芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

宮沢りえ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/26(土) 07:18:38.79 _USER9 BE:792444515-2BP(0)
 12月上旬の都内のスーパーマーケットで、ネイビーのコートにワンピースとワントーンファッションでまとめたメガネの女性が買い物をしていた。一見、アート系の青年か、癒し系ルックスの男性ミュージシャンにもみえるこの人物は、実は女優の宮沢りえ(47才)である。

 宮沢のヘアスタイルは、これまでも同年代女性の憧れの対象だった。

 宮沢は、昭和末期の1980年代後半に、無名の美少女がヒロインを務めるCM「三井のリハウス」の初代リハウスガールで、鮮烈なデビューを飾った。18才で衝撃のヘアヌード写真集『Santa Fe』を発売したりと、国民的アイドルとして大活躍していた10代について、あるベテラン男性芸能リポーターは「アニメの世界から飛び出したような、清純派ヒロインそのもののルックス。清潔感いっぱいの前髪のあるストレートロングヘアがトレードマークでした」と振り返った。

 20代以降は、髪がロングの時は後ろで束ねることが多くなり、さまざまな形のショートヘアもたくさん披露してきた。どちらかといえば、キャリアウーマンのような“自立した女性”を印象付ける髪型だった。
 多くの女優を担当するある女性ヘアメイクは「宮沢さんは、年を重ねるにつれてショートボブが多くなって、でこ出しも多くなりました。でも、この写真のマッシュルームカットは、かなりオシャレですね。微妙に左右非対称のアシンメトリーにしていて、誰もが簡単にマネできる髪型ではないんです」と称賛する。「私は職業柄、こんな髪型の人を街中で見かけたら、すぐに芸能人か文化人だと気づいちゃいます」と笑いながら明かした。

 アラフィフ世代の女性たちが、マネしてみたくても、できそうでなかなかできないヘアにするあたりは、さすが大女優といったところか。

 そんな宮沢は、この12月12日と19日に放送の小説家横山秀夫の原作をドラマ化した『ノースライト』で、主演西島秀俊(49才)の別れた妻のインテリアデザイナー役を演じた。また18日から公開されている、太平洋戦争の敗戦後に吉田茂首相の右腕として活躍した白洲次郎を主人公とした映画『日本独立』で、白洲夫人も演じている。

 この冬も、テレビに映画にと活躍し続ける宮沢の個性的なオシャレは、今後もあらゆる人から注目され続けそうだ。

12/26(土) 7:05 
NEWSポストセブン 

宮沢りえ「普通の人がマネしたらヤケド」マッシュルームヘア姿 
髪型とファッションのバランスが絶妙 
https://news.yahoo.co.jp/articles/a06af8ed29bc9ce2185d94dacbe9afe41516f8b1
no title

no title

no title

no title

no title
【宮沢りえ「普通の人がマネしたらヤケド」マッシュルームヘア姿】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/24(土) 02:40:01.19 _USER9
 ダウンタウン・松本人志が23日、フジテレビ系で放送された「ダウンタウンなう」特別編『人志松本の酒のツマミになる話』に出演した。

 千鳥、城田優、鈴木紗理奈らと酒を飲みながらのトーク。ずん・飯尾和樹が、天海祐希と会った時のオーラについて話し、「います?」と出会った中で一番綺麗だった芸能人は?という話題に。

 松本は「サンタフェの頃の宮沢りえ」と回答。宮沢は1991年に写真集「Santa Fe(サンタフェ)」を発売している。

 松本は当時レギュラーを務めていた「笑っていいとも!」の『テレフォンショッキング』に宮沢が出演した際を振り返り、「ちょっとしたリハで。お客さん入れてない時、客席で座ってて、本番前に宮沢りえが…生で入ってきた時、なんかもう……ああいう人って、孔雀みたいに(オーラが)出てるよね」と衝撃を表現。「なんやこれ、っていう。妖精みたいな…」とその輝くばかりの美しさを述懐していた。

10/24(土) 0:03 
デイリースポーツ 

松本人志 宮沢りえは「妖精みたい」だった…「孔雀みたいに」オーラ出てた 

https://news.yahoo.co.jp/articles/d5d97d0aa1650cf78e7a1ffa82bc2cbdf83adc45

20201024001

【松本人志 宮沢りえは「妖精みたい」だった…「孔雀みたいに」オーラ出てた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/25(木) 08:11:38.43
芸能界きっての美男美女夫婦は、周囲のセレブたちをまったく気にすることなく、堂々と買い物を楽しんでいた。

5月下旬の夕方4時半、都内の高級スーパーで『V6』森田剛(41)と女優・宮沢りえ(47)の姿をキャッチした。スーパーの前に事務所の送迎車が停まると、まず運転手が外へ。スライドドアが開き、森田と宮沢が降りてきた。

約20分後、買い物を終えた二人が、仲良く笑い合いながらスーパーから出てきた。食料品などを買い込んだのだろう。森田はパンパンに詰まったエコバッグを肩にかけ、宮沢はそんな夫の腕にそっと手を添えている。二人が乗り込んだクルマは寄り道することもなく、まっすぐ自宅マンションへと帰っていった。

’16年8月の舞台での初共演をきっかけに交際が始まり、’18年3月に結婚を発表。超人気アイドルと大物女優にもかかわらず、二人は結婚前から堂々と交際を続けてきた。銀座、箱根、沖縄、ゴルフ場……本誌もさまざまな場所でデートする姿を目撃してきたが、結婚3年目を迎えたいまもラブラブぶりはまったく変わっていないようだ。

