芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

打ち切り

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/31(日) 10:04:09.46 ID:CAP_USER9
『レコード大賞』視聴率次第では「打ち切り」の噂が再燃へ

12月30日の17時半から放送される『第59回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)。今年は没後10年、作詞活動50年、生誕80周年のメモリアルイヤ
ーに当たる作詞家の故・阿久悠氏がレコード大賞特別賞を受賞したことを記念して、39年ぶりに阿久氏の“秘蔵っ子”である『ピンク・レディー
』が出演することが発表され、話題となっている。

「アラサーならぬ“アラ還”のピンク・レディーが出演ということで、懐かしさとどのくらい切れのあるパフォーマンスを見せてくれるのかに関
心が集まっているようです。しかし、若い人からの知名度は低く、実際は大した呼び水にはならないというのが大方の関係者の意見です。昨年は
アーティストの西野カナが『あなたの好きなところ』で初の大賞を獲得。女性ソロアーティストとしては2005年の倖田未来『Butterfly』以来11年
ぶりということもあって、19時から22時までの視聴率が14.5%と前年よりも1.5%アップしました。しかし、今年はすでに乃木坂46と三浦大知の一
騎打ちともいわれており、話題性はあまりありません。よもやひと桁代の視聴率ともなれば、くすぶっていた“打ち切り説”が再び浮上してくる
のは必至でしょう」(芸能記者)

大賞候補の認知度は低い
乃木坂46の『インフルエンサー』は、グループ初のミリオンセールスを達成した曲だが、その割に一般への認知度は低く、同グループの白石麻衣
はテレビ番組で「乃木坂46にはいい楽曲がたくさんあるのに、カラオケで歌ってもらえない」、「みんなが口をそろえて歌えるような楽曲が欲し
い」と愚痴をこぼしていた。

一方の三浦大知の『EXCITE』は、オリコンCDシングルチャート1位を獲得した曲だが、もともとテレビ朝日系で8月まで放送されていた『仮面ライ
ダーエグゼイド』の主題歌で、人気をけん引したのは子供とその親だというから、一般への知名度など推して知るべしだろう。

「昨年は大賞の受賞を1億円で買収していた疑惑が週刊誌で報道され、いまやレコ大は、アーティスト事務所間の“出来レース”という印象が強く
なっています。さらに、若者のあいだで人気の『ONE OK ROCK』のように、海外で通用するアーティストが増えてきた昨今、国内のローカルな賞を
獲ったからといって、ただの業界の権威付けにしかならないことが分かってしまいました。レコ大の視聴者離れはこれからも続きそうです」(スポーツ紙記者)

昭和の時代は『レコード大賞』から『紅白歌合戦』への歌手の移動も年末の風物詩だった。楽曲のダウンロード販売や、オンラインでコンサート
を視聴する世代にとっては、とっくの昔に理解し難い世界なのかもしれない。
https://news.nifty.com/article/entame/myjitsu/12156-39707/
no title

【レコード大賞打ち切りか  乃木坂46受賞で賞の権威が低下wwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/11(土) 07:34:40.34 ID:CAP_USER9
時代の風潮か 相次ぐバラエティー番組打ち切りの根本原因
2017.11.11
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/217394
no title

お笑いの大家たちは何を思う?(C)日刊ゲンダイ

 フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の来年3月での終了のほか、同局系「とんねるずのみなさんのおかげでした」や「SMAP×SMAP(スマスマ)」の後番組
「ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?(もしズレ)」の打ち切り説も一部で報じられるなど、バラエティー番組が軒並み存続の危機に立たされている。

「バラエティはいよいよ大変だ」とツイートしたダウンタウンの松本人志(54)はこんな持論を展開。
「コアなファンは面白いと言ってくれるけど、大抵そういう場合は低視聴率なことが多い。(バラエティーで)とがった番組を作るにはお金と体力が必要。
クレームなどのリスクも考えると、今後どんどん難しくなるというのはほぼ間違いないでしょうね」

 若者を中心としたテレビ離れや、コンプライアンス重視の世の中の風潮もあると考えているようだ。実際のところ「めちゃイケ」は1996年10月のスタートから21年。
ナインティナインを中心に視聴率20%超えが当たり前。しかし、2004年の特番で最高視聴率33.2%を記録した往時の勢いはなく、ここ数年の視聴率は1ケタ台に低迷することが多かった。
それはやはり、テレビ離れや社会の変化による影響が大きかったのだろうか。

