芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

幸福の科学

1: なまえないよぉ~ 2019/03/09(土) 07:31:04.36 ID:yAbwVR5V9
「幸福の科学」の大川隆法総裁は、赤の他人になり切って好き勝手に喋る「霊言」と「映画製作」が十八番。現在、出家した女優、千眼美子(せんげんよしこ)こと清水富美加(24)の出家後初主演作となる映画が公開されている。劇場は、ほぼ満員状態なのだが、やはり、そこにはカラクリがあるという。

 2月22日に封切られた映画のタイトルは、「僕の彼女は魔法使い」。大川総裁の製作総指揮で、全国210館で上映されている。

 その内容は、清水扮する白い魔法使いが赤い糸で結ばれた運命の相手と手を携えて、黒い魔術師に立ち向かうという他愛もないラブストーリー。

 宗教ジャーナリストの藤倉善郎氏が解説する。

「これまで以上に、教団用語連発の映画でした。例えば、大川総裁のことを指す“エル・カンターレ”という言葉が、映画のなかでは“神さま”という意味で使われていたり。その理由は、“清水富美加と結婚させられそうになったから”と教団をやめた大川総裁の長男、宏洋(ひろし)さんが映画製作にかかわらなくなったからかもしれません。彼は映画を一般人への布教にも利用しようと、あえて教団用語を使わないようにしていましたから」

■グルグル回転菩薩

 とはいえ、当然、主に信者向けの映画ではあるため、幸福の科学にはチケット購入のノルマがあったという。

 元信者によると、

「名簿上、300人くらいが所属する支部を例にとると、支部長はだいたい3千万円分のチケットを捌くことを本部から要求されます。でも、それはプレッシャーをかける目的で、実質的なノルマはその半分。そこで、もし1千万円をクリアできないと、支部長は左遷される可能性があります」

 そのため、支部長は所属の信者に必死の売り込みを図るという。

「個人で1千万円以上のチケットを購入すると、教団内で“大黒天”として扱われます。大量のチケットを抱えた信者は、同じ劇場で、繰り返し繰り返し映画を鑑賞し続ける。その鑑賞法は、“グルグル回転菩薩”と呼ばれています。最初は、信心深く手を合わせてスクリーンを向いていても、だんだんと飽きてきて、大抵はウトウトしてしまいますけどね」(同)

 果たして、「僕の彼女は魔法使い」では、どれくらいの興行収入が見込めるのか。

 2017年の衆院選で、幸福の科学が母体の「幸福実現党」は、比例代表で約29万票を獲得した。単純に、映画のチケット代1800円を掛けると、5億2千万円以上の興行収入が見込めることになる。さらに、選挙権を持たない信者の分もそれに加わるはずだ。

 ちなみに、昨年公開の幸福の科学の映画「さらば青春、されど青春。」の興行収入は6億2千万円だったという。

 藤倉氏が続ける。

「もともと、大川総裁は教団の箔付けのために、芸能人の霊言を連発したり、映画に取り組んでいるわけです。今度の映画で、製作総指揮を執ったのは15作目。このままクリエイター気取りでいたい大川総裁は、今後も毎年のように映画をつくっていくに違いありません」

 挙げ句、一方的に信者は映画チケットを抱え込むハメになるのだ。

「週刊新潮」2019年3月7日号 掲載


3/8(金) 5:59配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190308-00557816-shincho-ent
no title

no title

【幸福の科学「清水富美加」の初主演映画 “満員御礼”背景に信者のノルマ 「グルグル回転菩薩」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/18(金) 06:45:44.21 ID:CAP_USER9
 第二の女優人生の幕開けなのに、トンだケチがついてしまったのである。昨年、幸福の科学へ出家した千眼美子(せんげんよしこ)こと清水富美加(23)。改名後の初作品となる映画が公開されたが、実は教祖さまの親子ゲンカのあおりを受けているという。これじゃあ、幸福どころか不幸の真っ只中! 

 5月12日に封切りされたその映画のタイトルは、「さらば青春、されど青春。」。大川隆法総裁の長男・宏洋氏(29)と清水のダブル主演で、幸福の科学出版が製作している。

 内容は、名門大学に進学した主人公が神秘体験を機に神々との交信を続け、救世主として生きるか、恋人との人生をとるのか……、といったストーリー。宏洋氏は主人公を演じ、就職先の商社で出会い、恋に落ちるヒロイン役が清水だ。

 映画のプレス向け試写を見た宗教ジャーナリストの藤倉善郎氏によれば、

「話自体は、大川総裁の著書に書かれた自伝的なもの。長男が演じる主人公は本の中で描かれた自分のことなのでしょう。ただ、主人公を支える恋人、清水の役はオリジナルのキャラクターのようです。6年前に離婚した元妻のきょう子さんは、教団にとって裏切りものですから描けないのです」

