芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

引退

    このエントリーをはてなブックマークに追加
小林恵美

1: なまえないよぉ~ 2018/10/06(土) 11:38:59.55 ID:CAP_USER9
お笑いコンビのおぎやはぎが、ラジオ番組でグラビアアイドル・小林恵美の芸能界引退を惜しんだ。容姿、性格も文句のつけようがなく、バラエティ番組の共演者としても小林とは仕事がしやすかったというが、「もうイヤだったのかな、変なことさせられるから」と2人は寂しそうだった。

10月1日の『小林恵美オフィシャルブログ「milky way」』で、9月末での所属事務所退社と芸能界引退を発表した小林恵美。2002年のデビューから16年、新しい夢に向かうため35歳で一区切りをつけることにしたという。将来何をやりたいのかなど詳細は明らかにしていないが、芸能界の仕事は「ここ1、2年自分の中でやりきった」とし未練は無いようだ。

4日深夜に放送されたラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、矢作兼が「個人的にだけど、小林恵美の引退がびっくりした」と話すと、小木博明は「いい子なんだよね、この子ね」と、彼女の人となりを褒めていた。

あまり話題にならないが正統派の美人で、“私が私が”とガツガツしたところが無く、共演者として「いい奴だなって感じ」だと話し、なぜ芸能界を去るのか理由がわからないと合点がいかないようである。

矢作は「売り方さえ間違えなかったら、もっと活躍できた」と残念がり、小木は「性格悪かったら売れてる、絶対」と指摘する。そしてぜひ同番組で小林恵美の本音を聞きたいと、「引退した人って呼べないのかな」と2人はスタッフに問いかけていた。

http://japan.techinsight.jp/2018/10/miyabi10051507.html 
2018.10.05 18:10 


【おぎやはぎ、小林恵美の引退を惜しむ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/09/16(日) 23:38:48.51 ID:CAP_USER9
2018.09.16.
安室奈美恵 ファンへの感謝をインスタに、全文…「皆さんの優しさに心から感謝」

 歌手・安室奈美恵(40)がデビュー27年目のメモリアルデーとなった16日、芸能界を引退した。安室はインスタグラムに支えてくれたファンへ「ありがとうございました」と感謝の言葉を送った。全文は以下の通り。

 「ファンの皆様、いつも応援してくださりありがとうございます。わたくし安室奈美恵は、本日16日をもって引退致します」

 「昨年引退を発表させていただいてからこの1年、1日1日を大切に過ごさせていただきました」

 「引退という選択をした私に対し、ファンの皆さんにも色々な感情があったかと思います…」

 「それでも、最後は笑顔で送り出そうと思ってくださるファンの皆さんの優しさに心から感謝しています」

 「実りある25年間をファンの皆さんと過ごせた事、応援してくださり、支えてくださった事、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。『ありがとうございました。』25年間ほんの一瞬でもファンの皆さんの心に寄り添える歌手でいられたなら嬉しく思います」

 「応援してくださったファンの皆様、『25年間ありがとうございました。』安室奈美恵」


https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/16/0011647352.shtml
no title

【安室奈美恵 ファンへの感謝をインスタに、全文…「皆さんの優しさに心から感謝」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ba36b0b5-s

1: なまえないよぉ~ 2018/09/12(水) 11:33:24.31 ID:CAP_USER9
 歌手の安室奈美恵が12日、NHK「あさイチ」のインタビューに応じ「歌手の安室奈美恵は完結しているので、私がステージに戻ってくることはありません」と改めて明言した。安室は15日に故郷・沖縄でステージに立ち、16日に引退する。

 安室は小室哲哉との思い出や、育児と仕事の両立、ファンへの思いなどを言葉を選びながら、じっくりと語ったが、インタビュー最後には「私の中では25周年で歌手の安室奈美恵はすべて完結しているので、私がステージに戻ってくることはありません」と改めて断言。
復帰はないと明言した。

 寂しい思いをしているファンもいると聞かれると「でも、きっとファンの皆さんは、それぞれの過ごし方を1年通じて考えて下さっていると思う」と、敢えて1年前に引退を発表した意味を訴え「音楽を好きになって欲しい。自分の楽曲だけじゃなく、いい曲はたくさんある。音楽で私とファンの皆さんんがつながったように、今度は他のアーティストさんとつながることもあるだろうし、もっともっと音楽の素晴らしさ、楽しんで欲しい」とファンへ呼び掛けていた。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000047-dal-ent

【安室奈美恵「私がステージに戻ってくることはありません」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/09/06(木) 21:22:08.83 ID:UUgPW2py0● BE:322453424-2BP(2000)
華原朋美(44)が一部女性誌で、事務所との対立により引退を考えていると告白した。プッツンモードに突入した華原が“Gカップ熟乳ヌード”を繰り出す暴走計画を立てていることを独占キャッチ!

