芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

    このエントリーをはてなブックマークに追加
広瀬すず

1: なまえないよぉ~ 2017/11/18(土) 08:41:51.94 ID:CAP_USER9
ゲームでそこまで悔しがらなくても……。

女優の広瀬すずが9日放送の嵐の冠番組「VS嵐」(フジテレビ系)にゲスト出演した。

同番組は嵐チームと、ゲストチームがアトラクションゲームで楽しく対決するというゲームバラエティ番組だが、
この日の広瀬はヒロイン役で出演する映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」の宣伝のため、主演の生田斗真ら共演者たちと登場。
さまざまなゲーム企画に広瀬は真剣に取り組んだものの、スタジオでのある振る舞いが嵐ファンの怒りを買ってしまったようだ。

広瀬は最初のゲーム「ピンボールランナー」で、ゲームの勝敗を左右する走者役を担当するも、いまいちパッとしない結果に。
対して、嵐チームはなかなかの高得点を獲得し、序盤で結構な点差がついた。
すると広瀬は露骨に無口になり、嵐・櫻井翔から「すずちゃんがめちゃめちゃ悔しそうですよ。ね?」と話を振られても、広瀬はただ切ない表情を浮かべ頷くだけ。
空気を察した櫻井は「余計なこと言うな、と」と広瀬からの無言のメッセージを代弁し笑いを取っていたが、スタジオは一瞬、何とも言えない空気になったのだ。

このやり取りを見た嵐ファンと思しき視聴者から「広瀬すず、やっぱ性格キツそう」「嵐に気を遣わせすぎ。何様?」
「ゲームでそこまで熱くなるなよ」と呆れ気味の声がネット上に上がった。

「広瀬は先月放送されたバラエティ番組『モニタリング』(TBS系)で、女子高生に変装し、女子校の体育の授業に混ざるというミッションに挑戦しました。
授業の中でバスケットボールの試合になると、番組企画を忘れているかのようなガチな動き。
元々バスケ部ということもありますが、彼女の負けず嫌いな性格が垣間見えました。
今回の『VS嵐』にも、その負けん気の強さが滲み出ていましたね。
また、広瀬のムスッとした表情がブリッコに見えて、そこにイラッとくるという意見もありました」(エンタメ誌ライター)

最終的にはゲストチームが僅差で嵐チームに勝利したわけだが、もしかしたらそこも嵐が空気を読んだ結果なのかも。

http://dailynewsonline.jp/article/1376888/
2017.11.17 18:15 アサジョ

【広瀬すずが嵐・櫻井翔の問いかけを無視して嵐ファンが怒り!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/17(金) 15:00:03.18 ID:CAP_USER9
人気グループ、嵐が大みそかに生放送される「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の大トリの最有力候補であることが16日、分かった。トリは40回目の出場の石川さゆり(59)が濃厚。
この日、出場歌手の発表会見が東京・渋谷の同局で行われ、昨年と同じ紅白各23組ずつの計46組が決定。初出場は昨年と同数の10組で、デビュー30周年のエレファントカシマシ、20周年の三浦大知(30)、10周年のHey!Say!JUMPら周年組も紅白を盛り上げる。

 国民的グループが2年連続2度目となる紅白のラストを飾る。大トリは9年連続出場の嵐が、昨年に続いて任されることが最有力。白組のトリはグループで5年連続5度目の白組司会を務めた14年に初めて経験し、今回で3度目となる。

 嵐は今月8日発売のシングル「Doors~勇気の軌跡~」が初登場首位で、歴代1位タイの通算49作目の首位を獲得。「2017上半期タレントCM起用社数ランキング」の男性部門では相葉雅紀(34)が1位、松本潤(34)が2位、二宮和也(34)と櫻井翔(35)が3位で上位を独占するなど人気は不動。
昨年の相葉に続き、今年は二宮が白組司会に抜てきされるなど同局への貢献度も高いことから“満場一致”の大トリといえる。

 紅組のトリ最有力は嵐と同じく2年連続で、正式に決まれば8度目(大トリを1度含む)となる石川さゆり。今年で紅組歴代最多記録となる40回目の節目の出場に花を添える形だ。

 石川はこの日、東京・世田谷区の昭和女子大人見記念講堂でデビュー45周年記念公演を開催。紅白の歌唱曲について質問されると、毎年、代表曲の「天城越え」か「津軽海峡・冬景色」をNHKから依頼されるとほほえみ、「紅白らしかったねと言ってもらえるようなパフォーマンスができたら」と意気込んだ。

 また、今年は2020年東京五輪・パラリンピックのテーマソング「東京五輪音頭-2020-」を歌うメンバーにも選ばれた。一緒に歌うのは、紅白初出場の竹原ピストル(40)や加山雄三(80)ら。誰もが認める日本を代表する歌手の1人である石川について同局関係者は「トリにふさわしい歌手であるのは間違いない」と話している。今年も昨年と同じ大トリ・トリコンビが大みそかを盛り上げる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000028-sanspo-ent
no title

【嵐、紅白2年連続大トリ!トリは紅組最多40回目の出場の石川さゆり 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/10/08(日) 22:22:46.25 ID:CAP_USER9
「嵐」の松本潤(34)が8日、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)にゲスト出演。
お笑いタレント・宮川大輔(45)の人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」100回目記念スペシャルを盛り上げた。