 試写会の会場には、メディア関係者が10人もいなかったというから、1年前に清水が出家宣言した際の騒動は、すっかり沈静化したよう。公開後の話題性も推して知るべし、なのである。
“けじめをつける”

 それだけではない。実は、この映画にはもう一つ“いわく”があったのだ。

 さる芸能記者が言う。

「今年、1月1日に長男が、自身のインスタグラムに、意味深な書き込みをして話題となりました。教団の映画製作などをする芸能事務所の社長を務め、役者としても活動していたのですが、長男はプロダクションとの契約を終了するだけでなく、教団の職員も退職すると表明したのです」

 教団関係者が解説する。

「プロダクション経営について父親と喧嘩になったのです。会社を採算がとれるようにしろと言われたのですが、教団のプロパガンダがメインですから経営は厳しいものがある。しかも、長男は学生時代にバンド活動をやったりして、宗教にあまり興味がない。自分の好きな映画作りは続けるようですが、教団の映画には嫌気が差してしまったのです」

 この点について、幸福の科学グループ広報局は、

「本年1月に当グループの映像事業研究所所長に就任し、新事業に向けて精力的に取り組みつつ、映画のプロモーションについても既にTV等様々行っており、今後も舞台挨拶に出演する等、活発に行う予定です」

 と言うのだが、長男は、教団が新事業に就いたと説明する1月末のインスタグラムへの書き込みに、

《退職するという結論に変わりはありません。(略)けじめをつけるべき所はつけ、筋を通すべき所は通して、自分のやるべき仕事を全うしていきたいと思っております》

 と綴ったのだ。出家して来た先の“跡継ぎ”が、今度は“出家”してしまうというのだから、清水も複雑な心境であるに違いない。

 もっとも、再デビュー後の仕事という点では、

「今回の映画以降も、幸福の科学グループで製作の映画10本以上が予定されています」(幸福の科学)

 というから、彼女にとっては不幸中の幸いか? 

5/18(金) 5:59配信 

デイリー新潮 
「清水富美加」復帰作に“不幸”なケチ 「幸福」教祖の親子ゲンカ 

「週刊新潮」2018年5月17日号 掲載
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180518-00542187-shincho-ent
no title

【「清水富美加(千眼美子)」幸福の科学出版製作映画への復帰作に“不幸”なケチ 「幸福」教祖の親子ゲンカ】の続きを読む

no title


1: なまえないよぉ~ 2017/09/05(火) 12:17:42.83 ID:CAP_USER9
女優の新木優子(23)が宗教法人「幸福の科学」の信者であることを、8月31日発売の『週刊新潮』(新潮社)が報じ、大きな波紋を呼んでいる。

記事によると、同法人では全国の教団施設で13日以降、2時間弱に及ぶ新木の守護霊インタビューが公開されており、
新木の守護霊に扮した大川隆法総裁(61)による“霊言”が視聴できるのだという。
そこで新木では、「数年、10年後には合流したいなという気持ちは持っている」
「事務所にはカミングアウトをしています」「なんとか幸福の科学の翼のひとつに慣れたらと思っています」といったことなどが語られている。

実際に新木の所属事務所は、新木が信者であることを認めているようだが、本人や両親・事務所責任者との話し合いにより、
出家などで事務所には迷惑をかけないことでまとまっていると説明している。

新木は小学校の時にスカウトされ芸能界デビュー。ファッション誌『non-no』(集英社)でのモデル活動をメインに、ここ数年では女優業でも活躍を見せている。
現在は、月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)にも出演中だ。

この知らせにネットユーザー達からは、「新木ちゃんもかよ……」「これからどうなるんだろう」「ショック」といったコメントが寄せられ、ざわつきを見せている様子だ。

幸福の科学といえば、今年2月に女優の清水富美加(現・千眼美子・22)が、突然出家を宣言したことも記憶に新しい。
清水の場合は、事務所との間でのトラブルもあったため、新木もこうした“第二の清水富美加”となるのではないかと懸念されている。

「事務所には清水の件のあとに、新木から告白があったようです。事務所は急きょ、本人と家族・事務所関係者を交えて話し合いがあったといわれています。
いつこういう状態が報じられても、万全の対策はとっていたようですが……」(芸能関係者)

事務所としても新木としても、清水騒動の時ほど事を荒立てたくないというのが本音なのかもしれない。

■好調だったフジテレビは苦笑い?

