芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

平手友梨奈

1: なまえないよぉ~ 2019/10/17(木) 09:29:16.03
欅坂46の平手友梨奈と渡邉理佐が19日発売の雑誌「non・no」12月号に登場する。

初の東京ドームライブを成功させ、勢いを増す欅坂46。
グループの顔であり、女優としても注目を浴びる平手が同誌12月号に登場。
最近プライベートでもよく遊びに行くという、メンバーで同誌専属モデルも務める渡邉とのフォトセッションを行った。

「二人で話そう」と題した特集では、距離が縮まったきっかけや共通点、お互いの素顔などについて語った対談もたっぷり。
実は2017年2月号でも、一緒にインタビューを受けていた二人。
2年9か月ぶりの「non-no」誌上での共演となる。

平手友梨奈&渡邉理佐、関係性を語る
特集内での二人はさりげなくリンク感のある3パターンのコーディネートを着用。
顔を寄せ合って話したり、お互いの頬を引っ張り合ったりと、姉妹のような可愛らしい表情を見せている。
また編集部からのリクエストに応え、お互いの似顔絵を描き合う姿も。
自信満々で描き始めた渡邉の絵を覗き込み、笑って倒れこむ平手。
そんな平手が、思案の末に描き始めた渡邉の似顔絵とは?
微笑ましいやりとりと写真から伝わる、二人の間に流れる優しい空気を感じ取れる。

平手は「理佐は出会った頃からずっと変わらない。面倒見てくれたり、気にかけてくれたり。ずっと“お姉ちゃん”」、渡邉は「平手といる時は、『引っ張らなきゃ』『支えなきゃ』、そんな感覚になるんです。すごく甘やかしたくなっちゃう」と2人の関係性を語った。

新木優子が表紙
今号の表紙は新木優子、巻頭では秋の主役アイテムである「ニット」を大特集。
また、佐藤勝利(Sexy Zone)&高橋海人(※「高」は正式には「はしごだか」)(King & Prince)のスペシャル対談、田中みな実、須田亜香里、佐藤ノアなど人気の美容インフルエンサーが登場するビューティ特集、「オオカミちゃんには騙されない」で人気急上昇中のノンノモデル・鈴木ゆうかの「恋のかけひき着回し」など、話題の企画が盛りだくさんとなっている。

http://mdpr.jp/news/detail/1882943

「non・no」12月号 平手友梨奈&渡邉理佐
no title

no title

表紙 新木優子
no title

no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

no title


欅坂46 渡邉理佐
no title

no title

no title

【【欅坂46】平手友梨奈が笑った 「non・no」12月号登場!渡邉理佐と2年9か月ぶり“姉妹”共演】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/11(金) 09:32:01.85
“サイコ”の異名を持つ平成ノブシコブシ・徳井健太が、世の中のあらゆる事象を生温かい目で見通す連載企画「徳井健太の菩薩目線」。
最新回では、欅坂46のドーム公演について独自の梵鐘を鳴らす――。
 
9月19日、欅坂46の東京ドーム公演最終日に行ってきた。
同じ日、俺は『アメトーーク!』の「BiSHドハマり芸人」の収録を控えていた。
欅坂46のドーム公演を見てからのBiSHドハマり芸人。
正気でなんていられない。俺は、ガンギマリでテレビ朝日に突撃した状態だった。
何も所持していないけど、何かしらの検査をされたら“黒”と言われるくらいアグレッシブな抜け殻になっていた。

俺の杞憂を全壊させるほどの超満員。
欅坂46のドーム公演は、救世主の登場を今か今かと待ちわびるかのように、緑色のサイリウムが雲海のようにドームを覆っていた。
世の中で生きていくにあたって、否定することを肯定してくれる神の降臨を待つ、そんな気分だった。
彼女たちが登場した瞬間、富士山のご来光のような光が降り注いだことは言うまでもない。
古来から、なぜ山岳信仰が必要とされてきたのか、俺はちょっと分かったよね。

ライブは、非の打ちどころがなかった。
前日のアンコールで、1年9ヶ月ぶりに「不協和音」を“解禁” したこともあって、終幕に向けてボルテージは上がりっぱなし。
アンコールのラスト、事前の情報通り「不協和音」が始まり、名フレーズ「僕は嫌だ」の生音を聞いた瞬間、鼓膜から三半規管まで、耳の機能という機能のすべてがぶっ壊れた。
この日のために、「耳って生えていたんだな」って思ったくらいだった。

また無慈悲な日常に戻るのか、さぁ帰ろう――。
でも、一向にドームは明転しない。ざわめきだすドームの観衆。不気味に妖しく光り続ける欅坂のマーク。
たった一人で平手友梨奈が登場し、ソロ曲「角を曲がる」を歌い始めたとき、イエス・キリストってこんな感じで復活したんじゃないかなって想像してしまった。
アンコールが終わってダブルアンコールが始まるまでの復活の間を、俺は一生忘れない。

