芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

小泉今日子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/25(月) 22:15:33.41 ● BE:811133648-2BP(2000)
◆小泉今日子、安倍首相に強烈ツイート

女優の小泉今日子(54)が、安倍晋三首相について「こんなにたくさんの嘘をついたら、本人の精神だって辛いはずだ」とコメントした。

小泉は25日、自身が設立し代表を務める制作会社「明後日」のツイッターを更新。東京高検の黒川弘務検事長の処分に関する記事を貼り付け、
安倍首相の発言に「こんなにたくさんの嘘をついたら、本人の精神だって辛いはずだ。政治家だって人間だもの」とした。

続くツイートでは「#さよなら安倍総理」というハッシュタグを付けた。さらに「#赤木さんの再調査を求めます」「#赤木さんを忘れない」と、
大阪市の学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当し、その後自殺した財務省近畿財務局の赤木俊夫さん(当時54)についても、言及した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/67055df03f1234b27450e966769cef5d0843b7d0
no title

【【悲報】俺らのキョンキョンがどんどんおかしくなっていく…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/12(水) 06:41:59.26
コンビニエンスストアのATMで現金を引き出していたのは俳優・豊原功補(54)だった。そこで待ち合わせをしていたのか、店の前にタクシーでやってきた小泉今日子(54)は、車内で恋人を待ち続けていた。

本誌が彼らを目撃した2月4日は、小泉の54歳の誕生日。2人は東京都内にあるロシア料理店を訪れた。2人を知る舞台関係者は言う。

「2年前の’18年2月に小泉は所属事務所からの独立と、妻子ある豊原との恋愛関係を公表しました。当時、すでに豊原は妻子と別居しており、小泉との交際は3年ほどでした。一般的に離婚調停では婚姻関係の破綻が認められるのは、夫婦が5年以上別居していた場合。その“5年目”を迎える今年2020年に、豊原は小泉のために“ケジメをつける”のだろうと見られていました」

不倫公表で仕事が激減した豊原を支えるために、小泉は所有していた評価額3億円という自宅マンションを売却。’18年6月には、’19年末まで女優を休業して裏方に専念することも発表した。実際には休業宣言を出す前に決まっていたというNHK大河ドラマ『いだてん』には出演したが、前出の舞台関係者は言う。

「今年3月には故・久世光彦さんのエッセイを小泉が朗読するというイベントも開催される予定です。満を持しての“女優復帰”のはずなのですが……」

ロシア料理店で開催された小泉の誕生会に参加したのは、舞台関係者とおぼしき10人ほど。大森南朋(47)と小野ゆり子(30)夫妻もやってきたが、かつて“小泉会”のトップとして芸能界でも絶大な人脈を誇っていた彼女の誕生会としては、つつましやかな印象だ。

それでも主役の小泉は、参加者をかいがいしく出迎えるなど明るい様子だった。だが豊原は憮然とした表情を崩さず、頻繁に店外に出ては煙草をくゆらせていたのだ。2人の別の知人はこう語る。

「昨年、豊原さんは2人で同居していたマンションを出て、その近くに部屋を借りたと聞きました。誕生会の前に豊原さんがお金を下ろしていたのですか? 彼はずっと経済的な苦境にあり、奥さんの生活費やお子さんの養育費も小泉さんに頼り切っていました。彼からすると“俺たちは一心同体だから、遠慮はしない”ということだったと思います。それが小泉さんの誕生会とはいえ、豊原さんが飲食代を払っていたとすると、2人の間に“隙間風”が吹き始めているようにも思います」

散会し、店から出てきた小泉と豊原が言葉を交わすことはなかった。そして駆けつけてくれた知人たちに挨拶をする小泉を尻目に、豊原は何人かで街に繰り出していく。誕生日の夜であるにも関わらず、小泉は1人きりで帰路についたのだ。

小泉にとってプライベートも“節目の年”になるはずだった2020年。恋人との“心の隙間”を埋めることはできるのか。

「女性自身」2020年2月25日号 掲載

https://news.livedoor.com/article/detail/17803068/
2020年2月12日 6時0分 女性自身
no title

【小泉今日子 誕生日なのに1人帰宅…豊原功補は知人と夜の街へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/13(金) 08:34:12.81
小泉も大手事務所から独立。演劇の世界にどっぷり漬かっている

本多劇場(東京・下北沢)は芝居好きの聖地として知られる老舗の小劇場だが、8月下旬から10日間、普段とは異なる客層で座席が埋まっていた。
彼らのお目当ては音楽劇『私の恋人』の主演、のん(26)だ。NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイク。
一気に国民的スターとなった彼女だが、活動方針を巡って所属事務所から独立し、本名の能年玲奈から改名したのは周知のとおりである。

「テレビ局の忖度により、地上波の番組から姿を消しましたが、のんは絵画や声優、ミュージシャンとしてマルチに活躍中です。
とはいえ、ブレイクのキッカケはドラマであり、ファンが飢えているのは女優・のん。しかも、ナマで観られるとあって『私の恋人』のチケットはソールドアウトしました」(芸能プロ幹部)

夜9時過ぎ、舞台がハネて続々と劇場から出てきた観客たちの中で、一際輝く笑顔を見せていたのは3名のマダムたち――って、黒縁メガネのお方は小泉今日子(53)ではないか!

