芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

平手友梨奈

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/03(日) 20:35:13.50 _USER9
元欅坂46の平手友梨奈(19)が3日、日本テレビ系のバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ! 新春スペシャル!」に出演。「新春かくし芸習得ツアー」と題した企画で「イッテQ」のポーズを披露したほか、練習着のトレーニングウエア姿まで公開し、SNSなどでも「可愛すぎる」と大きな反響を呼んだ。

番組ではMCの内村光良(56)とともに福岡県の無形文化財「筑前博多独楽(こま)」に挑戦。赤紫色のトレーニングウエアが用意されると、内村が「着さすな」とスタッフにかみついたが、平手は「着たいです」と笑顔で手を挙げた。

2人が再会するのは2019年12月のNHK紅白歌合戦以来。独楽回しの練習中に平手が「こういうのを収録した後にスタジオで…」と尋ねたところ、内村は「あんまりそういうのないもんな、バラエティーはね」と返答するなど当たり障りのない会話も続いたが、その後は平手が両手を挙げてダンス風に内村を笑顔で応援するなど終始和やかなムードに。

平手も「まさかやる側だと思わなかったので、サポート側の方だと思っていたのでライブ並みに緊張してます」と白い歯をこぼしまくり、本番では和装で「手のせ独楽」や羽子板にのせる「破胡板(はごいた)」の曲芸に見事に成功した。

欅坂46の活動後期には笑顔がなかなか見られなかっただけに、ツイッターでも「初期のてち(平手の愛称)」「最高の笑顔だぜ!ウッチャン引き出してくれてありがとう」「平手ちゃんは笑う子ですとてもとても可愛いんです」と絶賛の嵐だ。

https://www.chunichi.co.jp/article/179948?rct=entertainment 

no title

no title

【『イッテQ』で元欅坂46平手友梨奈の笑顔爆発www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/22(火) 22:29:01.90 _USER9
1月に欅坂46を脱退した平手友梨奈のソロ初となるデジタルシングル「ダンスの理由」(25日配信)のミュージックビデオ(MV)が22日、YouTubeで公開された。


 平手がイチから楽曲制作に携わったという同曲のMVでは、タイトルどおり、主人公が踊る、踊り続ける意味を楽曲とパフォーマンスで表現。ダンサーとともに迫力のある激しいダンスで魅せる。新たに間奏のシーンが追加になっているところも見どころだ。

 欅坂46のシングル表題曲「二人セゾン」「不協和音」「風に吹かれても」「ガラスを割れ!」「アンビバレント」「黒い羊」のMVなどを手がけてきた新宮良平氏が監督を務めた。

2020-12-22 19:21
https://www.oricon.co.jp/news/2180019/full/

12ff35de-s

【平手友梨奈「ダンスの理由」MV公開 “踊り続ける意味”を体現 ← ゴリ押しも限界だろwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/20(日) 21:01:43.78 _USER9
 元「欅坂46」の平手友梨奈(19)が来年1月3日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!新春スペシャル」(後6・30~)に出演することが20日、分かった。MCの内村光良(56)と平手は2019年のNHK紅白歌合戦で共演して以来、約1年ぶりの再会となる。

 番組では内村が「新春かくし芸習得ツアー」と題し、心強い相棒とともに1日1個、合計3つのかくし芸習得に挑戦。内村と平手は日本の伝統芸で福岡県の無形文化財に指定される「筑前博多独楽(コマ)」の習得に挑む。

 今回サプライズで登場となった平手に、内村は思わず「違う!違う!違う!ウソでしょ!?本物だよね?ちょっと立てません」と腰を抜かした。その後のインタビューでは「信じられないというか、すごく嬉しかったです。イモトが安室さんに会った時ってこういう感じだったのかなって」と心境を語った。

 一方の平手は、内村との共演に「まさか自分が(筑前博多独楽を)やる側だと思わなかったので、サポート側の方だと思ってたので、ライブ並みにすごく緊張しています」と率直な思いを告白。

 手元がわずかに狂っただけでも失敗する難しい技の数々に悪戦苦闘する2人。果たして成功できるか、新春放送に注目だ。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/20/kiji/20201220s00041000341000c.html 
2020年12月20日 20:54 
no title

no title

【平手友梨奈「イッテQ」1月3日サプライズ出演!内村は「ウソでしょ!本物だよね?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/15(火) 22:47:48.59 _USER9
元欅坂46で女優の平手友梨奈さんが12月15日、都内で実施された映画「さんかく窓の外側は夜」(2021年1月22日公開、森ガキ侑大監督)の完成披露試写会にダブル主演の岡田将生さん、志尊淳さん、共演の滝藤賢一さんと出席した。
滝藤さんのバキバキの肉体美を見たと明かした平手さんは「すごかったです。あんまり、男性のそういうの見たことなかったので……(笑い)。すごかったです」と話した。


