芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

2ecf15ca-s

1: なまえないよぉ~ 2018/06/25(月) 09:29:49.78 ID:CAP_USER9
 嵐の二宮和也(35)が主演を務め、ダークヒーローぶりが話題を呼んだTBS日曜劇場「ブラックペアン」(日曜後9・00)の最終回(第10話)が24日に15分拡大で放送され、平均視聴率は18・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。第8話の16・6%を2・0ポイント上回り、自己最高を更新。有終の美を飾った。“ブラックペアン”(真っ黒なペアン=止血用鉗子)の真実が明らかになるとあり、大きな注目が集まった。

 初回=13・7%、第2話=12・4%、第3話=12・1%、第4話=13・1%、第5話=13・4%、第6話=13・0%、第7話=13・0%と好調に推移。第8話は16・6%と自己最高をマーク。テレビ朝日「特捜9」(水曜後9・00)の初回16・0%を上回り、今クールの民放連続ドラマ1位の数字を叩き出した。第9話も16・2%と15%超を連発して最終回を迎え、今クールの民放連続ドラマ1位の数字を塗り替えた。

 医師で作家の海堂尊氏の小説「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)が原作。シリーズ累計150万部を超え、映画化・ドラマ化もされた「チーム・バチスタの栄光」の原点となる人気作。嫉妬渦巻く大学病院を舞台に、医学の限界や大きな権力に立ち向かう男たちの生き様を熱く描いた。

 二宮は傲慢な性格と言動で「オペ室の悪魔」と呼ばれ、ヒラ医局員だが、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎を“怪演”。新境地を開拓した。

 タイトルの「ブラックペアン」とは真っ黒なペアン(止血用鉗子)を指す。脚本はTBS「小さな巨人」などの丑尾健太郎氏ら。演出は「下町ロケット」「陸王」や映画「祈りの幕が下りる時」などの福澤克雄氏を筆頭に、田中健太氏、渡瀬暁彦氏の3人が務める。

 共演は竹内涼真(25)葵わかな(19)倍賞美津子(71)加藤綾子(33)加藤浩次(49)市川猿之助(42)小泉孝太郎(39)内野聖陽(49)ら豪華キャストが勢揃い。主題歌は小田和正(70)の「この道を」。

 最終回は、倒れた佐伯教授(内野)の緊急手術を行った渡海(二宮)。しかし、あくまで応急処置。渡海は完治に必要な再手術を行う条件として、自分が探している飯沼達次(山本亨)の居場所を明らかにすることを佐伯に求める。しかし佐伯は「命よりも大事なものがある」と拒み、外科学会に出席するために無理を押して東京に向かう。一方、東城大。美和(葵)が藤原師長(神野三鈴)の命令で秘密裏に担当していたある患者の容体が急変。それは高階(小泉孝)や香織(加藤)の知るところとなる。そして、ブラックペアンの真実は渡海の手で白日の下にさらされる…という展開だった。

2018年6月25日 09:05
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/25/kiji/20180624s00041000493000c.html

画像
no title

【【視聴率】嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」最終回の視聴率が爆上げ、いったい何がwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/11(月) 11:51:50.45 ID:CAP_USER9
嵐の二宮和也(34)が主演を務め、ダークヒーローぶりが話題を呼ぶTBS日曜劇場「ブラックペアン」(日曜後9・00)の第8話が10日に放送され、平均視聴率は16・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。物語も最終章に突入し、自己最高を更新。今クールの民放連続ドラマで1位の数字を叩き出した。

これまで初回13・7%で好スタートを切ると、第2話=12・4%、第3話=12・1%、第4話=13・1%、第5話=13・4%、第6話=13・0%、第7話=13・0%と高水準で推移していた。前回から一気に3・6ポイントの急上昇。テレビ朝日「特捜9」(水曜後9・00)の初回16・0%を上回り、今クールトップに躍り出た。最終回まであと2回、テレ朝の刑事ドラマ3本を猛追し、平均でも今クール1位を狙う。

同ドラマは医師で作家の海堂尊氏の小説「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)が原作。シリーズ累計150万部を超え、映画化・ドラマ化もされた「チーム・バチスタの栄光」の原点となる人気作。嫉妬渦巻く大学病院を舞台に、医学の限界や大きな権力に立ち向かう男たちの生き様を熱く描く。

二宮は傲慢な性格と言動で「オペ室の悪魔」と呼ばれ、ヒラ医局員だが、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎を“怪演”。新たなダークヒーローを生み出した。タイトルの「ブラックペアン」とは真っ黒なペアン(止血用鉗子)を指す。脚本はTBS「小さな巨人」などの丑尾健太郎氏ら。演出は「下町ロケット」「陸王」や映画「祈りの幕が下りる時」などの福澤克雄氏を筆頭に、田中健太氏、渡瀬暁彦氏の3人が務める。

共演は竹内涼真(24)葵わかな(19)倍賞美津子(71)加藤綾子(32)加藤浩次(48)市川猿之助(42)小泉孝太郎(39)内野聖陽(49)ら豪華キャストが勢揃い。主題歌は小田和正(70)の「この道を」。第8話から物語は最終章に突入。第8話には原作者の海堂氏も東城大に所属する医師の1人としてエキストラ出演した。

