芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

意味深

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/03/29(金) 10:05:40.57 ID:BvknMFYj9
女優の吉岡里帆(26)がインスタグラムで昨年7月に放送されたドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)への思いを語った。

吉岡は25日にインスタグラムを更新し、「懐かしいです。もうすぐ一年」とコメントし、クランクインした際に贈られた品に付けられていたと思われるのし紙の写真を公開した。

吉岡が新人ケースワーカーを演じた本作。生活保護のリアルな実態が描かれ、話題にもなったが、全話平均視聴率は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低く、
18年のゴールデン帯ドラマのワースト1にもなってしまった。吉岡は視聴率には触れないながらも
「悲しい事もあった、楽しい事もあった、でもどちらも同じだけの意味があった、価値があった」と意味深につづり、振り返っていた。

このツイートに吉岡のインスタグラムには、「ケンカツ大好きでした!感慨深いです!」「このドラマ好きだったな。また観たいです」
「視聴率と作品の良し悪しは別物です。私が観た今までのなかで最高のドラマだと思う」といったさまざまな声が寄せられていた。多くの吉岡ファンにとって、印象深い作品だったのは間違いないようだった。

http://dailynewsonline.jp/article/1747169/
2019.03.29 10:00 デイリーニュースオンライン

【吉岡里帆、「悲しい事もあった…」主演ドラマを意味深に振り返り話題に】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/16(水) 16:13:41.09 ID:JdL0o1LG9
島崎遥香にとって「走り続けてきた9年間」がAKB48としてのデビューからグループ卒業を経て芸能活動してきたこれまでを指すのならば、なぜこれらを「白紙」にするのだろうか。

さらに島崎遥香は「まずは荒れ果てて汚れてきたモノタチの掃除から。
そしたらキレイなミライがあるような気がして」と意味深なツイートを続けてフォロワーをざわつかせている。

「え?? どうしました!!」「何かあったんですか」「心配だけど、応援し続けます」といった声が寄せられるが、多くのファンは「何かはわからないけど、新しいスタート応援してます。素敵な未来でありますように」
「新しいぱるちゃん楽しみにしてます ぱるちゃんならなんだってできる!!! そう信じております」と前向きに捉えているようだ。

1月11日には「強制削除されたのでインスタグラム作り直しました 笑」と驚きの事実を報告した島崎遥香。
新設したインスタは、「お姉ちゃん」こと板野友美がアカウント名(paruuuuuru)とプロフィール写真を考えてくれたという。

15日21:04には「フォロワー3万」の画像とともに「1日に1万人もの人が見つけてくれてフォローしてくれてると思うと不思議」とつぶやいており、人気の高さをうかがわせる。
そんなファンたちや頼もしい先輩に支えられて「0からのスタート」からどのように飛躍していくか見守りたい。

画像は『島崎遥香 2019年1月12日付Instagram「She is like a sister to me!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

https://news.nifty.com/article/entame/12239/12239-167092/
2019年01月16日 15時20分 TechInsight

no title

【島崎遥香さんが意味深ツイート、なぜか改造人間2人で2ショットwww】の続きを読む

no title


1: なまえないよぉ~ 2017/09/06(水) 09:31:45.79 ID:CAP_USER9
歌手・板野友美(26歳)のTwitter公式アカウントが9月5日、深夜に意味深な発言をツイートしていると話題を呼んでいる。

このツイートは板野本人ではなく、「byスタッフ #スタッフの深夜のボヤキ」と、スタッフによるもの。

その内容は「ちょっとあまりにも目に余ることがありまして。いくらなんでも、妄想が過ぎるというか…酷いですね…」と、
“何か”に苦言を呈し、「#根も葉もないこと #言いたい放題 #勘違いは慣れるものではない #作業してて泣けてきた」とつづっている。

具体的に何に対してのことなのかは定かではないが、Twitterには「どうしたの?」「気になる」「なにかありましたか?」「珍しいツイですね」などの声が寄せられている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13573638/
2017年9月6日 9時11分 ナリナリドットコム

no title

【板野友美Twitterが意味深「あまりにも目に余る」ってwwwww】の続きを読む

20170712-OHT1I50057-T


1: なまえないよぉ~ 2017/07/29(土) 21:41:17.46 ID:CAP_USER9
宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(22)が29日、法名「千眼美子」で行っているツイッターを更新した。

 午後6時40分ごろに「何も知らないくせに何も見てないくせに」と意味深ツイート。15分後、意味深ツイートに繋がる「そんな思いが出るけれど、それならば、伝えなきゃ」とつぶやいた。続けて「この世界は皆、人間なのだから理解しようとする言葉で自分を振り返りみて、反省する心で結びつけあえるはずなんだ。排斥しあう力は間違っている。いま必要なのは結びつける力だ」と自身の思いを打ち明けた。

 この日は芸能界引退表明前にヒロインを演じた映画「東京喰種 トーキョーグール」の公開日だった。

7/29(土) 20:03配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000148-spnannex-ent

【千眼美子こと清水富美加が意味深ツイート!「何も知らないくせに何も見てないくせに」www】の続きを読む

ローラ2

1: なまえないよぉ~ 2017/06/30(金) 07:52:03.28 ID:CAP_USER9
《ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない》

《10年の信頼をかえしてください》

6月16日から17日にかけて、ローラ(27)の放った意味深なツイートが波紋を呼んでいる。“10年の信頼”を
裏切ったのは誰なのか……。

「所属している芸能事務所の社長のことでしょう。彼はまだ40歳手前の若手経営者で、大学時代は
ボディビル大会の出場経験のあるいかつい男性。ローラは17歳のとき、渋谷で彼にスカウトされたんです」
(芸能事務所関係者)

ローラにとっては芸能界入りの恩人。事務所社長にとっては事務所躍進の立役者だった。だがこの10年、
2人は喧嘩を繰り返し、その度に仲直りしてきたという。

「ローラは感情を素直に表に出すタイプ。一方の社長はタレントの私生活まで何かと管理してしまう
ところがあって、ローラはそのたびに反発していたようです」(テレビ局関係者)

そんな2人の緩衝材だったのが、ローラを長年担当していた男性マネージャーだった。だが一昨年末に
彼が退社したことで、両者の対立をやわらげるものがいなくなってしまったという。

「昨年ローラがハリウッドデビューを果たした映画『バイオハザードVI』が原因です。もともと
ハリウッド進出はローラと社長の共通の夢。海外ロケのために日本での多くの仕事をキャンセルしないと
いけなかったのですが、それにマネージャーが反発したんです。自分が取ってきた仕事ですから」
(前出・芸能事務所関係者)

彼が去って以来、一度怒り出したローラをフォローできる人間がいなくなった。ローラの知人は語る。

「最近、ローラが信頼していた女性スタッフが辞めさせられています。これで積もり積もったものが
爆発したのでは。『何で勝手に!』とローラはひどく怒っていましたから。でも今までは
いくら怒っても、外に発信することはなかったのに……」

渋谷にある事務所を訪ねたが、「社長、担当者ともに不在」(スタッフ)と取り次いで貰えなかった。
10年の愛憎劇は喧嘩別れに終わってしまうのか。

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170630-00010000-jisin-ent

【ローラ 意味深ツイートの陰にあった事務所社長との愛憎10年】の続きを読む