低迷がささやかれるフジテレビ。6月に就任した“最強のコストカッター”と名高い宮内正喜新社長(73)の下、“非常事態宣言”を出し、現在、大改革に乗り出しているが、そんなフジの看板番組に関する、驚きの情報が入ってきた。

「ナインティナインがメインを張る、毎週土曜日20時帯のフジの看板バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(以下、『めちゃイケ』)が、来年3月、22年目の春に終了することが、正式に決まったそうです。これまで、改編のたびに何度も“打ち切り候補”として検討されてきましたが、ついに今回は逃れられなかった……。来春の終了は、変更されることはない決定事項だといいます」(放送作家)

『笑っていいとも!』(2014年3月31日最終回)、『SMAP×SMAP』(2016年12月26日最終回)といったフジを代表する長寿番組が近年、次々と終了を余儀なくされる中、しぶとく生き延びてきた『めちゃイケ』。

“視聴率の低迷”が大きな原因に

「今年から番組開始以来初の2本撮りをするなど経費削減に努めてきた」(フジ関係者)というが、その努力も打ち切りを回避するまでには至らなかったようだ。来春の終了が決定した大きな理由は1つ、視聴率の深刻な低迷ぶりだ。

「全盛期は、20%超えが普通で、2004年秋のスペシャルでは、33.2%という驚異的な数字を叩き出したモンスター番組『めちゃイケ』も、ここ数年は一桁台がザラ。そして、フジ上層部が注視する中で、8月5日の2時間SPでの“4.5%”という壊滅的な数字が“打ち切り”の決定打となったようです」(前出の放送作家)

 さらに、致命的なのが、「制作費が『めちゃイケ』の20分の1以下ともいわれる同時間の裏番組、テレビ東京の『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(以下、『出川充電』)に完敗を喫している」(前同)ということ。そこで、最近の直接対決の視聴率を調べたところ、

〈8月5日、『めちゃイケ』2HSP4.5%、『出川充電』5.1%〉、〈8月19日、『めちゃイケ』5.5%、『出川哲朗&さまぁ~ず三村 ポンコツおじさん旅に出る』5.7%〉、〈9月2日、『めちゃイケ』5.4%、『出川充電』8.6%〉と、一部、出川&三村SPは入るものの、見事に『出川充電』に全敗をしていた。これでは、最強のコストカッターでなくても、打ち切りはやむなしだろう。

全盛期は人気企画を次々に生み出したが…

「『単位上等!爆走数取団』、『中居&ナイナイ日本一周の旅』、岡村隆史がEXILEのライブなどに乱入した『岡村オファーがきましたシリーズ』などなど、神企画の数々を生んできた『めちゃイケ』ですが、ついにその役割を終えたということでしょうね」(同)

 フジテレビの大変革の流れの中での、『めちゃイケ』の打ち切り決定情報。世の流れといはいえ、寂しい限りだ。

2017年09月11日 16時50分 公開
https://taishu.jp/detail/29438/

【『めちゃイケ』22年目の春に、打ち切りが正式決定!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/09/03(日) 19:39:07.40 ID:CAP_USER9
女優の真木よう子(34)が、主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の撮影をキャンセルしていたことが8月30日に報じられた。
真木よう子は、クラウドファンディングを利用して自身の写真集を制作し、
その写真集を同人誌即売会であるコミックマーケットで販売しようと参加表明したことが批判を集め、即売会の参加を撤回・謝罪のコメントを発表したばかりだ。

また、真木が撮影をキャンセルしたという29日は、自身のTwitterアカウントを削除した日でもある。
真木のTwitterアカウントは同ドラマの放送に合わせて開設され、当初は100件以上のコメントに真木自身が返信するというマメさが注目されていた。

撮影キャンセルに加え、突然のアカウントの削除は、多くのネットユーザーたちを困惑させたようだ。
避難が殺到したことによる精神的なストレスが、今回のキャンセルの原因となったのではないかと囁かれている。

さらに、真木のストレスの一因と思われているのが本作の視聴率だ。
スタート時から5.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)という低空飛行を続け、第2話以降3%~4%台を行き来する状態が続いている。
こうした状況を受け本作は、9月7日の放送の第9話を以て、最終回を迎えることが決まった。

「関係者の間では、元々真木は情緒不安定な部分があったという声もあった。
真木自身も久しぶりのドラマ出演で、気持ちが張っている部分もあったはず。
今回の一連の流れも踏まえ、周囲もしばらくはドラマのオファーを控える動きになりそうです」(芸能関係者)

■削除翌日にTwitterを楽しく語る真木よう子の違和感

一方で真木は、30日に放送されたトーク番組『TOKIOカケル』(同)に出演している。
番組では削除したTwitterアカウントに関するトークもあり、さらにネットユーザー達をざわつかせていた。
番組が収録されたのはおそらくTwitterのアカウント削除や、同人誌即売会騒動の前の頃のようで、真木が「今Twitterをやってて」などと語る一幕があった。

