芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

所属事務所

    このエントリーをはてなブックマークに追加
宇垣美里2

1: なまえないよぉ~ 2019/02/14(木) 00:58:02.32 ID:PaV/VbOA9
TBSを3月末で退社する宇垣美里アナだが、まだ所属先が決まっていないことが明らかになった。
本人自ら、端っこ出番しかない『サンデージャポン』2月10日放送回で、「所属事務所は未定」だと語った。

「宇垣アナは、いろいろオファーがあって迷っているような口ぶりでしたが、彼女特有の見栄でしょう。実際には引っ張ってくれる事務所は、まるでないようです。
正直、醜聞は一流ですが、“アナウンサー”としての需要はない。勘違いのカタマリですね」(女子アナライター)

宇垣アナの退社については、正月早々、TBSに近いスポーツ紙が《芸能プロO社入り》と報道。しかし、サンジャポでは『爆笑問題』が所属するT社に所属するという話にすり替わっていた。

「『O社に入るってホント?』こう聞くのなら分かりますが、突然のT社入り質問。番組は『爆笑問題』太田光がMCですし、ほとんどヤラセのやり取りに見えました。
でも、宇垣アナの所属事務所が決まっていないのは確かみたいです。本命のO社も、支度金を要求され困惑しているとか。他の芸能プロも、彼女を欲しがっているという話は聞きません」(前・ライター)

未定というより「拾い手なし」というのが正直なところかもしれない。

■渦中の中ウヌボレだけが増していく

「宇垣アナは、アナウンス室でも浮いていて誰も相手にしていません。だいたい今回の退職報道で『自分はスターだ』という意識がますます強くなってきた。
一部週刊誌は、彼女は局内でうつむいて歩いているなんて報じていますが、トンデモない。本を机に置くのにバシッとたたきつけるようにして周囲を威嚇する。みんなビクビクです」(TBS関係者)

宇垣アナは、サンジャポにスタジオ司会で出ている後輩の山本里菜アナに対して“有給先”の沖縄からメッセージ。「かわいい後輩です」と語ったところ、山本アナは「本当ですかね」と反論していた。

「2月5日、ラジオ番組で退職を勝手に報告。また騒ぎを大きくしました。そうして騒がれれば騒がれるほど、どんどんウヌボレていく。別に人気アナでもないので、自分を知るべきでしょう。
今後、どこの芸能プロに入るかは不明ですが、フリーアナとしては厳しい。たぶんセクシー要員として活動する感じでしょう。その方が本物のスターになれると思います」(前出のTBS関係者)

“身の程知らずのセクシーカット”を『週刊〇〇』あたりが間違いなく載せるだろう。楽しみだ。

2019年02月13日 17時30分 まいじつ
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-190162/

【<TBS宇垣美里アナ>“所属”決まらず…「やっぱりセクシー要員」かwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2018/10/19(金) 14:29:26.92 ID:CAP_USER9
 所属事務所との独立騒動で芸名を「能年玲奈」から改名した女優のん(25)が、元所属先のレプロエンタテインメントに騒動の謝罪をした上で、
再びマネジメントをしてくれるよう依頼していたことが18日、分かった。

 レプロによると、今月上旬にのん自ら都内の事務所を訪問。「過去についての謝罪と、マネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、
本人との面会に至った」という。

 のんは2013年のNHK「あまちゃん」に主演して大ブレークしたが、15年4月に独立騒動が勃発。「月給は5万円でパンツも買えなかった」
などとレプロを激しく批判しながら、16年6月に独立を強行しただけに、わずか2年での突然の翻意に「正直、戸惑っている」(関係者)という。

 そして、この“極秘面会”直後の様子を19日発売の写真誌「フライデー」(講談社)が報じていることが、さらなる疑念を生んでいる。レプロは
「当事者しか知り得ないはずの情報が外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります」とコメントし、
面会情報が事前に漏れていたことへの不信感をあらわにしている。

 また、同誌で「和解」と報じられていることにも
「あくまで申し入れを受けただけで、何ら解決には至っておりません」と否定。来年のNHK大河ドラマ「いだてん」に、のんが出演するために
事務所との和解を図ったとの見方について、NHK関係者は「全くない話」としている。

 一方的な独立劇を引き起こしながら、なぜ突然翻意したのか。「仕事は行き詰まっていた。今のスタッフのままでは今後も展望が見えない」
(関係者)との“本音”も聞こえてくるが、果たして本心は何なのか。今後の動向に注目だ。

 ▼のんの独立騒動 15年1月に個人事務所を設立。その後、レプロとの対立が表面化。のんが公私にわたって付き合いのあった演出家を
慕っていたことから“洗脳騒動”と報じられることもあった。16年6月にレプロを離れ、翌7月に芸名を本名でもある「能年玲奈」から「のん」に
改めて活動を開始していた。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000110-spnannex-ent

【のんさん、独立2年で元所属先に和解申し入れ なぜ突然翻意?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/10/17(水) 23:38:47.24 ID:CAP_USER9
アイドルグループ・仮面女子の神谷えりな(27)が17日、自身のブログを更新し、11月30日をもってグループを卒業し、所属事務所を退社することを発表した。