■マンネリ、惰性、お仲間意識……

 あるテレビ関係者は言う。

「『めちゃイケ』では、ロケ先で現場の仕切りが悪くスケジュール調整できないといった悪評が複数のプロダクションから上がっていた。手間暇かけても良い番組になればいいのですが、
レギュラー出演者と長年のスタッフが好き勝手にやるだけで『自分たちが楽しめればいいと思っている』との指摘がエキストラやゲストからも上がっていた。

【時代の風潮か 相次ぐバラエティー番組打ち切りの根本原因「内輪の悪ふざけが増長」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/10/31(火) 22:40:09.99 ID:CAP_USER9
10月30日に放送された篠原涼子主演の連続ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』の第2話は、平均視聴率が初回の9.0%からさらに落ち込んで7.1%だった。

同ドラマは新米女性市議が市政や社会の悪と対決していくというストーリー。夫と子供の3人家族で平凡な家庭を営んでいた佐藤智子(篠原)はある日、夫婦同時に失業という
憂き目に遭ってしまう。就職先を探している際に知った市議の高額報酬を目当てに出馬し、当選。政治一家のエリートである藤堂誠(高橋一生)らひと癖もふた癖もある同僚議員
たちと、さまざまな社会問題に対峙する。初回で繰り上げ当選を果たした智子が、市議会での“戦い”を始めるのが第2話の内容だった。

「2話目では市議会での仕組みを説明するのに、新人議員役の前田敦子がカメラ目線で解説していましたが、物語の半分くらいは市議会の仕事が何であるか説明しているような
トーンでした。はっきり言って政治に興味がない人は、全く食いつかない内容です」(テレビ雑誌ライター)

SNSでも《市議会議員になるためのマニュアルビデオか?》、《小さな町の政治状況などどうでもいい》などなど、ストーリー展開に不満を訴える書き込みが拡散している。

「智子が居眠りをしている議員を叩いて起こしたシーンは爽快でした。議会のドンと呼ばれる男の側近で、智子は謝罪を迫られますが、視聴者が見たいのはああいった勧善懲悪の
シーンなのです。市民からのリクエストに四苦八苦して応えようとする新米議員の姿を見るのは、視聴者が望む展開ではないでしょう」(同・ライター)


焦る現場とスポンサー

この民衆の敵の放送が始まる前には、高い視聴率を誇った『コード・ブルー』が同じ時間帯に放送されていた。そのため、2話の放送を終えていまだにふた桁視聴率に届いていない
民衆の敵には、期待外れだという声がフジテレビ内に蔓延しているという。

「驚くような大物ゲストを登場させる展開にシナリオをてこ入れしていかないと、ドラマの存続が危ういでしょう。このドラマだけならばいいのですが、せっかくコード・ブルーが作った“月9”
存続の上げ潮ムードも崩壊しかねない状況です。篠原も分かっているので現場では気が立っています」(同・ライター)

この2話目では、ゲスト出演者に水川あさみが登場した。

「水川は子供たちが遊ぶ公園が取り壊しになりそうになり、それを阻止するために立ち上がる役で、優しくも味があるママをうまく演じていました。キャストは篠原や高橋、石田ゆり子や
古田新太に田中圭と、いい役者をそろえているのです。それでいて、なぜ視聴率が取れないのか。スポンサーから早くも『どうにか数字を整えよ』というオーダーが入り始めたそうですし、
このままでは途中で打ち切りになってしまいます」(同・ライター)

no title

https://myjitsu.jp/archives/35356

【フジ「民衆の敵」早くも打ち切りかwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/10/31(火) 15:01:05.20 ID:CAP_USER9
フジテレビが社運を懸けて乗り出したのが女子アナのアイドル化計画だ。
かつて同局アナとして人気を支えた内田恭子(41)や高島彩(38)、加藤綾子(32)らに匹敵する人気女子アナを育成するという王道路線だ。
今回、白羽の矢が立ったのがクジパンこと久慈暁子アナ(23)だという。