恐るべきは、平手友梨奈という存在の特別感。
きっとメンバーの中には、「なんで彼女だけ」って思う子もいると思う。
卒業公演ならまだしも、欅坂46の東京ドーム公演だもの。
平手さんではない他のメンバーを推しているファンだってたくさんいる。
でも、正も負も全部背負って、たった一人で歌い上げた彼女の姿は、カリスマそのものだった。
歌い終わって、一言、「ありがとうございました」と伝えると、まるでろうそくの炎を消したかのように真っ暗になった。

徐々に明転するドームの中で、俺は「どう“BiSHドハマり芸人”のテンションにもっていけばいいのか」、気が狂いそうだった。
そもそも入り時間に間に合うのかも気が気じゃなかった。「僕は嫌だ」とは言えないから、全力でテレビ朝日に向かった。

平手さんは、曲の合間に行われるMCタイムには顔を出さない。
MCの最中は、欅坂のメンバーたちも、ニコニコと楽しげにトークを交わす。
その姿に、10代の女の子らしさを感じ、安心感を覚えるんだ。
だけど、繰り返すように平手さんはいない。そして、曲が始まると姿を現す。
俺は、欅坂46は月のような存在と喩えているけど、平手さんは月の裏側だ。
誰も覗いたことがない。もしかして平手友梨奈という存在は、ホログラムのように本当は実在していなんじゃないのか。
社会の願いや幻想も似たようもんだ。彼女は、存在自体が社会的メッセージだよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00010004-theadline-ent

欅坂46 初の東京ドーム公演 平手友梨奈
no title

no title

no title

no title

no title


欅坂46 平手友梨奈
no title


平手友梨奈ソロ曲
欅坂46 『角を曲がる』
https://www.youtube.com/watch?v=J3_IdDAr-dk


【【いつもの】欅坂46平手友梨奈はカリスマそのものwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/20(金) 00:17:50.31
アイドルグループ・欅坂46が19日、夏の全国アリーナツアーの追加公演として自身初となる東京ドーム公演を開催し、前日とあわせて10万人を熱狂させた。
右ひじ負傷のため8月16日からのツアー出演を見合わせていた(一部出演あり)絶対的センターの平手友梨奈が完全復帰。
2017年大みそかの『NHK紅白歌合戦』で歌唱後に過呼吸のような症状で倒れてからは一度も披露してこなかった、ファンの間では“魔曲”とも呼ばれている「不協和音」の封印を1年9ヶ月ぶりに解き、会場は興奮のるつぼと化した。

2016年4月6日のメジャーデビューから3年5ヶ月での東京ドーム公演は、乃木坂46の5年8ヶ月(2017年11月7~8日)、AKB48の6年半(14年8月18~20日)を上回るスピード。
ファンが胸を高鳴らせるなかでのオープニングは、白ブラウスにひざ丈スカートの制服衣装に身を包んだ“絶対的センター”平手が1人で登場し、厳かな音楽に乗せた無言芝居風のダンスで幕開け。
ピアノをポロン…と奏でる音を合図に「Overture」が流れると、5万人のペンライトで織りなす“緑の森”が激しく揺れ、地鳴りのような大歓声が轟いた。

無数の炎が立ちのぼるなか、激しいダンスナンバー「ガラスを割れ!」から冒頭4曲は曲間にダンストラックを挟み、平手はグランドピアノの上でソロダンスを披露。
センターステージでは野外ライブさながら噴水を浴びながら踊るなど、メンバー25人が序盤からフルスロットルで全身全霊のパフォーマンスを繰り広げる。
2ndシングル「世界には愛しかない」では、MV冒頭の平手の叫び声をファンが受け持ち、5万人による「ウワー!」の絶叫が会場を揺るがした。

キャプテンの菅井友香は息を切らしながら「ついに千秋楽。欅坂46が東京ドームにやってまいりました! まさかこの東京ドームに立たせていただけるとは本当にびっくりです」と会場を見渡して感激。
「欅坂46のライブを観たいと思ってくださる方がこれだけいらっしゃるんだなと実感して、何と言ったらいいかわからないくらい、感謝の気持ちでいっぱいです」と想いを伝え「これからも期待を持っていただけるようなステージをお届けしたい」と意気込みも。
佐藤詩織は「1期生21人で始まって、2期生も入ってくれて、チーム欅のみなさんのおかげでこういう場所でライブができて恵まれています」と涙ぐんだ。

■平手友梨奈がセーラー服で舞い、強烈な余韻を残す
右ひじを負傷していた平手は、「二人セゾン」の右腕をぐるぐる回したり伸ばしたりするダンスでもしっかり魅せ、「アンビバレント」では側転も披露。
アンコールでは長らく封印していた「不協和音」を“解禁”すると、楽曲の世界観に入り込み、けがをも恐れない渾身のダンスと鋭い眼光で圧倒。
おなじみの「僕は嫌だ!」の絶叫とともに爆音が響き渡り、爆発的な盛り上がりをみせた。

