芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

小島瑠璃子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/11/12(土) 05:19:43.24
 来年から中国に留学するため、芸能活動をセーブすることを発表していたタレントの小島瑠璃子が、ラスト写真集「瑠璃」を自身の誕生日である12月23日に発売することが11日、発表された。

 2009年の「第34回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞しデビューしてから、13年の集大成を形にした。A4判112ページに加え、これまでのグラビアのベストカットを収録した別冊48ページの大ボリュームの写真集。鹿児島・屋久島で撮影され、ビキニ姿も見納めとなる。

 小島は「これまで応援してくださった方達に、何か形にして届けたいと思いました。デビューから13年、さまざまなお仕事をやらせていただきましたが、グラビアに対してはデビュー当時からすごく思い入れがあります。芸能生活で積み重ねてきたことの集大成として、写真集という形で作品を残すことにしました。また、これまでの私のグラビアも一緒にまとめました。今まで私のグラビアを見てくださった方は懐かしさを感じてもらえると思います。そして現在の28歳の小島瑠璃子もたっぷり撮影して貰いました。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

小島瑠璃子、ビキニ姿見納めラスト写真集を誕生日に発売「積み重ねてきたことの集大成」
2022年11月12日 5時0分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20221111-OHT1T51238.html?page=1
ラスト写真集を発売する小島瑠璃子(C)唐木貴央/週刊プレイボーイ
https://hochi.news/images/2022/11/12/20221112-OHT1I51015-L.jpg
https://hochi.news/images/2022/11/12/20221112-OHT1I51016-L.jpg
https://hochi.news/images/2022/11/12/20221112-OHT1I51017-L.jpg

mizugi_woman

【【こじるり】小島瑠璃子、ビキニ姿見納めラスト写真集を誕生日に発売「積み重ねてきたことの集大成」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/10/13(木) 15:40:23.68 _USER9
 タレントの小島瑠璃子(28)が13日、ファスティングを始めたことを明かした。

 小島は自身がMCを務めるTBS「サタデープラス」の最後の出演(9月24日)で「これで日本の仕事は全部終わりなんです」と話し、涙を流して同番組を卒業。この時の報告以来となるツイッターへの投稿を13日に行った。

 小島は「ご無沙汰しております!」とあいさつしたうえで「いま人生初めて、専門家サポート付きのファスティング(断食)してます 今日1日目!身体がどう変わるか楽しみ」とつづった。

 ファスティングは通常3日~1週間程度で行われるが、期間などは記されていない。

 小島は来年から中国に留学する予定。留学前にこれまでやりたくてもできなかったことをやっておこう、ということなのか。

10/13(木) 12:46配信
東スポWEB

こじるりが人生初のファスティング開始を報告「身体がどう変わるか楽しみ」
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221013-00241801-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/401c3cfb7555a191afcf4f6c720ff2bd3a9cd64f

pose_naruhodo_woman (1)

【こじるりが人生初のファスティング開始を報告「身体がどう変わるか楽しみ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/10/03(月) 22:32:16.39 _USER9
《皆様にお伝えしたいことがあります。中国での活動を見据え、来年から中国の大学に留学します》

バラエティーで活躍する女性タレント・こじるりこと小島瑠璃子(28)は、末広がりの8月8日に先述のメッセージをツイッターに投稿した。

こじるりといえば、中国の春秋戦国時代を舞台にした歴史漫画『キングダム』のファンとしても知られ、同作作者の原泰久氏との熱愛・破局が報じられた女性タレント。
日本では、彼女と中国はただならぬ関係になっているイメージだが、実際のところ、こじるりが中国に進出した場合、人気を獲得できるのだろうか。

「小島さんは、中国でまったく無名というわけではありません。これまでも中国のファッションSNSアプリ『小紅書(以下、RED)』や投稿型メッセージSNS『微博(Weibo)』でしばしば口コミ情報が投稿されていました」

そう話すのは、クロスボーダーネクスト・CEOの何暁霞(カ・ギョウカ)さん。
同社では、日本の企業や芸能人の中国向けSNSマーケティングのサポートを行っているため、こじるりの「中国留学宣言」に対する反応を、SNS上で目にしたという。

「今の中国は世界屈指の資本力がある国なので、ビジネス面で考えれば正しい選択といえます。ただ、中国のインフルエンサーたちは、彼女がなぜそこまで中国のエンタメ業界に参入したがっているのか不思議に思っているようです。『日本で普通に売れているのに』と」


そもそも中国における“日本の芸能人”は、どのような位置づけなのだろうか。
中国のSNSで、日本の芸能情報を発信している中国人ジャーナリストの第七(セブン)さんは、かつては日本のドラマをきっかけに人気を博す芸能人もいたが、「今の中国には日本のタレントを特別視する土壌はない」と話す。

「中国人が日本のドラマや映画をよく見るようになったのは、インターネットが普及した1990年代後半~2010年代。当時の中国のドラマは質が悪く、日本のドラマが大人気でした。なので、石原さとみさん(35)や新垣結衣さん(34)、綾瀬はるかさん(37)など、ドラマによく出ていて“中国にはあまりいないタイプの美人”は、中国人のファンもたくさんいましたね」

(中略)



