芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

手越祐也

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/07/18(月) 21:57:16.68 _USER9
《colorzで歌唱してきましたー いろんな方が取材に来てくれたり、ここ最近で1番嬉しいサプライズ(まだ言えない)があったり、最高の1日になったぜ 次ライブとしては大阪は11月に帰ってくるからもっと進化しとくね》

 2020年にジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也が、7月15日に自身のインスタグラムを更新。7月14日に大阪・Zepp Nambaでおこなわれたライブ『COLORZ powered by SHEIN』に出演したことを報告した。ファンからは、《やっぱり祐くんの歌はサイコーだった》《配信で見ました~素敵なライブをありがとう》という声が多く寄せられている。

 現在、スペースシャワーTVプラスで音楽番組のMCを務める手越だが、ジャニーズ退所後には実業家に名乗りをあげた。しかし、5月には自身が手がけた脱毛サロンが全店閉店している。さらに深刻なのは、2020年6月に開設したYouTubeチャンネルの状況だ。

 開設わずか12日で登録者数100万人を突破するなど大きな注目を集め、投稿する動画はほぼ毎回ミリオン再生と、順調なスタートを切ったように見えたが……。

「半年ほどで登録者の増加はストップし、2021年春頃からは減少が続いていました。ピーク時には170万人ほどいた登録者数が、7月18日現在で148万人。22万も減少してしまったようです」(芸能記者)

 そんな手越のYouTubeチャンネルに、ある異変が起きているという。前出の芸能記者が続ける。

「ここ最近、歌動画は投稿されているものの、企画動画がほぼなくなっているんです。以前は、人気ユーチューバーのヒカルやスカイピースなどとコラボしていましたが、企画系の動画の再生数は軒並み低迷。

 そのうえ、7月7日に投稿された新曲のMVの再生回数は約15万回。 “好成績” とはいえず、人気の “翳り” は続いているようです」(同)

 ポジティブな言動は相変わらずだが、手越は再び世間の注目を浴びる勢いを取り戻すことができるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7722342382fd9147eb5b3cffee5fb4f97b208a9e

pose_kage_warau_man

【【Youtuber】手越祐也、大阪でのライブは大盛況も、YouTube登録者数はピーク時から22万人も減少…サロン閉店に続く “人気の翳り”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/05/26(木) 01:12:42.57 _USER9
「退所直後はビッグマウスな会見を開くなど〝らしさ〟を見せていましたが、メディアの露出が減る中、人気を維持し続けるのは難しいなと改めて痛感しますね」

 スポーツ紙芸能担当記者は、タレントの手越祐也(34)をめぐる〝NEWS〟について話す。


 2020年の事務所退所後に「僕が手掛ける事業第1弾」としていた脱毛サロンが、5月末で全店閉店するという。

「脱毛ビジネスは、どれだけ会員を集めるかにかかっている。手越は広告塔としてファンの入会にひと役買いました。当初はうまく行っていましたが、今年2月には経営難が報じられ、時間の問題かなと思っていましたが、予想以上に深刻だったようです。ファンの中には、高いローンを組んだ人もいる。閉店をめぐり返金騒動に発展しなければいいのですが」(前出・スポーツ紙芸能担当記者)

退所会見直後、170万人を誇ったYouTubeの登録者数も20万人ほど減り、人気に陰りをみせる。人気回復のために本人はテレビ出演を希望しているようだが、テレビ情報番組デスクが厳しい見方を示す。

「手越のテレビタレントとしてのスキルの高さは、プロデューサーもほめていましたが、代わりはもういる。本人も以前、タダでも出ますよ、と話していましたが、そういう問題じゃありませんね」

手越の次の一手は?


手越祐也、手がけた脱毛サロンが全店閉店 テレビ復帰模索も道は険しく「代わりはもういる」の声

https://news.yahoo.co.jp/articles/2fe96b908db0aa06b09bb0e71cf1d99baeb3e8df

warai_koraeru_boy

【手越祐也、手がけた脱毛サロンが全店閉店 YouTubeの登録者は20万人減 テレビ復帰模索も道は険しく「代わりはもういる」の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/05/16(月) 06:07:38.47 _USER9
「1年前はYouTubeの登録者数が170万人を超えていましたが、いまでは149万人と約20万人以上減っています。再生回数も昔は100万再生を超える動画を連発していたのに、昨年9月以降は1つもありません」(芸能関係者)

’20年6月にジャニーズ事務所を退所した手越祐也(34)。退所直後からYouTubeを始めるも現在は苦戦中だ。

片や「僕が手掛ける事業第一弾」として、20年10月にオープンした脱毛サロンも“非常事態”に。

「2月に『週刊文春』で同サロンの売上げ激減が報じられた際に、所属事務所は『手越は経営に関与しておらず、プロデューサー』と回答していましたが、実は5月末で全店閉店するそうです」(前出・芸能関係者)

