芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

島崎遥香

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/02(火) 08:40:59.60 ID:UZvd9+rw9
元『AKB48』の島崎遥香が、去る3月25日から28日にかけて放送されたNHK連続テレビ小説の特別版『ひよっこ2』に出演。
あまりの激ヤセぶりに「病気?」などと心配する声が噴出した。

同ドラマは、有村架純主演で2017年の上半期(4月~9月)に放送された本編の続編で、奥茨木から上京し、洋食店『すじふり亭』でウエイトレスで働く谷田部みね子(有村)のその後を描いたもの。
みね子は結婚して前田姓に変わっても、洋食店で働き続けている。島崎は洋食店の料理長の娘・牧野由香役だ。

「連ドラで放送されていた時代は、親の金をせびりブラブラする不良娘が島崎の役でした。それがみね子に会って改心。洋食店でマジメに働くようになったのです」(ドラマライター)

特番は4話限りなので、結婚したみね子や親族の話が中心。島崎はしっかりとした大人の女性になり、部分的な出演だった。

「ほのぼの内容ですから、またグレるなんことにはならないのですが、ただ島崎の顔を見て少々驚き。ゲッソリとヤセて、パッと見は彼女とは思えませんでした。
〝ひよっこファン〟サイトにも、島崎の変貌ぶりに『BBA…』などと辛辣な書き込みがあったほどです」(ネットライター)

塩すぎて身を滅ぼす?

島崎は2016年末をもってAKBを卒業。ソロになった17年こそ『ひよっこ』以外に、『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)など地上波でのドラマ出演はあったのもの、18年は激減。
『今日から俺は!!』(同系)ほか、単発出番ばかりだった。

「彼女は昨年5月、自身のツイッターに『暇してます』と書き込み、その出番のなさが明るみになった。
さらに、今年2月、バラエティー番組でAKB時代の態度の悪さを指摘され『(塩対応しないと)生きていけなかった』と〝作り〟であったことを告白。
仕方なくやっていたと弁明をした。これには非難が集中しました」(AKBライター)

AKB時代にファンを「キモオタ」と呼び「明日にでも辞める」と言っていたのは、本心ではなく演技だったというのだ。

「焦って〝塩は作り〟といってもイメージ回復を狙っただけでしょう。彼女の態度の悪さは有名だし、時すでに遅し」(同・ライター)

激ヤセについてはこんな声もある。

「前はAKBをバックに強気でいられたものの、最近の仕事激減で『心労ヤセ』の心配も出ています」(芸能プロ関係者)

理由はともあれ、しっかり食べてガンバってほしいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1756055/
2019.04.02 07:30 まいじつ

no title

【島崎遥香さんが激ヤセ「塩対応はウソでした」の反動かwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
text_genen

1: なまえないよぉ~ 2019/02/21(木) 12:50:43.51 ID:1ZW4tzCp9
元『AKB48』の島崎遥香が、いままで非難されてきた“塩対応”は「本心ではなかった」と弁明。逆に大ヒンシュクを買っている。

「彼女は『本心ではなかった』と過去形で言っていますが、良くなったなんて話も聞かないし、
今さらそんなことを言っても『言い訳にしか聞こえない』と、アンチ島崎派からはバッシングの嵐です。
仕事がないので、話題にしてほしいだけでしょう」(AKBライター)

島崎は2月17日、バラエティー番組『行列のできる法律相談所』に出演。
MCの後藤輝基から「塩対応のイメージですけど、AKB卒業して肩の荷が下りたんですか?」と聞かれると、
島崎は「そうですね、だいぶ」と返答。

さらに後藤は「今までの塩対応は本心じゃなかったってこと?」と尋ねると、「そうしないと生きていけなかった」と告白。これが波紋を呼んだ。

「AKB時代はファンを『キモオタ』と呼び、『あんなネチョネチョした手を握りたくない』と握手会を拒否。塩対応というより、ファンを愚弄していただけ。
ソロになって映画の仕事でフランスに行くと『楽し過ぎて帰りたくないです!』とツイッターに書き、ファンからは
『よほどAKB時代がイヤだったんだな』と哀れむ声が集まった。向こうが好きなら、そのまま居ればと思いますけどね」(同・ライター)

仕事が無さすぎて必死
昨年のクリスマス直前の12月19日、島崎は脇役で出ていた映画『ニセコイ』公式アカウントの
《平成最後のクリスマスまであと1週間 クリスマスの予定はもう決まった? 
予定がないクリぼっちな君、クリぼっち回避を目指してニセコイアワードに参加しよう》
といった内容のツイートをリツイートし、映画を見に来るように書き込み、アンチから『“芸能界ぼっち”のくせに』などとやり返された。

