芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

恋愛禁止

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/04/04(日) 00:11:31.09 _USER9
恋愛スキャンダルで一発退場も…
なぜアイドルのルールだけが厳格なのか?


『文春オンライン』でシンガー・ソングライター優里との熱愛が報じられたアイドルグループ・Juice=Juiceの高木紗友希に対し、所属事務所のアップフロントプロモーションは「ハロー!プロジェクトのメンバーとして、自覚を欠いていると総合的に判断」し、ハロー!プロジェクト及びJuice=Juiceの高木の活動終了と、その後同事務所の退所を発表した。


これをきっかけにSNSではさまざまな議論が続いており、「過去の先輩たちの処遇を見ていたら仕方のない結果」との意見が多いが、一方で「一発解雇は重過ぎる」「人権の侵害だ」などの声も上がっている。
多様な働き方を取り入れる「ダイバーシティ」の考え方が進む中、“芸能人の働き方”も変化している。
今なお続く「アイドルの恋愛禁止」は時代錯誤なのか? 芸能法務に詳しい河西邦剛弁護士に話を聞いた。



■事務所や運営側を“悪”とするのは短絡的、誰も望まない“脱退”という禊の形

所属タレントの恋愛禁止を大々的に掲げる芸能事務所は減ってきているように見えるが、こと“アイドル”となると状況は別だ。特に、モーニング娘。などが所属するハロー!プロジェクト(以降ハロプロ)では、前述のように恋愛禁止条項が頑なに守られているようだ。
過去には矢口真里や藤本美貴などが熱愛報道を理由に所属グループを脱退している。


「なぜ、アイドルに恋愛を禁止する必要があるのかといえば、ファンの中には恋愛禁止を求める声もあるからです。アイドルビジネスの主な顧客はファンであり、その中に恋愛禁止を求めるファンがいるから、芸能事務所は恋愛禁止のルールを作ることで顧客ニーズに答えようとします」(河西弁護士)


しかし、矢口や藤本が脱退を余儀なくされた当時と比べれば、現在はスマホカメラやSNSが爆発的に普及しており、一般人に“現場”を撮影されてメディアやSNSで拡散…というのもなくはない話。
バレずに交際を続けることは昔以上に難しくなっている。

芸能事務所・アイドル本人・ファンの三者が本来は望まない“脱退”という結果になってしまうのだが、そもそもアイドルに恋愛禁止を強いることの法的根拠はあるのだろうか?


脱退はアイドルの伝統と歴史を守る気概の表れ
一方で残された側の思いは?

「もちろんケースによりますが、過去の判例を見ると、恋愛発覚からグループ解散に至ったケースで、アイドルに一部の支払いを命じた判決もありました。しかし、その後の裁判では『異性との交際は人生を自分らしくより豊かに生きるために大切な自己決定権』であることを理由に、損害賠償を認めない判決が出ています。さらに多様化が進む近年の時代背景においては、恋愛禁止は契約書に明記されていたとしても法律上は無効と判断される傾向がより強くなり、違約金の請求や、一方的な解雇は認められないでしょう」(河西弁護士)


つまり、昨今の法律的判断の傾向としては、恋愛発覚を理由にアイドルに損害賠償を求めたり、所属グループや所属事務所を辞めさせることはできないということだ。
となれば、芸能界では長年守られてきた“恋愛禁止”のルールに対して、アイドルたちは自らその“しきたり”に従い、体を張ってその“伝統”と“歴史”を守ったというある種の“気概”を見せたのだともいえる。


「一方で、歌唱スキルが極めて高いと評されるメンバーであっても交際発覚からグループ一発退場となれば、『私たちは今まで何を評価されていたんだろう』とアイドル側を取り巻く不安も残ることになります」(河西弁護士)。 実際に高木のようにハロプロ内でトップクラスの歌唱力を誇るモーニング娘。'21の小田さくらは、高木の“事件”を受けて自身のブログで以下のように語っている。


「音楽を武器にしようとしているハロー!プロジェクトが私は大好きです。なので、高木さんのように歌声という最大の武器を持ち合わせていた人ですら、戦えない事があるという現実に、音楽が1番大事ではなかったんだと感じた事がすごく悲しかったです。“アイドル”は音楽という娯楽の中にちゃんと属せているのでしょうか?」(小田さくら|モーニング娘。'21 天気組オフィシャルブログより一部抜粋)


事務所も、大切に育てた人材を手放したい思いはないだろうし、タッグを組んでやらないといけないはずのアイドルとの間に溝ができるような状況は避けたいはず。
ルールの見直しや、より一層のケアも必要なときなのではないだろうか。


全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/e79e9d23135320a8a110080f777926cfc949b04d?page=1

