芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

小栗旬

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ochanoma_smile

1: なまえないよぉ~ 2021/10/11(月) 09:16:05.26 _USER9
 俳優の小栗旬(38)が主演を務めるTBS日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」(日曜後9・00)が10日に25分拡大でスタートし、初回の平均世帯視聴率は15・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。

 同時間帯(後9・00~10・19)横並びトップの好発進。日曜劇場4月期「ドラゴン桜」の初回14・8%、7月期「TOKYO MER」の初回14・1%を上回った。

 小栗が2010年10月期「獣医ドリトル」以来11年ぶりに同局の看板枠・日曜劇場に主演。1973年に刊行された小松左京による不朽の同名名作SF小説を原作に、当時も扱われた題材「環境問題」を2021年バージョンとして鮮明に描く。原作に大きくアレンジを加え、舞台は2023年の東京。国家の危機に瀕してなお、一筋の希望の光を見いだそうとひた走る究極の人間ドラマがオリジナルのキャラクター&ストーリーとして展開される。

 脚本は「華麗なる一族」「獣医ドリトル」「LEADERS リーダーズ」などの橋本裕志氏。チーフ演出は「インハンド」「ノーサイド・ゲーム」「TOKYO MER~走る緊急救命室~」などの平野俊一監督。撮影は今年春に終了した。

 初回は2023年、東京。内閣総理大臣・東山栄一(仲村トオル)は世界環境会議に出席し、地球物理学の権威・世良徹教授(國村隼)とCO2排出量を抑える国家的プロジェクト「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明した。東山総理が“未来の日本”を見据え、各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた“日本未来推進会議”も発足。環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)もメンバーに選ばれた。その折、インターネット上に関東沈没へ警鐘を鳴らす元東大教授の地震学者・田所雄介博士(香川照之)の記事が載る。この記事が原因となり、国会議事堂周辺にデモ隊が出る騒ぎに。天海は事態収束のため、田所と対面。しかし、田所は天海の話に一切耳を傾けず「近い将来、伊豆沖で島が沈没する。その島の沈没は、私が恐れてきた関東沈没の前兆になる」という不気味な予言を放ち、天海は翻弄される…という展開だった。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/811c5bceb94c7e5a706b25d008f463ca141d92b4

【【視聴率】小栗旬主演「日本沈没」初回 15・8%の好発進!同時間帯横並びトップ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
food_misonikomi_udon

1: なまえないよぉ~ 2021/10/07(木) 10:32:00.43 _USER9
 俳優・小栗旬(38)の兄で、演出家の小栗了氏(45)が6日深夜放送のTOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」(月〜木曜深夜1・00)に出演。落語家の滝川鯉斗(37)と対談した。

 滝川が愛知・名古屋出身、小栗兄弟の父が愛知・半田の出身とあって、名古屋トークを展開。了氏は「うちの弟とかも、仕事で大阪とか行ったりすると帰り、わざわざ名古屋で降りるんですよ。名古屋駅の地下に山本屋のみそ煮込み屋さんがあって。あそこにあいつは必ず寄ってから帰ってくるんです」と明かした。

 小栗家では「みそ煮込みうどん、誰かが名古屋に行ったら買って来ないと怒られる」と苦笑。「うちの家族は名古屋行ったらみそ煮込み食って、夜、蓬莱軒でひつまぶし食って」と、名古屋でのお気に入りの鉄板コースを紹介した。

10/7(木) 10:30配信
スポニチアネックス

小栗了氏
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211007-00000120-spnannex-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/8a4dbaa8c80747d0f2b1035d0787c51b07dc0c0c

【小栗旬がわざわざ途中下車して食べる「名古屋名物」とは ← 金メダルかなwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/15(水) 19:16:38.66 _USER9
 俳優の小栗旬(38)が主演を務めるTBS日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」(10月10日スタート、日曜後9・00)のポスタービジュアルが完成した。小栗を中心に、豪華キャストがズラリ。「信じられるリーダーはいるか。」のキャッチコピーが掲げられた。

 原作は小松左京による不朽の名作SF小説「日本沈没」。1973年に刊行された翌年にはTBSでテレビドラマ化され、以降も映画・アニメ・漫画など様々な形で語り継がれてきた。

 今回は、原作も扱った題材「環境問題」を2021年バージョンとして鮮明に描く。原作に大きくアレンジを加え、舞台は2023年の東京。国家の未曾有の危機に瀕してなお、一筋の希望の光を見いだすために奮闘する究極の人間ドラマがオリジナルのキャラクター&ストーリーとして展開される。

 脚本は「華麗なる一族」「獣医ドリトル」「LEADERS リーダーズ」などの橋本裕志氏。演出は「インハンド」「ノーサイド・ゲーム」「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」などの平野俊一氏ら。撮影は今年春に終了した。

 若き総理大臣・東山栄一(仲村トオル)は日本の未来に立ち向かう「日本未来推進会議」のメンバーを各省庁から招集。小栗は環境省代表の天海啓示役を演じる。

 初回は25分拡大スペシャル。

2021年09月15日 17:00 芸能
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/15/kiji/20210915s00041000423000c.html
no title

