芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

打ち切り

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_english_wow_woman

1: なまえないよぉ~ 2022/02/23(水) 15:15:42.08 ● BE:421685208-2BP(4000)
 お笑いコンビ「アンジャッシュ」がMCを務める「白黒アンジャッシュ」について、東京MXが24日深夜の放送を持って打ち切ることが23日までにわかった。

 「白黒…」をめぐっては、多目的トイレでの不倫騒動で芸能活動を自粛していた渡部建が、千葉テレビの15日放送回で復帰。22日には「ザ・マミィ」をゲストに迎えトークしていた。

 東京MXの公式サイトでは「貴島明日香 後編」が最終回となっており、渡部の復帰回が放送される前に打ち切りとなる。
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/45d649c4bf41aa88ffcf48c0d4e0f71c67c8c431&preview=auto

【「白黒アンジャッシュ」 東京MXが渡部復帰回を放送せず打ち切り】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
dame_man

1: なまえないよぉ~ 2022/01/16(日) 17:51:00.85 _USER9
1月12日、人気番組『スカッとジャパン』(フジテレビ系)の打ち切りが報じられた。少し前にはお昼の番組『バイキングMORE』の打ち切りが発表されたこともあり、多くの人がフジテレビの改革を予感しているようだ。

2014年10月からレギュラー化した「スカッとジャパン」は、視聴者から募集した〝ムカッとする話〟を俳優や芸人が再現し、最後にはスカッとする演出で悪者を成敗していくバラエティー番組である。

少し前までは、再現ドラマに出演した俳優が再ブレークするキッカケを作るなど、大きな注目を集めていた。しかし最近の評判はイマイチで、

《全然スカッとしない》
《最初は本当っぽい話もあったけど、最近は寒くなるレベルの作り話になってきてるよね》
《あからさまに作り話なのに、視聴者提供ということで責任逃れしてる胸クソわるい番組》
などといった酷評が続出していた。

「同番組は再現ドラマを作り、それをスタジオでゲストと共に視聴するため、通常のバラエティーに比べてコストが2倍掛かるといった話も。しかし最近は、6%程度の視聴率しか取れていませんでした。コストが掛かるのに視聴率が取れないとなれば、打ち切りも仕方のないことでしょう」(芸能ライター)


『ネプリーグ』にも打ち切り疑惑が…

またフジテレビでは、もう1つ打ち切りが囁かれている番組がある。それは、2003年からレギュラー放送されている『ネプリーグ』だ。同番組が放送されているのは、月曜19時から。「スカッとジャパン」が月曜20時から放送されているため、2番組を〝セット〟で観ている人も多いようで、

《ネプリーグもスパッと切るべきだよね》
《たけのこニョッキとかをやってる時代は面白かったんだけど、今や番宣番組だもんな》
《スカッとジャパンとネプリーグどっちが打ち切りでもおかしくないレベルだよね》
《同時間帯にやってるし、この時間帯は視聴率取れないってことじゃん?》
など、両番組を批判する声が。

月曜日19〜20時は、テレビ朝日系で『帰れマンデー見っけ隊!!』、日本テレビ系で『世界まる見え! テレビ特捜部』などの番組が放送されている時間帯。『ネプチューン』は冠番組が終了しまくっているが、果たして…。

2022.01.16 17:30
まいじつ 
https://myjitsu.jp/archives/327612

【『ネプリーグ』も打ち切りに!? フジテレビが月曜ゴールデンを大改革か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
warai_koraeru_girl

1: なまえないよぉ~ 2022/01/12(水) 15:09:09.66 _USER9
 フジテレビが看板番組に大鉈を振るっている。昼の『バイキングMORE』に加え、月曜夜8時台の人気バラエティ『痛快TV スカッとジャパン』が3月いっぱいで終了することが決まった。同局のプロデューサーはこう話す。

「すでに司会のウッチャンナンチャン・内村光良さんには打ち切りが伝えられています。最近では視聴率が6%台と低迷していて、『スカッと』の後に放送されていた月9ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』とは5%近くの視聴率の差がつけられることもあり、視聴者離れが深刻でした。今後は特番での放送が予定されています」

