芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

広瀬すず

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/27(土) 09:56:01.05
19日に22歳の誕生日を迎えた女優・広瀬すずが嫌われている。昨年、NHK連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインを務め、目覚ましい活躍を見せているが、同日に文春オンラインが発表した「2020 嫌いな女優」アンケートで2位になった。1位は“殿堂入り”ともいえる泉ピン子(72)だから、2位に付けた広瀬の凄さが分かる。なぜ広瀬はこうも嫌われるのか。

 広瀬は2015年にバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、「どうして大人になった時に照明さんになろうと思ったのだろう」と制作スタッフの仕事を軽んじるような発言をして炎上した。

過去の失言が今も尾をひいているとの見方もあるが、あれから5年が経過している。文春オンラインの調査を見ても〈性格キツそう〉〈したたかな感じがする〉といった理由がはっきりしない“生理的嫌悪感”が占めている印象だ。

 芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。

「恐らく、広瀬さんと同世代から30代の女性は広瀬さんの“隙のなさ”が鼻につくのでしょう。一般女性がいくらメークしてもあの整った顔にはなれないし、広瀬さんも自分の美しさを自覚しているがゆえの天真爛漫さがあります。

『照明さんになる意味が分からない発言』に悪意がないことは誰もが分かっているのに、ここぞとばかりに叩く人たちは彼女に嫉妬しているのだと思います。例えが古くなりますが、松田聖子さんが同世代の女性にバッシングを受けていた時と状況が似ています」

 たしかに広瀬は“空気”を読もうとしない。今年3月に「めざましテレビ」(フジ系)に出演した時に、主演映画「一度死んでみた」に出てくる「若返りの薬」が欲しいか聞かれて「必要ない」と返答。むしろ逆に「10歳くらいパッと年を取れる薬が欲しいです」と答えたことに主婦たちが敵意を燃やした。

「広瀬さんは『30から35歳くらいが一番モテるよ、女は』と言われたことがあり、それが楽しみだと説明しようとしただけでした。ところがネット上には〈若いからそんなこと言えるんだよ!〉と過剰反応する人がいました」(スポーツ紙記者)

 前出の佐々木博之氏がこう言う。

「広瀬さんは妙な同調圧力に屈する必要はありませんが、“顔が可愛いだけ”みたいな批判を覆す意味でも演技の幅はもう少し広げた方がいい。病んでいたり、シリアスな役柄にも挑戦してもらいたいですね」

 広瀬は「好きな女優」でも8位にランクイン。アンチを巻き込みながら成長しつつある。

6/27(土) 9:26 日刊ゲンダイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/79ba6578b2a1b4c4aab72d8a236e976798305182
no title



【【嫉妬】広瀬すずちゃん「嫌いな女優」2位…かつての“松田聖子叩き”と酷似する天真爛漫さへの嫉妬!なぜこうも嫌われるのか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/23(火) 08:24:18.23
女優の広瀬すずが22歳の誕生日だった19日にツイッターを更新。「祈ることしかできない 待ってる!」と投稿した。18日には、広瀬が主演したNHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演した清原翔が脳出血で療養すると発表されたばかりだった。

 すずは、自身の誕生日に自身のことは一切触れず「祈ることしかできない 待ってる!」とだけ投稿。ファンからは誕生日を祝福するコメントも数多く寄せられていたが、中には「すずちゃん…私も祈ってる」「照男兄ちゃん…」「すずちゃん、私も祈ります。清原さんの、お兄ちゃんのことを!!待ってます」「私も無事に回復すること祈ってます」と、清原のことを思ってのツイートと理解するファンも数多くいた。

 清原は「なつぞら」で、広瀬演じるヒロインが身を寄せる十勝の牧場の長男を好演。脳出血のため12日に緊急手術を受けたことを18日に所属事務所が発表している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aae4322b239a3a98c140c6972b7005036852bd6a
6/22(月) 13:32配信



no title

no title

no title

【広瀬すず、誕生日ツイートは「待ってる!」朝ドラ共演・清原翔の脳出血公表の翌日で】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/06(土) 00:36:59.55
フジテレビの恋愛リアリティ番組「テラスハウス 2019-2020」に出演していたプロレスラー・木村花さんが亡くなったことは、今後の番組収録の在り方にも一石を投じることになるかもしれない。

 5月23日、度重なるSNSでの誹謗中傷に耐えかね、自ら命を絶ったとされる木村さんだが、「テラスハウス」では“演出的編集“によって彼女がヒール役を背負わされたのではないかと物議を醸している。また、俳優の中尾彬もテレビ朝日系「グッド!モーニング」の中で、「テラスハウス」を制作するフジテレビが「面白い場面ばかり編集していた」とし、「都合の良いところだけを切り取って、なぜ(木村さんを)フォローしなかったのか」とも指摘。木村さんをネット上の誹謗中傷から守るべきだったのは局側だと主張していた。

