芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

宮沢りえ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/13(月) 07:06:06.54 ID:CAP_USER9
no title


いまから振り返っても、あれは衝撃だった。
何しろ、当時18歳のトップアイドルがヌード写真集を出したのだから。
その写真集、篠山紀信(当時50歳)が宮沢りえを撮った『Santa Fe』(朝日出版社)が発売されたのは26年前のきょう、1991(平成3)年11月13日のことである。

宮沢を撮るという話は、その年の4月、篠山が映画の撮影中だった彼女を訪ねた際、何となく持ちかけたものだという。
撮影は5月下旬、米ニューメキシコ州のサンタフェで行なわれた。
この時点で発表するかどうかは決まっていなかったが、撮り終えたあとで、篠山から「りえさんの美しさは国の宝です。
だからこの美しさを国民の一人一人が見ないというのは良くない。だから発表しよう」と提案して、世に出すことになったのだとか(『文藝春秋』1991年12月号)。

no title

『Santa Fe』を並んで買う人々 c時事通信社

宮沢からは、写真を1枚ずつ切って額に入れて飾ってもいいような写真集にしたいとの希望があり、篠山としては“芸術写真”というコンセプトで撮影にのぞんだ。
ロケ地となったサンタフェは、近代写真の祖といわれるアルフレッド・スティーグリッツをはじめ、
エドワード・ウェストン、アンセル・アダムズ、ポール・ストランドら「f/64」の面々など多くの写真家が名作を残した、いわば写真の聖地である。
彼らの作品を手本としてきた篠山は、聖なる肉体を、聖なる気持ちで撮るため、この地を選んだのだ(『週刊文春』1991年11月21日号)。

写真集の発売が告知されたのは、1ヵ月前の10月13日付の『読売新聞』の全面広告を通じてだった(翌日には『朝日新聞』にも同じ広告が載る)。
そこでは、宮沢が胸をあらわにした写真が使われ、大きなセンセーションを巻き起こす。
同月21日、彼女はテレビロケから帰国すると篠山とともに成田で会見し、大勢のレポーター相手に堂々と応じてみせた。
そこで「篠山さんは撮影の時、いつもより無口でした」と宮沢から言われ、篠山は初めて自分があがっていたことに気づいたという(『文藝春秋』前掲号)。
『Santa Fe』は予約注文だけで30万部に達した。
累計155万部という発行部数は、いまも写真集では世界記録とされる。

http://news.livedoor.com/article/detail/13882349/
2017年11月13日 7時0分 文春オンライン

no title

no title

no title

【ご存知ですか? 11月13日は宮沢りえのヌード写真集『Santa Fe』が発売された日です 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/08/28(月) 20:15:45.31 ID:CAP_USER9
女優の宮沢りえが、約1年前から交際しているとされる『V6』の森田剛と年末再婚する決意を固めたという。

「宮沢は8月27日から9月26日まで上演される舞台『ワーニャ伯父さん』に出演します。
森田は7~9月期のドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系)の放送を9月に終えると、8月10日から始まっているV6の全国ツアーを10月22日まで行います。
少なくとも多忙な10月までは結婚はないでしょう。そのため結婚は早くて11月、遅くても年末というシナリオでふたりは調整に入ったようです。
来年4月、アラフィフになる宮沢は口癖のように『アラフォーのうちに再婚したい』と話しており、タイムリミットが迫っている。やはり年末に結婚しそうです」(芸能プロダクション幹部)

最近、ふたりには“大きな動き”もあった。
森田は東京都内にある閑静な住宅街の超高級マンションに引っ越した。
そこは宮沢宅から徒歩5分だと一部で報じられたのだ。

「これで宮沢はいつでも森田宅を訪れることができるようになりました。
最近、舞台の稽古を終えて夜に帰宅した宮沢は、すぐ小学2年生の娘を寝かせたあと、森田宅に通う生活を送っているようです。
以前は森田が人目を忍んで宮沢宅へ行ったり、高級旅館に宿泊したりして時間を作っていましたが、いまや心置きなく会うことができます」(同・幹部)

■ 待っていたら結婚できない

ふたりは昨年8月上演された舞台『ビニールの城』で共演し、交際に発展した。
同10月、東京の代官山でのデートを報じられ、交際が表面化している。
今年2月には、箱根の高級旅館でバレンタインデーに宿泊する様子も報じられ、夫婦同然のような交際を続けている。

「宮沢は2009年に結婚した元プロサーファーの実業家と、長い離婚協議の末、昨年3月にようやく離婚が成立しました。
心に大きなダメージを負っただけに、宮沢としては一刻も早く森田と再婚し、過去のトラウマを払拭したいのです」(スポーツ紙記者)

V6といえば、交際中の岡田准一と宮﨑あおいの結婚問題も抱えている。

「ジャニーズ事務所としては、まず岡田と宮﨑を結婚させ、森田と宮沢はその次に、と考えているようです。
ところが、岡田が人気俳優になってしまった上、岡田と宮﨑はもともと不倫疑惑が報じられていたいわくつきの関係だけに、すんなり結婚というわけにはいきません。
そのため、このまま待っていたら、いつ結婚できるか分からない状況です。
そのこともあり、宮沢は年末に結婚を強硬する決意を固めたようです。
まさに昨年10月公開の宮沢の主演映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の世界です」(同・記者)

アラフォーまで待てない。

no title

https://myjitsu.jp/archives/29867

【宮沢りえと森田剛が「年末結婚」で調整へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/05/22(月) 17:45:11.53 ID:CAP_USER9
女優の宮沢りえが、21日放送の日本テレビ系トークバラエティ番組「おしゃれイズム」(毎週日曜よる10時~)に出演。これまで経験した撮影秘話や、8歳になる娘との生活について語った。

宮沢は映画「湯を沸かすほどの熱い愛」で、3度目の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。
3度の受賞の感想を「ハードルがどんどん上がって困ります」と女優らしい言葉で語った。

同映画では余命2ヵ月の癌に侵された主人公を演じた宮沢。
台本に「頬はこけ、目はぎょろりと」と書かれていたため、「できるだけのことはしようと思って」と徹底的な水分抜きで、ボクサーさながらの危険ともいえるダイエットを行って役に挑んだことを明かした。

さらに、ドラマ「西遊記」では体感50度の砂漠、ドラマ「北の国から」では体感-25度での吹雪シーンと、これまでの女優人生での過酷な撮影についても次々と告白。
ピラニアはおろか電気なまずも泳ぐアマゾン川に飛び込んだ、という危険な撮影話も飛び出した。

宮沢の日課は毎朝5時半に起きての娘のお弁当作りだというが、「体型がそっくり」という宮沢の娘は現在8歳。
宮沢が舞台での愚痴を言おうものなら「だめだよ、マミー。舞台にはちゃんと出なくちゃ!」と叱ってくれるしっかりもので、宮沢は娘をまるで「何回も生まれ変わっている」のではと感じるほどだそう。

また、娘が「一生この舞台をやってほしい」と懇願し台詞まで覚えてしまうほど宮沢の舞台「足跡姫」が大好きで、女優に憧れていることも告白。
MCの上田晋也に未来の親娘共演について尋ねられると、「娘のやりたいことを応援したい」と母の顔を覗かせた。
(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1688373 
2017.05.22 10:51 


no title

【宮沢りえ、過酷なダイエット&撮影裏話明かす】の続きを読む