 同番組は2014年10月からレギュラー放送が始まった。ムカッとする状況を機転の利いた人の対応でスカッとした話を、俳優やタレントが再現ドラマ仕立てで演じ、スタジオでスカッとしたかどうか判断する内容が人気を博した。木下ほうか演じる“イヤミ課長”の『はい論破!』というセリフも人気となり、書籍化もされている。

 打ち切りの理由は視聴率低迷だけではなく、フジ側の懐事情もあるという。前出のプロデューサーが続ける。

「局内ではバラエティ番組のコスト高が問題視されています。再現ドラマの出演者のコストに加え、スタジオでのコストもかかる『スカッと』は、同じく視聴率が低迷している『ネプリーグ』とともに、近年では改編のたびに名前が挙がっていましたので、聞いたときは“いよいよか……”と思いました」

 コストカットはフジの中でも急務となっている。1月からは50代以上の社員を対象とした早期退職希望者を募り、1億円近いとも言われている特別加算金も付けたが、応募の出足は鈍いという。別のフジ社員はこう話す。

「500人弱はいるバブル期に入社した50代社員の人件費を削ろうとしていますが、会社にしがみつく人間が多く、逆に現場ではバラエティを作れる若手の人材が離れていっています。

 給料だけでなく番組経費も削られているため有能な若手はすぐに独立したり、フリーでYouTube制作に回ってしまい、制作サイドも限界が来ている。今のフジはドラマが好調で、視聴率は大きく跳ねなくとも『TVer』などの見逃し配信で稼げている。4月からは水曜10時からのドラマ枠を6年ぶりに復活させ、連ドラ枠を4つ抱えることになる。これからは”ドラマのフジ”路線でいこうとしています」

 同番組の打ち切りについてフジテレビは「改編情報に関してはお答えしておりません」(広報宣伝部)と回答した。1980年代に「楽しくなければテレビじゃない」のキャッチフレーズで2011年まで視聴率三冠を誇っていたフジだが、「楽しい」を切り捨てた代償はどう出るか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c85f93ea11c1e386d7414588d37c3bcafc68f916

【【朗報】『スカッとジャパン』3月で打ち切りへ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/21(火) 07:54:52.17 _USER9
9月10日に放送された情報番組『ひるおび!』(TBS系)内での八代英輝弁護士の発言が物議をかもし、いまだ炎上が続いている。

同番組内で八代氏は、

「共産党は『暴力的な革命』というものを、党の要綱として廃止していませんから」

と発言した。

しかし日本共産党の綱領(八代氏は要綱と言い違えている)を読んでも、そんな文言はない。明らかに事実誤認であることがわかる。ラサール石井氏は日刊ゲンダイのコラムで、

《ワイドショーでのたわ言と看過するには酷すぎる暴言》

と怒りを表している。

悪質なデマだということで共産党は即刻、TBSに抗議した。抗議を受けてTBSは13日放送の『ひるおび!』で謝罪することになったのだが、この放送での八代氏の謝罪がさらに炎上を引き起こすことになった。

局アナが謝罪した後に彼はこう語った。

「私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたものでした。一方、日本共産党はそれを度々否定していることを合わせて申し上げるべきでした」

これを聞いて「なんだ、これ?」と思った人は多いだろう。彼の釈明では、

“(共産党の綱領に『暴力的な革命』と明記されているということは)政府が閣議決定したことで、政府も認めていること”

だから間違いじゃないと言っているわけで、自分が嘘を言ったことに対する謝罪ではない。

そのうえで“共産党が否定している”と付け加えなかったことを謝罪しているだけだ。ポイントがずれていることが誰でもわかる。これには共産党はもちろんSNSや各方面からも抗議や非難の声が上がった。

ジャーナリストの江川紹子氏はTwitterで、

《八代氏のは、自分の発言は政府の見解に沿ったもの、という「弁解」であって、共産党綱領にないことを「ある」とした虚偽コメントへの「謝罪」とは言えませんね》

と発言している。

まさにその通りで、共産党も再びTBSに抗議した結果、17日の放送で八代氏は再び謝罪した。それでも炎上は収まりそうもない。これにはTBS局内からも、非難の声が上がっており、

「芸人やタレントの発言ではなく、国際弁護士ですからね。言葉の重みが違います。しかも総選挙を前にしてデマをとばして一政党を貶めたわけです。公共の電波を使ってネガティブキャンペーンを張ったも同然ですから、罪は重いですよ。

