芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

戸田恵梨香

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/28(火) 01:06:48.59
「#再放送希望ドラマ」常連作

 「#再放送希望ドラマ」というハッシュダグが話題になっているのをご存知だろうか。

7年ぶりの『半沢直樹』や木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』などの大型続編も目白押しの4月開始の連続ドラマ。だが現在は新型コロナウイルス感染拡大防止対策によって撮影中止を余儀なくされ、多くの作品が放送延期となっている。中島健人と平野紫耀のダブル主演で話題の『未満警察 ミッドナイトランナー』の土曜ドラマ枠でも、2005年の人気ドラマ『野ブタ。をプロデュース』特別編の再放送を続けている状態だ。

 その状況下だから「いまこそ再放送してほしいドラマ作品」をSNSで発信しようと始まったのが冒頭の「#再放送希望ドラマ」。このハッシュタグが発生してすぐにトレンド入りした作品が、2008年、TBSで放送された作家・東野圭吾さん原作の『流星の絆』である。

 東野圭吾と宮藤官九郎の初タッグとなった本作は、二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる三兄妹が、殺された両親の仇を討つことを誓うミステリー長編。最高視聴率22.6%を記録した大ヒットドラマだ。あまり再放送されないこともあり、ドラマのワンシーンがテレビで紹介されるたびに、トレンド入りするなどSNS上でも頻繁に話題になっている。

 11年経ったいまもなお『流星の絆』が愛されるのはなぜなのか。登場人物のなかでも観た人の多くが「羨ましい!」「こんな兄がいる妹になりたい」と思ったであろう、三兄妹の妹役を演じた戸田恵梨香さんが、コロナ自粛で再放送希望の声が高まっているいまその魅力を語ってくれた。

小説の中にはなかった「セリフ」がドラマでは実際に再現された 

この作品に参加できて本当に幸せ

 「私が作品に参加する時にいつも思うのが『10年20年先もずっと、誰かの心に残る作品にしたい』という事です。そんな作品に参加する事が出来て、本当に幸せに思います」

4/27(月) 8:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200427-00072130-gendaibiz-ent
no title

【再放送希望の声続々!戸田恵梨香、11年前の名作『流星の絆』を語る】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/02(月) 05:14:45.58
女優の桜庭ななみが1日、自身のインスタグラムを更新し、NHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)について、自身がクランクアップを迎えたことを報告。
ヒロインを演じている戸田恵梨香との2ショットをアップし、ファンから「お疲れ様でした」「素敵な朝ドラをありがとうございました!!!」といった労いの言葉が寄せられている。

 桜庭が「昨日ひと足先に『スカーレット』クランクアップしました?」と投稿したのは、花束を抱える自身と、姉の喜美子を演じた戸田が寄り添いあう2ショット。
桜庭は「私は7月から撮影に入り14歳から43歳までの川原直子を演じましたが、この撮影期間の中で川原家の時間の流れを感じることができてとても幸せでした」と撮影を振り返った。
また、「まだ放送は続くので、ぜひ最後までお楽しみください!!」と、いよいよ終盤に差し掛かっている作品をアピールしている。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

引用:「桜庭ななみ」インスタグラム(@nanamisakuraba_official)

『スカーレット』桜庭ななみ、戸田恵梨香と“美人姉妹”2ショット 「直子大好き」の声 
公開日:2020/3/1 17:30 クランクイン! 
https://www.crank-in.net/news/74422/1 

nanamisakuraba_official 
https://www.instagram.com/p/B9JrvojHkBz/ 

no title



  【『スカーレット』桜庭ななみ、戸田恵梨香と“美人姉妹”2ショット】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/01(日) 05:08:22.89
 女優の戸田恵梨香が、29日大阪市内で、ヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時ほか)のクランクアップを迎えた。
11ヵ月間にわたる撮影を無事“完走”した戸田は「やりきりました」と笑顔を見せ、「自分にとって財産となる時間を過ごすことができました。笑顔で支えてくれたスタッフのみなさんに感謝です」と感謝の言葉を述べた。

 連続テレビ小説の第101作目となる本作は、滋賀県・信楽を舞台に幾多の困難を乗り越え、女性陶芸家の草分けとして活躍する・川原喜美子(戸田)の人生を描く。

 昨年4月に始まった撮影を無事終了した戸田は花束を手に「やりきりました。役を生きられたなと感じる作品が今までいくつかありましたが、喜美子という女性を生きることにまったく違和感がなく、無理がなくて、自然と家族と一緒に年を取ることができました」と充実感を見せる。
「『スカーレット』は日常の小さな幸せがとてつもなく幸せなんだというテーマで描いていました。私自身も幸せで、撮影の約1年間が日常となっていました。その日常があしたからなくなると考えると不思議な感覚です。
いまだに終わったなという感覚がありません。あすあさってもこの場所にいそうなほどです」と今の率直な気持ちを明かした。

