芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

小島瑠璃子

1: なまえないよぉ~ 2019/11/03(日) 12:01:32.65
 タレントの小島瑠璃子が、自身のインスタグラムにドキリとするような際どい写真を投稿。ファンをドギマギさせている。

「10月26日、『安心してください、履いてますよ』という言葉と共にアップされたのは、お笑いコンビ・バナナマンのグッズTシャツを着た小島の写真。それだけのショットなのに、まるで下半身に何も着けていないように見え、何だかとても艶っぽいんです」(エンタメ誌ライター)

 それを見越したうえでの「履いてますよ」ギャグなのだろうが、このあざとさにもこじるりファンは《履いてるんですか?残念でなりません》《いや、履いてない。少なくとも僕の中では履いてない》《たまらんたまらん》と妄想を膨らませまくっている。
 
 もっとも、小島がこうした思わせぶりな投稿をするのは珍しくない。

「6月4日には『水着がめちゃくちゃ可愛いから、早くみんなに見せたい!!』と写真をアップ。なのに、肝心の部分を白抜きにしているため、どんな水着なのかわからない。まるで焦らすかのようなショットに、《生殺しだー》といったコメントが集まりました」(同前)

 また、8月31日に放送されたバラエティ番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系)では、ロケ先の宮古島でスイカ柄の水着姿になるという“サービスショット”を披露している。

「司会やリポーターとしても評価が高いこじるりですが、彼女のグラビアへのこだわりは人一倍。昨年も男性誌の取材で『今(デビュー)7年目で、少なくとも10周年まではグラビアを続けたい』と宣言しています。売れっ子になった今も厭わず肌見せしてくれるのは、そんな思いがあるからでしょう」(写真誌カメラマン)

 売れたら露出を控えるタレントにも見習ってほしいものだ。

https://asagei.biz/excerpt/8928
no title

【小島瑠璃子さんが売れた今でも「肌見せ」にヤル気満々なワケ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/01(金) 08:24:49.34
列島が日本代表の大勝利に沸いたラグビーW杯のスコットランド戦。試合当日、会場の横浜国際総合競技場に小島瑠璃子(25)の姿があった。続いて櫻井翔(37)や『くりぃむしちゅー』の上田晋也(49)、舘ひろし(69)なども到着した。

「こじるりは、日本テレビのW杯中継番組の応援マネージャーを担当。彼女は、ここ6年連続で全国高校ラグビーの関連番組キャスターを務めており、ラグビーの知識もある。
全然"にわか"じゃないですよ」(日本テレビ関係者)

コート横でこじるりは観客に手を振り、スマホで自身と観客を映した自撮り動画を撮影するなど、試合前からテンションアゲアゲ。プライベートで観戦に来ていたらしい
『ハライチ』の澤部佑(さわべゆう)(33)と『平成ノブシコブシ』の吉村崇(39)に「こじるり~!」と観客席から呼びかけられる一幕もあった。

勝利の瞬間、喜びのあまり隣にいた櫻井にハグしそうなほどの興奮ぶりだったこじるり。最初から最後まで、ラグビー愛が炸裂していた。

目撃!ハリコミ24 
横浜 18時40分 

試合前、観客席に手を振るこじるり。試合中も選手のプレーに一喜一憂するなど大ハシャギしていた 

https://news.livedoor.com/article/detail/17317332/
2019年11月1日 7時0分 FRIDAYデジタル

no title

no title

no title

【小島瑠璃子さんのにわかじゃないラグビー愛、試合観戦で大興奮!!!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/30(水) 08:42:19.44
タレントの小島瑠璃子(25)が29日、自身のインスタグラムを更新。来年用のカレンダーの一部を公開した。

小島は「寒くなってきたところに薄着投下すいません。笑 今年もカレンダーを発売します!シンガポールで撮影しました」と来年のカレンダーを発売することを報告し、黄色のビキニ姿で砂浜に横たわる写真をアップ。

「年に一度ファンの方と会える発売イベントを今年もします」と予告し、「初の試みで東京、大阪二ケ所で握手会イベントをしてみます。毎年遠方から来て下さる方の負担が少しでも減ればいいなぁと提案させてもらいました 
お時間合えば是非会いにきてください」と呼びかけた。

ファンからは「買います!」という声や「こじるりに会いたいなぁ~」「最高!」「可愛い」「癒される」「素敵ですね」などのコメントが届けられている。

https://news.livedoor.com/article/detail/17305115/
2019年10月29日 23時15分 スポーツ報知

no title

【小島瑠璃子さんが水着披露、いつものBBA嫉妬スレwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/26(土) 19:35:55.62
タレントの小島瑠璃子(25)が26日、自身のインスタグラムを更新。お笑いコンビ「バナナマン」のライブのグッズTシャツを着た、“きわどい”写真をアップした。

