芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

広瀬すず

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/09/10(月) 05:23:48.05 ID:3WBNzcj+0● BE:322453424-2BP(2000)
広瀬すず(20)の突然の衝撃願望告白に芸能スズメたちは狂喜した。
「姉(広瀬アリス)がハードな役を演じていると、うらやましいなって思いますし、身がすり減るような、ハードな役も演じたいです」と訴えたのだ。
これは“ハードSEXシーン”願望とみられ、乳首出し濡れ場解禁のカウントダウンかと波紋が広がっている。
「問題の告白は、8月21日に大手ニュース配信サイト『ヤフーニュース』が独自記事としてアップした、広瀬のインタビューの中でありました。8月31日公開の出演映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に関連したインタビューでしたが、そこで広瀬は、自身が“負けず嫌い”と告白しつつ、姉・広瀬アリスについて“姉のハードな役がうらやましい”“あのような役を演じたい”と驚愕発言をしたのです」(芸能記者)
映画業界で「ハードな役」といえば、ずばり、全裸SEXシーンをさすことは常識。
「今回の広瀬の爆弾告白も、ハードなSEXシーンと、乳首も露出した全裸ヌードを志願していることにほかなりません。広瀬は10代の頃から、“役柄のためにはいつでも脱げます”とか、“どんなシーンでも断りたくない”などと、脱ぎや濡れ場に挑みたいという姿勢を関係者に明かしていたといいます。ちょうど今年6月、20歳になったタイミングで、一気にエロ願望を明かし始めたものと考えていいでしょう」(同)
ただ、広瀬は来年4月スタートで、NHKの朝ドラ100作目の記念的作品となる『なつぞら』のヒロインが決まっている。
「それだけに、放送期間中の4~9月は、強烈な“朝ドラ縛り”があり、男性スキャンダルや刺激的な芸能活動は絶対NGになります。とはいえ、インタビューで“ハードな役を演じたい”と言ってしまうほど、爆発寸前の今の広瀬の精神状態からすると、ドラマ終了まで待てないはず。となると、直前の1~3月頃に公開される映画で“駆け込み”的に過激役に挑む可能性が十分あるわけです」(スポーツ紙記者)
実際、すでに始まっている『なつぞら』ロケの間をぬって、超極秘に過激映画の打ち合わせをしているとの情報も流れているのだ。
「すでに20歳になったこともあり、正常位での全裸SEXだけでなく、騎乗位、ディープキスなどを織り込んだ過激作プランが、一気に進んでいると映画業界でまことしやかに囁かれ始めています。そこでは“美しすぎるおっぱい”と言われ、今もなお成長中とされるDカップピーチ乳と、ピンク色と言われるツンと勃った乳首を公開するに違いありません」(映画関係者)
広瀬がそこまで、演技に思い詰めているのにはワケがある。超肉食系とされるにもかかわらず、『なつぞら』ヒロインに決まったため、放送終了まで男遊びができないことが一つ。
「また、今年1月には、仲よしの実兄が地元静岡で酒気帯び運転容疑で逮捕され、広瀬まで謝罪するハメになったこともあります。他にも、1月期の主演連ドラ『anone』(日本テレビ系)が平均視聴率6.1%と爆死し、女優として岐路に立たされているということもあるのです」(芸能関係者)
『週刊実話』既報通り、『なつぞら』の現場では、NHK朝ドラヒロインの大先輩・松嶋菜々子からの“パワハラ被害”疑惑も勃発している。

続きは↓
https://wjn.jp/sp/article/detail/1518306/

【広瀬すず「ハードな役…」発言で現実味を帯びてきたDカップ“ピーチ乳”完全露出wwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/09(日) 11:19:53.66 ID:CAP_USER9
女優の広瀬すずが、6日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング3時間SP』(TBS系/毎週木曜20時)に出演。男子大学生をドッキリで驚かせる仕掛け人の役を果たした。

no title


場所は仙台。道端で倒れているおばあちゃんをターゲットが助けると、その後、街で偶然と見せかけておばあちゃんがターゲットと再会。
おばあちゃんが「孫の婿にしたい」とターゲットに紹介するのが広瀬すず…という内容だ。

このドッキリに見事引っかかったのが、バイト帰りという男子大学生。倒れているおばあちゃんに慌てて駆け寄ると、カバンから水を取り出し、飲んでもらうよう促す優しさを見せた。
ところがここで「救急車を呼ぶ」と言い出したため、仕掛け人のおばあちゃんは水を飲んで急に元気に。男子は最後、おばあちゃんの手を取り、起き上がる手伝いをしてくれていた。