『あまちゃん』でのんの母親役を演じたキョンキョンがプライベートでも〝芸能界の母〟と慕われているのは有名な話。
"娘"の元気な姿を見て安心したのか、キョンキョンは満足げな表情を浮かべて下北沢の飲み屋街へ向かった――。

9月13日発売の『FRIDAY』最新号では“再び「のんブーム」が来る予感”と題し、尾美としのりや渡辺えり、山下リオや大野いとなど、『あまちゃん』ファミリーが集結した"下北沢の夜"について報じている。

https://news.livedoor.com/article/detail/17075193/
2019年9月13日 7時0分 FRIDAYデジタル
no title

【小泉今日子 のん主演舞台にかけつけた『あまちゃん』母娘の″絆″】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/02/06(火) 00:50:11.20 ID:CAP_USER9
《俳優・豊原功補氏は同じ夢を追う同士だと思っております。また一部の週刊誌などで報道されている通り、恋愛関係でもあります》

“キョンキョン”こと女優の小泉今日子(51)が2月1日、自身のホームページで所属事務所「バーニングプロダクション」からの独立を発表。
同時に、かねてから交際が報じられてきた俳優の豊原功補(52)との恋愛関係を明かした。
同日、妻子のある豊原も自身のホームページで小泉との交際を認めている。

突然の"不倫宣言"に日本中に激震が走るいっぽう、芸能界では"小泉らしい"との肯定的な意見も少なくない。
しかし、なぜあえて不倫を公言する必要があったのか?

その答えを紐解いてくれるのが、昨年12月に小泉が出版した対談集「小泉放談」(宝島社文庫)だ。
小泉は親友でタレントのYOU(53)との対談のなかで、50代独身女性の苦悩をこう吐露している。

《YOUは出産して、子どもが大きくなってというところまで成し遂げているけど、独身で子どもも持たなかった身からすると、
いったい自分は世の中に対して何ができるんだろう? みたいなことを、やっぱり考えたりするんですよねぇ》

いつまでも若く美しく、何の悩みもないように見える彼女も、人並みに年を取ることが不安だったのだろう。さらに、小泉はこう続けている。

《何かね……周囲を見回すと、生きにくそうにしている人がいっぱい目に入ってくるんですよ。
そういう時、「もうちょっとどうにかして、環境を整えられないかなぁ」と思うことは、確かにある》
悩み抜いたすえ、彼女なりの新しい生き方を見つけたようだ――。

https://this.kiji.is/332782376139785313
no title

【小泉今日子の不倫公言の理由、親友・YOUとの対談に答え? 「生きにくそうにしてる人たちの環境を…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/02/04(日) 09:42:37.42 ID:CAP_USER9
衝撃だ。事務所独立だけでなく、不倫まで堂々と公表したのだ。
36年間所属した芸能事務所、バーニングプロダクションからの独立を公表した女優、小泉今日子(51)。
さらに、かねて熱愛が報じられていた妻子持ちの俳優、豊原功補(52)との恋愛関係まで認めたのだから、穏やかではない。

1日午後、自身が代表取締役を務める制作会社「明後日(あさって)」の公式サイトで、1月31日でバーニングプロから独立したと報告した小泉。
1982年のデビューから36年間育ててもらったことへの感謝の思いをつづった。

豊原との関係についても言及。「同じ夢を追う同士」と表現し、恋愛関係だと認めたのだ。さらに、豊原に妻子がいることも明かしたのだから、異例の“不倫宣言”だ。

2人は2003年にWOWOWのドラマ「センセイの鞄」で初共演。15年には週刊誌で交際を報じられたが、これまで小泉がコメントすることはなかった。
「そんな小泉が不倫宣言をしたのは、先日、音楽プロデューサーの小室哲哉氏が不倫疑惑から引退を表明したことで、
メディアの不倫報道に対するバッシングが高まっているタイミングに乗ろうという狙いがあったようです」と芸能関係者。

豊原は約3年前から家族とは別居しており、妻とは離婚協議中という。「小泉は、豊原がすでに離婚しているなどと報じられたことにも、不満を持っていました」と先の芸能関係者。

小泉は「人間としてのけじめとしてご報告させて頂きます」と決意をつづる。スポーツ紙やワイドショーは不倫公表を大々的に報じたが、
ネット上では、包み隠さず明かした小泉に対して、嫌悪感より、むしろ「潔い」「かっこいい」との声も上がっている状況だ。

事務所独立について、小泉は「50代になり残りの人生を意識した時にこのままでいいのかという疑問が心に生じました」とも。
「NHKの朝ドラ『あまちゃん』で共演し、かわいがっていた、のん(能年玲奈)が独立トラブルで思うように活動できないことを見ていて、思うところもあったようです」とマスコミ関係者。

「制作会社は15年に立ち上げ、事実上“事務所内独立”の状態でしたが、豊原との関係を続けたいという思いや、最近マネジャー2人が相次いで辞めたこともあり退社を決めたようです」と続ける。

今後は、ドラマやCMなどは小泉がセルフプロデュースし、マネジメントは前事務所と業務提携するという。「彼女の覚悟が感じられる。批判の声もあるだろうか、生き方を称賛する声も少なくない。
小泉のクレバーさが際立っている」と芸能評論家の肥留間正明氏。

夕刊フジ / 2018年2月3日 17時3分
https://news.infoseek.co.jp/article/53fujient1802035361/

写真
no title

【<バーニングから独立の「小泉今日子」>堂々不倫宣言のウラ ネット上では嫌悪感より、むしろ「潔い」「かっこいい」との声】の続きを読む