 小島は「バナナマンライブ『S』グッズTシャツ」として、バナナマンの2人の写真がプリントされたTシャツの裾を持って、ポーズをとるショットを投稿。Tシャツの下からは足しか見えておらず、一瞬、下半身に何も着ていないように見える。

 そんなフォロワーのドキドキする気持ちに答えるように、「安心してください、履いてますよ」とちゃめっ気たっぷりに続けた。

 これには「履いてんのか~い!!」「たまらんたまらん」「なかなかのエロ可愛ですね」「履いて無い様に見えて、エロくて良い」「可愛いですし、セクシーです」「安心しました プライベートなら、Tシャツだけで、下は穿いていないって、彼女にやって欲しい」など、ドッキリショットを喜ぶ声が寄せられた

10/26(土) 18:12配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00000178-sph-ent


no title

【小島瑠璃子さんがきわどい写真をアップ「安心してください、履いてますよ」wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/14(月) 02:21:54.00
タレントの小島瑠璃子が、6日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)に出演し、渦中にあるテコンドー協会を厳しく非難。世間から称賛の声を集めたようだ。

テコンドー協会が国から多額の補助金を受けながらも、強化合宿の費用を選手に自己負担させているなどの諸問題に、
小島は「選手がスポーツするためにサポートするための協会だと思うんですけど、何も行われてないですもんね。
(選手の)負担になっちゃってますもんね」と、協会を一喝したのだ。

すると、番組MC・和田アキ子からは「すごく素敵なコメント」「ほんまにその通り」と芸能界のご意見番から“あっぱれ”を頂戴した小島。
ご意見番のポジションを築き上げているようだ。

小島というと、2009年の『ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを受賞。同年10月に『アッコにおまかせ!』に初出演した。
10年7月にスタートしたアニメ『スティッチ! ~ずっと最高のトモダチ~』の主題歌「みんなのゆめ」で歌手デビューも果たしている。

その後はマルチな才能を発揮し、スポーツ番組『S☆1』(同)のスタジオ進行や取材を担当。これを機に、プロボクシング中継の進行役も務めるようになった。

メキメキと頭角を現した小島は、サッカーやラグビー番組のメインキャスターを務めるほか、バレーボール中継のスタジオMCにも抜擢。
さらには、ジャーナリスト・池上彰氏の進行・解説による選挙特番『池上彰の選挙ライブ』(テレビ東京系)で、生中継リポートを担当。
政治記者やアナウンサーに引けを取らない取材と堂々としたリポートぶりで、キャスターとしての評価も高まった。

そんな“弁の立つ”小島の一言が女優のプライドを傷つけたと、ある事務所がおかんむりになったという。以降、“共演NG”とされたその女優とは、広瀬すずである。

2016年9月に放送されたクイズ番組『ネプリーグ』(フジテレビ系)に、映画のPRで出演した広瀬。
出題された日本語を制限時間内に英単語に訳して解答するゲームに挑戦したが、いざ始まると正解できたのは1問だけで、その他は答えられずに時間切れとなった。

すると、対戦チームの一員であった小島が、「やばーい」「ウソー、簡単なのに」と茶々を入れたのだ。
さらに、クイズ直後にコメントを求められた小島は、「バカだったね~」と広瀬に追い打ちをかけ、小島の“毒”でスタジオは盛り上がりを見せた。

ところが、清純派の看板を背負う広瀬の事務所は黙っていなかったようだ。事務所サイドが小島の発言についてスタッフに苦情を入れたという。
応対したスタッフは、「冗談で言っているだけなので」となだめたそうだが、広瀬のイメージが悪化したことから、小島とは今後“共演NG”にすると通告したと報じられている。

広瀬は演技の評価は高いものの、そもそもバラエティ番組でのアドリブ対応が苦手なようだ。
一方の小島は、バラエティ界の“女王”と称され、今をときめく女優にバラエティを荒らされたくない、という思いからか、ついポロリと“毒”が漏れたのだろう。

小島の発言に視聴者からは、「ナイスアシスト的に場を盛り上げたこじるり」「これは確実に本心!」「もう少しオブラートに包んだ方が良かったかも」などと賛否両論が寄せられた。

「小島は、自信過剰な性格であるがゆえ、上下関係にも厳しいようです。たしかに、選挙番組でも抜群の対応力で『こじるり無双』と呼ばれているほどで、自身の右に出るものはいないと確信を持っているともっぱらの噂です。
また、若手には厳しい視線を光らせ、自分より目立つ共演者は容赦なく“潰し”にかかるそうです」(芸能ライター)

饒舌な小島なだけに、目の敵にされた若手女優は食い潰されてしまうのか。女優業で大忙しの広瀬は、バラエティ番組への出演がめっきりと減ってしまったが、いつしか“バトル返し”を期待したいものだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/17228190/
2019年10月13日 21時0分 リアルライブ

no title

【広瀬すずに放った“皮肉たっぷり”な一言が怒りを買った小島瑠璃子?】の続きを読む