その日の夜。仙台駅前を仕掛け人の友人と歩いていると、おばあちゃんとバッタリ。
するとおばあちゃんは助けてくれたお礼に、と高級レストランへ彼らを招待。だが仕掛け人の友人は就職先から電話がかかってきたということで離席。
するとターゲットは友人について「就職活動少し遅く始めたんですけど、ポンポン(就職先が)決まって……」とうれしそうに話していた。モニタリングしていた広瀬も「すごい良い人!」と絶賛。

その後、おばあちゃんが「たまたま仙台にいるという孫娘を呼ぶ」と電話し、しばらくして待っていると、広瀬本人が登場。男子は目を丸くし、
「えっ待ってください、待ってください。広瀬すずさんがお孫さんなんですか? 絶対ヤバイ。そんなのヤバいです」などと大パニックに。広瀬が理想のタイプに「いっぱい食べる人」をあげると、
男子は出された肉を頑張って食べようとするも、なかなか喉に通らない有様だ。

広瀬が「ぜひ今度一緒に乾杯させてください」とお願いすると、男子は「いやいやいや本当にそれはダメです」と断る謙虚さを見せた。
おばあちゃんが男子に「ちょっとしたおねだりなら聞いてくれるかも」と勧めるも、リクエストは「握手」だけだった。

最後はネタバラシ。男子は「安心しました。恐れ多いです本当に。会ってうれしいですけど、テレビで応援してたいです」。
どこまでも腰が低い男子に、広瀬も笑っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15279521/
2018年9月9日 11時0分 クランクイン!

【助けた人の孫が広瀬すずだった…『モニタリング』で大学生がパニックwwwwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/09/01(土) 20:53:05.15 ID:CAP_USER9
女優の広瀬すずが、8月31日放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に出演。欅坂46・平手友梨奈と初めて対談した。

 広瀬の今一番会いたい人が平手ということで実現したこの対談。広瀬は平手を目の前にして、「テレビの前とかもそうですけど、なんか、すごく強そう」「パワーがすごくあるなって」とそのイメージを語った。
 
 2人の共通点は、ともに17歳で映画の主演に抜擢されたこと。広瀬は2年前の2016年、『ちはやふる ‐上の句‐』で、また平手も今月14日に公開される『響 ‐HIBIKI‐』で大役を任されている。
 
 そんな平手に広瀬は、「センターに立つとか、主演の位置に立たなきゃいけないとか、プレッシャーは感じるものですか?」と質問。それに対し平手は「全然感じてます」と答えながら、映画も「やる、やらないか決めるときに、『どうしようかな』とすごく悩んだ」と当時の心境を吐露。また欅坂のセンターも「結構ずっとやってるんですけど」としながら、プレッシャーについて「意外とライブの前に思ったり」と、その度に感じると明かしていた。
 
 ただ、そんなプレッシャーに対しては「あんまり乗り越えているという感覚もない」と言うと、広瀬はそのメンタルの強さに「へぇ~」と感心していた。

 一方、広瀬は自身の性格について「完璧主義の負けず嫌い」と分析。「ちっちゃいことでも、自分より上に人がいると思うと『悔しい』と、何も競ってなくても思う」と告白していた。

 広瀬が出演している映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』を観たという平手。劇中に登場した90年代の若者と現在の自分たちを比べ、「今はスマホとかで全部コミュニケーションをやっちゃうから、実際会った時のコミュニケーションを大切にとるっていうことをしなくなった」と言及。鑑賞後、ずっとそのことについて考えているという。

 また広瀬も、「当時のコギャルと言われていた女子高生はすごいなと。つまらないなら、何をしたら面白くなるかというのが強く前面に出ていた」「(今は)SNSとか走っちゃってるから、もったいないな」と嘆いていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00058659-crankinn-movi

【広瀬すず、“今一番会いたい人”平手友梨奈に「なんかすごく強そう」wwwww 】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/01(土) 16:14:24.42 ID:CAP_USER9
女優の広瀬すずが、8月31日公開の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」に出演している。
1990年代が舞台となるこの作品で、広瀬は“コギャル”役に挑戦しているのだが、その姿にネット上では賛否両論が巻き起こっている。

「この映画は、韓国で大ヒットした映画『サニー 永遠の仲間たち』が原作となっており、映画『モテキ』『バクマン。』などを手掛けた大根仁監督がメガホンをとり、
当時流行した華やかなファッションや音楽が随所に散りばめられています」(映画誌ライター)

