芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

山口真帆

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/01(月) 02:48:08.05 _USER9
 元NGT48のメンバーでアイドルから女優に転身した山口真帆が『ショコラの魔法』(今年初夏公開)で映画初出演にして、いきなり主演を務めることがわかった。

 原作は同名の人気マンガ(みづほ梨乃氏作)で、山口は食べるだけで願いが叶う不思議なチョコレートを作る美しき魔女・哀川ショコラ役を演じる。

 2019年5月にNGT48を卒業した山口は、同月に大手芸能事務所・研音に所属。女優への転向を図って、20年1月に放送されたドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)第1話で女優デビュー。同9月に上演された『浪漫舞台「走れメロス」~文豪たちの青春~』で舞台に初挑戦。同月にオンエアされた『DIVER-特殊潜入班』第2話で、2度目のドラマ出演を果たした。ただ正直まだ実績不足で、演技力にも疑問符が付いていただけに、なぜいきなり映画の主演に“抜擢”を受けたのだろうか?

「なんせ山口は研音の上層部が猛プッシュしています。その上で山口の場合無名の新人と違って、それなりの人気、ネームバリューがあり、グループ卒業後も熱烈なファンがついていますから、話題にもなるはず。配給会社としてもメリットもあるわけです。山口といえば、舌足らずで滑舌が悪く、これまでの出演作品では“大根”と称されたりもしましたが、相応のレッスンをして、演技力の向上に力を注いだようです。

 その上でマンガ版の『ショコラの魔法』の主人公は、そもそも要所要所でしか登場しないので、必然的にセリフは少ないようなんです。だからこそこれまで演技力に疑問符が付いていた山口でも主演が可能だったのでしょう。すでに撮影は終えているみたいですね」(映画製作関係者)

 現状では、女優としての評価は決して高くない山口だが、今回の映画出演、主演の経験を生かして、大化けするかもしれない。親のように見守るファンたちにとっても、その出来上がりが楽しみな1作となりそうだ。

https://www.cyzo.com/2021/01/post_266695_entry.html
2021/01/29 22:00

no title

【元NGT48・山口真帆が映画初出演にしていきなり“主演”の快挙! ← アンチ、ぐぬぬwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/16(土) 07:21:23.75 _USER9
元NGT48で女優の山口真帆(25)が、人気少女漫画を実写化した映画「ショコラの魔法」(今夏公開、森脇智延監督)に主演することが15日、分かった。
映画デビューにして初主演。
原作ファンでもある山口は「お話をいただいた時は本当に心躍りました」と大役に胸を弾ませている。

人気コミック誌「ちゃお」(小学館)で連載され、累計100万部を突破した、みづほ梨乃さんの同名少女漫画が原作。
一番大切なものを代償に、どんな願いもかなえる不思議な魔力を秘めたチョコレートを提供する屋敷を舞台にしたファンタジーホラー作品だ。

ゴスロリ 山口が演じるのは、不思議なチョコを作る美しい魔女・哀川ショコラ。
「待ち受け画面もショコラにする程、先生の描くショコラが大好きだったので、お話をいただいた時は本当に心躍りました」。
ビジュアルも原作を忠実に再現。
紫色のロングヘア、胸元の大きなリボンが特徴的なゴスロリファッションに身を包み、異次元的な存在感を放った。

19年5月にNGTを卒業。
昨年1月期の日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で女優デビューし、同年9月には初舞台も経験した。
満を持しての銀幕デビュー。
既に撮影は終了しており「私に務まるか不安になりましたが、スタッフや共演者の方々の支えもあり、無事に演じることができました」と充実感をにじませた。
古郡真也プロデューサーは「山口さんの個性を生かしながら素晴らしい映画版ショコラになったと思います」とコメントした。

また、山口は16日午後3時20分から「次世代ワールドホビーフェア オンライン」の「YouTubeチャンネル」と「ちゃおチャンネル」に生出演する。

◆山口 真帆(やまぐち・まほ)
1995年9月17日、青森県生まれ。25歳。
2015年、NGT48第1期オーディションに合格し、17年4月にメジャーデビュー。
19年5月にグループを卒業し、研音に移籍。20年1月期の日本テレビ系「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」で女優デビュー。
同年9月、「走れメロス~文豪たちの青春~」で初舞台。
161センチ。ニックネームは「まほほん」。

http://news.yahoo.co.jp/articles/21fe8168a72d61d6e5275773c1bc9db92a7d3510

ゴスロリファッションで映画初出演・初主演を飾る山口真帆
no title


元NGT48 山口真帆
no title
【元NGT48山口真帆(25)さん、映画初出演&初主演決定!美魔女役でゴスロリ姿披露、アンチさん、ぐぬぬwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/06(日) 13:43:24.59 _USER9
俳優の内博貴が5日、都内で行われた舞台『走れメロス~文豪たちの青春~』東京公演開幕直前取材会に谷村美月、関西ジャニーズ Jr.の室龍太、千原せいじ、山口真帆、なべおさみとともに出席した。


内博貴、太宰治役に意気込み

本作は、若かりし頃の小説家・太宰治が題材。太宰の親友である檀一雄が書き上げた回想録「小説 太宰治」をベースに、太宰と京大学入学後に出会った文豪や女性たちが織りなす波乱に満ちた日々を描く。