「彼女のホームページを見る限り、今年のドラマ出演はゼロ。今月22日公開の映画『翔んで埼玉』以外は映画、舞台も一切なし。
彼女は昨年5月に自身のツイッターに『暇してます』と書き込んだことがあります。
でも、それって自分の傲慢態度のツケが回ってきたという見方もできます」(女性誌記者)

それだけに、今回の「本心ではなかった」発言に対しても、

「言いたいことを言ってきたのに、本心ではなかったというのは見苦しい限り。
いくら仕事欲しさに改心を強調しても説得力がない。
体はガリガリでセクシー系も無理だし、このまま潔く引退するのが賢明でしょう」(同・記者)

辞めても惜しむ人間はいなそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1701226/
2019.02.21 10:30 まいじつ

【島崎遥香「塩対応はつくりだった」いまさら必死アピールの理由は…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/19(火) 18:08:59.95 ID:wyOXXyXW9
女優の島崎遥香が19日、自身のInstagramにてヘアチェンジを報告。
黒髪になった姿に絶賛の声が寄せられている。

島崎は「I got my hair dyed black」とつづり、ヘアチェンジを報告。
茶髪だった髪は透明感溢れる黒髪になっており、以前より落ち着いた雰囲気となった。

島崎遥香の黒髪姿に絶賛の声
島崎の黒髪姿に対し、コメント欄には「最高に可愛い」「似合ってる~!」「どんな髪色でも似合うの羨ましい」「超タイプです」など絶賛の声が多数寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1822808

茶髪の島崎遥香
no title


黒髪にイメチェン
no title


元AKB48 島崎遥香
no title

no title

no title

【元AKB48島崎遥香、茶髪から黒髪にイメチェン「最高に可愛い」「似合ってる~!」絶賛の声 ← いつものwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/19(火) 07:49:33.75 ID:gzzEKdiX9
女優の島崎遥香が、アイドル時代の“塩対応”について言い訳した。
2月17日にゲスト出演した「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)では、MCの後藤輝基からアイドル卒業で肩の荷が下りたかと訊ねられると、
島崎は「そうですね、だいぶ」とハニかんだ。さらに「爪痕残したい、バラエティ大好きです!」と積極的な姿をアピールしていた。

ここで後藤が「今まで塩対応言うてたやんか、それは本心じゃなかったってこと?」と斬り込み、
東野幸治が「キャラは乗っかった感じだったの?」と訊ねると、島崎は「そうしないと生きていけなかった」と返答。
代名詞の“塩対応”があくまでキャラだったと言い張ったのである。そんな島崎のセリフに、アイドル誌のライターが首をひねる。

「あれがキャラだったのであれば、ファンの前では塩対応でも舞台裏では素直な対応だったはず。
しかし島崎の場合、仕事の現場でも塩対応だったことが知られています。
中でも有名なのは2016年の第8回選抜総選挙の後に発売された週刊マンガ誌の表紙。
総選挙の上位8人が登場し、女王の指原莉乃や2位の渡辺麻友らが水着姿を披露する中、彼女だけがワンピースを着ていたのです。
この時は撮影前に島崎が絶対に水着を着たくないと言い張り、しょうがなくこの形になったと言われています」

http://dailynewsonline.jp/article/1697466/
2019.02.18 17:15 アサ芸プラス

no title

【島崎遥香さん、「塩対応はキャラ」との言い訳するもwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/17(日) 22:22:37.20 ID:loRbk5Ru9
元AKB48で女優の島崎遥香が、17日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(毎週日曜21:00~)に出演。
塩対応のイメージについて「そうしないと生きていけなかった」と打ち明けた。

オープニングトークで、MCのフットボールアワー・後藤輝基から「塩対応のイメージですけど、AKB卒業して肩の荷が下りたということはあるんですか?」と振られ、島崎は「そうですね、だいぶ」と笑顔で返答。
東野幸治が「ハキハキしてるの、ぱるるらしくないよ」と指摘すると、「何か爪痕残したいと思って」と話した。

積極的な島崎の姿に後藤らが「違う違う! 塩対応のイメージやで」と驚くと、「今日頑張って爪痕を残したい」と再び笑顔でアピール。
今後バラエティにどんどん出演したいか聞かれると「出たいです。バラエティ大好きです!」と意欲も見せ、「でもしゃべれないです」と打ち明けると、後藤が「致命傷やんか」とツッコんだ。

そして、後藤が「今までの塩対応は本心じゃなかったってこと?」と尋ねると、「そうしないと生きていけなかった」と告白。
この発言にスタジオから笑いが起こり、東野も「AKB層厚いから」と爆笑。
さらに、IKKOが「ぱるる面白い~」と言うと、島崎は「ホントに~」とIKKOのモノマネも披露した。

http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1876330/

『行列のできる法律相談所』
no title

no title

no title


元AKB48 島崎遥香
no title

no title

【島崎遥香さん、AKB時代の“塩対応”はキャラだったと告白 ← 始まったよwwwwwww】の続きを読む