芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

岡田奈々

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/03/03(日) 19:45:38.33
 大きな瞳が今も輝く岡田奈々は、1974年、高校1年の時に岐阜市の繁華街・柳ケ瀬でスカウトされた。

「初めてのお仕事は、森田健作さんと共演したグリコアーモンドチョコレートのCM撮影。食べ残していいことを知らなくて、撮り直すたびにモグモグと完食し、数えきれないほど口にしました(笑)」

 デビュー翌年には、青春ドラマ『俺たちの旅』で田中健の妹役を好演し、松本隆作詞の劇中歌『青春の坂道』もヒット。歌と芝居を両立していたが、1979年に女優を主軸にすると決めた。

「それで映画などに強い事務所への移籍が決まったのですが、ある事情で立ち消え、前の事務所のマネージャーと二人三脚でやることになりました。
今思えば、21歳でよく独立しましたよね。でも、不安はなかったです。仕事がなくなったら、その時に考えればいいやと思うような性格なので」

 その後も映画やドラマなど仕事は絶えなかった。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

2024.03.02 16:00
週刊ポスト

https://www.news-postseven.com/archives/20240302_1944478.html?DETAIL

pose_english_wow_man

【芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/01/19(金) 00:15:44.11
 2月より開催が予定されていた岡田奈々の全国ツアー「岡田奈々 LIVE TOUR 2024 ~Asymmetry~」の全公演中止が発表された。

 昨年末より体調不良のためイベント出演などのキャンセルが相次いでいた岡田。

 現在も医師の指導のもと治療を続けているものの「まだしばらく療養期間を要する」という判断により、ツアーの中止が決定したという。

 公式サイトではスタッフより「本人の体調回復後に再開催のご案内をできるよう調整を進めてまいります。元気な姿でまた皆様にお会いできる日まで、今しばらくお待ちいただけますと幸いです」とアナウンスされている。なおチケット払い戻し等に関する詳細は後日発表される。


■ 岡田奈々 LIVE TOUR 2024 ~Asymmetry~(※公演中止)
2024年2月3日(土)愛知県 THE BOTTOM LINE
2024年2月4日(日)広島県 LIVE VANQUISH
2024年2月10日(土)福岡県 DRUM LOGOS
2024年2月17日(土)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
2024年2月24日(土)宮城県 darwin
2024年3月10日(日)東京都 Zepp


岡田奈々、体調不良でツアー全公演中止「まだしばらく療養期間を要する」
https://news.yahoo.co.jp/articles/8882d1680a53aebe72379370225a1dfa9b2e9558

https://i.imgur.com/S8tx0Uq.jpg

pose_english_shrug_woman

【元AKB48・岡田奈々、体調不良でツアー全公演中止】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/12/22(金) 15:40:56.24
元AKB48で歌手の岡田奈々が21日、自身の公式インスタグラムを更新。
近日中にインスタグラムを閉鎖することを明らかにした。

岡田は赤ワインらしき飲料が入ったグラスを傾ける写真とともに「近いうちにInstagram閉鎖します」と報告。
「細かい日程はまた御報告させていただきますね」としたが、理由等は明かさなかった。

この投稿に「あなたの決断は理解できますし、尊敬に値します」「自分の気持ちを大切にしてね」といった応援の声や、「寂しいけどそれがいいかもね」「悲しいけど今のなぁちゃんはその選択がいいと思うよ…」「残念ですが、コメ欄でのバッシングが止まらない今の状況では厳しいと思います」と理解を示す声が続々と寄せられた。

岡田は昨年11月、一部週刊誌で俳優・猪野広樹との熱愛が報じられ、卒業を発表。大きなバッシングを受けた。今年4月に卒業後は本格的にソロ歌手として活動をスタート。
今月12日にはよろず~ニュースの取材に「グループを背負う重圧がなくなって『自分自身のために』と考え方が変わった」と心境を吐露。
AKB時代の自身を「10代のうちに真面目に頑張りすぎて、20歳を超えて本音があふれ出し始めて、真面目なんじゃなくてバカ正直なだけだったと気付いた」と回想した。

また「『仕事に行きたくない』って、お酒を飲みながら大号泣していた時期」もあったと告白。
批判にさらされた熱愛報道についても「人生のターニングポイントだったと思うので、それをなかったことにはしたくない。それを受け止めて進んでいくしかない」と語っていた。

http://news.yahoo.co.jp/articles/9e732d668348c5ab07fc8d7e5becbb448a7a3494

岡田奈々、インスタグラム突如閉鎖を発表!
http://pbs.twimg.com/media/GB2lEZPbEAAbRng.jpg

pose_english_wow_man


【元AKB48岡田奈々(26)、インスタグラム突如閉鎖を発表!理由は明かさず】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/11/09(木) 00:29:07.51
 “優等生”のトップアイドルは、一夜にしてバッシングの嵐にさらされた。直後に所属グループからの卒業が発表され、体調不良による活動休止期間もあった。

 そのとき、人間・岡田奈々には何が起こっていたのか。元AKB48の岡田奈々さんが、「自分の言葉で語りたい」と、複数回のロングインタビューに応じた。

(中略)