 「作品としては、喜美子に試練が続きます。けれど、本気で自分の人生を生きているひとりの女性の姿を通して、多くの人たちに力を渡せる作品になると思うので、力強い喜美子を見守ってもらえたらいいなと思います。
『しあわせのかたち』っていうのは人それぞれ。喜美子が出すその答えを、楽しみに見てもらえたらいいなと思います」と、まだまだ続く喜美子の波乱万丈なストーリーについて視聴者へメッセージを送った。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

戸田恵梨香、『スカーレット』笑顔でクランクアップ!「財産となる時間を過ごすことができた」 
公開日:2020/2/29 20:45 クランクイン! 
https://www.crank-in.net/news/74413/1 
連続テレビ小説『スカーレット』のクランクアップを迎えた戸田恵梨香(C)NHK 
no title

no title



【戸田恵梨香、『スカーレット』笑顔でクランクアップ! ← 最初だけだったな・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/25(土) 19:31:15.72
女優の大島優子(31歳)が、1月25日に放送されたトーク番組「土曜スタジオパーク」(NHK総合)に出演。連続テレビ小説「スカーレット」(NHK総合)で共演している女優・戸田恵梨香(31歳)から、「ふてぶてしい猫」と評された。
ドラマで親友の役を演じている戸田は、大島の印象について「ひと言で言うと、ふてぶてしい猫。猫が人間みたいに座っている姿ってあるじゃないですか。ああいう感じ。自由だし、どこにでも自分で行けるし。かわいい瞬間もあるけれど、かわいいだけではない。かわいいを飛び越えた所に行った人」とコメント。
そんな大島の独特の行動を表すエピソードとして、戸田は、大島の自宅で、大島がいきなり「生春巻きを作ると言い出した」と語り始める。戸田によると、大島は生春巻きを作るのも初めてで、エビが食べられないのにエビを入れるなど「なんで作ろうと思ったの?」と疑問を抱いたという。味について、戸田は「市販のチリソースだったので美味しかったです」と語った。

戸田の発言に、大島は「なんかわかっちゃうなあ、興味ないこととかあると顔に出るので」と猫っぽさがあることを認め、「戸田恵梨香さんがすごくナチュラルで、お芝居の場でも肩に力を入れずにナチュラルで演じていらっしゃるし、なんか自分も素でいられるんですよね、自然体でいられるって」と語った。

戸田恵梨香、大島優子は「ふてぶてしい猫」 
1/25(土) 15:38配信 
https://article.yahoo.co.jp/detail/2afb571e416a899c8819eeb942599b235dfcf7a0 
no title

【戸田恵梨香、大島優子は「ふてぶてしい猫」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/23(木) 10:12:53.40
22日に放送された女優・戸田恵梨香(31)主演のNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜・前8時)第93話の平均視聴率が20・2%だったことが23日、分かった。前回の19・3%から0・9ポイントアップ。昨年12月21日放送の第72話の20・2%以来、約1か月ぶりに20%の大台を記録した。

 初回は20・2%で発進。昨年10月12日放送の第12話は22・4%で番組最高視聴率を更新した。

 101作目の朝ドラで、信楽焼の産地として知られる滋賀県甲賀市を舞台に、男性ばかりの世界で奮闘する女性陶芸家のヒロイン・喜美子(戸田)の奮闘を描く物語。

 喜美子の父親役に北村一輝、母親役を富田靖子が演じ、幼なじみ役で大島優子らが出演する。主題歌は女性ボーカル・越智志帆によるソロユニット「Superfly」が歌う「フレア」。

 第16週のあらすじは「熱くなる瞬間」。八郎(松下洸平)が個展の下見のために東京に行っている間、作陶に精を出す喜美子。久しぶりに照子(大島優子)と信作(林遣都)がやってきて、三人で語らう。童心に戻ったような時間の中で、喜美子は大阪に行く前に拾った、信楽焼のカケラのことを思い出し、二人に見せる。百合子(福田麻由子)は信作への恋心から不安を募らせ、三津(黒島結菜)に相談していた。信作はきちんと結婚を申し込む。

 東京から戻ってきた八郎は、意外にもジョージ富士川(西川貴教)と一緒だった。カケラの色合いを出すには、釉薬(ゆうやく)をかけずに、薪の炎で焼かねばならないと知る喜美子。八郎にいつかやってみたいと語る。そんな折、工房の電気窯が壊れてしまう。これを機に喜美子の希望をかなえられる、穴窯をしつらえようという八郎。調べているうちに、喜美子は子どもの頃、陶芸との出会いのきっかけとなった、慶乃川(村上ショージ)の名にたどりつく。待ち受ける困難を知りつつも、八郎の強い勧めもあって、穴窯造りを決意する喜美子。直子(桜庭ななみ)の猛反対の騒動を乗り越え、庭に完成した穴窯に火入れし、ついに作品を焼くところまでこぎつける。一方、八郎と三津の距離は近づいていて…という展開が描かれる。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

1/23(木) 10:08
スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-01230064-sph-ent
no title

【【視聴率】戸田恵梨香主演の朝ドラ「スカーレット」 1か月ぶり大台超え】の続きを読む