芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

小沢一敬

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/05/19(日) 08:29:37.44
 明石家さんまが18日深夜放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。スピードワゴン・小沢一敬と連絡をとらないようホリプロコムから指示されていると明かした。

 リスナーからのメールで、元タレントの田代まさし氏のユーチューブでの発言が紹介された。盗撮騒動で謹慎していた2000年に、ビートたけしから「あなたを助ける準備ができています」というメールをもらったというもので「志村(けん)さんさえもこんなメールはくれなかったのに…」と感謝したという内容だ。

 これを聞いたさんまは「『志村さんは連絡くれなかった』ってあるけど、連絡できない時もあるしね」と同情。「俺なんか今、小沢(一敬)んとこに『連絡しちゃダメ』って向こうの会社の人から言われてますから…」とこぼした。

 さんまと小沢といえば、麻雀仲間として知られ、番組で共演する機会も多かった。

 この発言に村上ショージは「いらんこと言わんでいいですから…」と慌てたが、さんまは「岡村(隆史)の(病気療養の)時も『さんまさんは連絡しないでください』って。落ち込んでる人に向かない人みたいです、僕。明るすぎて」と愚痴って笑いを誘った。

 ショージが「アカンのよ。(さんまは)病人とか、精神的に弱い人には向かない方。こういう人がドクターだったら、絶対行かないでしょうね」とあきれると、さんまは「そう。そやから、治療法は『ミカン食って太陽に向かって走れ』しかないからね。紫外線大事やねんから、お前ら。嫌ってるやろけど」と風邪もひいたことがないという自身の肉体を誇っていた。

東スポWEB

https://news.yahoo.co.jp/articles/13419c77496e12885d7fd7c37c01cf5521773fee

bikkuri_me_tobideru_woman

【さんま スピードワゴン・小沢一敬と連絡しないよう指示されていると告白「向こうの会社の人から…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/04/22(月) 16:18:13.79
 お笑いコンビ『スピードワゴン』小沢一敬が活動自粛してから4か月が経過した。

「2023年末に『週刊文春』が掲載した松本人志さんによる性加害疑惑の記事の中で、小沢さんが女性を“アテンド”していたと報じられました。当初、松本さんが活動を休止する一方で小沢さんは活動継続の方針でしたが、2024年1月に自粛を発表。《関係者およびファンの皆様に混乱やご迷惑をお掛けしていることに強く責任を感じ、芸能活動を自粛したい》と、小沢さんからの申し出があってのことでした」(ワイドショースタッフ、以下同)

 以降、テレビやラジオにはいっさい出演していない。

「3月下旬、相方の井戸田潤さんが自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。小沢さんと会ったことを話していました。ほとんど外出はせず、ヒゲがかなり伸びていたと明かしていました」

 自粛後は“親友”とも疎遠になっているという。

「お笑いコンビ『チュートリアル』の徳井義実さんです。2人は吉本興業の養成所時代の同期で、同じく同期だった放送作家の桝本壮志さんと2015年から2020年ごろまで3人でシェアハウスに住んでいました。フジテレビの運営する動画配信サービス『FOD』で配信されたドラマ『ビーチボーイズに憧れて』では、小沢さんと徳井さんが2人で主演を務めるなど、公私共に仲のよい関係でした」(スポーツ紙記者、以下同)

 小沢の自粛直後、徳井は騒動に言及も……。

「“彼もかなりへこんでいる”と明かしたうえで、軽率に発言すべきではないと慎重さを見せていました。以前より小沢さんと会う頻度が減っており、疎遠になっているようです」

 親友との距離ができ、小沢は孤独を深めているのだろうか。

炭酸水や菓子類を買い込んだ小沢

 4月中旬の午後3時ごろ、都内の自宅付近で小沢の姿を週刊女性は目撃。

 上下黒いジャージ姿で、キャップとサングラス、マスクをつけた“完全防備スタイル”。自粛前の金髪は“健在”だったが、髪もヒゲも伸びており、少しやつれたように見える。片手に持っていたレジ袋の中には、炭酸水やスナック菓子のようなものが入っていた。井戸田の言うとおり、ほとんど“ひきこもり状態”の様子だった。

「1月には、予定していたお笑いライブを欠席するなど“体調不良説”が出たことも。そんな小沢さんを心配して、芸人仲間や友人が小沢さんの自宅を訪ねて一緒に食事をすることもあるそう。自粛中の鬱々とした日々の、ささやかな楽しみとなっているようですよ」(芸能プロダクション関係者)

