芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

平手友梨奈

1: なまえないよぉ~ 2020/01/02(木) 16:15:12.84
欅坂46の守屋茜が2日、自身のオフィシャルブログを更新。メンバーとのオフショットや、大みそかに出演した「第70回 NHK紅白歌合戦」(2019年12月31日、東京・渋谷 NHKホール)での衣装の秘密を
明かした。

守屋は「2019→2020のカウントダウンは またみんなで年越しすることが出来て嬉しかったです。恒例となったジャンプもしました」と年明けの瞬間の様子を報告。

紅白では、同番組で「不協和音」を2年ぶりに披露し、圧倒的な表現力を見せていた欅坂46。守屋は「不協和音、みんなで踊りきることが出来て 達成感とすごくやり切った気持ちです」と思いを言葉に。

また、2018年の紅白では、センターの平手友梨奈が怪我の治療専念のために本番に出場できなかったことから、守屋は「てっちゃん 何回みても鳥肌たつパフォーマンス。今年は一緒に紅白歌合戦の舞台に出ることが出来て本当に嬉しかった」と喜びを語っている。

中略

紅白では、オープニング&エンディング、欅坂46でのパフォーマンス、乃木坂46とのパフォーマンスで3パターンの衣装を披露していた欅坂46。守屋は「オープニング、エンディング衣装は、彼岸花が刺繍されていたんです」と「黒い羊」でモチーフとなっている“彼岸花”のデザインが施されていたとし、「てっちゃんの衣装はその彼岸花が赤いデザインになっていて凄く凄く凄く!可愛かったです」と平手の衣装は少し違った装飾がされていたことを明かした。

そして最後に「今年の目標は幅広く色んなお仕事が経験出来る年になったらいいなと思います。いつチャンスが巡ってきても対応できる様に実力をつけていきたいです。グループとしても一人の人間として、大きく成長出来る様に頑張ります」と個人として、グループとしての目標をつづっている。

モデルプレス
https://mdpr.jp/news/detail/1926427
no title

【欅坂46守屋茜、平手友梨奈パフォーマンスは「何回みても鳥肌たつ」紅白衣装の秘密も明かす】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/01/01(水) 13:32:48.74
1日、欅坂46の公式Twitterが更新され、年明けを迎えたメンバーの写真を公開した。

2020年迎えた欅坂46
2020年迎えた1日、公式Twitterは「改めましてあけましておめでとうございます 2019年も欅坂46を応援いただきありがとうございました!!2020年もどうぞよろしくお願いいたします A HAPPY NEW YEAR」と新年の挨拶とともに、年明けを迎えたメンバーの写真を公開。

クラッカーを手に持ったメンバーたち。
パーティーハットをかぶったセンターの平手友梨奈が2期生・田村保乃の頭にクラッカーから出た紙を装飾していたり、小林由依だと思われる人物が“2020”のサングラスをかけていたり、小池美波・渡辺梨加らが笑顔で楽しそうにしていたりと、明るい楽屋の様子が伝わってくる。

欅坂46、紅白歌合戦で圧倒的表現力
大みそかに出演した「第70回 NHK紅白歌合戦」(31日、東京・渋谷 NHKホール)では、圧倒的な表現力を見せていた欅坂46。
パフォーマンス後ネット上には「とんでもない表現力に震えた」「すごすぎる…これしか言葉が出ないほどの衝撃」「歴史的瞬間を見た気がする」「涙が止まらない」など、全身全霊で楽曲の世界観を表現した欅坂46に絶賛の声が上がっていた。

また一部では、完全燃焼した平手が、歌唱後にメンバーに抱えられながらステージを後にしたという報道が出たが、モデルプレスが所属レコード会社に問い合わせたところ、平手の体調について「大丈夫です。全力を出し尽くしましたが、体調に問題ありません」と回答している。

圧巻のパフォーマンスを見せ世間に衝撃を与えた欅坂46だったが、楽屋に戻ると一変、あどけない笑顔いっぱいで等身大の姿に。
ファンからは「可愛いがいっぱい!新年から幸せです!!」「紅白からの楽屋写真のギャップがすごい」「平手ちゃん元気そう!全力を出し切った素晴らしい表現を見せてくれたから、あとはメンバーと一緒に楽しんで~!」「サングラスもパーティーハットも可愛すぎか」「笑顔が最高に輝いている」などの声が上がっている。

http://mdpr.jp/news/detail/1925861

「紅白」パフォーマンス後の欅坂46メンバー
パーティーハットをかぶった平手友梨奈の姿も(右端)
no title

no title

no title




【欅坂46平手友梨奈さん、「紅白」失神芸直後の楽屋での元気な姿が公開されてしまうwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/31(火) 22:58:29.52
<第70回NHK紅白歌合戦>◇31日◇東京・NHKホール

欅坂46が紅白では2年ぶりに「不協和音」を披露し、リベンジを果たした。

17年に「不協和音」をパフォーマンスした際、総合司会内村光良とのコラボ企画でも再び同曲を披露したが、歌唱後にメンバー数人が過呼吸のような症状で倒れ込む事態となっていた。