神谷は「私、神谷えりなは2018年11月30日をもって、仮面女子アリス十番を卒業し、アリスプロジェクトを退所します。 事務所の方ともたくさんお話しをして、自分の中の葛藤もあって決断しました」と報告。
これまでの活動を振り返り「私を知ってくださったきっかけ、みんなと出会ったきっかけはそれぞれだけど、みんなの人生に神谷えりなという人物を刻んでくれてありがとう」とファンに感謝した。

卒業理由や卒業後の活動については明らかにしていないが「私が今こういう決断をしたことにきっと意味があって、みんなに出会えたことにも意味があって、全てに意味があるから無駄なんてことはないと思ってます。これからも私は選択し続けて正解のない自分の答えを探していこうと思います」とつづった。

卒業式は11月23日に仮面女子カフェで行う。
「私の最後のステージ、ぜひ足を運んでいただけたら嬉しいです」と呼びかけた。

所属事務所のブログも同日に更新され、神谷のほか桜のどか、立花あんな、坂本舞菜、水沢まいが年内で卒業することを発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000365-oric-ent

「仮面女子」神谷えりな
no title

no title

【「仮面女子」神谷えりな、卒業を発表 所属事務所も退社 桜のどから4人も卒業】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/09(木) 04:06:18.16 ID:CAP_USER9
10年間の奴隷契約を強要されたなどとして、所属事務所との契約トラブルを抱えていたローラ。
4月には自身のインスタグラムで事務所と和解したことを発表したが、いまだCM以外で彼女をテレビで見ることはほとんどない。

「事務所トラブルを抱えているころは、レギュラー番組もなくなり、アメリカを拠点に活動していました。
3億円ともいわれる豪邸をロサンゼルスに購入したことも報じられましたね」(スポーツ紙記者)

勝ち取った円満独立

アメリカでの活動は、プロテニスプレーヤーの錦織圭やフィギュアスケーターの浅田真央らのマネージメントを手がけるエージェントと契約を結んでいる。
それでも日本のほうが圧倒的に需要は多い。

「昨年は15社のテレビCMに出演し、3年ぶりにCM女王に返り咲きました。
やはり本人も日本での活動がいちばんお金になることはわかっている。そのために、L社と和解したんですよ。
すでにロスの豪邸は売りに出しているようで、拠点を日本に戻すのでしょう」(同・スポーツ紙記者)

今回の和解はローラ側だけでなく、事務所側の事情もあったという。

「ひとつは公正取引委員会が芸能界のタレント契約に関して敏感になったこと。
もしも違法性を指摘されたら、ここまで育てたタレントを無条件で手放さなくてはなりませんからね。

彼女の場合は金銭的な問題ではなく、マネージメント方法などで意見の相違があったとか。
その部分で事務所側が譲歩したということでしょうね」(芸能プロ関係者)
.
さらに、ローラをCMキャラクターに起用している企業からの働きかけもあったとか。

「サントリーのような大企業は、今までどおり起用したいと思っていても、
事務所とこれ以上モメて長期化してしまっては使いにくいので、代理店を通じて早期の解決をL社にお願いしたそう。
そんな広告業界の説得もあり、今回のような決着になったのでしょう」(広告代理店関係者)

そこで、ローラをバックアップする万全の体制が整えられたという。

「実は日本国内では、彼女が出演するファッションショーの代理店がプロダクション業務を行っているんです。
表向きは今の事務所所属になっていますが、彼女のマネージメントは基本的にノータッチだとか。

一定の手数料を事務所に支払うことで、事実上の円満独立を勝ち取ったわけです。
モメごとを解消した彼女を起用したいという番組は、今後増えていくのではないでしょうか」(テレビ局関係者)
転んでもタダでは起きないたくましさを見習いたい……。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180809-00013044-jprime-ent
8/9(木) 4:00配信
5909_original


no title

【ローラ、拠点をロスから日本に戻して “テレビ本格復帰” の万全体制 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/04/27(金) 19:34:21.31 ID:CAP_USER9
ローラ 所属事務所との和解を報告「よく話し合い和解をしました」


タレントのローラ(28)が27日、自身のインスタグラムを更新。
所属事務所「LIBERA」と和解したことを報告した。

ローラは「今回LIBERAとよく話し合い和解をしました」と契約を巡って
トラブルになっていた所属事務所との和解を報告。
また「今後、海外ではWMEそしてIMGというエージェントと契約する事になりました」と明かした。

昨年8月、所属事務所に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、
契約終了を求める申し入れ書を送付。
独立騒動へと発展し、11月には公式ファンクラブの解散が発表されていた。
[ 2018年4月27日 18:34 ]

スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/27/kiji/20180427s00041000235000c.html
タレントのローラ Photo By スポニチ
no title

【【アンチに負けるな】所属事務所との契約トラブルが報じられていたローラ、和解を報告】の続きを読む