芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

山口真帆

1: なまえないよぉ~ 2019/11/08(金) 14:05:56.36
アイドルグループ「NGT48」の元メンバー・山口真帆(24)への暴行事件を巡り、暴行容疑で逮捕された(不起訴)男性ファン2人に対して運営会社・AKSが損害賠償を求めた裁判で、新たに提出された裁判資料から被告側の主張が分かった。資料は新潟地裁が開示。

昨年12月の事件時、山口と主に話し合った被告の一人X氏は、同じマンション内で私的交流を続けたとする内容の陳述書を提出した。
さらに本紙の取材で、山口との握手会で80万円もの大金を使ったというX氏の“資金源”が判明した。

このほど開示された資料は、10月28日に新潟地裁で行われた弁論準備手続きまでに追加提出されたものだ。
裁判で、被告X氏は山口とは以前から「つながり」と呼ばれる私的交流があったと主張し、暴行そのものを否定している。

「X氏は、自分とのつながりを他のメンバーから指摘された山口が『噂になったら困る。怖い』などと言われ、疎遠になったと主張。
山口との関係を修復するため話し合おうと、自宅前で事件になった。しかし、山口が訴えた『顔をつかむ』などの行為はなかったとしている」(芸能関係者)

提出した陳述書によると、3年前の握手会でX氏は山口に「プレゼントを贈りたいから住所を教えてほしい」と尋ねた際に「いいよ」と、山口から事件現場となった自宅住所とマンションの部屋番号303号室を教えてもらったという。

その後、衣類やアクセサリー等のプレゼントを郵送するようになり、2018年4月に同じマンション(602号室)を借りた旨を山口に伝え、SNSで連絡を取りながら、マンション共用の廊下やロビーでプレゼントを手渡したとしている。

X氏側は当該マンションの賃貸契約書も提出。602号室に加え、18年12月3日には山口の向かいの部屋にあたる314号室を契約していた。
この314号室はNGTメンバーの太野彩香が以前住んでいた部屋だったが、事件時は退去していたことになる。

今年1月に山口が事件を告発した際、被告の一人が「メンバーの部屋から出てきた」と語り、事件への関与を疑ったのも太野の部屋と認識していた山口からすれば、無理のない話だろう。

「事件直後、山口はX氏に『あやかに(太野の愛称)はどう関わってるの?』などと何度も問い詰めている。
それはもう一人の被告が太野のファンだったからだろう。しかし、まだ疑問が残る。山口はなぜかX氏に“どうして自分のことを襲ったのか”という核心部分を問い詰めていない。
熱心なファンだったX氏は山口との握手会で80万円も使い、2時間以上も話す関係だっただけに、知りたいはずですが…」(別の芸能関係者)

山口のファンだったというX氏は、事件時は無職。にもかかわらず山口と同じマンション内で2部屋も借り、握手会で何十万もの大金を頻繁に使ってきた“資金源”の謎はいまだに残る。

これについて、事情に詳しい関係者は「(X氏の)父親は大企業の幹部と言われている。
X氏は周囲には『FX(外国為替証拠金取引)で儲けた』などと吹聴し、握手会などで大金を使っていた。
現場に一緒にいたもう一人の無職の男も握手会で大金をつぎ込んでいましたが、X氏が資金的に援助していたという話もある」と明かす。

ネット上では今も多数のメンバーがバッシングを浴びている。
この要因となったのは、現場に駆けつけたAKSスタッフを交えた公園でのやりとりの際、被告が“つながり”があるというメンバー8人の名前を挙げたからだ。

これについて、X氏は陳述書で「適当なうそ」とし、理由について「(山口がX氏と)つながっていることをAKSのスタッフの前で話してしまえば、山口真帆がNGT48のルールを破ったとして不利益な処分を受けてしまうから」と説明。

AKSスタッフに山口とのつながりを隠すため、しどろもどろな発言をし、メンバー8人の名前はとっさについたうそだったと主張している。
陳述書を読む限り、X氏は山口を純粋に思っている様子が垣間見られるが、この陳述書はデタラメなのか、それとも…。