第1位: 宇野賛多 点数:78.37
中国の大人気オーディション番組「創造営2021」で勝ち抜き、今年の4月24日にINTO1というグループでデビューした男性アイドル

第2位:古川雄輝(俳優) 点数:64.74
中国で、誰もが憧れる男性の意味を表すニックネーム“男神”と呼ばれており、中国でも1000人以上を動員するファンミーティングを行っている

第3位:木村拓哉 点数:61.39

第4位:山下智久 点数:59.09

第5位:嵐 点数:57.68

第6位:乃木坂46 点数:56.74

第7位:齋藤飛鳥(乃木坂46) 点数:56.42

第8位:浜崎あゆみ 点数:51.6

第9位:野田洋次郎(RADWINPS) 点数:51.13

第10位:蒼井そら(元セクシー女優) 点数:50.1


※微博のインプレッション数・エンゲージメント数・検索回数などの社会的影響力の3つの合計によって算出された数値による調査結果


中国で「本当に人気のある日本の芸能人」ベスト10
小島瑠璃子さんが成功する「カギ」とは

https://toyokeizai.net/articles/-/620628?display=b

figure_anti

【小島瑠璃子が中国で成功するカギ、現地で聞いた『本当に人気のある日本の芸能人』1位はwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/09/24(土) 14:55:46.15 _USER9
 タレントの小島瑠璃子(28)が24日、TBS系『サタデープラス』(毎週土曜 前7:58)に生出演。小島は来年から中国の大学へ留学する予定となっており、7年半にわたって務めた同番組のMCをこの日で卒業した。

 今回は「こじるり卒業スペシャル」として放送され、番組終盤では、番組でタッグを組んできた関ジャニ∞の丸山隆平が、小島からの手紙を代読した。

 手紙では「7年半お世話になりました。毎週隣に丸山さんや小堺さんがいて、信頼できるサタプラチームがいることは私の心の支えでした。放送中はもちろん、それ以外のところでいろいろなことが起こった時も、サタプラは台風の目のようにいつも変わらずに私を受け止めてくれました」と感謝を伝えるとともに「今回、新しい場所で挑戦をしてきます。『サタプラ』という故郷には戻れないという覚悟で行ってきます」と新天地への決意が語られた。

 丸山の代読を受け、小島は目を潤ませながら「これで、私、日本での仕事は全部終わりなんですね。我慢できないぐらい寂しい気持ちと、新しいことが始まるっていう期待感、ワクワクする気持ちもあります。でも、こういうことが人生の節目、節目にあって、新しいことに向かう時は寂しいけれど、また新しい人と出会い、新しい経験をして、そういうことが人生にはこれからもあるんだろうなと思います」と思いを吐露。

 また、丸山にも「最後は泣いちゃってごめんなさい。『絶対泣くな』って言われてたんですけど、我慢できなかったです7年半ありがとうございました」と重ねて感謝。最後は「これからも『サタプラ』のファンで、視聴者として見続けます」と伝えた。

小島瑠璃子、7年半MC務めた『サタプラ』涙の卒業 「日本での仕事は全部終わり」
https://news.yahoo.co.jp/articles/89fb378edf91a5c0eef523dc3c5a97549fa7f000

figure_angry_anti

【【こじるり】小島瑠璃子、7年半MC務めた『サタプラ』涙の卒業 「日本での仕事は全部終わり」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/09/23(金) 11:44:34.66 _USER9
 タレントの小島瑠璃子(28)が22日放送のMBSテレビ「かまいたちの知らんけど」(木曜後11・56)にゲスト出演。13年間の芸能生活を振り返った。

 小島は「日本の芸能界で死ぬほどつらかったことなんて山ほどありました。売れないつらさじゃないです」。かまいたちの山内健司が「嫌な人に嫌なこと言われたり?」と聞くと、「ぐらいだったら全然いいんですけど…。もうね、ちょっとね、言いたいけど言えないやつとかありますね」と苦笑い。山内が「芸能界の闇?」と畳みかけると、「闇じゃないですか」と意味深に答えた。

 その上で小島は「つらいことはありましたけど、それにしても恵まれてました。一番は人。芸能界は人ですよね」としみじみ。「多分、私は思われてるほど稼いでないです。給料制なんですよ」と明かした上で、「なので、一番はお金じゃなくて、人と会えてる。DAIGOさんとかさまぁ~ずさんとか、いろんな方に会えてる。プラスアルファ、私と会った時に喜んでくれる人がいるっていうふうになったのが、めっちゃ良かったなと思って」と回想。「『あ、会えた!』って言ってもらえるじゃないですか。そんなことって普通はないじゃないですか。だから、それは本当に良かった。つらかろうか何だろうが、何にも代えられないですね」と笑顔で語った。

9/23(金) 11:18配信
スポニチアネックス

小島瑠璃子、13年間の芸能生活を回想「恵まれてた」けど「死ぬほどつらかったことなんて山ほど」
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220923-00000138-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f470b2979fe8c0fb224555e584e23ba09f466198

pose_english_shrug_woman

【小島瑠璃子、13年間の芸能生活を回想「恵まれてた」けど「死ぬほどつらかったことなんて山ほど」】の続きを読む