no title

1: なまえないよぉ~ 2018/11/27(火) 11:13:56.38 ID:CAP_USER9
女優・橋本マナミ(34)、バレエダンサー・宮尾俊太郎(34)が25日、都内で行われた短編映画「吾郎の新世界」(来春公開予定、内藤隆嗣監督)ワールドプレミアに登場した。

 この作品は宮尾の初主演映画で、橋本はヒロインを務める。宮尾が演じるのは、寡黙で真面目な「マタギ」の吾郎役。マタギとは、東北の山岳地帯で、伝統的な方法を用いて集団で狩猟を行う者のこと。橋本は、吾郎が思いを寄せる女性・由恵役を演じた。約40分弱の短編映画ながら、涙あふれるシーンや吾郎のバカ真面目さから醸し出されるおかしみも満載だ。

 宮尾は「山に入っての撮影はすごく大変で、足を滑らせると危険な場所もありました。実際にクマが出ることもあるそうで、本物のマタギの方も一緒に参加してくれました」と撮影の苦労を明かした。

 橋本の演じた由恵もどこか、昭和の女を感じさせる色気がある。ダンスホールのシーンでは、橋本が「僕の想像より7割増しでお尻を振ってくれました」(内藤監督)とフェロモン全開。橋本も「求愛ポーズです!」とセクシーにお尻を突き出して、おどけた。

 橋本は“国民的愛人キャラクター”としてブレークしたが、いまでは女優業が大忙し。NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」など、映画やドラマのオファーが絶えないという。

「橋本さんの特徴は観察眼が優れているところ。ぼーっとしているように見えて、ちゃんとアンテナを張っている。それがお芝居に表れていて、要求されたことにはきちんと応えてくれる。だから『次も起用したい』という映画監督やテレビプロデューサーが多いんです」(映画関係者)

 今後も女優としてのオファーが増えそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000006-tospoweb-ent

【今や愛人キャラより女優業で大忙し 橋本マナミにオファーが絶えない理由】の続きを読む