手越の写真が満載の公式HPにはお知らせとして、《事業譲渡に伴い、2022年5月末日を持って全店を閉店させて頂く運びとなりました》と、記載されていた。

契約している利用者はこう話す。

「元々、手越くんのファンで、カードももらえるということで契約しました。コロナ禍で休業している期間もあり40回コースのうちまだ36回ほど残っています。今後は、手越さんと関係ないサロンに通うことになるそうです。キラキラしている手越くんが好きなので、やっぱりアイドル活動だけに専念していたほうがいいのでは」

サロンの顧客は以前からの彼のファンが多く、裏切る結果になってしまったようだ。本誌が所属事務所とサロンに閉店とファンの声をどう思うか聞いたところ、期日までに回答はなかった。

記事投稿日:2022/05/16 06:00 最終更新日:2022/05/16 06:00

『女性自身』編集部
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2097118/

pose_kage_warau_man

【手越祐也 手掛けた脱毛サロンが全店閉店へ…YouTubeも不調で“テレビ復帰”を嘆願】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/04/06(水) 00:04:50.16 _USER9
NEWSの元メンバー・手越祐也が4月3日、自身のインスタグラムにて、ウッチャンナンチャン・内村光良から「素敵なお花頂いて」と報告。

同日開催された『手越祐也 LIVE TOUR 2022「NEW FRONTIER」』の会場・横須賀芸術劇場(神奈川)に届けられた祝い花らしく、関係者の間では「活動状況が芳しくない手越にとって、相当うれしかったはず」(芸能プロ関係者)と言われているようだ。


現在はソロアーティストやYouTuberとして芸能活動を行っている手越だが、かつてはジャニーズ事務所に在籍し、NEWSの一員として活動。
さらに個人では、内村が司会を務めるバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にレギュラー出演していた。

「そんな手越は、2020年5月12日にニュースサイト『文春オンライン』の報道によって、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令されていた4月下旬に、都内の飲食店で女性と飲み会をしていたことが判明。さらにわずか10日後の23日にも、同日未明に女性と朝まで飲み歩いていたと『文春オンライン』に報じられ、それから3日後にジャニーズから活動自粛が発表されました。その後、手越はグループに復帰することなく、翌月19日に退所。同時に『イッテQ!』などのレギュラー番組も降板となり、テレビから姿を消しました」(芸能ライター)


以降、手越はYouTubeを中心に個人で活動を開始。本人は当初、“勝機”があると思っていたとみられる。

「というのも、手越が独立したタイミングで『イッテQ!』の番組スタッフが制作会社を辞めており、業界内では『手越と合流し、YouTubeで「イッテQ!」のような企画をやるつもりなのでは』とささやかれていたんです。実際にその話はあったようですが、コロナ禍の影響もあってか準備が進まず、やがてそのスタッフも手越から遠ざかってしまったといいます」(スポーツ紙記者)


しかも、手越の傍から去ったのは「そのスタッフだけではない」(同)ようだ。

「『独立後の手越を支えていたスタッフが離脱した』という話は最近に限らず業界内でたびたびうわさされていて、本人もスタッフ離れに参ってしまっているそう。手越は昨年1月にYouTubeで公開した『新年になったので、忖度に苦しめられた本音を語ります』という動画(現在は非公開)で、自身がテレビに出られない状況を『しがらみ』や『忖度』によるものだと漏らしていましたが、こうした発言も、スタッフが離れてしまったことの焦りからきているようです」(同)


「最近の手越は地方局やネット番組に営業をかけているというものの、やはりジャニーズへの忖度からか、ことごとくNGをくらっているようです。仕事がなかなか着地しないばかりか、周囲のスタッフも定着しないとあって、手越は『あのタイミングでジャニーズを辞めなければよかった』と、退所を後悔するようなことも口にしているとか。そんな状況が続いていただけに、第一線で活躍し続けている内村から祝い花が届いたことは、相当うれしかったのでは」(前出・芸能プロ関係者)

手越はインスタに「大好きなボスの内村さんからもこんな素敵なお花頂いてめちゃくちゃ嬉しかった。感動しましたありがとうございます」(原文ママ)とつづっており、花の前で撮影した笑顔の自撮り写真も公開している。


「公にしていなかっただけで、これまでにもライブやイベント開催の際には内村から花が届いていた可能性もありますが、今回はSNSでアピールせずにはいられないほど感激したのでしょう。内村は、仕事面で手を差し伸べるほど甘やかしはしないと思いますが、今の手越には十分励みになったはずです」(同)


ネット上にも「『イッテQ!』での絆が感じられてうれしい」「良かったね、手越くん」「内村さんに感謝して、また地道にやっていこう」といった声が寄せられている。
手越は今いるスタッフを大事にしながら、活動していってほしいものだ。

