芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

小島瑠璃子

小島瑠璃子4

1: なまえないよぉ~ 2018/05/06(日) 12:15:34.34 ID:CAP_USER9
タレントの小島瑠璃子(24)が、男性を選ぶ際に経済力を重視するか否かの問いかけに
「剛力さんコースですよ」と即答した。

6日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、女優剛力彩芽(25)とファッション通販サイト
「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長(42)の交
際の話題を取り上げた。
パネラーの小島は剛力について「25歳まで何の(恋愛)報道も出なくて、
25歳のラインを越えてから『ここまで仕事をまっとうしたんだから、こそこそしたくない』ということだと思う」
と堂々と交際宣言したことに感嘆した様子。
しかし相手が前沢氏だということに関しては「それなんですよねえ…。サエコさんの元彼かあ、と」
と小声になって顔をしかめる場面もあった。

また、男性の経済力が交際の判断基準になるかについて、松本人志(54)から
「剛力コースを選ぶのか、(お笑い芸人おばたのお兄さんと結婚した
フジテレビアナウンサーの)山崎(夕貴)コースを選ぶのか」と問われた久代萌美アナが
「山崎さんのほうですかね」と答えると、
小島は「うそだあ!」と絶叫。松本に「こじるりは?」と聞かれると
「私ですか? 剛力さんですよ」と即答していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00200553-nksports-ent 

【【正論】小島瑠璃子「私は剛力さんコース」と即答「男性は経済力です」wwwwwwwwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/04/17(火) 07:14:18.35 ID:CAP_USER9
人気番組の春の新MCが続々とお披露目になっている。辛口コラムニストの今井舞さんが、新たな顔ぶれについて分析する。

笑福亭鶴瓶(66才)がMCを務めるTBSのトーク番組『A-Studio』の10代目サブMCには、元AKB48で女優の川栄李奈(23才)が選ばれた。鶴瓶からの評価は上々だが…。

「ゲストに対して『私の時は…』『私がご一緒した時は』と、とにかく“私”が主語の話が多かった。“目指せさしこ”の鼻息の荒さは充分伝わってきましたが。さしこのスタイルのよさ、目鼻のデカさと比べて、容姿が全体的に小さくまとまり、地味で印象薄。さしこより“2代目大沢あかね”に近い気がします」

バラエティーに引っ張りだこの小島瑠璃子(24才)は、15周年を迎えたNHK・Eテレの科学番組『サイエンスZERO』のMCに。6年間MCを務めていた女優・南沢奈央(27才)からバトンを継いだ形だ。

「初登場なのに、ずっと前からこの番組を担当しているかのような安定感はさすが。解説する専門家の言いたいところをかいつまみ『なるほど、つまりこういうことなんですね』と視聴者にわかりやすく伝える通訳的な仕事も、もはや老舗の貫禄。“ポストベッキー”どころか、ひょっとして有働さんの椅子を狙ってたりして…!?」

合格点あれば落第あり、評価が分かれた新MCたちだが、このほかに今井さんの熱視線が注がれるのは、近江友里恵アナが卒業した『ブラタモリ』。後任には林田理沙アナ(28才)が抜擢され、4月21日放送回からタモリと共にあちこちをブラつくことになる。

「久保田祐佳アナ(35才)、桑子真帆アナ(30才)、近江アナに続く、タモリさんの相棒は、“NHKの出世路線”。“高視聴率番組で、魅力をアピールして知名度を上げてこい”と期待の若手が送り込まれています。ただ、桑子アナも近江アナも人気が出るとすぐに卒業と、落ち着く間もなく顔がすげ替えられるので、近頃は人気者の突貫工事の印象が。急ごしらえの階段を上るシンデレラ・林田アナは、このチャンスをどう生かすのか楽しみです」

※女性セブン2018年4月26日号

4/17(火) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00000009-pseven-ent

写真
no title

【小島瑠璃子、ポストベッキーどころか有働由美子の後釜狙えるか】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/03/23(金) 20:05:33.44 ID:CAP_USER9
 タレントの小島瑠璃子(24)が23日、東京・渋谷のNHKで行われた同局の科学番組「サイエンスZERO」(日曜・後11時30分)のリニューアル会見に新MCとして出席した。

 最先端の科学を分かりやすく伝える番組。4月8日のリニューアルを機に、番組を率いることになったこじるりは「荷の重さを再認識しています。ファンの多い番組。楽しく科学を勉強していけたら」と抱負。今後、番組で採り上げたいテーマは「脳の男女差」と「赤ちゃん」とのこと。「家族は父と母と弟なんですけど、男女で考えのアプローチも違って、それによってケンカが生まれるので、(脳の秘密を解き明かせば)離婚率は下がるんじゃないでしょうか。
カップルとか夫婦は(考え方の違いが)あるよな~と思います。あと、赤ちゃんは周りにたくさん赤ちゃんが生まれて来ているので、私も将来子供が生まれた時、習い事や読み聞かせのこととか知っていたらうれしいので」