20210130003

【アイドルの「恋愛禁止ルール」は人権侵害? 恋愛スキャンダルで一発退場も… なぜアイドルのルールだけが厳格なのか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/03/30(土) 12:20:47.95 ID:9F2NjaVP9
3月26日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、4月末で『HKT48』を卒業する指原莉乃が出演。
同グループを含めた「AKB系列グループ」の恋愛禁止ルールについて語ったが、曖昧な基準にファンは混乱した様子を見せている。

番組冒頭、司会の黒柳徹子は、指原が「AKB」から「HKT」に移籍した理由を質問。
すると、指原は「出身が大分なので」としながらも、「AKB48のときにスキャンダルがあって、プロデューサーの秋元康さんから
『じゃあ1回、HKTで修行だ』って言ってもらい…」と、2012年に発覚した自身のスキャンダルについて言及していった。

また、指原によると、当時は学生だったがゆえに咎められたそうで、大人になった今では恋愛も許可されているとのこと。
「『恋愛していいよ』って秋元さんから言われているんですけど、今もグループ的に恋愛禁止って一応なっているので」と、秋元氏からお墨付きを得ていることも明かし、
「卒業したら自由に恋愛はできるので、これからいい恋愛ができたらいいなと思ってます」と今後の期待もにじませていった。


矛盾だらけの運営を擁護?
「『AKB』グループの恋愛禁止は設定のようなもので、別に鉄の掟ではありません。それはファンと交際していた指原が『HKT』への左遷にとどまっていることが何よりの証明ですし、
他にも謹慎程度で済んだメンバーは大勢いました。問題はここの基準が曖昧なことで、過去に解雇されたメンバーやそのファンは、到底浮かばれない内容なんですよ…」(アイドルライター)

例を挙げると、『DA PUMP』ISSAとのお泊り愛が報じられた増田有華や、男性とのプライベート写真が流出した平嶋夏海は即脱退。
一方、山本彩や柏木由紀のように疑惑へ黙殺を決め込むメンバーもおり、
モデルとのお泊まりが渡辺美優紀も解雇されずに2年後に卒業コンサートまで行ない、現在は芸能界に復帰している。

「また、先日公表された『NGT48』暴行事件の調査結果も混乱要因の1つです。
同調査では12人ものメンバーがファンとの私的交流を持っていたと認定されましたが、処分については『今回は不問に付す』と謎の判断が下されています。
当然、この判断は過去の解雇基準と整合性が取れないわけですから、指原の『グループでは恋愛禁止だけど、個人はOKのケースもある』という主旨の発言は、
これまでの対応とつじつまを合わせるための〝運営擁護〟だったのかもしれませんね」(同・ライター)

ウソで取り繕った話には必ずほころびが生まれるが、果たして…。

http://dailynewsonline.jp/article/1752245/
2019.03.30 10:30 まいじつ
no title

【指原莉乃さん、“恋愛禁止”の裏事情を暴露! 浮かばれない処分者たち】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ninniku

1: なまえないよぉ~ 2018/12/27(木) 16:44:22.38 ID:CAP_USER9
AKB48の柏木由紀(27)が、48グループの「恋愛禁止」に関する契約の内容を明かした。

柏木は26日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」に出演。グループ最年長ということもあり、恋愛について共演者のお笑い芸人ケンドーコバヤシから
「そろそろいいんじゃないの?」と勧められるも、「いや、ダメですよ」とかたくなに拒否した。

コバヤシから、秋元康総合プロデューサーが「恋愛禁止なんて言ってない」と発言していたと水を向けられると「秋元さんは言われたことは一回もないけど、
AKBの契約書に書いてあったんですよ。最初の契約書に。『男女ともに恋愛を禁止する』って」と明かし、「最初の契約書だけです。それ以降はなかったです」と説明した。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00429955-nksports-ent

【【AKB48】柏木由紀「男女ともに…」恋愛禁止の契約内容明かす ← こいつ、何言ってんだwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/06/19(火) 15:10:07.40 ID:CAP_USER9
「第10回AKB48世界選抜総選挙」100位以上のランクインメンバーが勢ぞろいしてAKB48グループの未来について語り合う『生放送!AKB48緊急会議』が18日、CS・フジテレビNEXTで生放送され、メンバーが「恋愛禁止ルール」について議論を繰り広げた。

今回は、1位に輝いたSKE48の松井珠理奈が体調不良、6位のAKB48・横山由依と76位のSKE48・日高優月がスケジュールの都合で欠席し、総勢97人のメンバーが集結。この中で、今回の総選挙に参加した338人に行ったアンケート結果を元に、討論が行われた。

「恋愛禁止にする必要はないと思う」という質問については、約37%にあたる125人が「はい」と回答。最年長のSKE48・松村香織は「私は20歳でSKE48に入ったんですけど、高校時代はバリバリ恋愛もしてましたし、全部済ませて入ってきた」とぶっちゃけながら、このアンケート結果に「意外と多くて、普通の女の子の気持ち持ってるんだなと思ってビックリしました」と感想を語った。