 “にが~い”謹慎生活は、いつまで続くのか。

2024/4/22

https://www.jprime.jp/articles/-/31743?display=b
https://www.jprime.jp/mwimgs/0/4/mw/img_04a6510fab4e5ecdf747dec864492af2320717.jpg
https://www.jprime.jp/mwimgs/0/a/mw/img_0aa855ce22b22fb63d643ec75113203a183480.jpg

bakanisuru

【活動自粛中のスピードワゴン・小沢一敬をキャッチ、ヒゲも髪も伸び放題の“ひきこもり”謹慎生活の“ささやかな楽しみ”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/04/07(日) 17:54:52.47
 お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(55)が7日、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演。ダウンタウン・松本人志の女性を巡る報道で、活動を休止しているスピードワゴン・小沢一敬(48)の近況を伝えた。

 司会の上沼恵美子から「昨日(小沢さんと)一緒でしたから」と小沢の近況をたずねられると、岡田は「最近もある後輩が一緒になってたみたいで。ただでさえ細いのに、最近、木の枝ぐらい細なった、と。もう心配」と話した。


4/7(日) 16:54配信

デイリースポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ff8a53256980409357b4ab524111dcccfee4b74

okotowari_shimasu_woman

【松本人志騒動で休業の小沢一敬は「木の枝ぐらい細なった」ますおか岡田が心配 近況伝える】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/03/28(木) 18:12:18.60
『ダウンタウン』松本人志が文藝春秋を訴えた裁判の第1回口頭弁論が3月28日、東京地裁で開かれた。傍聴席19席に691人が集まり、倍率は36倍と注目の高さを物語っていた。

初回ということで審理は約5分で終了。松本本人の出廷はなかった。

ついに火ぶたが切られた法廷闘争だが、やはり最大のヤマ場は年末にも実現しそうな松本本人への尋問だ。法曹関係者によると

「本人の出席意向はわかりませんが、松本さん自ら証言台に立たない限り、今回の裁判は勝ち目が薄い」

という。

現時点で訴訟対象は文春が昨年暮れに報じた初報のみ。グランドハイアット東京で元タレントのA子さんが松本から性被害を受けたと告発している。

現場にいたのは、このほか松本の右腕的存在だった放送作家X氏と、女性を“アテンド”したと報じられた『スピードワゴン』小沢一敬。A子さんが文春を通じて証人出廷も厭わない覚悟を示していることから、松本サイドとしても現場に同席したX氏と小沢の“援護射撃”を期待したいところだが……。

「X氏も小沢も松本側の人間と認知される可能性が高く、裁判官の心証は分かれるでしょう。他方、A子さんは自身の辛い経験を法廷で話すことが求められるため、証人出廷すること自体がリスク。それを顧みずに法廷で証言したとなれば、相応の証拠認定をされる可能性が高い」(同・法曹関係者)

この辺りが「文春有利」と断じるメディアが多いゆえんだ。そもそもA子さんは裁判で松本をギャフンと言わせることを目的としていない。

「訴えたのは松本側。A子さんは昨年末の文春報道を本人が認め、公の場で謝罪すればそれで良かった気持ちも持っていた。ところが、松本は『事実無根』を宣言し、ファイティングポーズをとった。これでどちらも引くに引けない状態になった」(スポーツ紙記者)

裁判では当日の様子をこと細かに晒す必要がある。松本は一貫して

「無理矢理ということはない」

と主張しているが、その前段の寝室で全裸になったこと、つまり肉体関係を持とうとしたことは認める可能性がある。

「その時点で『不倫』と判定する人もいると思います。下品な遊び方に嫌悪感を示す人もいるでしょう。松本さんは一部メディアで引退する気など毛頭なく、自身のXでは《一日も早く、お笑いがしたいです》とつづっていたが、既婚の身でハメを外していたとなれば、少なくともスポンサーのいるテレビは使わないでしょう」(テレビ局関係者)

自分に有利な証言をしてくれるであろうX氏と小沢の出廷もここにきて怪しい。文春は第1回口頭弁論を前にA子さんの手記を発表。そこには松本への思いのほかに、小沢やX氏からも

《性的行為を受けている》

とハッキリ書かれていた。

「わずか一文の言及でしたが、業界は騒然としました。これが事実であった場合、X氏や小沢さんも法廷で追及を受ける可能性がある。X氏はともかく、小沢さんにとっては致命的。芸人生命の危機に瀕することは間違いありません。

裁判後に松本さん側の弁護士が松本さん本人はもちろん、後輩芸人の証人出廷の可能性も示唆していました。となれば、小沢さんの証言は法廷を左右するかもしれないだけに、このタイミングでのA子さんの告白は、裁判へ大きな影響を与えるかもしれませんね」(前出・スポーツ紙記者)

現在活動休止中の小沢は相方の井戸田潤によると、徐々に元気を取り戻しつつあるという。

「井戸田さんは再び『スピードワゴン』として一緒にやっていきたい。しかし、松本さんの裁判に小沢さんが加担すれば、復帰が遠のく可能性もある。コンビ間で話し合いを重ねるしかない」(お笑い関係者)

