芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

引退宣言

1: なまえないよぉ~ 2018/09/14(金) 19:15:39.93 ID:CAP_USER9
「歌手安室奈美恵は全て完結。私がステージに戻ることはないです」――。

今月16日の引退を前に、安室はNHKのインタビューでそう語り、活動再開の可能性を否定した。
とはいえ9月20日の誕生日で41歳という若さである。引退後について「思い付かないですね。これから趣味探しです」と笑ったが、どうするのだろうか。

何をするにしても、金に困るということはないだろう。デビュー25周年を迎えた昨年9月に引退を発表してからの1年だけを見ても、その稼ぎっぷりは凄まじい。
ベストアルバム「Finally」はダブルミリオンを超えて売れ続け、ラストツアーではソロのアーティストの史上最多となる80万人を動員し、ツアーの模様を収めたDVDも約130万枚を売り上げているのだ。

「安室さんは2015年にライジングプロから独立し個人事務所ですから、だいたい売り上げの3割が自分のところに入ってきます。
ざっと見ても、ツアーのチケットの売り上げだけで70億円、DVDで70億円、アルバムでも同額くらいは間違いないし、ツアー会場や展示会で売られるグッズの売り上げもある。
このグッズというのが儲けが大きいんです。
アイドルのコンサート会場ではウチワが約1800円とか、とんでもなく高額に見えても、ファンは買っていく。
彼女の場合、ライジングに所属していた頃から売り上げの半分をもらっていたそうですけど、今は全部自分の事務所ですから、丸儲け。
グッズだけで20億~30億円はいくでしょう。
引退ビジネスでの稼ぎでいうと、200億円を超えていてもおかしくないと思いますよ」と、ある芸能関係者は言っている。

その額は「優良中堅企業の年間売り上げに匹敵」とも。
仮にその3割が手元に入るとすれば、この1年間だけで63億円超。
引退後、安室は世界一周旅行を考えているとの報道もあるが、どこだって行けるだろうし、一生遊んで暮らしていけるに違いない。ワイドショーの芸能デスクはこう言う。

■不可欠なマスコミ対策

「2年前に買ったとされる京都市内の高級マンションの最上階、4LDK、150平方メートルの部屋のほか、同じ京都でさらにもうひとつ、京都でもトップクラスの高いマンションを購入したという噂も聞こえてきます。
その価格がなんと7億円するとかしないとか。東京や沖縄にも拠点を持っているでしょうし、本当に、行きたいところに行けて、いつまでもそこに居たっていいという住環境にはあるでしょう」

それは、マスコミ対策でもあるのかも知れない。安室は公式サイトにこう記した。

「16日の引退の日が近づくにつれ、家族や関係スタッフの方々に連日取材が続いております。
沖縄の家族の自宅に押しかけたり、姪っ子に関しましては待ち伏せされ取材をされたり、とても怖い思いをさせてしまっています」

そして「私はこれ以上、家族を怖がらせたり、関係スタッフの方々に迷惑をかけたくありません…どうかお願いです…もう家族や関係スタッフの方々に取材をするのは辞めて頂けないでしょうか…どうかお願い致します…」と訴えた。

安室の今後を山口百恵になぞらえる向きもある。

百恵さんは1980年のファイナルコンサートから約40年経った今もマスコミに追われている。たとえ世間から忘れられたいと思っても、一向に忘れられないとすれば、あまり幸せとは言えない。
そういうことからも、安室奈美恵の復活を予想する関係者が相次いでいる。

http://news.livedoor.com/article/detail/15304341/
2018年9月14日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
no title

【「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額 この1年間だけで63億円超】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/21(木) 14:41:49.24 ID:CAP_USER9
 安室奈美恵さん(40)の引退宣言が、SNSにも大きな波紋を広げている。

 芸能界にも熱狂的なファンが多い彼女。ハリセンボンの近藤春菜さんや、お笑い芸人のイモトアヤコさんが有名だが、タレントの木下優樹菜さんもその1人だ。
ただ、木下さんが安室さんの引退を知り公開した「泣き動画」が、今「炎上」する事態になっている。

■「この世の終わりです。生きていけない」

 2017年9月20日の19時直前、安室奈美恵さんが18年9月をもって引退することが急きょ発表された。

 その数時間後、木下さんは「絶望 奈美恵様引退」というタイトルの動画を自身のインスタグラムにアップした。内容は、安室さんの曲を聴きながら、
ひたすら泣きじゃくる15秒の自撮り動画と、娘に慰めてもらっている1枚の写真だ。

