芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

川栄李奈

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/03(日) 15:44:01.30 _USER9
NHKが昨年12月24日、2021年度後期に放送する連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の3人のヒロイン役が、女優の深津絵里、川栄李奈、上白石萌音に決まったことを発表した。

同ドラマは、昭和・平成・令和の時代に、「ラジオ英語講座」とともに歩んだ祖母・母・娘の3世代の親子を描くもので、京都、岡山、大阪が舞台。

3人のヒロインが登場するのは、連続テレビ小説史上初。
上白石と川栄は、3061人の応募者の中からオーディションで選ばれたという。

中でも川栄は、「以前、『とと姉ちゃん』に出演させてもらった際にヒロインの高畑充希さんがとてもパワフルですてきな方だったので、私も周りの方々にパワーを与えられるように楽しく明るく撮影に挑めたらなと思っています」と意気込んでいる。

「元AKB48の川栄は総選挙での最高順位は16位。15年8月にAKBを卒業して、その後、エイベックス・マネジメントに所属しているが、女優として順調にステップアップを重ねている。19年5月には俳優の廣瀬智紀と結婚して同11月に第1子を出産したが、早々に仕事復帰を果たした」(芸能記者)

元AKBのメンバーではともに総選挙で1位を獲得した前田敦子、大島優子、総選挙での“神7”だった篠田麻里子らが卒業後、女優業を中心に活動。
しかし、朝ドラでヒロインを務めるのは川栄が初めてとなった。

「19年の時点で川栄は『CM起用社数ランキング』(ニホンモニター調べ)の女性タレント部門で綾瀬はるか、吉田羊らと同じ10社だった。CMギャラの単価が安いというのもあるが、元気なキャラで男女ともに好感度が高い。脇役でもOKで幅広い役をこなせたのも女優としての魅力。元AKBメンバーの出世頭になったのも納得」(同) 
朝ドラ出演がきっかけでさらに飛躍しそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/19476847/

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」ヒロイン決定! 上白石萌音、川栄李奈、深津絵里
no title


「好感度が高い」川栄李奈出演のCM
no title

no title

no title


元AKB48 川栄李奈
no title

【元AKBメンバーで初の朝ドラヒロインに川栄李奈が「出世」した納得の理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/25(金) 12:03:16.89 _USER9
24日、'21年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)のヒロイン役として上白石萌音(22)、川栄李奈(25)、深津絵里(47)の3名が務めることが発表された。

制作発表当初から朝ドラ史上初の3人のヒロインによる物語となることが明かされていた本作。NHKによると、岡山、大阪、京都を舞台に戦前から令和まで続く、母娘3代の家族物語になるという。

朝ドラ初出演となる上白石と深津はそれぞれ、「連続テレビ小説への出演はずっと大きな目標でした」(上白石)、「この度、105作目のヒロインを務めることになりました。105という数字の重みに責任を感じています」(深津)とコメント。

なかでも16年放送の『とと姉ちゃん』以来、2度目の出演となる川栄には、朝ドラへの“格別の思い”があるという。

'15年のAKB以降、女優としてめざましい活躍を遂げた川栄。朝ドラに憧れたきっかけについては「『あまちゃん』で、『朝ドラってすごいな』って思って、そのへんから『出たいな』と思うようになりました」(16年5月9日『エンタメOVO』)と語っていた。

AKB時代に'15年放映の『あさが来た』のヒロインオーディションを受けるも、結果は落選。次回作の『とと姉ちゃん』のヒロインにも応募し、落選はしたものの主人公が住み込む仕出し屋の娘役として初出演を果たす。

その後は、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)、『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)といった話題作に次々と出演。実力派女優として名を馳せ、ついにヒロインの座をつかむことに。

朝ドラヒロインに向かって邁進してきた川栄だが、実はこれは“意外なこと”だという。

「川栄さんはインタビューで『もともと存在が地味なので、主役をやりたいと思ったことがないんです』と語るなど、主役にこだわらない女優さんでした。実際、映画やドラマには引っ張りだこですが、主演数は極端に少ない。そんな川栄さんが、ヒロインのオーディションを受け続けたということは、よほどの憧れがあったのでしょう」(芸能関係者)

本作のヒロイン決定に際して、川栄はこうコメントししている。

「朝ドラヒロインは一つの大きな夢であり、何度もオーディションに参加させて頂きました。受かるまで受け続けようという気持ちでいて、今回も自分の全力を出し切って結果を待っていたので受かったと聞いたときは信じられないほどうれしかったです」