「宮沢さんは森田さんについて、『優しい人』と言っている。それは自分にだけでなく、現在11歳の娘さんにとっても同じようです。交際中から3人で何度も食事に行っていましたが、娘さんが森田さんにとても懐いていたことが、結婚に踏み切った大きな理由になったと聞きます。

宮沢さんは自身がCMキャラクターを務める資生堂の特設サイトで『家に居られることが何よりのリラックスではあります』と綴っていますが、その言葉通り、家族3人で充実した時間を過ごしているようです」(宮沢の事務所関係者)

いまや芸能界きってのおしどり夫婦となった二人なら、どんな困難も支え合って乗り越えられるだろう。

『FRIDAY』2020年6月26日号より

https://news.yahoo.co.jp/articles/57f680e67133c5fd9e8c9f139aedda14f1cdb8ef
6/25(木) 8:01配信

no title

no title

no title

no title




【宮沢りえ&森田剛が「腕組みラブラブ」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/28(月) 23:01:09.13
宮沢りえの映画デビューにして初主演作、映画『ぼくらの七日間戦争』(1988年)がBS-TBSで11月24日(日)に放送されます。主題歌はTM NETWORKの「SEVEN DAYS WAR」

■『ぼくらの七日間戦争』(1988年/日本)
BS-TBS 2019/11/24(日)午後10:00~深夜0:00

宮沢りえの映画デビューにして初主演作
「笑わせんじゃねえよ!」
インチキな大人に宣戦布告!!

◆キャスト
宮沢りえ 菊池健一郎 大沢健 大地康雄 笹野高史 佐野史郎 賀来千香子 室田日出男ほか

◆スタッフ
原作:宗田理
監督・脚本:菅原比呂志
脚本:前田順之介

主題歌:「SEVEN DAYS WAR」TM NETWORK

◆番組内容
青葉中学1年A組の生徒8人が、ある日突然、姿を消した!? あわてふためく大人達。 しかし彼らは町外れの廃工場に立てこもっていた。 先生達は連れ戻そうとするが、生徒達は奇想天外な作戦でこれを撃退する。 ついに怒った大人達は機動隊を出動させるが…。
果たしてこの勝負、どちらが勝つか? 迎え撃つ子供達の運命は? 史上最大のイタズラが今こそ爆発する!

◆番組ページ:
https://www.bs-tbs.co.jp/movie/bokuranonanokakannsensou/
(c)KADOKAWA 1988


映画『ぼくらの七日間戦争』 BS-TBSで11月24日放送 
2019/10/28 10:56掲載 
http://amass.jp/127384/ 

『ぼくらの七日間戦争』(c)KADOKAWA 1988 
no title


【宮沢りえ主演『ぼくらの七日間戦争』 BS-TBSで11月24日放送】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/30(月) 05:05:22.72
女優の宮沢りえ(46)が、12月13日公開のアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」(監督村野佑太)に声優として出演する。1988年の実写映画「ぼくらの七日間戦争」の舞台から約30年の時が流れた設定の作品。実写版で中学生のヒロイン中山ひとみ役を演じ、女優デビューと初主演を果たした宮沢が、アニメ版では大人になった中山の声を担当する。

 85年から現在まで続く人気小説シリーズが原作。管理教育に抑圧された中学生たちが大人たちに“戦争”を仕掛ける物語。実写版では、学級委員だった中山(宮沢)が同級生たちを鼓舞。廃工場に立てこもって勇ましく戦車の砲塔に乗るシーンは今も語り継がれている。

 アニメでは、2020年の北海道が舞台。親の都合で引っ越しをするヒロインを守るため、高校生たちが廃工場に基地をつくって大人から逃げる内容だ。成長した中山が、高校生たちとどのように関わっていくのか注目が集まる。

 宮沢の起用について村野監督は「原作でも映画でも、大人たちはインチキなだけではない存在でした。そこには必ず子供の味方に立ってくれる、大人側の良心を映し出した素敵な女性の姿がありました」と説明。「映画で中山ひとみを演じられた宮沢りえさんが、まさにそういった役柄で戻って来てはくれないだろうか」と考え、オファーしたという。

 そのラブコールを快諾した宮沢は「私のデビュー映画『ぼくらの七日間戦争』が、当時見てくださった方の記憶に刻まれたように、時代を超えて新たに息吹を与えられたアニメーション『ぼくらの7日間戦争』も皆さんの心を揺さぶることができますように」とコメントしている。

 ◇映画「ぼくらの七日間戦争」 宗田理氏の小説が原作。TM NETWORKによる主題歌「SEVEN DAYS WAR」も大ヒットした。本作で宮沢は日本アカデミー賞新人賞を受賞。アニメ版では“七日間”の表記を“7日間”に変更。北村匠海(21)と芳根京子(22)がダブル主演を務める。

9/30(月) 5:00 スポニチアネックス 
「りえ」が「りえ」を吹き替え 88年公開「ぼくらの七日間戦争」アニメ化 成長した“ヒロイン”担当 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00000001-spnannex-ent 

アニメ映画「ぼくらの7日間戦争」で声優を務めることが決定した宮沢りえ 
no title


【「りえ」が「りえ」を吹き替え 宮沢りえ、88年公開「ぼくらの七日間戦争」アニメ化 成長した“ヒロイン”担当】の続きを読む