芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

崖っぷち

いだてん
1: なまえないよぉ~ 2019/05/14(火) 11:49:34.71 ID:DjD0MkHa9
去る4月28日の放送回で“歴代最低”の平均視聴率7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)という不名誉な記録を残してしまったNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』。
その後、5月5日の放送回では7.7%、12日の放送回が8.7%と、多少の盛り返しを見せているが、一桁の低空飛行であることに変わりはない。

「悪夢の5%以下というのも現実になるかもしれません。というのも、もはや打つ手がないのです。
NHKはのん(能年玲奈)のサプライズ出演を一縷の望みとしていましたが、それも消滅してしまい、局内は完全に諦めムードが漂っていますよ」(NHK関係者)

放送前から、大河では鬼門となっている現代劇、主人公が無名であることから危険視されていた『いだてん』だが、幹部は、来年に東京オリンピックが開催されること、
社会現象となった『あまちゃん』のスタッフ、出演者を勢ぞろいさせることで乗り切れると踏んでいたようだ。ところがフタを開けたら、分かりづらい展開、テンポの悪さなどが不評で、
放送開始1カ月後の2月10日放送回で平均視聴率が9.9%となって以降、ずっと一桁が続いている。

のんの出演は絶望的で打つ手ナシ…
出演者だったピエール瀧が、放送中に麻薬取締法違反容疑で逮捕・起訴され、撮り直しを余儀なくされたこともパニックに拍車を掛けた。
撮影現場は〝お通夜ムード〟で、浮上の兆しは全く見えないという。そんな中でNHKが唯一、期待していたのがのん。あまちゃん色を全面に出す以上、のんの存在は欠かせず、
久しぶりの地上波となれば途中リタイアした視聴者を引き戻す原動力となり得る存在だからだ。

「のんが出演するためにNHKは、独立騒動で揉めた芸能事務所との和解を条件に出しました。しかし、のん側の拙速な交渉で失敗に終わっってしまった。
さらに、のんの味方に立った『週刊文春』を芸能事務所が訴え、第1審で勝訴した。これがダメ押しとなり、NHKはのんの出演を認めないことに決めたのです」(同・関係者)

のんが出ないとなれば、これから半年以上にわたって目玉もないまま終わることになる。

「NHKも現場も、史上最低視聴率の大河となることを覚悟しています。今さら事態を一変させる挽回策もなく、粛々と撮影していますよ」(制作会社関係者)

脚本家の宮藤官九郎氏を筆頭に「いだてん」に関わった人間の評価は急落する一方。この負の連鎖が、来年の東京オリンピック・パラリンピック本番に影響しないことを祈るばかりだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1823894/
2019.05.14 10:31 まいじつ

【NHK『いだてん』崖っぷち…“あまちゃん化”失敗で悪夢の5%寸前!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/24(火) 10:28:08.62 ID:CAP_USER9
TRF、浜崎あゆみ、AAAらが所属のエイベックスで、異色の10人組女性ダンス&ボーカルグループ「ONE CHANCE(ワンチャンス)」が結成されることが23日、分かった。

同社が今年4月から、本格的な女性ダンス&ボーカルグループを作るべくオーディションを開催したところ、3月に解散したアイドルグループ「GEM」の元メンバーや、これまで日の目を浴びてこなかったバックダンサーら、最後のワンチャンスにかけた崖っぷちメンバーが集結した。

主にバックダンサーとして、NHK紅白歌合戦など数々のステージに立ったことがある武内杏樹(24)は、安室奈美恵のミュージックビデオで、カメラチェックなどを行うための“代役”を務めたことも。
水樹奈々のツアーダンサーとして、メットライフドームのステージも経験し「客席のペンライトがすごくて、いつか自分もスポットライトを浴びたいという気持ちが強くなりました」。

14~16年に、プロ野球オリックスの公式ユニット「BsGirls」の一員として、京セラドーム大阪で歌い踊っていた森瑠菜(22)は「今度は主役になって、ドームに戻りたい」。
元GEMの熊代珠琳(20)も「絶対売れたい! 夢を追いかけるのではなく、『かなえたい!』と強く強く思っています」と意気込んでいる。

グループは、作詞家zopp氏が作詞のオリジナル曲「ステイハングリー ステイフーリッシュ」を配信アプリ「AWA」で今月25日から配信。
同29日に東京・六本木で行われる「六本木アイドルフェスティバル」でお披露目され、来月26日の「a-nation」(東京・味の素スタジアム)に出演。
自分たちが主役のステージで、これまでの思いを爆発させる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00277977-nksports-ent

ダンス&ボーカルグループ「ONE CHANCE」
(左から)熊代珠琳、武内杏樹、小栗かこ、久冨愛莉、森瑠菜、平野沙羅、西田ひらり、一岡杏奈、羽田聡里、清水涼子
no title

no title

GEM
no title

【後のない崖っぷちの女たちが「ワンチャンス」結成 アイドルグループ「GEM」の元メンバーらが集結】の続きを読む

加藤綾子


1: なまえないよぉ~ 2018/02/20(火) 18:26:31.44 ID:CAP_USER9
 カトパン、ついにさんまと「大逆転婚」か?