2年ぶりのパフォーマンスを前に、欅坂46ファンの審査委員の広瀬すずは「ライブに行かせていただいて、すごい衝撃を受けました」と明かした。内村は「もう1回聴けると思わなかったし、もう1回やると決めた彼女たちの気概をすごく感じました。すずちゃんと一緒に見届けたいと思います」と話した。紅組司会の綾瀬はるかは「今日はより、より、より、パワーアップした『不協和音』が見られるそうです」と紹介した。

パフォーマンスが始まると、イントロでセンター平手友梨奈が右手のこぶしを前に突き出し、力強く正面にらみつけた。21人でキレキレのダンスパフォーマンスを披露。曲中の「僕は嫌だ!」と叫ぶパートは、2期生の田村保乃と平手がそれぞれ担当した。ラストは平手が笑みを浮かべながらポーズを決め、大歓声を浴びた。内村からは「よくやった! すばらしかった! 新『不協和音』だ!」と絶賛された。

オンエア上では、ラストのポーズを決め、肩で息をするセンターの平手の頭を田村がなでて、出番を無事に終えた。パフォーマンスで力を出し切った平手は、オンエア後、退場する際に、メンバー数人にかつがれながら舞台袖へと運ばれていった。

所属レコード会社は、パフォーマンス後の平手の体調について「大丈夫です。全力を出し尽くしましたが、体調に問題ありません」と答えた。

12/31(火) 22:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-12311006-nksports-ent

写真
no title

【<欅坂46平手友梨奈>レコード会社が説明!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/31(火) 23:48:00.70
 「第70回NHK紅白歌合戦」(31日、NHKホール)

 欅坂46の平手友梨奈(18)は、2年前にも披露した代表曲「不協和音」を熱唱後、メンバーに抱きかかえられ、放心状態のようにステージを降りた。

 平手は激しいダンスの後体を震わせながらも笑みのような表情を浮かべ、最後は力を使い果たしたようにうつむいた。曲中に2回登場する決めゼリフ「僕は嫌だ!」を分け合った田村保乃(21)に後ろから頭をなでられ、何事かつぶやくシーンもあった。

 テレビの画面に映っていたのはこの場面までだったが、その後、メンバー数人に抱きかかえられた状態で退場。NHKはデイリースポーツの取材に「平手さんの体調は、まったく問題ありません。所属事務所にも確認しています」と回答した。

 欅坂は2年前も同曲を披露。平手は2度目の歌唱後、過呼吸のような症状を訴えて舞台裏で倒れ込んだ。今回も2年前の再現かと周囲を心配させたが、存在感抜群のパフォーマンスで2年前の“リベンジ”を果たして見せた。

デイリースポーツ 
12/31(火) 23:44配信 
欅坂・平手 メンバーに抱えられ退場もNHK「問題なし」 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000175-dal-ent
no title

【欅坂・平手友梨奈 メンバーに抱えられ退場もNHK「問題なし」 ← 演出の範囲内wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/30(月) 11:41:56.17
■『第70回NHK紅白歌合戦』リハーサル3日日(30日、東京・渋谷 NHKホール)
午前10時半から後半戦のカメラリハーサルがスタート。
トップバッターのLittle Glee Monster、DA PUMP、Official髭男dismに続いて、4年連続4回目の出場となる欅坂46が登場した。

欅坂46の曲目は、2年前に平手、鈴本美愉ら3人がステージ上で過呼吸のような症状で倒れた「不協和音」。
楽曲の世界観に深く入り込み、心身ともに消耗度の激しい同曲のダンスを本番に続き、総合司会の内村光良も加わってのコラボステージを行った2年前は、平手がよろめいたり、手が震えたりする異変が起こり、歌唱中に内村が「大丈夫?」と耳打ちする映像も流れ、鈴本が気を失うように後ろに倒れ込む姿も映った。

内村はこの日、欅坂46とのコラボを振り返り「2年ぶりに『不協和音』がパワーアップして帰ってきました!」「まさか2回見られるとは思いませんでした。しっかり見届けたいと思います」と曲振りした。
赤の衣装を着用したメンバーは最初のポーズを取って待機していたが、カウント音は響いたものの、曲がかからない音響トラブル。
舞台監督は「こちらの問題です。少々お待ちください」と呼びかけ、会場に張り詰めた空気が漂った。

紅組司会の綾瀬はるかの曲紹介からやり直し、「不協和音」の2番を披露。
センターの平手友梨奈は前日から万全ではなさそうだったが、この日は最後のポーズでよろめいて右手をつき、報道陣が息を呑んだ。
スタッフから声をかけられた平手は頭を下げたものの、メンバーの最後尾でうつろな表情でステージをあとにし、不安の残るリハーサルとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000320-oric-ent

『紅白歌合戦』リハーサル 欅坂46 平手友梨奈センター「不協和音」
no title

no title

no title

no title



欅坂46
no title



【【演出】欅坂46平手友梨奈さん、紅白リハでよろめくハプニング うつろな表情 不穏な空気wwwww】の続きを読む