会場では、作品にちなんで、登壇陣がお互いの“内側”についてトークを展開。
岡田さんは「この現場は特に皆仲が良くて、おしゃべりが止まらなかった。滝藤さんもたくさんしゃべってくださった。そんな中、この現場に入ってから筋肉自慢があまりにもすごい。ずっと『すごいんだよ岡田君、これ』って(見せてくる)。滝藤さんにそういうイメージを持っていなかったので、すごく意外でした。体がバッキバキでした」と絶賛した。


すると平手さんも「(滝藤さんが)『奥様に見てもらっても何も反応がないから、平手ちゃん……』って(笑い)」と見せてもらったことを照れながら告白。
すると岡田さんが「てちはすごい困ってみたいです。『何て返したら分からない』と言って」とフォロー。

さらに志尊さんが「(平手さんが)でも『すごい体でした』とは言ってました」と明かすと、滝藤さんは「本当ですか? うれしいです」と笑みをこぼしていた。


映画は、「月刊MAGAZINE BE×BOY(ビーボーイ)」(リブレ)で連載中のヤマシタトモコさんの同名ミステリーホラーマンガが原作。
岡田さん演じる、霊をはらうことができる凄腕の除霊師・冷川理人と、志尊さん演じる、霊を見ることができる三角康介の心霊探偵バディーが、除霊を使って謎や事件を解決していく。
平手さんは“呪い屋”をしている謎の女子高生・非浦英莉可を演じている。

平手友梨奈「男性のそういうの見たことなかったので…」 滝藤賢一の肉体美にビックリ 「さんかく窓の外側は夜」完成披露 

https://news.yahoo.co.jp/articles/1937089721f7190acdd3df6b8ca6671e431a5119
no title

【平手友梨奈、男性のそういうの見たことなかったのでwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/14(月) 11:38:54.45 _USER9
2021年1月22日公開の映画『さんかく窓の外側は夜』の公式サイトにて、元『欅坂46』(現・櫻坂46)平手友梨奈の新場面写真2点が解禁となった。平手の演技力を絶賛するコメントに、またもアンチが増殖中のようだ。

同映画は、俳優・岡田将生と志尊淳がW主演。霊を〝祓える男〟冷川(岡田)と、〝視える男〟三角(志尊)の2人がバディを組み、未解決事件に迫るうち、呪いを操る女子高生・非浦英莉可(平手)というナゾの存在にたどり着いて…という新感覚のミステリーエンターテインメント作品となっている。

今回解禁となった写真は、三角と英莉可が初めて接触するシーンと、刑事・半澤(滝藤賢一)に事件について問われ、慌てた英莉可が半澤に呪いをかけようとするシーン。どちらも、英莉可の相手の芯を食らうような鋭い目線が印象的である。そんな平手について、岡田と志尊は、《普段はシャイでお茶目な女の子ですが、お芝居では〝目が合うと離せなくなる〟力強さもありました》《強くて、ナイーヴで、愛があるところが、英莉可にリンクしていると思います》と大絶賛。また、森ガキ侑大監督も《集中力がすごいし、瞬発力、目力みたいなものがエリカに合っている。芝居として見てもゾクッとする》と、平手の表現力に賛辞を送っている。

平手友梨奈に「いつも絶賛されてるな」の声
「『欅坂46』時代から続く、〝孤高〟で〝ミステリアス〟なキャラ設定を活かした配役に期待が高まる一方、メディアで話題になると言えば〝圧倒的存在〟やら〝鋭い目力〟ばかりなのも事実。そんな提灯記事ばかりが配信され、これでもかと平手を持ち上げた結果、それに比例するかのようにアンチの数も増殖中のようです」(ネットメディア編集)

今回の共演者や監督のコメントに対しても、ネット上では

《平手を誉めないと死ぬ病気にでもかかってるんかw》
《この人いつも絶賛されてるな》
《業界でこの人を持ち上げないといけないルールでも出来たのか》
《圧倒的な存在感だの演技力が凄いだの鳥肌だの、何か持ち上げなきゃいけない決まりや圧力でもあるのか》
《圧倒的カリスマオーラ鳥肌涙が止まりませんを並べるだけの簡単なお仕事》
《もうマスコミも馬鹿にしてるだろこれw》

などとツッコミを入れる声が多くあがっている。

ここまでくると、平手も大人のおもちゃにされた被害者だろう。

https://myjitsu.jp/archives/217997
no title

【元欅坂46・平手友梨奈 “共演者の大絶賛”に呆れ声「褒めなきゃいけないルール?」wwwww】の続きを読む