 '16年の春にフジテレビを退社し、鳴り物入りでフリーになった加藤綾子(32)が“失業危機”のピンチに陥っている。いよいよ明石家さんま(62)との結婚に踏み切らざるを得ない可能性が高まってきたという。
 「加藤の独立に合わせ、当時のフジテレビ亀山千広社長が用意した担当番組、スポーツニュースの『スポーツLIFE HERO'S』が3月で終了。'15年に入社した宮司愛海アナ(26)がメーンキャスターを務める新スポーツニュース『SPARK』が4月から始まってしまうのです。加藤は事実上、追い出された格好と言えます」(フジ関係者)

 後見人的存在だった亀山社長が昨年6月に退任。視聴率もパッとせず、1本25万円とも報じられた高額ギャラが、経費削減を進めるフジの“リストラ”対象になったわけだ。
 「4月から、加藤のテレビレギュラーは、同じフジ系でさんま司会の『ホンマでっか!?TV』の1本だけになってしまう。この番組もいつ終了してもおかしくないから、加藤は独立2年で“失業崖っぷち”状態に立たされているわけです」(同)

 男関係も寂しい状態。思いを寄せていたプロ野球・横浜DeNAの筒香嘉智が1月末に一般女性と結婚してしまった。ボロボロの加藤が泣きついているのが、昨年9月にニューヨーク密会デートを報じられたさんまというのだ。
 「カトパンとしては、さんまに嫌われれば、『ホンマでっか!?TV』も切られて、レギュラーゼロになってしまう。だから最近、さんまに“助けてください”と泣きついたとか。以前から加藤との結婚を狙っていたさんまは、渡りに船状態。今、さんまが本気でプッシュすれば、逆境のカトパンと結婚できちゃえそうな状況でもあるのです」(芸能記者)



 さんまといえば、62歳にして“鋼鉄の勃起力”を持つことで有名。人気AV女優らと浮名を流してきた絶倫だけに、肉食系の加藤との下半身相性もバッチリなはず。ただ、もしさんまとの結婚話がこじれた場合、『ホンマでっか!?TV』の即更迭が確実なため、“脱ぎ”で稼いでいくしか道はない。
 「フリー失業危機を察してか、カトパンに対し複数の出版関係者から写真集のオファーが来ています。Eカップの巨乳をナマ露出したフルヌードなら、億単位を出す、と明言した関係者もいるそうです」(同)

 電撃婚が実現するとすれば、4月が有力だ。
 「カトパンは1月24日の放送の中で、さんまから“オレといる時が一番楽しいやろ?”と突っ込まれ、思わず“はいっ”と本音を答えたばかりで、結婚フラグは立っています。今、平昌五輪でフジの現地キャスターを務めていますが、その大役を終え、自身33歳の誕生日を迎える4月にも、電撃婚発表の可能性は十分ある」(放送記者)

 結婚に失敗すれば、なりふり構わぬ覚悟で、“全裸で稼ぐ”。

https://wjn.jp/sp/article/detail/4174121/

【加藤綾子リストラで崖っぷち! さんまとの「大逆転婚」が真実味を帯びてきたwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/04(日) 06:35:08.72 ID:CAP_USER9
 トラブル続きで“新・プッツン女優”の汚名を襲名していた女優の真木よう子(35)だが、1月30日、所属事務所「フライング・ボックス」が真木と1月中旬で正式に契約満了を発表した。

 発表と同時期、一部で10年間にわたって真木が待遇面で不満を抱え、契約更改の度にもめていたことが報じられた。

 しかし、同事務所は、「本件においては、一部報道にて『待遇面・金銭トラブル』などが記載されておりましたが、事実に反する部分が多く大変困惑しております」と、報道を全面的否定。あくまでも円満退社であることを強調した。