 スポーツ、政治、グラビアなどジャンルを問わず活躍する姿から「こじるり無双」のニックネームもあるが、今回、守備範囲に科学が加わった。「(もともと『池上無双』の異名でオリジナルだった)池上彰さん、怒ってるんじゃないかと思いますけど、小さい頃から好奇心が旺盛で、何かに没頭する子でした。(新ジャンルへの挑戦は)怖さもあるけど楽しいです」と、さらなるジャンル拡大に意欲を見せていた。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180323-OHT1T50164.html 
2018年3月23日18時5分 スポーツ報知 

no title

【こじるり「離婚率を下げたい!」 NHK「サイエンスZERO」新MCに】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/03/23(金) 07:01:31.25 ID:CAP_USER9
昨年10月に、関ジャニ∞の村上信五との“お泊まり熱愛”をスッパ抜かれた小島瑠璃子の“フットワークの軽さ”に怒りの声が上がっている。

 3月18日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)に小島は、コメンテーターとして出演、当然のことながら「女性自身」に撮られた“竹内涼真似のイケメン男性とのお忍びデート”について追及された。

進行役の東野幸治が「最近、女性誌にデートをしているという記事が出ていて、男性とお揃いのサングラスをかけていたという情報が入ってきたんですけど」と小島に話を振ると、ダウンタウン・松本人志が「俺、それは知らなかったわ」と興味を示した。

「小島は、サクっとこの話題を終わらせたかったのか『ちょっとだけ時間もらってもいいですか?30秒で終わるので』と場を制し、続けて『彼氏ではなく、これはあんまり信じてもらえないかもしれないですけど、友だちと3人でいて、もう1人が女の子で、その女の子が帰っちゃったんですよ。で、2人っきりになっちゃって、私の見たいものを見るのに付き合ってもらってて、そこで“バイバイ”って別れたんですよね』とまくし立てましたが、松本からは『クソみたいな言い訳ですね。一番おもんないわ』とバッサリ切り捨てられました。『欲が抑えられないんです!でいいやん』と不満も漏らしていました」(テレビ誌ライター)

 視聴者からの異論もネットに噴出している。「小島瑠璃子のクソみたいな言い訳見苦しい」「彼氏でも何でもどーでもいいわ」「お約束の言い訳でうんざり」と、小島の煮えきらなさに黙っていられなかったようだ。

「関ジャニ∞・村上から“乗り換えた”という印象に加え、指摘されているお揃いのサングラスについては触れない。この言い訳では、ジャニーズファンからの反感をますます買ってしまうのは必至でしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 小島は「彼氏ができたら隠す風潮じゃないから言わせてください」と所属事務所に言っているという。彼女からの報告は、いつになる…?

2018.03.22 10:15 | アサジョ
http://dailynewsonline.jp/article/1415749/

写真no title

【<小島瑠璃子>煮え切らない言い訳にジャニーズファンの怒りが再燃!?】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/03/12(月) 18:27:47.60 ID:CAP_USER9
これぞ大人の対応というものか。タレントの小島瑠璃子が3月8日、ネットニュースに対する感想をツイートし、その余裕ある態度が話題となっている。

 このツイートで小島は〈ネットニュースって嘘でしょ!?ってレベルの嘘があって面白い〉と、怒りではなく笑いに昇華するテクニックを披露。そのうえで〈嘘っていうか、、、テキトー?なのかな?〉とあしらいつつ、〈ネットニュース読むときは読む側もテキトーにね〉と締めくくっていた。この発言について芸能ライターが感心した様子で語る。

「このツイートはおそらく、3月6日発売の週刊誌『女性自身』に掲載された小島の熱愛スクープに反応したものでしょう。お相手はイケメン俳優の竹内涼真に似た長身男性で、二人は化粧品を一緒に探していたと同誌では報じています。ただ小島はツイートで記事についていっさい触れず、それどころか自分についてのニュースがあったとも語らず、あくまで一般論を口にした形になっています。これならスクープ記事を自分で広めてしまうこともないですし、ファンなら彼女の気持ちを忖度してくれるはず。そして表立ったメディア批判にもなっていないので、マスコミから敵視されることもありません。24歳の若さにして、実にバランスの取れた対応だと拍手喝采を送りたいですね」

 いつも笑顔を絶やさない天真爛漫ぶりで人気の小島だが、その態度はツイッター上でも一緒ということか。その姿を見れば“こじるり”が幅広い層から好かれているのも納得できるというものだ。そんな小島に対して、芸能界にはメディアからちょっと批判されただけでヒステリックに反論する小心者も少なくという。

「中には『ラジオでしゃべった内容を引用して記事を書くな』など、自分の発言に責任を持たないと宣言する者まで現れる始末。しまいにはネット記者やニュースサイトを根絶やしにしてほしいと言い出す者までいて、その言論封殺ぶりには身の毛もよだちますね。それに比べて小島の『読む側もテキトーにね』というツイートがどれほど平和なのか。彼女が情報番組で重宝される理由がわかろうというものです」(前出・芸能ライター)

 千葉県内の進学校から伝統ある女子大に進学するも、タレント業が多忙になって中退していた小島。だが、芸能界で、大学で学べる以上のことを身につけているようだ。

http://www.asagei.com/100187

【だから好かれる?小島瑠璃子のネット記事あしらいが好感度高すぎだった!】の続きを読む