Twitterを楽しむ真木の様子に、ネットでは「切なすぎる……」「この話題放送して良かったのか?」「タイミングが悪すぎるだろ」といった声が寄せられたようだ。

「Twitterを削除した現状と話が繋がらなくても、話題になるだろうと放送することに踏み切ったのでしょうね。
ドラマの最終回も迫っているし、フジとしては少しでもいいから視聴率を上げたいという目論みもあったのではないかと」(前出・芸能関係者)

なにもかも踏んだり蹴ったりの真木だが、こうした状況を業界内でも心配する声は多い。

「今後は、真木の精神状態を考慮した仕事を選ぶべきだという声もあるようです。
ドラマよりもじっくり時間が取れる映画の仕事がいいのではという意見もあり、真木もそれを希望しているとも。
今回の『セシルのもくろみ』が実質的に最後のドラマ主演になるのでは。
映画にしても主演にこだわらず、良くも悪くも注目度の低い脇役でのポジションが増えていくでしょう」(同・関係者)

女優として業界評価は低くない真木だが、今回の一連の騒動から完全復活するには少々時間がかかるのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1351256/
2017.09.03 19:00 デイリーニュースオンライン
no title

【真木よう子、収録欠席にセシル打ち切りで崖っぷち「ドラマ主演は最後になるでしょう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
fblogo

1: なまえないよぉ~ 2017/08/28(月) 22:05:34.62 ID:CAP_USER9
タレント・松本人志(53)に、フジテレビ・宮内正喜新社長(73)が「一体、何様なんだ?」と不快感を示し、『ワイドナショー』(同局)に10月打ち切りの可能性が出てきたと、8月28日発売の『週刊現代』が報じている。

「宮内社長が怒っているのは、同番組の20日の放送です。松本は『上原多香子(34)のニュースに触れないのは恥ずかしい』という思いが自身にあったのに、番組側にカットされた舞台裏を暴露しました。この発言は番組プロデューサーが悩んだ末に独断で放送したことで、宮内社長としては寝耳に水だったとか。新体制で巻き返しをと意気込んでいた矢先のことで、松本とその発言を流した同番組プロデューサーに激怒したようです」(週刊誌記者)

世論からはその発言が賞賛された松本だったが、やはり局内部で波風が立たないわけがない。さらに同番組ではさらに突っ込んで、「テレビが時代遅れになる」「(タブー開示が)フジテレビのため」といった”局批判”とも受け取れる異例の物言いもあった。これも宮内社長の怒りを買ったと関係者はいう。

「宮内は元々は編成マンですが、BSに移った後は報道番組に携わってきた。社長就任前に『これからは報道の時代』と公言している。それだけに報道班が関係しないワイドショー自体を軽く見ているし、ジャーナリズム教育を受けていない素人、つまりニワカ知識で政治まで語る松本のことを冷ややかな目で見ていたとも。その松本がフジの報道姿勢を問うような発言をしては見過ごせなかったのでしょう」(フジテレビ関係者)

 また同関係者によると、宮内社長と松本には安倍晋三首相(62)をめぐるちょっとした因縁もあったという。

「宮内社長のBS時代の自慢には”おれの番組(『プライムニュース』(BSフジ))には安倍さんも出る”というものがあった。しかし、安倍さんはあっさり報道番組でもない『ワイドナショー』に出演し、松本と意気投合するなど大きな話題になった。宮内社長はそうした松本を面白くないと感じてしまうのは自然な感情でしょう」

 松本の方も、同番組については「降板も辞さず」(6月4日放送)の発言を見せており、両者が衝突すれば、10月での番組打ち切りもあるかもしれない。松本とフジテレビが衝突して97年11月に終了した『ごっつええ感じ』(フジテレビ系)の二の舞いが懸念される。

2017.08.28 20:20 | デイリーニュースオンライン
http://dailynewsonline.jp/article/1349307/

【松本人志の局批判にフジテレビ新社長が激怒?ワイドナショー打ち切りの現実味】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
しくじり先生

1: なまえないよぉ~ 2017/08/18(金) 15:48:26.02 ID:CAP_USER9
『しくじり先生』が謎の打ち切り!オリラジ中田への制裁説も?

 8月17日、テレビ朝日の人気番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』が10月の改編期で終了となることが発表された。

 現在、テレビ朝日から番組終了の理由は発表されていないが「ネタ切れ」「視聴率低下」など様々な噂が囁かれている。
 確かに『しくじり先生』は過去に失敗した芸能人に1時間の講義をさせるため事前準備はタレントも含めて膨大な時間を要すため制作スケジュールが圧迫していた可能性が高い。
 また「視聴率」の面については具体的な数字は明らかになっていないが『しくじり先生』は今年4月の月曜20時から日曜22時への時間移動後、視聴率は大幅に下がったとも噂されている。

 そのほか非常に眉唾的な噂ではあるが一部では今回の『しくじり先生』打ち切りは「オリエンタルラジオの中田敦彦を徹底的に干すため」との噂も出ている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

リアルライブ 2017年8月18日 14時45分
http://news.livedoor.com/article/detail/13489199/

関連スレ
【テレビ】しくじり先生:テレ朝の人気バラエティーが今秋終了 3年の歴史に幕 ★2
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502939742/

【『しくじり先生』が謎の打ち切り! オリラジ中田を徹底的に干すため?】の続きを読む