芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

少年隊

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/20(日) 17:17:35.68 _USER9
少年隊の錦織一清(59)と植草克秀(54)が、12月31日をもって所属するジャニーズ事務所を退所することを20日、発表した。少年隊は解散せず今後も存続で、グループとしての活動を未定。

 サイトでは「この度、弊社所属タレント錦織一清・植草克秀(少年隊)は、2020年12月31日をもちまして、ジャニーズ事務所所属タレントとしての活動を締め括り、新たな道へと進みますことをご報告申し上げます」と発表。

 「そして、ジャニーが生み育てた少年隊につきましては、その功績と少年隊そのものは残したいというメンバーの意向を尊重し、これからも所属グループとしてその名を残すことといたしました」とし「少年隊は、例えるならば、35年間で殿堂入りに値するほどの実績を地道に積み重ねてきたグループでございます。今後、グループとして活動の予定はないものの、これまでと変わることなく、ジャニーズ事務所におきまして、後輩たちの道標であり続けることができますよう、その環境を整えることといたしました」と伝えた。

 少年隊は、錦織、植草、東山による3人組アイドルグループ。1985年「仮面舞踏会」でレコードデビュー。以降シングル「君だけに」、「ふたり」などをリリース。94年『第31回ゴールデンアロー賞』演劇賞グランプリを獲得。また、ミュージカル『PLAYZONE』に出演。

https://www.oricon.co.jp/news/2172502/full/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw
no title

【【驚愕】少年隊・錦織一清と植草克秀がジャニーズ事務所退所】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/08/03(土) 23:22:39.51
少年隊の東山紀之(52)が3日、東京・渋谷のNHKで行われた同局「第51回思い出のメロディー」(17日後7・30)の収録に参加した。

昨年の妻で女優、木村佳乃(43)に続いて司会を務め、「彼女が平成最後をビシッとやってくれたので僕にオファーがあった。
内助の功ですかね」とにっこり。ジャニーズ事務所の後輩、Kis-My-Ft2の千賀健永(28)や二階堂高嗣(28)、SexyZoneの中島健人(25)や佐藤勝利(22)と「仮面舞踏会」を披露し、ソロでは近藤真彦(55)の「アンダルシアに憧れて」を熱唱した。

少年隊として1993年以来26年ぶりの紅白歌合戦出場について聞かれ、「それはやりたい。ジャニーさんの思いを引き継いで、皆さんの心に残っている曲を表現できたら」と意欲を見せた。

https://news.livedoor.com/article/detail/16876335/
2019年8月3日 22時39分 サンケイスポーツ

no title


【東山紀之、少年隊として26年ぶりの紅白出場に意欲「皆さんの心に残っている曲を表現できたら」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/04/30(日) 13:14:47.07 ID:CAP_USER9
“元祖バラドル”的存在の歌手・森口博子(48)が29日、テレビ朝日系で放送された「土曜あるある晩餐会」(土曜、後9・58)に出演。少年隊の東山紀之に恋心を抱いていたことが暴露された。

 1985年、「機動戦士Zガンダム」の主題歌「水の星へ愛をこめて」でデビューした森口。
同期デビュー組には中山美穂、故・本田美奈子.さん、南野陽子、浅香唯ら輝かしいアイドルたちがいた。

 番組では、アイドルとしてデビューする直前から森口が悩みや秘めた思いをつづっていた日記を公開。
デビュー時ぐらいに書かれた日記には「あーーーこんなときめき 久しぶり そうです、少年隊の東山くんに恋したんです つらいなあ…」と東山への恋心がつづられ、
さらに「ああ(ハートマーク) でもかっこいいんだもん。美穂ちゃんが東といっしょにお仕事しているの見ると、すごく心配!もう腹が立つ I LOVE NORIYUKI」と募る恋心がおさえきれない様子だった。

 この日記を暴露されてしまった森口は大笑いし、「綿棒みたいで、スッとしててカッコイイじゃないですか!」と照れまくっていた。

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/29/0010142782.shtml 
2017.4.29 

 

no title

【森口博子 少年隊・東山紀之に恋心で中山美穂に嫉妬の過去】の続きを読む