次回は今月25日に弁論準備手続が行われる。事件の真相が明らかになる日は来るのだろうか。
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/akb/1612398/
00bed3

【【グダグダ】山口真帆と3年前から “つながり” 被告が提出 「陳述書の中身」と資金源】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/02(土) 22:40:25.23
【モデルプレス=2019/11/02】女優の山口真帆が、11月2日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』49号で同誌の初表紙を飾った。

1st写真集「present」が好評発売中の山口。グループアイドル卒業後、女優として新たな道を踏み出した彼女の天真爛漫な姿から大人っぽい表情まで、
見逃せないグラビアが満載。

また、彼女の内面に迫るロングインタビューを敢行するなど見応えたっぷりの内容となっている。

なお、山口のグラビアメイキングムービーがスピリッツ公式サイトで11月2日~11月10日まで期間限定配信。スピリッツグラビアサイト
「スピリッツアイランド」では、山口のアザーカットが公開される。(modelpress編集部)

https://www.excite.co.jp/news/article-amp/Mdpr_news1890363/
no title

no title

【山口真帆が「スピリッツ」初表紙を飾る 美バストチラリ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/31(木) 23:42:26.47
暴行事件によって今年5月にNGT48を卒業した山口真帆をめぐって、不穏な動きが続いている。「スポーツニッポン」が、山口と暴行事件の犯人との「つながり」を示すものとしてツーショット写真を掲載し、山口真帆がTwitterで反論したのだ。

 スポニチが記事に掲載した写真2枚は、2017年4月に行われたファン交流イベント「写真会」で撮ったものだ。山口真帆と暴行事件の犯人グループの主犯格とみられる男性が、手で「602」「303」の数字を示したポーズを取っている。

 記事によれば、この数字はそれぞれ、暴行事件の犯行現場となった新潟市内のマンション内に男性が借りていた部屋、そして山口真帆が住んでいた部屋の番号なのだという。この写真こそ、ふたりが互いの部屋番号を知っていた証拠であるとし、<同じマンション内で2人の私的交流があったことをうかがわせる>としている。

 この記事に山口真帆はTwitterで反論。

<スポニチさんが名誉毀損すぎるのでもう関わりたくないけど言わせてもらいます。ファンの方はご存知の通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません。AKB新聞やってて写真会の仕組みも分かっているはずなのに酷すぎる>

<独占入手って昨日の裁判資料?横流ししてもらった以外何があるんだろう?
襲われたら会社に謝されて、メンバーにはSNSで嫌がらせされて、辞めてからは他のメンバーがやってたことを私のせいにされて。こんな会社ある? 犯人との私的交流は現メンバーが認めてるのに。出してないけどその音声もあります>

 AKBグループの「写真会」は、CDやアルバムを購入すれば誰でも参加可能で、任意のメンバーにポーズを指定したうえでツーショットを撮ることができる。その写真をもって山口と犯人側の「つながり」を示すことに説得力はなく、明らかなミスリード。そもそも、今になって写真が出てくるのも不可思議だ。

 この写真を伝えたスポニチは、AKB48グループを題材とした「月刊AKB48グループ新聞」を発行する、いわゆる“御用メディア”だ。だからこそ山口は<昨日の裁判資料?横流ししてもらった以外何があるんだろう?>と指摘しているわけである。

AKSにとっては「騒いだ山口真帆こそが悪い」
 山口と犯人側の「つながり」を匂わせるのは、スポニチ記事に限らない。

 NGT48を運営する株式会社AKSは現在、犯人グループの男2人を相手取って民事裁判を始めているが、9月に「文春オンライン」が伝えたところによれば、犯人側は裁判で「事件前から山口真帆と私的領域で交流していた」と主張しているという。
  
