芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

川栄李奈

1: なまえないよぉ~ 2018/08/10(金) 22:06:21.76 ID:CAP_USER9
女優の川栄李奈が9日放送のフジテレビ系バラエティー番組「VS嵐」(毎週木曜よる7時~)に出演。
高校時代の告白エピソードを明かした。

川栄李奈、NMB48山本彩の卒業発表にコメント ファンから期待の声も

放送では川栄が現在公開中の映画「センセイ君主」で共演している俳優の竹内涼真と矢本悠馬、女優の浜辺美波と新川優愛と福本莉子と共に出演。
同作の浜辺演じるヒロインが告白7連敗中という役どころであることから、「学生時代の告白の思い出」が話題にのぼった。

◆川栄李奈、高校時代の告白エピソード明かす

「高校の時に男の子に廊下に呼ばれて告白された」と明かした川栄。
告白は断ったそうだが、次の授業に男の子が居ないことに気が付き、探してみると廊下で号泣していたという。
川栄はその時のことを回顧し、「男性って泣くんだって思いました」と話していた。

また得意のアクションで活躍するなど存在感を発揮した川栄。
ネット上では「川栄李奈に廊下で告白したい人生だった~!」「川栄ちゃんに告白出来るだけでも羨ましい」
「告白できなくても近づけなくてもいいから同じ高校通いたかった!」などの声のほか「川栄さんの身体能力半端ない!」
「可愛くて運動神経抜群で惚れる」などの声が上がっていた。(modelpress編集部)

【川栄李奈/モデルプレス=8月10日】 
http://news.livedoor.com/article/detail/15141149/
2018年8月10日 15時24分 モデルプレス

no title

【川栄李奈、高校時代の告白エピソード明かす「男性って泣くんだって思いました」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/13(金) 16:58:31.63 ID:CAP_USER9
元AKB48で女優の川栄李奈(23)が12日、東京・渋谷区の回転スイーツカフェ「メゾンエイブル カフェ ロンロン」(16日オープン)のイベントに登場した。

同店では、回転ずしのように全長38メートルの流れるレーンからクレープやパンケーキなど30種以上のスイーツ、フードの食べ放題(1800円・40分間)が楽しめる。

「甘いものはすごい好き」と声を弾ませる川栄だが、トークは少々、しょっぱかった。

スタイル維持の方法を聞かれると、「スタイルが悪いから何とも言えない」とぶっちゃける。同店はインスタ映えする演出が施されているが、インスタ映えのスポットに「私は行かない」。休日の過ごし方は「寝ている」。今後の活動の野望は「特にない。生きているだけ。お仕事をいただいたらありがたく全力でやる」と笑みを浮かべながらも淡々としていた。
 この一連の返答に「川栄の強みが凝縮されている」とうなずくのは芸能関係者。

「おバカを自覚しているからこそ、あれこれ考えず引き受けた仕事に懸命に取り組んでいる。加えてこびようとせず、率直に話す。ルックスもスタイルもいたってフツーだけど、飾らずに自然体。だからさわやかに映り、かつスキャンダラスなイメージがないからクライアントのウケがいい」

 川栄は6日に発表された「2018上半期女性タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)で、綾瀬はるか、渡辺直美、ローラと並ぶ4位タイの11社。圏外の5社だった2017年の通年ランキングから一気にジャンプアップした。ちなみに、1位は「乃木坂46」白石麻衣の14社、2位は広瀬すずの13社、3位は有村架純の12社。

 川栄は上位7人に入り、AKB時代の「選抜総選挙」では成し得なかった“神セブン”入りをCMランキングで達成した格好。この勢いは止まらなそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000034-tospoweb-ent
no title

【川栄李奈“しょっぱいトーク”に隠された魅力 CMランキング躍進のワケ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/09(月) 22:29:44.65 ID:CAP_USER9
元「AKB48」で女優の川栄李奈さんが9日、東京都内で行われた連続ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の会見に登場した。
AKB48時代は“おバカキャラ”というイメージが定着していた川栄さんだが、今作では頭脳明晰(めいせき)な新人ケースワーカー・栗橋千奈を演じており、「難しいです」と苦笑いを見せた。

司会者が「川栄さんは、今回、頭脳明晰な栗橋千奈を演じますが……」と紹介すると、川栄さんは「笑っていませんか?」と司会者に突っ込みながら「せりふで難しい言葉がずらっと並んでいて、割と早口でしゃべったりするので難しいなと思いました」と明かした。
会見には、主演の吉岡里帆さん、共演の井浦新さん、山田裕貴さん、田中圭さん、遠藤憲一さん、ドラマの脚本を担当する矢島弘一さん、米田孝プロデューサーも出席した。

ドラマは、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の柏木ハルコさんの同名マンガが原作。
吉岡さん演じる“生活保護受給者”を支援する新人ケースワーカーの義経えみるが、何らかの事情で生活に困り“生活保護”を受けている受給者たちのさまざまな人生に向き合いながら、自立させようと奮闘する姿と成長を描く。

ケースワーカーにちなみ、「頼れる存在」を聞かれた川栄さんは、えみるや栗橋の同期の新人ケースワーカー・七条竜一を演じる山田さんの名前を挙げ、「いつも変なことをして笑わせてくれる。『疲れたってならないの?』って聞いたら『ならない』と言っていて、すごいなって。お芝居も『こうした方が良くない?』って言ってくれたり、頼れます」とにっこり。
一方、山田さんは「ありがとう。うれしいんだけど、何で僕そんなことを言ったのか分からないけど、疲れることはありますよ(笑い)。人間なので」と話していた。