ストーリーは、末期がんに侵されたかつての親友の「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」という願いを叶えるために、当時の仲間=SUNNYを再集結させようというもの。
再集結に奮闘する主婦の奈美役に篠原涼子。彼女の女子高生時代を広瀬が演じる。他にも板谷由夏、小池栄子、渡辺直美、ともさかりえ、女子高生役には池田エライザ、山本舞香など豪華キャストが揃い踏みしている。

同映画の公式インスタグラムでは、そのオフショットを公開。そこには共演する女優たちとともにミニスカートの制服姿、そして90年代大流行したルーズソックスを履いた広瀬の姿が映し出されている。
ポーズもノリも当時を意識したものがあり、写真を見たファンからは「懐かしいポーズに懐かしいルーズ」「すずちゃん制服似合ってるぅぅ」といったコメントが寄せられているのだが…。
その一方で「広瀬すずちゃん、全然コギャルじゃないじゃん、、、」「広瀬すずはなりきれてない感じがあるけどエライザちゃんはコギャル似合う」
「広瀬すずだけ全然コギャルじゃない、、、まんますず」といった指摘も目立っている。しかしこれには理由があった。

「広瀬は、ネット情報配信サイト『AbemaTIMES』が8月28日に配信したインタビューで、奈美役について『“奈美”はコギャルに染まりきっていない、
ちょっと芋っぽさも残っているので眉毛も自然な太さで、肌も焼いてないです』とコメントしています。
彼女がいまいちコギャルっぽくないのもそのせいでしょうね」(エンタメ誌ライター)

背景を知れば知るほど、広瀬の“イモコギャル姿”に興味津々だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1511805/
2018.08.30 18:15 アサジョ
1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

no title

no title


【広瀬すず「SUNNY」への“コギャルに見えない”批判に対する言い分】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/31(金) 09:21:06.57 ID:CAP_USER9
若手人気女優の広瀬すずに「ウソ泣き娘」の評判が出ている。女優にウソ泣きは付きものだが、広瀬の場合は演技ミエミエだというのだ。

「よく、こんなことで泣けるなと感心してしまうほど。別に泣くほどのことじゃないのに涙ボロボロ。彼女には、まだ人を欺く演技力がないですね」(芸能ライター)

広瀬は去る8月23日、横浜市で行われたティーン雑誌S誌のイベントで同誌の専属モデルを卒業したのだが、そのシーンが「ワザとらしい」と評判になっている。

「S誌のモデルは22歳ぐらいまで続ける子はいますけれど、すずは売れているから早々に卒業ということでしょう。
でも、去年8月、彼女は同じく専属モデルの三好彩花の卒業のとき、今後も頑張ると宣言していました。だから、少々早い気もしましたけど」(女性誌記者)

実際、すずは三好に対して、専属モデルを代表して送辞。
三好との思い出を語りながら涙で送った。

「専属モデルで入ってくるギャラなど知れています。どこまでいってもステップアップの材料でしかない。逆に専属モデルで時間が取られるのが足かせになったのかもしれません」(同・記者)

定番の演出に涙ボロボロ

広瀬は来年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』の主演が決まっている。しかも同小説100作目という記念の作品だ。
もうモデル業などやってられないというのが本音だろう。

「このイベントで笑ってしまったのは、姉のアリスの手紙が突然、代読されたこと。文面には『……すずは、私の自慢の妹です……』という、いかにも泣かせる言葉。
その瞬間、すずは涙ボロボロです。この手の卒業式というと、身内の手紙が用意されるのが定番。すずの涙は“演出”を助長しただけ」(同)

昨年の三好卒業の際にも、三好の母親の手紙が用意され、三好は涙。すずは、その手のヤリ方は身をもって知っていたはず。

「だいたい昨年、すずは送る側だったのに涙した。送辞は相手への感謝と門出を祝うので、涙は見せるものではない。
だからネットでは『自分のイメージ作りのために“ウソ泣き”した』と酷評された。
今回のアリスの手紙にしても同じ。つい最近まで一緒に住んでいたのに、泣くなんてワザと過ぎる。ウソ泣きといわれても仕方がない」(前出の芸能ライター)

来年の『なつぞら』がコケないことを願うばかりだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1512145/
2018.08.31 07:00 まいじつ
no title

【広瀬すず『モデル卒業』の涙が「ワザとらしい」と悪評ぞろぞろwwwwww】の続きを読む