第8話は、厚生労働省主導の下、開発された最先端の手術支援ロボット「カエサル」治験も最終段階。外科学会理事会でカエサルのお披露目の手術を帝華大と東城大の合同で行いたいと西崎(市川猿之助)が佐伯(内野聖陽)に申し入れる。合同と言いながらも、帝華大主導となり、東城大には何のメリットもないと判断した佐伯は西崎が執刀医となることを提案。
合同チームには渡海、高階(小泉)、世良(竹内)も加わることになった。一方、手術中に佐伯が器具を落とすミスを犯し、渡海や世良らは違和感を覚える。その後、学内でも、佐伯が大学を不在にすることが増えたと話題になり…という展開だった。

嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」第8話は16.6% 急上昇で自己最高更新!今期トップ! 
2018年6月11日 09:20 スポニチ Sponichi Annex 芸能 
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/11/kiji/20180610s00041000254000c.html 

「ブラックペアン」に出演する竹内涼真(左)と葵わかな 
no title


【【視聴率】嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」第8話平均視聴率は3・6ポイントの急上昇で自己最高更新!今期トップ!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/28(月) 10:09:54.08 ID:CAP_USER9
人気グループ「嵐」の二宮和也さん主演の連続ドラマ、日曜劇場「ブラックペアン」(TBS系、日曜午後9時)の第6話が27日に放送され、平均視聴率は13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「チーム・バチスタの栄光」などで知られる海堂尊さんの小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社)が原作。二宮さん演じる天才外科医・渡海征司郎(とかい・せいしろう)が、病院、研究室と製薬会社、医療機器メーカー、厚生労働省との癒着問題など、さまざまな闇が渦巻く大学病院に立ち向かう姿を描く。竹内涼真さん、葵わかなさん、加藤綾子さん、加藤浩次さん、市川猿之助さん、小泉孝太郎さん、内野聖陽さんら豪華キャストが集結した。
.
第6話では、渡海(二宮さん)の母・春江(倍賞美津子さん)が搬送され、黒崎(橋本さとしさん)が緊急手術を行う。危機を脱したものの、腫瘍が残っていたことが分かると、渡海は医療過誤と責め立て、佐伯教授(内野聖陽さん)が再度執刀するという案をはねつける。さらに、渡海は東城大に和解金を要求する……という展開だった

5/28(月) 10:03
まんたんウェブ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000001-mantan-ent
no title

【【視聴率】<ブラックペアン>二宮和也主演の日曜劇場、第6話は13.0% 渡海の母、春江(倍賞美津子)が緊急手術】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/26(木) 20:38:31.55 ID:CAP_USER9
4月12日発売の「女性セブン」で、交際が囁かれている嵐・二宮和也との「極秘デート写真」が掲載されたフリーアナウンサーの伊藤綾子。

これまで度々、自身のブログ上に“嵐グッズ”を写り込ませ「二宮との交際を匂わせている」と指摘されていた彼女。3月末には所属事務所を退社しており、いよいよ二宮と“結婚目前”と見る声も高まっている。

 そんな彼女に関する業界内の見解は──。

「彼女はたび重なる“匂わせ行為”で嵐ファンから総スカンを食らっていて、出演番組や事務所にクレームが殺到していたため、やむなく事務所を退社することになったと言われているんです。二宮との交際は順調なものの、決して“結婚準備”のための退社ではないと思いますよ」と語るのは広告代理店関係者だ。

 また伊藤について「これだけ嫌われキャラが似合うタレントは、むしろ貴重、とさえ見られているんです」と指摘する同関係者は「3月末の事務所退社に際し、芸能界で大きな動きがあるんですよ」と明かす。

 彼女を巡る芸能界の動きとは──。

「複数事務所が新たな“移籍先”として手を挙げ、彼女の争奪戦が始まっているんです。当然これらの動きは『結局、二宮と結婚できず芸能界に戻ってくる』と見られているからこそ。今後、二宮と破局した頃合いから“嫌われタレント”として活躍することが期待されています」(前出・広告代理店関係者)

 嵐ファンならずとも、彼女の動向から目が離せない!?

(白川健一)

アサ芸プラス2018年4月26日17時58分
https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_103313/

写真
no title

【<伊藤綾子>「二宮と結婚間近はウソ」を証明する“芸能界の新たな動き”!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/23(月) 09:29:05.90 ID:CAP_USER9
「嵐」の二宮和也(34)が主演するTBS日曜劇場「ブラックペアン」(後9・00)が22日にスタートし、初回の平均視聴率が13・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが23日、分かった。

「ブラックペアン」は、ドラマ化もされた「チーム・バチスタの栄光」などで知られる海堂尊氏の同名小説シリーズが原作。舞台は大学病院。手術成功率100%を誇る天才だが、傲慢(ごうまん)な性格と言動で「オペ室の悪魔」と言われる主人公の渡海征司郎(二宮)が、新しい手術法を巡る不正や病院内の権力抗争に立ち向かう姿を描く。

竹内涼真(24)、葵わかな(19)、倍賞美津子(71)、加藤綾子(32)、加藤浩次(48)、
市川猿之助(42)、小泉孝太郎(39)、内野聖陽(49)ら豪華キャストが出演。
歌手の小田和正(70)が主題歌を担当する。

初回は、東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野)によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。
3カ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎啓介教授(市川)もこの手術を見学する…という展開だった。

「嵐」二宮主演「ブラックペアン」初回視聴率13・7% 
4/23(月) 9:22配信 

4/23(月) 9:22配信 スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000075-spnannex-ent
no title

【【視聴率】嵐・二宮和也主演ドラマ「ブラックペアン」、初回視聴率】の続きを読む