「健康で文化的な最低限度の生活」は、17日から毎週火曜午後9時に放送。初回は20分拡大版。

川栄李奈:頭脳明晰な役に「難しいです」と苦笑い 
7/9(月) 18:07配信 MANTANWEB(まんたんウェブ) 
https://mantan-web.jp/article/20180709dog00m200037000c.html 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000023-mantan-ent 

連続ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の会見に出席した川栄李奈さん 
no title


連続ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の会見に出席した吉岡里帆さん 
no title


【【元AKB48】川栄李奈 頭脳明晰な役に「難しい言葉が並んでいて早口でしゃべったりする」と苦笑い 】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/30(土) 21:43:24.38 ID:CAP_USER9
AKB48の元メンバーで女優の川栄李奈が、この秋公開予定の映画『恋のしずく』で初主演を務める。役どころは、酒造りや恋に奮闘するリケジョ(理系女子)。すでに同映画の公式ツイッターには「早く見たいです」「撮影頑張って!」などの声が上がっている。

川栄と言えば、AKB48時代はどちらかと言うと地味な存在だった。第6回AKB総選挙で16位となり初の選抜入りを果たしたものの、上位7位までのメンバー“神セブン”に比べるとメディア露出は格段に少なかった。
2014年に起きたAKB48握手会傷害事件がきっかけで、川栄の存在を知った人も多かっただろう。卒業後、自身も「私には色がない」「協調性の塊だった」などとアイドル時代を振り返っている。

それに比べ“神セブン”と呼ばれたAKB卒業生・前田敦子、大島優子、渡辺麻友らの人気は爆発的なものだった。前田の総選挙の最高得票数は13万9,892票(2011年、1位)、大島は13万6,503票(2013年、2位)、渡辺は17万5,613票(2016年、2位)。川栄が初選抜を決めた際の3万9,120票と比べても、その差は歴然だ。

しかし卒業後の活躍ぶりはどうだろう。女優・歌手として活動している前田は、初主演ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)で大胆な演技を披露し話題になったが、一部からは演技力に関して疑問の声もある。
大島は1年間のニューヨーク語学留学を終えたばかり。来年、舞台で本格復帰するようだが、女優としてどの程度躍進するかは様子見といったところだろう。

 一方、川栄は卒業後、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』にレギュラー出演。その演技力が高く評価され、視聴者からは「役の心情をうまく表現していた」「自然な演技で、今後もっと伸びそう」「元AKB48の前田や大島より演技は上手い」と称賛の声が上がった。
その後もさまざまな役を演じ続け、現在では活躍の場をCMやトーク番組などにも広げている。AKB時代は存在感が薄かったとも言われる川栄が、なぜこれほどまでに躍進したのだろうか。

 「彼女は女優になる意思が強かったので、卒業前から舞台などに出て地道に演技力を磨いていました。またバラエティ番組にも積極的に出演するなど、露出を増やしていましたね。AKBブランドに頼らず、経験を積み上げた結果だと思います。

また、神セブンと言われたメンバーに比べアイドルイメージがそれほど強くなかったため、役になじみやすかったということもあるかもしれません。とても頑張り屋で、ドラマの共演者からの信頼も厚いと言われていますよ」(芸能ライター)

 川栄の女優転身成功の裏には、卒業前からの地道な積み重ねがあったようだ。AKB48時代の先輩に当たる“まゆゆ”こと渡辺は、川栄と同じように舞台などを通して演技力を磨いている。8月からスタートする『いつかこの雨がやむ日まで』(東海テレビ・フジテレビ系)で連続ドラマ初主演も決まっているが、この勢いに乗って川栄の後に続くことができるか。元AKB48メンバーの女優転身劇からまだまだ目が離せない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000004-reallive-ent
no title

【元AKB48 川栄李奈の一人勝ちにまゆゆは続けるか AKB48卒業後、明暗を分けたのは・・・】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/27(水) 23:40:50.95 ID:CAP_USER9
東京シティ競馬(TCK)「トゥインクルレース」のイメージキャラクターを務める川栄李奈(23)、藤田ニコル(20)、吉谷彩子(26)が27日、大井競馬場で行われたメインレースの交流GI「帝王賞」前にトークショーを行った。

川栄は「ナイター競馬は初めてですけど、イルミネーションがすごくキレイ。人もたくさんいて、活気がすごいです」と興奮気味。吉谷が「中学、高校と陸上で短距離をやってましたけど、初めて馬が走っている姿を見たら、親近感が湧きました(笑い)。懐かしいな~って」と笑わせると、藤田も「今日はお母さんも来てくれて、馬券を買ってました。私もいっぱい買って楽しみたい」と笑顔を見せた。

トークショー後の囲み取材で、藤田は「今日はお母さんは一人でかわいそうなので、今度は20歳にもなったのでビールとかお酒を飲みながら一緒に見たい」と話した。

 帝王賞が上半期の総決算レースということで「ご自身の上半期はいかがでしたか?」と聞かれると「絶好調です! やりたいこともできて年々、最高潮を更新している。トゥインクルレースのイメージキャラクターのお仕事とか幅広くお仕事ができている」と充実感をにじませた。

一方「新CM女王」の呼び声も高い川栄は「ただ露出が多いだけで、人気はないです…」とネガティブ発言。藤田から「もっと自信を持ちなよ!」と言われても「私は自信を持ったら、性格悪くなりそう…。地道にやっていけたらと思います」と謙遜して笑わせた。

また、3人は帝王賞後に行われた表彰式のプレゼンターも務めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000057-tospoweb-ent
no title

【 “新CM女王”川栄李奈「露出が多いだけで人気はない」ネガティブ発言連発】の続きを読む