しかしそういった事務所の思惑とは逆に、周囲は苦笑いのようだ。

「一番困っているのは、フジテレビ関係者でしょうね。『コード・ブルー』は、今期トップの視聴率をとり続けてきたドラマです。
新木は今期から作品に参加していますが、中心キャストの一人として、制作発表などの場にも出席する立ち位置でした。
多かれ少なかれ、視聴者のうける印象は変わってくるのでしょう」(前出・芸能関係者)

ドラマも佳境に入ってきている時期だが、新木の現状がドラマに影響を与えることはあるのだろうか。

「フジとしては思わぬところで足をすくわれる状態となり、関係者の間ではため息が出ている。
また一部では、本作の視聴率がよかったのは、幸福の科学の信者たちが総動員で観ていたからなのでは揶揄される始末。
迷惑なのは高視聴率をはじき出した主演の山下智久(32)でしょう。いらぬ雑音で集中力を切らさなければいいのですが」(同・関係者)

若手女優の一人として今後が注目されている新木だが、こうした影響は自身の今後の女優業に大きく響くことは間違いなさそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1351793/
2017.09.05 11:55 デイリーニュースオンライン

【新木優子、幸福の科学信者発覚で大混乱?好調『コード・ブルー』に不安要素】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/08/05(土) 20:30:30.85 ID:CAP_USER9
宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加さん(22、法名・千眼美子=せんげん・よしこ)が2017年8月2日、
東京ドームで行われた大川隆法総裁の講演会イベントに出演した。清水さんが17年2月に出家を宣言してから公の場に姿を見せるのは初めて。

清水さんは大川総裁の長男、宏洋(ひろし)氏と映画「さらば青春、されど青春。」(幸福の科学出版、18年初夏公開)にダブル主演することが決まっており、
主題歌「眠れぬ夜を超えて」を約5万人(主催者発表)の信者らの前で披露。「皆様と、一緒に、1歩1歩を進めてまいりたい」などと語った。

清水さんの主題歌披露は、大川総裁の講演に先立って行われた。白のドレス姿の清水さんは約4分間にわたって主題歌を披露し、

「応援してくださった方々のおかげで、今、ここに立てていると、しっかりと自覚しております」
とあいさつ。映画の撮影には「全力で励んでまいりたい」としたうえで、

「これからは、皆様と、皆様と、一緒に、ともに、1歩1歩を進めてまいりたいと思います。よろしくお願いします。今日は、本当にありがとうございました」
と観客への感謝の言葉を述べた。サイリウムで青くなった観客席からは大きな拍手が起きた。

https://www.j-cast.com/2017/08/02304946.html

3ec1c040-s

【清水富美加こと千眼美子、幸福の科学の映画「さらば青春、されど青春。」の主演が決定】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/23(火) 17:24:49.60 ID:CAP_USER9
 女優の清水富美加(しみず・ふみか)さん(22)が、産経新聞のインタビューに答えた。今年2月に宗教団体「幸福の科学」に出家して「千眼美子(せんげん・よしこ)」の法名で活動すると表明して以降、マスメディアに登場するのはこれが初めて。一時期体調を崩したというが、頬もふっくらと、そしてつやつやと輝き、芸能活動も続けたいなど女優としての今とそして未来を語った。(聞き手 文化部 石井健)

■外に出るのが怖かった

 「ちょっとドキドキしています。2月以降、取材を受けるのは、これが初めてなので。いやあ、緊張する」

 《清水さんは、2月上旬、体調不良のため出演番組を相次いで休んだ。芸能界を引退し、宗教活動に専念すると報道された。同月中旬には自著「全部、言っちゃうね。本名・清水富美加、今日、出家しまする。」(幸福の科学出版、1200円+税)を出版。そこに至る経緯を書いた。また、「引退ではなく休業」と説明。ただ、メディアには出てこなかった》

 --この間、どう過ごしていたのか?

 「家にいることが多かったかな。(出家宣言で騒がれて)以前より自分の存在が知られてしまったので、外に出るのがちょっと怖くて、スーパーマーケットにお買い物にいくことぐらいしか外出はしませんでした」

 「何をしていたかというと、本を読んでいました。政治や経済のことも知っておいたほうが良いのかと、(ジャーナリスト)池上彰さん著作などを。世の中をより良くしていこうという目的が出家活動の中には入っていますから、政治や経済のことも知らないといけない。新聞も購読しないと」

 「人生をどうするかの選択をし、今までとは違う世界に入っていくことになりました。いろんなものが新鮮で、その分、この足かけ4カ月は長く感じましたね」

 --体調を崩したとも

 「崩していた時期もありましたが、今はもう…。あ、逆にどういうふうに見えますか?」

 --元気そう

 「はい、そうなんです。ふふふ。体力に限界がきていたのは事実です。2月から、さまざまな対応は弁護士さんにお任せして、休ませていただいていましたが、今はもう元気です」


>>2以降に続きます

2017.5.23 17:00
http://www.sankei.com/entertainments/news/170523/ent1705230006-n1.html
no title
【幸福の科学に出家した清水富美加さん 独占インタビュー ふっくら女優再起動宣言】の続きを読む