芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

小栗旬

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/05/02(月) 10:40:38.23 _USER9
 俳優の小栗旬が鎌倉幕府第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・午後8時)の第17話が1日に放送され、世帯平均視聴率が12・5%だったことが2日、分かった。

 1月9日の初回は17・3%をマーク。第2話は14・7%。第3話は16・2%。第4話は15・4%。第5話は13・4%。第6話は13・7%。第7話は14・4%。第8話は13・7%。第9話は14・0。第10話は13・6%。第11話は13・5%。第12話は13・1%。第13話は12・9%。第14話は12・1%。第15話と第16話は12・9%と推移し、今回は前回から0・4ポイント減。個人視聴率は7・4%となった。

 2004年「新選組!」、16年「真田丸」を手がけた脚本家の三谷幸喜氏が6年ぶりに大河ドラマの脚本を担当。小栗演じる北条義時が義兄の源頼朝(大泉洋)から学び、静岡・伊豆の一武士から鎌倉幕府二代執権に上り詰める物語。

 第17話は「助命と宿命」。源義経(菅田将暉)の軍略がさえわたり連勝に沸く鎌倉方。しかし、木曽義仲(青木崇高)の討伐により鎌倉に再び暗雲が立ち込める。義仲の嫡男・義高(市川染五郎)を危険視する源頼朝(大泉)は、戦勝報告のため範頼(迫田孝也)とともに鎌倉へ戻っていた義時(小栗)に義高の処断を命令。大姫(落井実結子)を思う政子(小池栄子)は憤り、義高を救うため奔走する。一方、頼朝に試された義時は八重(新垣結衣)ら家族を思い…という展開だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/d2926a9736a1c237cd40b3f7c1bcab595db074ed

ochanoma_happy

【【視聴率】小栗旬主演のNHK大河「鎌倉殿の13人」第17話視聴率12・5%】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
drink_beer

1: なまえないよぉ~ 2022/04/03(日) 00:00:41.18 _USER9
明石家さんまが2日深夜放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。泥酔した小栗旬と藤原竜也から〝迷惑電話〟をかけられたと明かした。


先日夜、藤原と飲んでいる小栗から電話があったというさんまは「小栗と藤原って、暇なときなったら酒飲んどるんですよ。『今から来れますよね? 来てください』とか言うて。『俺もひょっとしたらガーシーに何か言われたら終わっちゃうんですよ、最後の俺を見に来てください』って、ヘベレケやねん…」とこぼした。


さらに「『最後の俺を見に来てくれ~』とか。『終わってから、会いに行くから』って(言っても)、何回も『今どこですか?』とか。『家帰ってるわアホ!』とか言うて。ほんだら『来れますよね。どこどこなんでよろしくお願いします~』とか言うて、2人でスピーカーホンにしてゲラゲラ笑いながら。『行かへんわ、アホ!』言うて」とかなり絡まれた様子。


小栗からは泥酔時のみ決まって電話があるといい「夕方過ぎから飲んどんのや。次の日オフやったら、酒好きやから。そしたら吉田鋼太郎さんが呼び出されて、『さんまさん、来ちゃダメですよ~!』って叫ばれて。いやいや、豪華なのん兵衛たちやね」と苦笑した。


その後、さんまの入浴中にも電話があったため、かけなおすと「ハハハハ! やっぱりかけてきた!」と笑われたという。

さんまは「俺を何やと思ってんねん…。もうベロベロ。『助けてくれー』って吉田鋼太郎の声聞こえてくんねん。めちゃくちゃや」と愚痴っていた。

さんま 小栗旬&藤原竜也からヘルプコール「ガーシーに何か言われたら終わっちゃうんです」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a80f1b075cdf91950296426e5337840312de5361

【明石家さんま、泥酔の小栗旬&藤原竜也からヘルプコール 「ガーシーに何か言われたら終わっちゃうんです」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
okotowari_shimasu_man

1: なまえないよぉ~ 2022/02/15(火) 08:55:33.76 _USER9
鎌倉幕府の第二代執権・北条義時役の小栗旬(39)の熱い演技ぶりで、視聴率は15%前後と、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は絶好調だ。

脚本は三谷幸喜氏(60)とあって、大泉洋(48)、山本耕史(45)、梶原善(55)と、三谷作品の常連が続々と登場するが、あの“看板俳優”は一向に登場する気配がない――。

「三谷さんが手がけた『古畑任三郎』『王様のレストラン』(ともにフジテレビ系)など、数多くの三谷作品に出演してきた西村まさ彦さん(61)には、SNSを中心に待望論があったのですが……ある事情があっていまだにオファーされていません」(NHK局員)

その理由には、“座長”である小栗との因縁がある、と明かすのは、小栗と西村双方の知人だ。

「2010年10月に、小栗さんが『獣医ドリトル』(TBS系)の主演を務めたときのことです。小栗さんが演じる敏腕獣医が、さまざまな問題を解決していくドラマで、西村さんは第1話のゲストとして出演しました」