AKB時代からの夢をついに叶えた川栄。長年の思いを胸にヒロインとして走り出した彼女の未来は明るい――。

12/25(金) 11:15配信 
女性自身 

Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved. 
https://news.yahoo.co.jp/articles/380847d419ba146091e86a288bd57f6ddb62ad38
no title 【川栄李奈さん、朝ドラ主演決定までにあったヒロイン落選の日々】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/24(木) 11:34:32.41 _USER9 BE:592079644-2BP(0)
 NHKは24日、2021年度後期に放送する通算105作目の連続テレビ小説が「カムカムエヴリバディ」のヒロインに、女優の深津絵里(47)、川栄李奈(25)、上白石萌音(22)の3人が決まったと発表した。上白石と川栄は全3061人の応募者の中からオーディションで選ばれた。上白石と深津は朝ドラ初出演となる。

 同作は朝ドラ史上初めてヒロインが3人登場する朝ドラ通算105作目。ラジオ英語講座とともに歩んだ祖母(安子)・母(るい)・娘(ひなた)の3世代ヒロインが戦前から戦後、そして令和まで物語を紡いでいく。舞台は京都、岡山、大阪となる。安子役を上白石、るい役を深津、ひなたを川栄がそれぞれ演じる。

 脚本は07年の朝ドラ「ちりとてちん」などを手掛けた藤本有紀さんのオリジナル作品。戦争で夫と死に別れた祖母、英語を憎みつつもジャズソングに救われた母、ラジオ講座に居場所を見つける娘と、3人の女性がラジオで英語を聴き続けてそれぞれの夢への扉を開いていく。タイトルの「カムカムエヴリバディ」は、終戦直後の日本で元祖英会話ブームを巻き起こした平川唯一さんのラジオ英語講座・通称「カムカム英語」のオープニング曲の題名からきている。

 7月の発表時に、今年8月に出演者オーディションを実施し、主人公となる3人のヒロインのうち、少なくとも1人はそこから選出されるとされていた。オーディションを経て主演が決定するのは「半分、青い。」(18年)以来となる。クランクインは21年春を予定。

■上白石萌音コメント

「連続テレビ小説への出演はずっと大きな目標でした。大好きな『英語』と『ラジオ」で』紡がれるこの作品で夢が叶うこと、本当にうれしく思います。オーディションの時、スタッフの皆さんの空気感がとても温かくて、このチームの一員になりたいと強く思いました。けれど自信は全く無かったので、知らせを受けた時は心底驚きました。今はとにかく大阪の地で皆さんと再会する日が待ち遠しいです。深津絵里さん、川栄李奈さんへと続くリレーの第一走者として、しっかりバトンをおつなぎできますよう、そして皆様の朝を明るく照らせますよう、誠心誠意務めます」

■深津絵里コメント

「この度、105作目のヒロインを務めることになりました。105という数字の重みに責任を感じています。これまで、おひとりでヒロインを務めてこられた方々の覚悟を想像すると、尊敬の念しかありません。でも、今回は3人です!あふれる魅力全開の、萌音さんと李奈さんと一緒なら怖いものなし!とてもとても心強いです。脚本の藤本さんから生み出される、それぞれの時代の女性を、3人できらきらと輝かせていけたらと思います。今日も、また明日も。毎朝8時にお目にかかれるのを楽しみにしております」

■川栄李奈コメント

「この度連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』ひなた役を務めさせて頂くことになりました。朝ドラヒロインは一つの大きな夢であり、何度もオーディションに参加させて頂きました。受かるまで受け続けようという気持ちでいて、今回も自分の全力を出し切って結果を待っていたので受かったと聞いたときは信じられないほどうれしかったです。先日、制作の方々や上白石萌音さん深津絵里さんともお会いさせて頂き、徐々に現実味が帯びてきてワクワクとドキドキでいっぱいです。以前、『とと姉ちゃん』に出演させてもらった際にヒロインの高畑充希さんがとてもパワフルですてきな方だったので、私も周りの方々にパワーを与えられるように楽しく明るく撮影に挑めたらなと思っています。大阪は、以前仕事で何度か行かせてもらい、大阪ならではの街並みや風景、人情あふれる温かい人たちにとても元気をもらっていたので長期間の撮影ですが今から楽しみです。少しでもみなさんに笑顔をお届けできるよう精一杯頑張ります」

12/24(木) 11:02配信 
スポニチアネックス 

2021年度後期の連続テレビ小説が「カムカムエヴリバディ」のヒロインに決まった(左から)上白石萌音、川栄李奈、深津絵里 
https://news.yahoo.co.jp/articles/b927e05921edfb5ca73c410157e03df82e47f528
no title 【NHK来年後期朝ドラ「カムカムエヴリバディ」3人のヒロインは深津絵里&川栄李奈&上白石萌音】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/28(火) 12:33:48.54 _USER9
 元AKB48で女優の川栄李奈(25)が28日までに自身のインスタグラムを更新。フェースシールドを装着している姿を披露した。