とても一審だけでは終わりそうもない松本と文春の裁判。どのように決着するのか――。

https://friday.kodansha.co.jp/article/366341

bakanisuru

【「『スピードワゴン』小沢からも性的行為受けた」A子さん衝撃手記が及ぼす松本人志「裁判への影響」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/01/25(木) 12:06:36.79
 1月22日、ダウンタウン・松本人志が、『週刊文春』による性加害疑惑報道をめぐり、発行元である文藝春秋に対し、名誉毀損による損害賠償と謝罪広告の掲載などを求め、東京地裁に提訴した。請求額は約5億5000万円。所属事務所の吉本興業が発表した。

 松本側の代理人は、《今後、裁判において、記事に記載されているような性的行為やそれらを強要した事実はなく、およそ「性加害」に該当するような事実はないということを明確に主張し立証してまいりたいと考えております》とコメントしている。

 裁判の行方も気になるところだが、注目されているのは、スピードワゴン・小沢一敬の動向だ。

 年末の第一報で、松本に積極的に “アテンド” していたと報じられた小沢。松本は1月8日、吉本興業を通じて記事の内容を全面否定し、裁判に注力するため、芸能活動を休止すると発表した。一方、“強気” に自粛を否定したのが小沢サイドだった。

「ところが、13日になると一転。ファンや関係者に迷惑をかけていることに責任を感じたとのことで、本人の申し出により、芸能活動を自粛すると事務所が発表しました。続報では、たむらけんじさんやパンクブーブーの黒瀬純さんなど、多くの“アテンド芸人” の名が報じられましたが、自粛したのは小沢さんだけです」(芸能記者)

 21日、和田アキ子は『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、小沢について言及。「いや、本当に体調悪いんですよ。お医者さまにも診てもらって」と語っている。

“大先輩” からも心配されている小沢だが、芸人界からは冷めた声も聞こえてくる。本誌は、小沢の芸人仲間のこんな声を22日に報じている。

「繊細な人ですからね。自分のせいで、松本さんを活動休止に追い込んでしまったと責任を感じているようです。今、『飯も食えないし眠れない……』とこぼしているらしいです。

 確かに目の下のクマはすごくて……。でも、たむけんさんのように自分の言葉で否定か謝罪をしてほしいという意見がけっこうあります。

 黙って姿を消すのはカッコ悪いですよ。小沢さんはキザなことを言って、井戸田さんに “あま~い” とツッコまれる持ちネタがありますが、ふだんもキザなんですよ。それがどうして沈黙なのか……」

 松本が起こす裁判については、23日、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でも扱われた。コメンテーターを務める弁護士の菊間千乃氏は、「場合によっては小沢さんとか、その場にいた放送作家の方とか、他の2人の女性とかにまで話を聞いてということになるかもしれない」と、小沢が出廷する可能性を指摘。

 ネット上でも、小沢の “今後” について意見が飛び交っているが、目立ったのは松本への声だ。

《松本の器の小ささがなぁ。きちんと記者会見して「自分の問題であって後輩芸人は関係ない」とスッパリ言ってしまえば変わらず仕事も出来ただろうに。結局逃げてハシゴを外した形になったわけで、ある意味では小沢も被害者。》

《松本はこのまま引退のつもりとしても、しっかり会見して「小沢は自分に従っただけ。全て自分の責任。」くらいの釈明をして他所の事務所のタレントでも庇わなきゃダメだろう。それでも小沢の復帰は難しいけど、全部秘書のせいにして逃げる政治家みたいな真似はやめて欲しい。》

《松ちゃんは他の芸人の不祥事にコメントしていたことが自分の不祥事だと全く違う行動していることに残念。宮迫の闇営業の時に後輩芸人のことを考えないとダメとか言っておいて全く考えていないような行動だもんね》

 1月中旬、本誌が自宅から出てきた小沢を目撃したときは、マスクに帽子、メガネという変装姿で、“くら~い” 雰囲気を漂わせていた。本誌の直撃には他人のフリをするためか、キョトンとした表情を浮かべ、質問にはうつむきながら踵を返し、自宅へと早足で帰っていった。今の心中やいかに……。


松本人志に「後輩かばわなきゃダメだろ」の声…スピードワゴン小沢は「飯も食えない眠れない」、本誌直撃にはうつむいて他人のフリ

https://news.yahoo.co.jp/articles/e8c77673f1d398bf4db40fb25fab6be4ae4209c7

pose_yareyare_man

【松本人志に「後輩かばわなきゃダメだろ」の声…スピードワゴン小沢は「飯も食えない眠れない」】の続きを読む