興奮冷めやらぬファンが「欅坂46」コールを続け、ダブルアンコールに突入。
センターステージにスポットライトが当たると、セーラー服姿の平手が1人でバレエ風のダンスを始め、昨年9月に公開された自身の主演映画『響 -HIBIKI-』の主題歌として作られたソロ曲「角を曲がる」を初披露。
「周りの人間に決めつけられた思い通りのイメージになりたくない」「みんなが期待するような人になれなくてごめんなさい」などと歌った平手は、等身大の高校3年生に戻ったようなはにかんだ笑顔をみせ、「どうもありがとうございました」と深々と一礼。
ソロで始まりソロで終えた平手は、強烈な余韻を残して消えていった。

本ツアーは全国5都市12公演で計17万4500人を動員した。

セトリ他全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000330-oric-ent&p

平手友梨奈が完全復活 欅坂46 初の東京ドーム公演
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【予想通り】欅坂46平手友梨奈さん、東京ドームで完全復活!!!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/09(月) 01:02:19.86
欅坂46・9thシングル「タイトル未定」のセンターポジション&選抜メンバーが、8日深夜に放送された冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系/毎週日曜深0:35)にて発表された。

欅坂46“初の選抜制”9thシングルセンターは平手友梨奈
これまで全員でパフォーマンスしてきた欅坂46だったが、今回から初めて選抜制になることが決定。

センターは平手友梨奈。デビューシングル「サイレントマジョリティー」から9作連続で不動のセンターを務める。

選抜の人数は17名で、1列目(5名)は(左から)小林由依、松田里奈、平手、田村保乃、渡邉理佐。

2列目(5人)は(左から)武元唯衣、菅井友香、森田ひかる、守屋茜、佐藤詩織。

3列目(7人)は(左から)土生瑞穗、渡辺梨加、井上梨名、原田葵、関有美子、上村莉菜、藤吉夏鈴。

2期生で初の選抜入りを果たしたのは、松田、田村、森田、武元、井上、関、藤吉の7名だった。

欅坂46“全員選抜”から“初の選抜制”に
2015年に誕生した欅坂46は、2016年4月の1stシングル『サイレントマジョリティー』から2019年2月発売の『黒い羊』まで、選抜制ではなく体調不良などによる不参加者を除くメンバー全員がシングルに参加していたことから、ネット上では「全員選抜」「選抜発表」がトレンド入りするほど話題になっていた。

2018年末には、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46による「坂道合同新規メンバー募集オーディション」にて2期生9名が加入した。

https://mdpr.jp/music/detail/1869283

8日深夜放送『欅って、書けない?』
9thシングル選抜メンバー発表
http://tvcap.info/2019/9/9/cuio190909-0036580725.jpg
センターは平手友梨奈
no title

3列目(7人)(左から)土生瑞穗、渡辺梨加、井上梨名、原田葵、関有美子、上村莉菜、藤吉夏鈴
no title

2列目(5人)(左から)武元唯衣、菅井友香、森田ひかる、守屋茜、佐藤詩織
no title

1列目(5名)(左から)小林由依、松田里奈、平手、田村保乃、渡邉理佐
no title

選抜メンバー17名
no title


センター 平手友梨奈
no title

【【なんのひねりもない】欅坂46新曲 平手友梨奈が9作連続センター!選抜メンバー17名発表】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/07(土) 20:57:11.70
欅坂46の平手友梨奈が、7日にさいたまスーパーアリーナ(埼玉)で開催された「マイナビ presents 第29回 東京ガールズコレクション 2019 AUTUMN/WINTER」(以下:TGC)に出演した。

欅坂46平手友梨奈、シークレット登場「TGC」初降臨
グループ公式サイトでは8月15日、平手が活動中に右ひじを負傷し、一定期間安静にするよう医師から診断されたとして、同月16日からスタートしている同グループの「夏の全国アリーナツアー2019」の出演を見合わせる発表を行っていた。

現在は、同ツアーの一部楽曲に参加するなど、怪我の調整を行いながら活動中。
そして今回、TGCのステージに初めて登場した。

平手が降臨すると、会場からは割れんばかりの歓声が。
ゆるく巻いたヘアをハーフアップでまとめた可愛らしいヘアスタイル。
キラキラなトップスとオーバーサイズのジャケットを着こなし、ほっそりとした美しい脚が透けたオーガンジー素材のスカートを揺らしながら、堂々とランウェイを歩いた。

そしてランウェイを捌ける瞬間、振り向きにっこり。
それまでクールな表情を見せていた平手のギャップに、会場は虜になっていた。

http://mdpr.jp/news/detail/1868859

「TGC2019 AUTUMN/WINTER」に降臨 平手友梨奈
no title

no title

no title

no title

no title

no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

no title

【欅坂46平手友梨奈、TGCにサプライズ降臨!クールな表情 ほっそりとした美しい脚で堂々ランウェイ】の続きを読む