西村は、けがを負った猫の治療を懇願する子供の父親役だった。

「いくつか2人が絡むシーンがあったのですが、西村さんの演技は、小栗さんにとって“独りよがり”に見えたそうなのです。

年上の西村さんに面と向かっては言わなかったそうですが、『西村さんの芝居には、最終話まで悪影響が出ましたよ。演技が乱されてしまいました』と、非常に憤っていたのです」(前出・知人)

タイプの違う役者同士のためか、水が合わなかったようだ。

「小栗さんはスタッフを名前で呼んだり、撮影現場全体を俯瞰して見て気配りを欠かさない“座長”意識がとても強い人。一方の西村さんは、昔から独特のペースで演技を組み立てる役者です。

小栗さんは西村さんの芝居に、共演俳優を生かす気持ちが欠けているように感じたのでしょう。以来、小栗さんは西村さんを“共演NG”としているのです」(2人を知る芸能関係者)

2014年に『お家さん』(読売テレビ制作、日本テレビ系)で小栗と西村は名を連ねているが――。

「このときの撮影では、ほとんど口も利かずに撮影を終えています」(前出・芸能関係者)

西村は、三谷氏とも“確執”を抱えているという。

「かつて2人は盟友の関係にありましたが、三谷さんが紹介した芸能事務所から西村さんが独立するなど、三谷さんから見て“不義理”に見えることが度重なって、彼を起用しなくなりました。

2016年の『真田丸』では、事務所関係者が三谷さんに頭を下げて、西村さんは出演できたのですが、現在は2人の間を取り持っていたその関係者も去ってしまったそうです」(前出・NHK局員)

“小栗&三谷殿の13人”に、西村は入れなかったようだ――。

2/15(火) 6:08配信
女性自身

Copyright (C) 2022 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220215-00010002-jisin-000-15-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/295fa46af43065834be37501d15c9d09dd044fb3

【小栗旬 西村まさ彦を“共演NG”にしていた!演技に激怒した12年前の因縁】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
mitamotono_yoritomo

1: なまえないよぉ~ 2022/01/15(土) 16:14:24.61 _USER9
 1月9日にスタートしたNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)に主演する小栗旬さんが、15日放送のトーク番組「土曜スタジオパーク」(NHK総合)に出演。
同作では、大泉洋さん演じる源頼朝が原因でさまざまな事件が起きるといい、小栗さんは「本当に“大泉のせい”が多いんですよ」と頼朝ではなく、なぜか大泉さんに不満を向けて、スタジオの笑いを誘った。
 番組には、大泉さんがVTRゲストとして登場。大泉さんは、小栗さんについて「感情移入し過ぎて、(演じる)役者まで嫌いになってしまう」と告白。
ドラマの撮影現場では、小栗さんが「やっぱさぁ、洋ちゃん(大泉さん)があんなことしなかったら、あの人死んでないから!」と話していたこともあったといい、大泉さんは「俺じゃねぇだろ!」と不満をこぼした。
 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、
野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

2022年01月15日

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に主演する小栗旬さん 1 / 1
https://storage.mantan-web.jp/images/2022/01/15/20220115dog00m200022000c/001_size5.jpg

https://mantan-web.jp/article/20220115dog00m200022000c.html

【鎌倉殿の13人:小栗旬「本当に“大泉のせい”が多いんですよ」 頼朝への不満がなぜか大泉洋に?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
osatsu_money_yamadumi

1: なまえないよぉ~ 2022/01/14(金) 23:02:32.21 _USER9
 俳優、小栗旬(39)が14日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへSP」(後8・57)に出演。役者としての葛藤を語りつつ、「収入」についても言及した。

 小栗は「いつからプロの役者と名乗っていいのか」と悩んでいた時期があったという。大作に抜てきされると「俺でいいんですか?」と思うことも。様々なプランを用意して撮影に臨んだが、思い通り表現できない経験があり、「芝居で全然できずに帰ってきたことがあったり、今でも。そうするとやっぱり俺、向いていないのかなって思って落ち込むんですよ」と率直に話した。

 番組MCの中居正広は「いつからか、仕事がお金とか生活のためじゃなくなる時期があると思うんですけど」と指摘した。小栗は20代前半のころ、「それなりの収入が欲しい」と思っていたそうで、「変な話、引き抜きとかされて『うちだったらこのぐらい払うよ』とか言われたら、そっちに飛びつきたくなってきた時期とかもあるので」と振り返った。

 一方で「初めて信じられない額をもらった日を覚えていたりして。あの時にめちゃくちゃ怖くなっちゃったんですよ、25、6歳で」と告白。多額の収入を得たことで心境の変化が。「そこくらいからは、じゃあこのお金を回していかなきゃって気分になっていったかも。できる限り、一緒にやっているスタッフさんにとか何ができるんだろうとか」と明かした。

 「その瞬間からプロ意識が強くなった?」と振られると、「そうですね、それはあるかも」と応じた。「プロ意識というものなのかはわからないけど、意識が大きくそのあたりで変わっていった感じはあるかもしれないですね」と話していた。

1/14(金) 22:59配信
スポニチアネックス

俳優の小栗旬
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220114-00000262-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5d771e22996b31ba8052302bef6dd177cdac2f64

【小栗旬「怖くなった」 20代中盤で「信じられない額をもらった日」】の続きを読む