「久慈アナは青山学院大時代にスカウトされタレント経験もある。2014年には旭化成のキャンギャルとして活躍し、ファッション誌『non―no』(集英社)の専属モデルまで務めていた。局内で一番、期待されている女子アナです」(フジ関係者)

もっともフジ局内における久慈アナの評判はあまり褒められたものではないという。

「スター候補と言われていたわりに、正直、オーラがないなど訳のわからない話が飛び交う。トークが下手なため制作関係者のなかにも久慈アナを嫌っているスタッフがかなり多いというんです。それも、久慈アナがあまりにかわいいため、やっかみ半分で、あることないことを噂として流されているためじゃないかとも言われていますが…」(事情通)

“大型新人”と期待され、入社後わずか3か月でMCに抜てきされた「クジパン」も9月をもって終了。
放送開始からわずか3か月足らずという打ち切り劇だった。

「局内でも『ポストカトパン(昨年退社した加藤綾子アナ)なんて10年早い』とか、『スター性があるならモデル時代にとっくにブレークしているはずだ』とか耳にしたりする」(同事情通)

それでも久慈アナ不要論がフジ局内に飛び交っているわけではない。
むしろ真逆だというのだ。

「フジの上層部は安売りをしないという方針にしたんです。中途半端な実力のまま冠番組を持たせたり、ゴールデンタイムの番組にちょこちょこ出したりしないように、編成に申し入れたというんです。当然、育成のためです。1、2年間ほど、情報番組や報道系で基礎を押し込む。しっかりアナウンサーとしての基礎固めができた後に、バラエティー番組にもデビューをさせようという方針なんです」とある制作会社関係者。
現在は早朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金)にレギュラー出演している。

確かに高島にしても加藤にしてもしっかりしたアナウンス技術があってこそ、フジの看板アナとして活躍してきた過去がある。
「クジパン」の打ち切りも見捨てたのではなく、再教育するための強硬手段だったというわけだ。
果たして久慈アナは期待通りのポジションに座ることができるのか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000014-tospoweb-ent

久慈暁子アナ
no title

【「クジパン」打ち切り フジ大型新人、久慈暁子アナを再教育へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/10/08(日) 13:03:47.59 ID:VFk3In9z0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
打ち切りをスタッフ自らが望むとは異常に思えるが、それだけの事情が現場にあるらしい。具体的にどのような番組が打ち切りを望まれる状況になっているのか。

「スタッフの愚痴が多く、打ち切りを期待する声が多いのは『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)ですね。かつてと比べて視聴率も低下し、
打ち切り説が何度も浮上していますが、実はそれを一番望んでいるのはスタッフなんです」(番組制作会社スタッフ)
放送開始から長い年月がたっている人気番組だが、なぜ打ち切られたいのか。
「一番の理由は会議の長さです。その時によって変わりますが、およそ20時間も会議する時もあります。食事は出ますが、休憩など無しに一気に行うんですよ。
通常は何度かに分けて会議しますが、『めちゃイケ』は一度にまとめて行うので、スタッフは肉体的にも精神的にも疲弊してしまいます」

さらに、もうひとつの長寿番組もスタッフのほとんどが打ち切りを期待しているという。

「TBSの『サンデーモーニング』ですね。ここの出演者Xの面倒臭さは業界でも有名ですが、気に入らないことがあるとスタッフを即座に変えたり、
VTRをゼロから作り直すように指示することも多々あります。また、この番組自体の視点や立ち位置が世間と乖離していることもあるので、
スタッフもあまり前向きに作れないんです。だから、早く終わってほしいと願うスタッフは多い印象ですね」(放送作家)

また、最近人気のあの番組に関しても打ち切りを期待する声が多いらしい。

「テレビ東京の『家、ついて行ってイイですか?』です。視聴率も世間の評価も高く、本来はうれしい限り。しかし、この番組は撮影に関して本当に苦労します。
ロケに協力してくれる人を探すのが本当に大変なんです」(テレビ番組関係者)
たしかに家までついて行くとなれば、なかなか了承はもらえないだろう。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171008/Tocana_201710_post_14538.html
no title

【スタッフが“打ち切り”を期待する人気番組3つ「めちゃイケ」「サンモニ」「家、ついて行ってイイ?」wwwwww】の続きを読む