その後、「いいえ」と回答したAKB48の後藤萌咲が「私は小学6年生で入って、そもそも異性に興味がなかったので…」と理由を話すと、「これからです!」と割って入ってきたのは、AKB48・峯岸みなみ。「自分が1回(スキャンダルが)あったからこそ、本当に(恋愛を)したいなら辞めるっていうのが一番近道。語弊はあるけど、バレるかバレないか……ん~あえてルールで『(恋愛)いいですよ』ってする必要はない」と、危ないアドバイスをほのめかしながら、持論を展開した。

それを受け、「はい」と答えたAKB48・武藤十夢は「あえてルールを作る必要もないのかなと思ってて。どうせやる人はやるだろうし、やらない人はやらないだろうから、結局身に降りかかってくるものだから、どっちでもいいんじゃないかな。自分の気持ちがどれだけ強いか。アイドルに賭けるものだったり、人生をどうしていきたいかということで変わってくるんじゃないかなともいます」と自己責任論を主張した。

そんな中、NGT48・荻野由佳が「そもそも本気でアイドルをやってたら、恋愛をする暇なんてないと思うんですよね。恋愛も年頃だししたいなと思う方もいると思うんですけど、やっぱり本気でアイドルをやりたくて毎日毎日日々追求していったら、恋愛する暇もないのかなって思うので、そういうのは特に決める必要もないのかなって思います」と、ストイックな性格を見せる場面も。

AKB48/STU48の岡田奈々は「AKBの楽曲って、恋愛系の曲が多いじゃないですか。そういう曲をしっかり解釈して歌うには、恋することは別に悪いことだと思ってなくて。ファンの方のためにも、恋愛っていうより片思いはOKだと思うので、個人的にもっと表現力やパフォーマンス力を上げて、皆さんを魅了するためにも、そういうのは必要だと思ってます」という考えを披露した。

この日17歳の誕生日を迎えたHKT48・矢吹奈子は「私の好きなさしこちゃん(指原莉乃)はいろいろあったので…難しいんですけど、自分の気持ちを制御して恋愛しない人がいる中で、してる人がいるってなると、難しいですね…」と悩ましい様子。

アンケートでは、「スキャンダルであっても注目されたい」という項目で33人が「はい」と回答した結果が出たが、これに対して、HKT48の田中美久は「もともとAKB48は恋愛禁止じゃないですか。それに対して、なんでスキャンダルがあっても注目されたいと思いながらAKBグループに入ってくるのか、よく分からないし、恋愛禁止を守って卒業したメンバーの気持ちを思うと、自分は悲しくなりました」と、怒りをにじませながら語っていた。

なお、この生放送終了後のメンバー感想コメントを含めたノーカット完全版が、7月19日(21:00~)に、CS・フジテレビNEXTで放送される。


2018年6月18日 22時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14884383/
no title

【<AKBグループ>“恋愛禁止”是非を討論!「暇なんてない」「片思いはOK」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/05/23(水) 15:37:13.06 ID:CAP_USER9
【ナゴヤドームのヒロインは君だ!(3)】SKEを代表するメンバーでありながら、なぜか総選挙で結果が出ていないのが北川綾巴(19)。
昨年まで3年連続60位台で、最近はAKBの選抜メンバーに選ばれることもなくなった。
「総選挙で心から喜んだことはありません」。
アイドルのおきてを愚直に守り続けてきたチームSのリーダーが地元・名古屋で笑顔のランクインとなるか??。

??東スポの企画で16年に中日ドラゴンズの大野投手、小笠原投手と対談した際に「恋愛禁止は本当です」と話していた

北川:守らなかったら怖くないですか。自分だけじゃなく、ここにいる限りSKEにも48グループにもいい印象にならない。人に迷惑をかけることは一番しちゃいけないことだと思うので。私にはできないですね。

 ??普通の女の子みたいに恋愛したいと思うことは

北川:同級生とか見ててうらやましいなって思うことはあるけど、私は恋愛以上に今はアイドル活動の方が絶対に楽しいと言えます。そっちの方が自分の中で自慢できる。彼氏よりアイドルの方が大切だと綾巴は言い切れます。

??それはなぜ

 北川:「綾巴がいると笑顔になれる」「元気になれる」と言ってもらえると本当につらいことがあってもここにいる価値があるんだなって。人をそういう気持ちにできているというのは生きがいというか生きている意味があるなってすごく思います。

☆きたがわ・りょうは=1998年10月9日生まれ。愛知県出身。
2013年にSKE第6期生オーディション合格。
14年12月に発売されたシングル「12月のカンガルー」ではセンターを務めた。
チームSのリーダー。

全文
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1014130/

SKE48 北川綾巴
no title

no title

no title

【【SKE48】北川綾巴「恋愛禁止は本当です」「恋愛よりアイドル活動の方が絶対に楽しい」】の続きを読む