これが自民党に対する発言だったら即、降板となっていたでしょう。あんな謝罪で済ませようとした番組サイドの良識を疑われてもしかたないですね」(TBS関係者)

たしかにネガティブキャンペーンだ。一部の視聴者が、日本共産党が暴力革命を標榜していると思いこむ人が出たとしても不思議ではない。

八代氏の言っていた閣議決定とは、16年3月22日に当時の安倍(晋三)政権が日本共産党について、

《現在においても破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体である》
《『暴力革命の方針』に変更はない》

との答弁書を閣議決定したことを指している。破防法とは、「暴力主義的破壊活動」を行った団体に対する規制措置などを定めた法律で、長年共産党がその調査対象になっていたのは事実である。

たしかに破防法適用のための調査機関である公安調査庁(公安庁)のレポート「内外情勢の回顧と展望」でも、イスラム国、アルカイダなどの国際テロ組織を始め、北朝鮮・朝鮮総連、オウム真理教、過激派セクト、右翼団体などとともに、日本共産党について述べられている。全国紙社会部記者がこう語る。

「破防法が作られたのは東西冷戦下の‘52年で、もともと共産党を排除する政治的な目的でつくられた法律です。公安庁も共産党を取り締まることを最大目的にしてきました。

それから70年が経ついまでも《共産党が『暴力革命の方針を変更していない』》と結論付けているのは、公安庁を廃止させないための詭弁ではないでしょうか」

しかし、この閣議決定にも《共産党の綱領に『暴力革命』が記されている》とはない。八代氏は二重に誤認していることになる。

以下はソース元
スポンサーCM見合わせ…八代発言で『ひるおび!』打ち切り危機も
9/21(火) 7:32配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/996881b2c0e8e09daf510542d31c5bde5c712787

claimer_obasan

【八代発言で『ひるおび!』打ち切り危機 ← 自民党には何言っても問題にしないのになwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/17(木) 22:28:15.60 _USER9
テレビ朝日は9月11日、サッカー情報番組「やべっちF.C.?日本サッカー応援宣言?」(テレビ朝日系)が、9月いっぱいで終了することを正式発表した。

「今回、同局は番組終了について『総合的な判断で終了という形を迎えた』と説明しました。一方、7月の時点で打ち切りを伝えていた『スポーツニッポン』によると、
終了は局が海外サッカーの放映権を失ったことが主因とのこと。本来は3月までだったところ、東京五輪を控えていたため、この時期まで伸ばされていたようです」(テレビ誌記者)

「やべっちF.C.」は、数少ない全国ネットのサッカー番組で、国内外のサッカー試合ダイジェストだけでなく、選手にスポットを当てた企画なども人気を博していた。
そのため、番組終了の報道が出て以降は、サッカーファンや現役Jリーガーからも惜しむ声が相次いでいる。


 そんな中、10月からの後番組について、視聴者から辛辣な意見が殺到しているという。

「テレビ朝日によると10月からは、2.5次元舞台で活躍するイケメン俳優らが、気になることを調査するバラエティ番組『ゆる系忍者隊 ニンスマン』を放送するとのこと。

18年続いてきたサッカー番組の後に、この番組を始めるという編成に対し、サッカーファンからは『謎すぎる。貴重なサッカー番組を打ち切ってまでやることなの? 
悲しくて仕方ない』『フジテレビの「笑っていいとも!」が「バイキング」に変わった時のようにアンチが大量発生しそう』『ゆる系忍者隊ニンスマンってなんやねん! 
もっとちゃんとした番組やるなら納得できるけど、こんな番組やるくらいなら存続させてくれよ』と怒りの声がネットで殺到しています」(前出・テレビ誌記者)

テレ朝といえば、アニメ「ドラえもん」を金曜から土曜に移動させた際も批判が相次いだが、今回の編成も物議を醸しそうだ。

2020年9月17日 6:00
https://asagei.biz/excerpt/20505
smartTop2

【<「やべっちF.C.」打ち切り発表!>サッカーファン怒りのワケは“後継番組”に『ゆる系忍者隊 ニンスマン』 ← ファンが観ねぇから打ち切りなんじゃねぇのwww】の続きを読む