 木下さんは、まず同じ安室さんのファンに対し、「奈美恵様のファンの皆さんありがとうございます 同じきもちです」と述べ、さらに動画を撮った経緯を説明した。

  「わたしは食器を洗いながら 奈美恵様を聴いてたの 夏休みの準備しながら いろんなことおもってきて 涙が兎に角とまらなくって 言葉にならず、
友達たちに 送ったやつ」

 この説明によると、もともと動画は、限られた友人に送ったもので、それを改めてインスタにアップしたようだ。

 木下さんは、SNS等で9月21日から一家で夏休みをとることを公言しており、夏休み直前の「安室さん引退報道」のショックは大きかったことが伺える。

 動画が公開されると、

  「この世の終わりです。生きていけない」
  「同じ気持ち。泣ける...てか泣いてる」
  「真っ先にユッキーナのこと思ったよ!あんなに安室ちゃん大好きなこと知ってたから」
  「優樹菜ちゃんが引退の事聞いたらどんなに悲しむだろうと思って心配してたけどやっぱりこうなるよね...」

など、共感や同情する声が多数集まった。

 しかし、21日、朝の情報番組でこの動画が放送され、多くの人の目に触れられるようになると、風向きが変わり始める。目立ちはじめたのが、
なぜこんな動画をあげたのか、という批判の声だ。

「こんな時でも自分が1番なんですね...」

  「悲しいのはわかるけど。泣いてる姿自撮りしてわざわざ載せなくても...」
  「泣くのはわかるけど、よく動画撮って加工する余裕あったね」
  「泣き動画upする意味がわからないwww」
  「自分のインスタ閲覧数伸ばす為に安室ちゃん利用しないで」
  「なにこれwwwわざわざ自分が泣いてる動画あげる神経...www」
  「こんな時でも自分が1番なんですね...アピールにしか感じられません」

など、「便乗しているのではないか」「アピールしたいだけでは?」という趣旨のものがコメント欄を埋め尽くすようになった。

 さらには、フォロワー同士で、「気分悪いのはこっちの方です」「こうやって叩かれてる時だけ叩くあなたの方が見苦しい」など、舌戦も激しさを増すようになった。

 中には、

  「みんなが心配してるからUpしたんじゃ?」
  「安室さんファンの人と気持ちを分かち合いたくて撮ったんじゃない? 言葉だけじゃ伝わらないと思ったんだよ、きっと。
あまりの衝撃でこんなに泣いたんだって知ってほしかったんだと思うよ」

といった、冷静な見方をする発言もあるが、まだ鎮静化にはいたっていない。

 この投稿は、公開から14時間で、「いいね!」が24万件近く、コメントも3000件に近づいている。(21日11時現在)

自作の安室ちゃんPVも公開

 木下さんは、「絶望」動画から約5時間後の20日深夜、再びインスタに動画をアップした。

 内容は、「安室ちゃん ありがとう!」というタイトルの、自作の安室PVだ。

 「ただただありがとう!! ! あなたの幸せを祈りまくって願ってるから!! !」と、安室さんにメッセージを送っている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000003-jct-ent
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000003-jct-ent&p=2
木下優樹菜さんが公開した動画(写真はインスタグラムより)
no title

【【炎上】「安室ちゃんを利用するな」ユッキーナの「泣き動画」が大炎上wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/28(日) 19:46:50.39 ID:CAP_USER9
【簡単に説明すると】
・ワイドナショーが宮崎駿の引退宣言を紹介
・引退宣言の一部はネタツイートだった
・ワイドナショースタッフをそれを本人の発言だと思い込み使用

5月28日に放送された『ワイドナショー(フジテレビ系)』にて宮崎駿監督の引退撤回について触れられた。

その中で過去の宮崎監督の引退宣言一覧をフリップで紹介する場面があったのだが、これが誤報だと判明した。

見るからにボジョレーヌーボー風な引退宣言。実はこれは2013年9月1日にツイートされた物。これが回り回り様々なまとめサイトで転載されたようで、それを見た『ワイドナショー』スタッフが本人の発言と捉えて放送に使ってしまったようだ。

ツイートした本人は「明らかに誤報だし、宮﨑駿氏への冒涜だからBPOにも連絡入れておくかな」と指摘しており、またフジテレビに「原稿料ください」と皮肉ツイートまでしている。

ボジョレーヌーボーのキャッチコピーと、宮崎駿の引退宣言をネタにしたものがこのように報道された形になった。来週の『ワイドナショー』の冒頭で謝罪が出るのは確実だろう。
http://gogotsu.com/archives/29606
no title

no title

【フジのワイドナショーで放送した宮崎駿の引退宣言 2013年のネタツイートだったwww】の続きを読む