【小栗旬主演 TBS日曜劇場「日本沈没」ポスタービジュアル解禁「信じられるリーダーはいるか」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/29(日) 18:33:08.23 _USER9 BE:709795992-2BP(0)
 モデル・山田優(36)が28日に投稿されたLA LA LandaersのYouTubeチャンネルに出演。俳優・小栗旬(37)との結婚などについて笑顔で語った。

 山田は2012年3月に小栗と結婚。14年10月1日に第1子(女児)誕生を発表。17年1月に第2子が誕生。今年4月に第3子が生まれていたことが報じられている。

 小栗とは声優の仕事で、舞台あいさつや宣伝で一緒になったが「その時はなんともなくて」と意識しなかったが、08年に放送されたドラマ「貧乏男子 ボンビーメン」で共演。現場ではとても「気を遣う(遣ってくれる)」し、「キラキラしてた」といい、山田が役作りで悩んでいると「みんなで1回リハーサルしてみようよ」とよびかけてくれるなど、「(現場)全体をひっぱっていってくれて。この人すごいなー」とひかれていったという。

 共演者の八嶋智人、小栗と3人で仲良く遊ぶようになり、「この人といたらすごい楽だな、と。付き合って、その先どうなりたいとか、どういう家庭を作りたい、とかが同じような感じがして。この人と一緒にいてもいいかなー、って」と思うようになったことを明かした。

 結婚しようと思ったきっかけについては「この人の子供が欲しいと思った」と笑顔できっぱり。「子供作らないんだったら、別に結婚しなくていいかなー、と思った」とも話していた。


11/29(日) 17:27 
デイリースポーツ 

山田優 小栗旬との結婚「この人の子供が欲しいと思った」 
山田優 
https://news.yahoo.co.jp/articles/8479ea8feaf34dc6e8aed84e93db46f90064539c
no title 【山田優 小栗旬との結婚「この人の子供が欲しいと思った」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/26(木) 05:39:50.63 _USER9
俳優の小栗旬が、2021年10月スタートのTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜21:00)で主演を務めることが25日、明らかになった。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作『日本沈没』。翌年にはTBSでテレビドラマ化がされているが、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。刊行から48年の時を経て、大きくアレンジを加えて新たにお届けする今作は、主人公を含めオリジナルキャラクターで、2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。

主人公・天海啓示(あまみ・けいし)を演じるのは小栗旬。2021年公開のハリウッド映画『GODZILLA VS.KONG』(原題)に出演、2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では主演が決定している小栗が、2010年主演の日曜劇場『獣医ドリトル』以来、11年ぶりに日曜劇場に戻ってくる。

小栗が今作で演じる天海は、目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚。各省庁の次代を担う精鋭達を招集した“日本未来推進会議”に環境省代表として参加している中、日本地球物理学界の異端児・田所博士の“ある暴論”を通し、日本が未曾有の事態へと追い込まれていく運命に巻き込まれていく。

そして天海と同じく“日本未来推進会議”に経産省代表として参加している常盤紘一(ときわ・こういち)を演じるのは松山ケンイチ。松山と小栗の共演は『リターンマッチ ~敗者復活戦~』(東海テレビ・2004年)以来17年ぶりとなる。

週刊誌の女性記者・椎名実梨(しいな・みのり)役には、杏が決定。また、天海や常盤が参加している“日本未来推進会議”を発足した張本人であり、誠実さが売りで国民からの支持率が高い総理大臣・東山栄一(ひがしやま・えいいち)役は仲村トオル。そして、原作でも重要な鍵を握る屈指の人気キャラクター、田所雄介(たどころ・ゆうすけ)は香川照之が演じる。

キャスト、脚本家・橋本裕志氏、プロデューサー・東仲恵吾氏のコメントは以下の通り。

■小栗旬
「日本沈没」という未だかつてない困難に立ち向かっていく作品です。ただでさえ苦しい環境の中、この題材は非常に難しいお話ですが、その中でも“希望”と“人間の強さ”を届けられるよう、自分を含め、キャスト・スタッフ全力で希望を持って真摯に作品に向かっていきます。今を生きる皆さんへの賛歌になれるような作品にしていきたいと思っておりますので、ぜひご期待ください。

■松山ケンイチ
まだ全ての台本が手元に無いのでどんな話になるのか分かりませんが、想定外の国の危機に日本人はどう立ち振る舞っていくのか、どう助け合っていくのか、どんな答えが出るのか、楽しみです。客観的に国のこととそこに生きている自分自身を見つめ直すきっかけになる作品になると思います。

■杏
今回初めてTBS連続ドラマにレギュラー出演させていただくことになりました。 日本沈没というどうしようもない自然の脅威にどう立ち向かうかというキャラクターたちの姿は、今の混乱の世の中で戦っている皆様と近い気持ちで共鳴し合えるのかなと思っています。そして、演じる私たちもそのような不安や脅威を抱えつつ乗り切ることになります。これを映像として残せることは意味があるような気がしています。万全の体制で挑みつつ、全力でぶつかっていきたいと思います。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

小栗旬、『日本沈没』で11年ぶり日曜劇場主演 松山ケンイチ、香川照之らと共演 
2020/11/26 05:00マイナビニュース 
https://news.mynavi.jp/article/20201126-1529718/ 
左から香川照之、松山ケンイチ、小栗旬、杏、仲村トオル 
no title



【小栗旬、『日本沈没』で11年ぶりTBS系日曜劇場主演 松山ケンイチ、香川照之らと共演】の続きを読む