■卒業は以前から決めていた

――報道直後の11月23日には、AKBからの卒業を発表している。卒業は、報道やバッシングと関係があるのでしょうか? そう問うと、きっぱりと「それは違います」と否定した。

岡田:恋愛禁止という掟を破ったから、「罰として辞めさせられたのでは?」とか、「バッシングで心が折れて卒業したの?」と思っている人もたくさんいると思います。でも、そうではないんです。報道が出たのが2022年の11月ですが、8月にはもう、ソロでデビューすることを見越して、2023年の秋に卒業することが決まっていました。

 その年、地方でMVの撮影中に「もっと笑って」「もっと元気に」という指示に違和感があって、いま私がやりたいことは、カメラに向かってニコニコ元気に笑うことじゃなくて、違うことだと、そのときにはっきり気づいてしまったんです。その瞬間に辞めようと決心して、その日にスタッフの方に意思を伝え、秋元康先生にも「卒業したいです」とLINEで伝えました。そうしたら、「いいよ」と言ってくださって。


■アイドルに恋愛は「ご法度」なのか

――卒業とソロデビューの準備をしていたが、結果的に卒業は繰り上がった。

「恋愛禁止」をアイドルの不文律と捉えている人も多いのではないだろうか。熱愛報道は、多くのアイドルにとってスキャンダルだ。だが、彼らも一人の人間だ。5年、10年、20年と活動を重ねていくなかで、「恋愛は禁止」という状態は、果たして健全なのか。

 例えば、2013年、交際報道の出た元メンバーが丸刈りにして謝罪する動画は海外にも拡散され、国内外からさまざまな批判が起こった。岡田さんの場合、報道直後、SNSには、「死ね」「裏切り者」といった心ない言葉も飛び交い、大炎上となった。

岡田:落ち込みました。「死ね」「裏切り者」といったコメントが付けられたこともありました。私は精神的にはダメージを受けてごはんが食べられなくなり、体重も落ちて。つらい時期でした。

自分の自覚のなさ、アイドルとしての自覚のなさを謝りたいという気持ちと、「普通に恋愛しているだけなのにどうして」と思う気持ちと、両方がありましたね。

――岡田さんは、ツイッター(現X)上でファンへのお詫びのメッセージを出している。

「多大なるご迷惑をおかけしたこと 本当に申し訳ありませんでした」

「今まで応援してくださったファンの皆様を 裏切るような行動をとってしまい 傷つけてしまい 本当にごめんなさい。 幻滅させてしまいごめんなさい」

(2022年11月23日の投稿から)

岡田:スピーチを行った当時、私は自分をレズビアンだと思っていて、女性を好きになるという意味ではずっと恋愛していました。だから、ずっと前から私はファンの方を裏切っていたことになる。正直なところ、相手が男性だというだけでこんなにバッシングを受けないといけないのかな、なんでだろう、とも思いました。

■恋愛の重みに性別は関係ない

――岡田さんは、今回のインタビューで、性自認が「ノンバイナリー」だと打ち明けた。自分で認識している性が、男性・女性という性別のどちらにもはっきりと当てはまらない、または当てはめたくない、という考えだ。好きになる対象は、男性と女性、どちらもあるという。

岡田:小さいころは男の子が好きだった時期もあって、バレンタインには男の子にチョコレートをあげたこともありました。それが変わってきたのは、グループに加入してから。2017年の総選挙のころはレズビアンでした。心の底から支えてくれる女性を好きになって、お付き合いしていました。そのころは、自分が男性に恋をすることがあるなんて、想像もしていませんでした。

 2017年のスピーチは、まるで自分は、男女のスキャンダルからは無縁であるかのような、安全圏内にいる意識から出てしまった言葉ではないかと今では思います。

 そして、それは大きな間違いでした。男女の恋愛も、女性同士の恋愛も、重みは同じはず。当時、19歳だった私は、いろんなことがわかっておらず、狭い世界の中で考えていたのだと反省しています。

記事全文はこちらから
https://news.yahoo.co.jp/articles/167740c4a22ddef29dc7869ece4b17842b1b18bd?page=1

https://i.imgur.com/lqJuV8L.jpg

figure_question_what

【元AKB48・岡田奈々 「2017年の総選挙のころはレズビアンでした。 女性を好きになって、お付き合いしていました。」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/06/29(木) 12:48:17.63
 AKB48の元メンバーでタレントの岡田奈々(25)が29日、ツイッターを更新。憂鬱な日々を送っていることを明かした。

 昨年AKBを卒業した岡田は「家の中にいても憂鬱 太陽の下を歩いても疲れる 人混みもお出かけも旅行も苦手 喉の具合悪くてカラオケも行けない お友達と会っても変に気を遣ってしまう」と何をしても気が晴れず“八方塞がり”の状態であることをつづった。

 その上で「そういうニンゲンはどこに行けば 回復するんだろう」と嘆いている。

2023年6月29日 12:28
東スポWEB

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/268007?page=1

pose_english_wow_man

【岡田奈々が憂鬱な日々を嘆く「太陽の下を歩いても疲れる」「どこに行けば回復すんだろう」】の続きを読む