 6月9日の投稿で仕事再開を報告していた川栄。この日は、フェースシールド姿でカメラ目線を決めているショットを公開し「暑かったり急に雨降ってきたり忙しい天気だぜ。日々頑張ろうねっ」と意気込んだ。

 ファンからは「フェイスシールド似合いすぎです。なんなんですか…!!可愛いっ」「フェイスシールドすら似合うなんてさすがりっちゃん」「フェイスガードしてもここまで可愛いとはなんぞや」など、反響の書き込みが集まっていた。

no title


画像
no title

7/28(火) 11:46 
スポニチアネックス 

川栄李奈、フェースシールド姿披露 ファン「ここまで可愛いとは」「似合いすぎ」 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200728-00000131-spnannex-ent

【元AKB48川栄李奈さんが、フェースシールド姿披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/26(金) 09:10:55.58
木村拓哉が主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)が、6月25日に第2話を迎えた。

シーズン2の初回では、島崎章(木村拓哉)がフリーのボディーガードに転身。
その後を追うように高梨雅也(斎藤工)も「KICKS CORP.」を辞め、2人の最強バディが本格始動することになった。

シーズン1で毎話ゲストを迎えていたように、シーズン2も基本ゲスト出演の1話完結型で進行していくようだ(とはいえ、裏でストーリーはシームレスに進んでいく)。
第2話のゲストは川栄李奈。2019年11月に第一子を出産し、これが久々の女優復帰となる。

川栄が演じるのは、目の不自由な天才ピアニスト・守尾恵麻。
第2話の幕開けは一点を見つめる恵麻の顔から、カメラが引いていきピアノの演奏シーンへと移っていくのだが、物語が進むにつれ、全盲の役を演じるのがどれだけ難しく、デリケートであるかを理解する。

まず、演技の基本となるのは目の焦点。
恵麻の表情から始まるのはそのことを印象付けているが、焦点を合わせずに歩く、もしくは人と話すということが、どれだけ大変なことかは想像に難くない。
見えているのに見えていない演技をしなければならないのだから。ましてや、川栄が与えられた役はピアニスト。
驚くことに、川栄は音符も読めずどの鍵盤が「ド」かも分からないレベルから、猛練習を重ね、リサイタルシーンを演じきったという。
正直、前情報がなければ当て振りだと誰もが思うだろう。
努力家である川栄の女優魂が炸裂した気迫溢れるシーンである。
そして、川栄は目の不自由な役のため、視覚障害者支援団体でも指導を受けたというが、演技に苦戦している彼女に手を差し伸べたのが、主演映画『武士の一分』で失明した役を演じた経験のある木村だったという。

和解した姉の美和(谷村美月)と恵麻が一緒に教会でピアノを弾くシーンも印象的だったが、もう一つ挙げるとすれば、任務を終えた島崎との別れの場面。
身を以て“池田屋階段落ち”で襲撃から護ってくれた島崎に恵麻は心を許していく。「しつこい」と言いながら、笑みを隠せない恵麻。
島崎の顔を触り、恵麻は「ハハ」と微笑む。先述したように、視覚障害者は触覚の感度が高く、恵麻は気恥ずかしそうにしている島崎の表情を読み取ったのだろう。
陰鬱な表情を浮かべていた前半から、晴れやかな笑顔を見せるギャップも流石だ。
2019年初頭、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK総合)、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)、『デザイナー 渋井直人の休日』(テレビ東京系)と出演ラッシュが続き、名実ともに女優として確固たる地位を築いた川栄。
2020年、再びリスタートを切るのに、川栄にとって相応しい役柄だったのではないだろうか。

恵麻は「全盲」であることを“武器”にしているという島崎とのやり取りに、「元AKB48」と見出しについてしまうアイドル出身という宿命を川栄も背負っていることが、少し重なって見えた。
けれど、島崎の言う通りに「もう“武器”なんか必要はない」。それは川栄にも言えることだ。

全文
http://news.yahoo.co.jp/articles/f567422874495c1b2be7e0135130b126c8acaac0

ドラマ『BG~身辺警護人~』 目の不自由な天才ピアニストの難役を好演 川栄李奈
no title

no title

木村拓哉と川栄李奈
no title




【川栄李奈に“元AKB48”の肩書は必要なし! 復帰作の『BG』で女優としての実力を証明】の続きを読む