過去に作家・織田作之助を演じたことのある内は「セリフの中で太宰治に触れることがあった。その言っていた太宰治さんを演じるとは思っていなかった。何か縁があるのかなと勝手に思っている」としみじみ。文豪役は初めてではないため「スタート時点はそんなに苦しまずにすんなり役に入れました」。また、特徴的な“太宰風ヘア”は「地毛ですです。パーマもあてていない。なぜかこうなりました」とナチュラルであることを強調した。

檀一雄役の室とは長い付き合いで、そのため芝居などに「苦労したことはない」と息ピッタリの様子。内が「室は別作品の本番があったので稽古になかなか来られなかった。最後のほうから参加して大変だったと思うけどそれを出すことなかった。そういう意味意味でスムーズに稽古ができたので、さすがジャニーズ!」と褒めると、室は「内くんもジャニーズです。先輩ですよ」とツッコんで記者たちを沸かせた。


山口真帆、舞台初挑戦


2019年5月にアイドルグループ・NGT48を卒業後、女優の道を歩んでいる山口は本作で舞台初挑戦となる。慣れない現場だったが「皆さんのお力添えとアドバイスがあって今日を迎えられた。皆さん優しかったです」とにっこり。すると室が「その言い方だと全員優しいことになっしゃうよ?」と言うと、せいじが「厳しい環境で育ったんだから皆が優しくみえねん。厳しい環境で育ったから!」と指摘し、山口をタジタジにさせていた。

また、座長の内からみた山口は「肝が座っている」といい、「初舞台の方が演出家さんの意見に対して『はい!わかりました』という感じですが、山口さんの返す言葉が『なるほど…』『了解』だった。それで、この子はスターになるなって」と素質を称賛。するとまた、せいじが「根性が座ってるから!バッチバチやで!」と吠えていた。

舞台は9月5日から13日までヒューリックホール東京、9月22日は愛知・名古屋公会堂、9月25日から27日は大阪・梅田芸術劇場にて上演される。内は万全の新型コロナウイルス対策をアピールした上で「千秋楽まで気を緩めることなく気をつけてやっていきたい」と話した。(modelpress編集部)


https://mdpr.jp/news/detail/2212076
no title

【【舞台初挑戦】山口真帆さんを共演者が称賛 ← NGTヲタ、ぐぬぬwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/29(水) 16:07:52.12 _USER9
女優の山口真帆が、9月5日より開幕する、内博貴主演の浪漫舞台「『走れメロス』~文豪たちの青春~」に出演することが決定。山口にとって今作が初舞台となる。

山口は、太宰治の愛人の一人であり、太宰とともに入水し自ら命を絶った山崎富栄を演じる。本人は、出演にあたり「初の舞台が地元、青森出身の太宰治の作品であることを嬉しく思います。私が演じる山崎富栄は太宰の最後の女性。1人の人間を強く愛し、愛し狂う。そんな富栄が羨ましくも感じました。愛の為に死ぬことが出来るだろうか。誰もが抱く愛という感情に溺れながらも、一途に真っ直ぐな愛をお伝えできたらと思います。精一杯頑張ります」と意気込みをあらわにした。

今作は、小説家である太宰治が若き頃の人生を題材とし、太宰と共に当時を駆け抜けた親友で作家の檀一雄が書き上げた回想録「小説 太宰 治」をベースに、舞台作品として書き下ろされる。太宰が高校を卒業ののち上京し、東京大学入学後に小説家を目指す中で、井伏鱒二や檀 一雄ら文豪との出会い、太宰が愛する女たち、小山初代、津島美知子、太田静子、山崎富栄らとの浪漫と波乱に満ちた日々が赤裸々に描かれる。

内博貴主演の浪漫舞台「走れメロス」

出演は、舞台「まさに世界の終わり」(2018年)以来、2年ぶりの単独主演となる内が太宰治役を演じ、太宰と共に波乱の人生を送る小山初代役と太田静子役(二役)に谷村美月。太宰の親友で作家の檀一雄役に室龍太(関西ジャニーズJr.)、さらに、千原せいじ、山口、黒田こらん、吉田大輝、苅谷瑠衣、原慎一郎、藤井びん、石井智也、優志、湖月わたる、なべおさみ、といった個性豊かな出演者が登場する。

類まれなる小説家としての才能を持つも、自身の破天荒な振る舞いが災いを呼び、井伏や檀ら文豪との友情と信頼に助けられ、短編小説「走れメロス」など数々の名作が生み出される背景を通じ、愛とは何か、友情とは何か、生きるという事は何かを問いかける。

2020年9月5日~13日にヒューリックホール東京(全13公演)、9月22日に名古屋市公会堂(全2公演)、9月25日~27日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(全5公演)にて上演される。(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/2162378
no title

【山口真帆、「走れメロス」で舞台初挑戦】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/18(木) 18:18:08.13
山口真帆、生足を大胆に床に投げ出して…美脚全開ショットに「うさまほ最高かよ」

元NGT48で女優の山口真帆が17日、インスタグラムを更新。自身のカレンダーのオフショットを公開した。

2枚の写真を投稿。うさ耳のカチューシャをつけ、うさぎに扮した山口が床に座り、両足を大胆に投げ出している。

フォロワーからは「可愛すぎるウサギさん」「天使すぎて死んだ!」「うさまほ最高かよ」「セクシーウサギ」
「脚細っ!」「もはや何て表現したらいいか分からない可愛さ、美しさ…」「足長いし綺麗」などの声が上がっている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fa566bb4663e2081f73f7f9d10ad05e08ceced8c

画像
https://www.instagram.com/p/CBifviUn_-n/
no title

no title

【元NGT48山口真帆の生足バニーガールに絶賛の声】の続きを読む