手越祐也、内村光良からの“祝い花”に感激のウラで……周囲に漏らした「ジャニーズを辞めなければよかった」の後悔
https://www.cyzowoman.com/2022/04/post_383487_1.html

pose_kage_warau_man

【手越祐也、内村光良からの“祝い花”に感激のウラで… 周囲に漏らした「ジャニーズを辞めなければよかった」の後悔】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
douga_haishin_youtuber

1: なまえないよぉ~ 2021/12/21(火) 10:52:31.70 _USER9
 手越祐也が独立し、新たな道を歩み始めてから1年半。芸能生活は20年にも及ぶ。そんな彼は先日、自身のTwitterで「後悔していない」と綴った。いまだ手越への風当たりは強く、最初のインパクトの強さもあり、YouTubeチャンネルの再生回数などについてあれこれ言われる機会も少なくない。「後悔していない」という言葉の真意、世間の声への考え、そして音楽への思いとは?

■「再生数を増やすよりも、歌い手としてステージで一番輝きたい」

――待望のアーティスト活動本格化、充実一途の2021年が終わろうとしています。そんななか、12月1日にはTwitterで改めて自身の活動について「後悔していない」と綴っていましたが、真意はどこに?

【手越祐也】独立してから新たに応援してくださった方は、今の僕の活動を理解してくださっていると思います。ただ、昔から応援してくれているファンは、テレビに出ている僕を見てきたので、そういう人たちから見ると、今の僕は心配なのかなと…。だから、そういう人たちに向けて、「後悔していないよ」と改めて伝えたかったんです。

――なるほど。

【手越祐也】でも人前に立つ人間としては、自分が表現したいものを「これわかってよ」というエゴの部分と、自分に期待されているものを見せることの両方を大切にする必要があると思っていて。その意味では、テレビに戻ることで喜んでくれる人がいるなら、そうしたいという思いもあります。ずっと応援してくださる人たちに恩返ししたいという思いは、ずっと持っているので。

――では、テレビでまた手越さんが見られる日が来ると期待してもいいんですね。

【手越祐也】はい。今まで、自分がやりたいと思ったことはほぼ実現してきていて。サッカー番組をやりたいと思ったら、冠番組持を持たせてもらえたり、ゲームの仕事をしたいと思ったら、配信番組をやらせてもらえたり。根拠はまったくないですが(笑)。

――順調な音楽活動の一方で、ネットやSNSなどではYouTubeについていろいろ言われることもあると思います。その辺はどう受け止めていますか?

【手越祐也】今の僕にとってのYouTubeは、自分が作った音楽やミュージックビデオをみんなに知ってもらうための大事なツールという認識です。YouTubeって視聴習慣が大切だから、本来なら再生回数を稼ぐために毎日動画をアップしたり、再生回数を稼げる企画を考えるのが普通だと思うんですよね。でも僕は、YouTuberではないんです。アーティストだと考えているので、再生数を増やすことを一番に考えるというよりも、やっぱり歌い手としてステージで一番輝きたい。

――たしかに、専業YouTuberだったら、その点を気にしてしまいますよね。

【手越祐也】独立当初は音楽活動の準備もできていなかったから、表現できるものがYouTubeしかなかった。だからこそ、いろいろなことをやっていましたが、今は音楽というもっとも大切なものがあるので。

■もがいていた独立当初、この1年は「ソローアーティストとして手応えをつかめた」

――2021年はアーティストとして再出発した1年となりましたが、振り返ってみていかがでしたか?

【手越祐也】大変でしたが、メチャメチャ良い年でしたね。ファンの方が、僕が“1年間にやったことリスト”を作ってくれたのですが、それを見ていると、独立してから1年半しか経っていないのに、以前に比べて5年分の活動に匹敵するぐらいの仕事量だった気がします。それもこれも「手越と一緒にやりたい」と声をかけてくださる人がいたからだと思ってます。本当に充実した1年だったし、たくさんの大きな出会いもありました。人間の一生なんて限られているから、死ぬまでに一つでも多くのことをやり遂げたい。次に生まれ変わったときも、またこの人生を過ごしたいと思えるように…という意味では、本当に充実した良い1年でした。

――なかでも一番印象に残っている出来事は?

【手越祐也】やっぱり、東名阪ツアーですね。グループとは違い、一人でステージを守り抜いていかなければならない。さらに照明や音響、演出、グッズの確認まで全部携わるのは、相当大変な作業でした。かなり不安もあったのですが、しっかり最後まで完走できたツアーだったので、ソローアーティストとして手応えをつかめたという意味では、非常に大きかったです。

全文はソースで

12/21(火) 8:40
オリコン

「YouTuberではない」手越祐也、再生数をあげつらう声への思いと音楽への信念「言われるうちが華」
独立して1年半、芸歴20年を迎える手越祐也
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211221-00000338-oric-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/e3bc8b7b865fc458ffcaa5f60dcdfc76b1a7dd3a

【【YouTuber】「YouTuberではない」手越祐也、再生数をあげつらう声への思いと音楽への信念「言われるうちが華」】の続きを読む