 事件の告発から山口が一貫させてきた主張とは食い違うが、このことについて、AKSの吉成夏子社長は次のように発言していたそうだ。

 吉成氏は、NGTの活動再開直前に行われた保護者会で「犯人側の主張」と断ったうえで<「事件前から犯人の男性と繋がっていた山口が、あることが原因で男性と不仲になり、無視するようになった。連絡をとれなくなった男性が、直接話そうと山口の部屋を突然訪れた。そのために事件は起こった」>と説明していたという。同席したNGTメンバーの多くは吉成氏の言葉に頷き、納得している様子だったそうだ。

 吉成氏が保護者に対して裁判の“矛盾点”をそのまま伝えていることも不可解であるが、こうした情報が漏れ伝わってくること自体、世間に「事件は山口真帆の自作自演」という印象を与えてしまいかねない。それでいいのだろうか。

 AKSにとっては、ファンが自宅に押し掛けたことを「事件」として告発し、騒ぎを招いた山口真帆こそが“グループを壊した”という認識なのだろう。組織を維持して守るために、山口真帆が騒がなければよかったのだ。犯人側の主張を垂れ流していることからわかるのは、いまだにAKS内でこの論理が改まっていないということである。

wezzy 2019年10月31日 14時55分
https://news.infoseek.co.jp/article/wezzy_70208
写真 
no title

【<NGT48の嘘>山口真帆と犯人の「つながり」を捏造か?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/30(水) 08:50:31.58
 元NGT48で女優の山口真帆(24)が30日、自身の公式ツイッターを更新。この日一部報道で、昨年12月に自身に暴行を加えたとして逮捕され男性らとの私的交流を示す“証拠”として、
主犯格男性との2ショット写真が掲載されたことについて「名誉毀損すぎる」と怒りをあらわにした。

 掲載された写真は、2017年4月に千葉市内で行われたNGT48のイベントで撮影されたもので、ファンと2ショット写真を撮ることができるもの。報道によると、山口と当該男性は、
新潟市内に双方が借りていたマンションの部屋番号の数字を手で表した写真を撮影したという。

 これに山口は、ツイッターで「名誉毀損すぎるのでもう関わりたくないけど言わせてもらいます」と激怒。「ファンの方はご存知の通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。
それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません」「写真会の仕組みも分かっているはずなのに酷すぎる」と反論した。

 山口はさらに「独占入手って昨日の裁判資料?横流ししてもらった以外何があるんだろう?」と、報道機関とAKSの“つながり”も示唆。「襲われたら会社に謝されて、メンバーにはSNSで
嫌がらせされて、辞めてからは他のメンバーがやってたことを私のせいにされて。こんな会社ある?」と改めてAKSを猛批判し、「犯人との私的交流は現メンバーが認めてるのに。出してないけど
その音声もあります」と、自身も物証を保持していることを明らかにした。

 山口は昨年12月に新潟市内の自宅前で男性2人から暴行を受けたとして、今年1月に自身のSNSで告発。男性2人は新潟県警に逮捕されたが、不起訴となっていた。AKB48グループの運営会社・
AKSは、男性2人を新潟地裁に提訴したが、9月に行われた進行協議で、被告側は山口との私的なつながりがあったことを主張。今月28日の弁論準備手続では、つながりを示す物証を数点、
提出していた。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000031-dal-ent
00bed3

【山口真帆さん、写真掲載報道にキレる、これ、ひどすぎるわ・・・】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/20(日) 06:42:08.49
 アイドルグループ「NGT48」の元メンバーの山口真帆さんが、11月2日に発売されるマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)49号の表紙を飾ることが10月18日、明らかになった。

 山口さんが同誌の表紙を飾るのは今回が初となる。また、白のシャツに超ミニ丈のボトムからすらりとした美脚をのぞかせ、ベッドの上でリラックスした笑顔を見せているショット、ニット姿の山口さんが大きな瞳で真っすぐにこちらを見つめるショットが公開された。

 同号には山口さんのロングインタビューも掲載されるという。

2019年10月18日 アイドル
https://mantan-web.jp/article/20191018dog00m200063000c.html
no title

no title

【山口真帆さん、「スピリッツ」で初表紙 白シャツ×超ミニボトムで美脚披露wwwww】の続きを読む