 だが、テレビ局が演者による番組内での“爆弾発言“や“大胆発言“をクローズアップすることで視聴を煽ってきた歴史があることは否めないだろう。

 たとえば、同じフジテレビでは2015年6月、当時はまだ女優として駆け出しという立場だった広瀬すずをバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」にゲストとして招き、石橋貴明と木梨憲武との軽快なトークを放送。その中で、「私、冷めててドライな性格なんです」と説明する広瀬に対し、石橋が「テレビ局で働く照明さんなんか見るとどう思うの?」と振ると、広瀬は「どうして生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう?」とその心情への想いを巡らせた。

 続けて、音声スタッフについても「なんで自分の人生を女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう?って考えちゃう」「大人になって年齢を重ねると共に、本当に声を録るだけで良いの?」などと発言。これが放送後にスタッフ軽視の職業差別だと指摘され、広瀬は自身のSNSアカウントで謝罪する事態にまで発展した。

「番組側は一連の広瀬の発言を単なる“若気の至り“と判断したのか、もしくはとんねるずと広瀬の貴重な長尺の絡みにカットを入れるタイミングを見出せなかったのか、その理由は分かりません。しかし、大人が配慮のある編集を施していれば、デビューしたての女優がわざわざ17歳の誕生日にツイッターで謝罪投稿をする羽目にはならなかったのでは」(テレビ誌ライター)

 さらに遡れば、歌手の倖田來未もまた2008年に出演したラジオ番組で、ニッポン放送による“カットをしない“編集の犠牲となっている。倖田は一夜限りのパーソナリティとして同局の「オールナイトニッポン」に出演したが、「女性は35歳を超えると、お母さんの羊水が腐ってくるんです。本当に! 汚れてくるんです」と笑いながら話し、根拠のない発言だったとして放送後に非難が集中した。

「同ラジオ番組は生放送ではなく収録であったにもかかわらず、ニッポン放送は誰が聞いても問題発言だと認識できる倖田の発言に適切な編集を施すことなく、そのまま放送しました。意図的な編集を加えることで番組でのヒール役を作り出すケースもありますが、広瀬や倖田の場合は、然るべきカットがされないことでの犠牲となり、いずれにしても編集に落ち度があったと言えるでしょう。もちろん彼女らが倫理的に問題があると認識されてしまうようなコメントを発したことは事実。しかし、収録当時まだ16歳だった広瀬や、26歳の倖田は番組を盛り上げようと普段以上にハイになってトークに臨んでいた可能性もあるため、そこは冷静な周囲の大人が配慮を見せてあげる必要があったとも考えられますね」(前出・テレビ誌ライター)

 これ以上、演者やタレントが不必要にヒール役に仕立て上げられ、放送後に誹謗中傷の標的となってしまうような番組作りについては、やはり見直していく必要があるだろう。

2020年6月5日 17:58
https://www.asagei.com/151026
no title

【広瀬すずに倖田來未…あの騒動もテレビの“配慮なき編集“が原因だった!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/04(木) 18:30:59.28
女優の広瀬すず(21)が、3日発売の『週刊少年マガジン』27号(講談社)に登場。
3月発売の同誌16号のグラビアから、珠玉のアザーカットが公開された。

no title

【写真】広瀬すず ナチュラルな美しさ

映画・CM・ドラマとさまざまな作品で活躍し、輝くような美しさで魅了する広瀬。映画『一度死んでみた』では初めてコメディー映画の主演を務め、女優として新境地を開拓した。

今回は読者からのリクエストに応えて、緊急アンコールグラビアが実現。「外遊びデート」をテーマにした撮り下ろしで、
白いワンピースでくつろぐ姿や河川敷でキャッチボールを楽しむ姿など、ナチュラルな魅力をたっぷり見せている



【写真】撮影:藤本和典 スタイリング:三浦真紀子 ヘアメイク:菅野綾香 デザイン:坂上和也(banjo)

https://news.livedoor.com/article/detail/18355990/
2020年6月3日 0時0分 オリコン


同誌の公式ツイッター【@shonenmagazine1】インスタグラム【@shonenmagazine.kousiki】では、アザーカットを公開中。巻頭カラー漫画は『化物語』。

【広瀬すずちゃん、読者リクエストで人気グラビアのアザーカット公開】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/30(土) 02:14:18.73
新型コロナウイルスの感染拡大による休校措置が解除されたばかりの静岡市の小中学校に同市出身の女優広瀬すずさんから、思わぬプレゼントが届いた。
「学校が再開して楽しい時間が過ごせているといいなと思います」とのメッセージが添えられた荷物には、手や指を消毒するハンドジェルが詰められていた。

広瀬さんの母校、同市立清水高部東小学校には28日、荷物が届いた。段ボール箱には、ハンドジェルのボトルが12本入っていた。

 手紙には「当たり前のように登校できる日が1日でも早く訪れることを願っていました。この先も油断せず、感染を防ぐためにも、
あなたの大切な人を守るためにもこのアルコールジェルで除菌を続けて下さい(一部省略)」と書かれていた。

 同校の鷲尾一寿校長は「感謝の気持ちでいっぱい。すずさんが地元を大切に思っていることが伝わりうれしく思う。
子どもたちにはすずさんのように、自発的に行動できるように成長して欲しい」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200529-00000077-asahi-soci
no title

【広瀬すずさんが母校へサプライズ 励ましの消毒液と手紙】の続きを読む