 松本と宮川は、タイで行われた「田植え祭り」に参戦。田んぼに設置された4メートルの平均台と45度の上り下りの坂、そして、足を取られる底なし沼を突破し、苗を植える田んぼのトライアスロンに挑んだ。

 1分以内でゴールすることが予選通過の目安となるレースだが、今大会は地元の猛者たちが予想以上の好記録を連発。
そんな中で登場した松本は、泥だらけになりながら53秒72の好記録をマークし予選通過を決めた。“お祭り男”の宮川は45秒05を叩き出し、予選1位で決勝に進んだ。

 直後に行われた決勝では松本が抜群の身体能力を見せ、予選から大幅にタイムを縮める43秒72を記録。優勝が期待された宮川は45秒91に終わった。

 最終順位は、松本が優勝者とわずか0・28秒差の2位。宮川が3位となった。
宮川とともにトロフィーを受け取った松本は「大輔さんには勝てたけど、チャンピオンに勝てなかったね。1位獲りたかったんだけどな~」と悔しさをあらわにしていた。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/08/kiji/20171008s00041000344000c.html 
2017年10月8日 20:59 

8a6163c6

【嵐・松本潤「イッテQ!」世界の祭りで奮闘 “お祭り男”宮川大輔に勝利】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/05/03(水) 05:02:50.90 ID:CAP_USER9
元SMAPの木村拓哉(44)と嵐の二宮和也(33)が、映画「検察側の罪人」(監督原田眞人、来年公開)で初共演する。

 2人の検事が息詰まる攻防を繰り広げるミステリー。主演の木村は「二宮、他キャストのみなさんと撮影現場を思い切り楽しみたい」とクランクインを心待ち。大先輩との共演がついに実現した二宮は「どうにかなってしまいそうな気持ちを努めて冷静に、また客観的に見ているという状態です」と興奮を抑えきれない様子だ。

 元SMAPと嵐のメンバーが同じ作品に出演するのも初めて。解散前のSMAPはほかのグループと距離を置く活動スタイルで、嵐との共演もNHK紅白歌合戦などの特別な場に限られていたためだ。しかし、解散騒動を経て事務所内のグループが一本化。作品企画が2人のイメージに合致したこともあって、今回の共演につながった。

 「検察側の罪人」は雫井脩介氏の同名小説が原作。木村演じる主人公は東京地検のエリート検事。その下に配属された若手検事を二宮が演じる。物語は、2人が担当する殺人事件を中心に展開。既に時効になった別の殺人事件で重要参考人になった男が容疑者として再浮上。この男を苛烈に取り調べる主人公と、その捜査に疑問を抱くようになる若手検事のそれぞれの正義がぶつかり合っていく様子を描く。

 7月に予定しているクランクインに向け、木村は「原田監督作品に参加できることに、とても興奮しています」とやる気満々。二宮も「原田監督の論法に、そして木村さんの全てに身を委ねてきます。行ってきます」と気合が入っている。


映画化される「検察側の罪人」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000000-spnannex-ent

712UYGFFNDL

【キムタク&二宮 映画「検察側の罪人」で初共演 元SMAP+嵐も初】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/05/02(火) 17:11:42.63 ID:CAP_USER9
1日に放送されたジャニーズ事務所の人気グループ・嵐の相葉雅紀主演のフジテレビ系月9ドラマ「貴族探偵」の第3話の平均視聴率が9.1%だったことが2日、ビデオリサーチ(関東地区、以下同)の調べで明らかになった。

同ドラマは主人公は、相葉演じる使用人に推理をさせ、謎解きをすることが趣味の「貴族」。本名不詳、年齢も住所も家族も不明で、趣味は探偵という設定。
事件に出合うと、中山美穂演じるメイドや松重豊演じる執事に命じて捜査・推理をさせ、武井咲演じる新米女探偵と競い合う形で事件の謎に挑む。

1987年4月開始の月9ドラマ30周年という節目の作品。ほかにも井川遥、滝藤賢一、生瀬勝久ら豪華キャストをそろえ鳴り物入りでスタートした。

「1話あたりの制作費は異例の1億円とも言われている。それだけに、視聴率は最低でも全話平均で15%超えが目標と制作サイドは意気込んでいた」(フジ関係者)

月9では3クールぶりの2桁スタートを切ったものの、第2話は8.3%にダウン。第3話は0.8ポイントアップしたものの、2桁に回復することすら難しい状況となってしまった。

「数字は下がっているものの、各スポーツ紙などはジャニーズ事務所との関係があるだけに、おおむね好意的な記事の書き方。
それによると、原作ファンには好評で、キッズ、F2層(女性35?49歳)、F3層(女性50歳以上)の支持を得ているというが、ネット社会のこのご時世にヒット作となるには、SNSの発信力がある若者世代に支持されないとなかなか数字は伸びない。
そのあたりにアピールする戦略が徹底されていないのでは」(芸能記者)

先日、フジの亀山千広社長は定例会見で「タイムシフト(録画)の数字もいいように聞いている」と発言。危機意識がかなり低いようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1306625/
2017.05.02 11:44 リアルライブ

フジテレビ

【2桁すら難しくなった嵐・相葉の月9】の続きを読む