 「プッツンを繰り返してきた華原ですが、今回はヤバい。8月21日発売の『女性自身』で、所属事務所との信頼関係が失われたと告白し“引退も考えています”とぶち上げたのです。
原因は、華原が6月、元恋人・小室哲哉のベストアルバムについて、ツイッターで“明日買いに行きます”などとつぶやいたことに対し、事務所が注意したこととか。自身の人生を変えた小室との思い出は大切にしているようで、引退覚悟も本気でしょう」(芸能ライター)

 本気でブチ切れたようで7月中旬、ツイッターなど全SNSを閉鎖。さらに驚いたのは、同誌の直撃に応じた際の“激太り”だ。
「頬はぽっちゃりし、ボディーも肉付きがよくなり完全な“激太り”です。ストレスが原因でしょうが、胸も一層大きくなっているのです。
グラドル出身の華原はもともとFカップ乳がウリでしたが、確実にGカップはありますよ」(同)

 華原をめぐっては7月初め、一部誌で住宅分譲大手会社の会長との不倫疑惑が報じられたばかりで、私生活も過激だ。
「芸能界を干されても、会長の資金があるから怖いものなし。すでに会長を鷲掴みにしてますからね。
華原は昨年頃から高校時代の国体4位に入った馬術競技を再開しており、東京五輪も目指している。会長のサポートを受けつつ、馬術に打ち込む…という第2の人生の青写真を描いているはず」(芸能関係者)

ただ、'98年頃に小室と破局後、精神が不安定になり、休業と復帰を繰り返したプッツンキャラの華原だけに、ただで終わるわけがない。それはずばり、事務所に当てつけるための“暴走ヘアヌード”計画だ。

 「ぽっちゃりして熟れまくったボディーはたまらないセクシーさだ。裸身を披露すれば話題騒然でしょう。華原は独自に出版関係者とルートを構築しており、すでに“引退爆乳ヌード”写真集を売り込んでいるようです。
完熟Gカップ乳を初披露すれば大売れ必至。事務所サイドも何をされるか分からないため、簡単にクビにするわけにもいかない。引退撤回か、引退暴走ヌードか…今後の動向から目が離せません」(スポーツ紙記者)

 G乳披露は時間の問題か。

https://wjn.jp/sp/article/detail/9003306/
no title

【華原朋美(44) 引退爆乳ヌード”写真集wwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/07/12(木) 15:32:14.86 ID:CAP_USER9
女優・桐谷美玲といえば、俳優・三浦翔平との交際&結婚が噂されている。
桐谷の所属事務所では、かつての2枚看板、黒木メイサが元KAT‐TUNの赤西仁と“デキ婚”して活動を休止(後に復帰)、
堀北真希が山本耕史との結婚後、芸能界を引退し、事務所の屋台骨を支えてきたのが桐谷だった。
「桐谷さんは女優としてドラマやCMに出演するだけでなく、『NEWS ZERO』のキャスターも務めるなど、まさにフル稼働で働いてきました。
最近では事務所との不協和音も取り沙汰されており、結婚後の独立や引退も噂されていました」(別の芸能プロダクションマネージャー)

だが、ここにきて雲行きが変わってきたようだ。
「所属事務所としては、堀北さんの二の舞だけは何としても避けたい。桐谷さんには結婚も芸能活動を続けてほしいし、独立なんてもってのほか。
そこで、結婚後の仕事に関しては桐谷さん本人の意見を優先することや給料のアップなど、かなりの好条件を提示したようです。
その結果、桐谷さんも態度を軟化させて、結婚後も今の事務所に籍を残すことを決めたようです」(前出・芸能プロマネージャー)
結婚後も、当面の間は桐谷の姿をテレビで見ることはできそうである。

2018年7月12日 09:59 アサ芸プラス
https://www.asagei.com/excerpt/108110
no title

【桐谷美玲、「結婚後の独立&引退」回避のために事務所が示した“好条件”とは?】の続きを読む