 「同事務所はかつて天海祐希、仲村トオルらが独立・移籍しているだけに、売れると金銭面でタレントと揉める事務所として業界内では知られていた。とはいえ、真木の場合、昨年のTwitterでの“炎上騒動”など、すっかりトラブルメーカーとしてのイメージが定着。事務所に一方的な非があるわけではなかったようだ」(芸能プロ関係者)

 事務所が契約を取ったCMなどの契約切れを待ち、夏ごろには真木が堂々と独立することになりそうだというが、今後、女優としての崖っぷちに追い込まれることになりそうだというのだ。

 「現場でもああまりにも自分の意見をハッキリ言うので、二度と仕事をしたがらない人も多い。とはいえ、真木のことを気に入っている有名クリエイターが多いのも事実。以前は、かなり際どいぬれ場など、真木がOKでも事務所がNGなことが多かった。しかし、フリーになれば真木の一存で決定できるので、積極的にEカップのバストを露出するしかないだろう」(映画業界関係者)

 ある意味で“出世作”となった映画「ベロニカは死ぬことにした」では全裸自慰で世の男性たちの度肝を抜いた真木。
 あの衝撃をもう一度!

http://wjn.jp/article/detail/2699541/
no title

【女優生命崖っぷちでいよいよ脱ぐしかなくなった真木よう子wwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/03(日) 19:39:07.40 ID:CAP_USER9
女優の真木よう子(34)が、主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の撮影をキャンセルしていたことが8月30日に報じられた。
真木よう子は、クラウドファンディングを利用して自身の写真集を制作し、
その写真集を同人誌即売会であるコミックマーケットで販売しようと参加表明したことが批判を集め、即売会の参加を撤回・謝罪のコメントを発表したばかりだ。

また、真木が撮影をキャンセルしたという29日は、自身のTwitterアカウントを削除した日でもある。
真木のTwitterアカウントは同ドラマの放送に合わせて開設され、当初は100件以上のコメントに真木自身が返信するというマメさが注目されていた。

撮影キャンセルに加え、突然のアカウントの削除は、多くのネットユーザーたちを困惑させたようだ。
避難が殺到したことによる精神的なストレスが、今回のキャンセルの原因となったのではないかと囁かれている。

さらに、真木のストレスの一因と思われているのが本作の視聴率だ。
スタート時から5.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)という低空飛行を続け、第2話以降3%~4%台を行き来する状態が続いている。
こうした状況を受け本作は、9月7日の放送の第9話を以て、最終回を迎えることが決まった。

「関係者の間では、元々真木は情緒不安定な部分があったという声もあった。
真木自身も久しぶりのドラマ出演で、気持ちが張っている部分もあったはず。
今回の一連の流れも踏まえ、周囲もしばらくはドラマのオファーを控える動きになりそうです」(芸能関係者)

■削除翌日にTwitterを楽しく語る真木よう子の違和感

一方で真木は、30日に放送されたトーク番組『TOKIOカケル』(同)に出演している。
番組では削除したTwitterアカウントに関するトークもあり、さらにネットユーザー達をざわつかせていた。
番組が収録されたのはおそらくTwitterのアカウント削除や、同人誌即売会騒動の前の頃のようで、真木が「今Twitterをやってて」などと語る一幕があった。

Twitterを楽しむ真木の様子に、ネットでは「切なすぎる……」「この話題放送して良かったのか?」「タイミングが悪すぎるだろ」といった声が寄せられたようだ。

「Twitterを削除した現状と話が繋がらなくても、話題になるだろうと放送することに踏み切ったのでしょうね。
ドラマの最終回も迫っているし、フジとしては少しでもいいから視聴率を上げたいという目論みもあったのではないかと」(前出・芸能関係者)

なにもかも踏んだり蹴ったりの真木だが、こうした状況を業界内でも心配する声は多い。

「今後は、真木の精神状態を考慮した仕事を選ぶべきだという声もあるようです。
ドラマよりもじっくり時間が取れる映画の仕事がいいのではという意見もあり、真木もそれを希望しているとも。
今回の『セシルのもくろみ』が実質的に最後のドラマ主演になるのでは。
映画にしても主演にこだわらず、良くも悪くも注目度の低い脇役でのポジションが増えていくでしょう」(同・関係者)

女優として業界評価は低くない真木だが、今回の一連の騒動から完全復活するには少々時間がかかるのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1351256/
2017.09.03 19:00 デイリーニュースオンライン
no title

【真木よう子、収録欠席にセシル打ち切りで崖っぷち「ドラマ主演は最後になるでしょう」】の続きを読む