芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

実写映画化

1: なまえないよぉ~ 2020/01/14(火) 16:14:28.14
14日、スタジオジブリ制作でアニメ映画化されたことで知られるマンガ『耳をすませば』が、実写映画化されることが判明。これを受け、ネット上では俳優の高橋一生に注目する人が続出している。

アニメ映画での「コンクリートロード」と、坂を登った先での告白シーンでお馴染みな本作。読書好きの中学生・月島雫と、ヴァイオリン職人を目指す少年・天沢聖司の甘酸っぱい初恋を描き、多くの人に胸キュンをもたらした。

この度の実写映画化では清野菜名と松坂桃李がダブル主演を務め、あの頃(過去)とオリジナルストーリーである10年後(現在)を描くという。なお、24歳になった雫は出版社で児童小説の編集者になっており、聖司は夢を追い続けて海外で暮らしているそうだ。

なお、同作のアニメ映画では、高橋が聖司に声を当てたことでも知られている。

それもあって、ネット上では「高橋一生が良かったなあ」「カルテットでヴァイオリン弾いてたのに」「10年後じゃなく20年後設定にして高橋一生でやり直し」など、不満とも要望とも言える声が噴出している状況だ。

ラブストーリーということで、制作陣は雫・聖司が20代になっている10年後にしたのかもしれないが、たしかにアニメ版のファンとしては不満が出るのも不思議ではない。

https://sirabee.com/2020/01/14/20162235962/ 
耳をすませば

【『耳をすませば』実写映画化に不満噴出「20年後設定にして高橋一生で」 ← ありえない設定www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/01/14(火) 08:20:34.31
 スタジオジブリが1995年にアニメ映画化した『耳をすませば』が、女優・清野菜名と俳優・松坂桃李のW主演で、実写映画化されることが発表された。
原作の世界観を再現する「あの頃(過去)」と、オリジナルで加わる「10年後(現在)」を描く。清野は
「とてもうれしく光栄」と喜び、松坂も「月日を経て描かれる“その後”の物語に関われることをうれしく思います」と出演に笑顔を見せる。公開は9月18日。

 柊あおい氏が、89年に少女コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した青春恋愛漫画が原作。読書が大好きな中学生・月島雫が、夢に向かって生きる
天沢聖司に想いを寄せていく物語は、多くの女性たちの感動を得た。アニメ映画版では、雫を本名陽子、聖司を高橋一生が声を担当。本名が歌う主題歌
「カントリー・ロード」は、今でも歌い続けられている名曲になっている。

 実写映画版は、小説家になりたいというという雫と夢を追う聖司が惹かれ合い、中学3年生のときに「お互いきっと、夢をかなえよう」と誓い合う。それから10年の
月日が流れ、出版社で児童小説の編集者になった24歳の雫は、小説家になる夢は諦めて、本を売るために必死な毎日。夢を追い、海外で暮らす聖司とはいつの間にか
距離が生まれるも、雫は忘れていた“あの頃の気持ち”を取り戻していく物語が紡がれる。

 清野は「誰もが大好きな名作の世界に存在できることを光栄に思っております。雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、
雫のピュアな心を大切に丁寧に演じていきたいと思っています」と意気込み。

 松坂は「アニメーション映画で何度も見た作品。あの頃にしか感じられないものが詰まっていてすてきだなと思っていました。あの物語の“その後”を想像した方も
いらっしゃるのではないでしょうか。僕もそうでした」と“10年後”の世界を楽しみながら演じる。

 メガホンをとるのは、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『ROOKIES』(08年)、『JIN-仁-』シリーズや『義母と娘のブルース』など
ヒット作を生み出している平川雄一朗監督。「大変な緊張感とプレッシャーを抱えています」と恐縮するも「原作の空気感をそのままに心温まる映画となるよう
まい進したいと思います」と話す。

 プロデューサーの西麻美氏は「実写映画化しようと考えた時、10年後の大人になった雫と聖司を描いたらどうだろうと思いつきました。そして、清野菜名さん、
松坂桃李さんが決まったことで、これはすてきな作品にできると確信しました」と自信を覗かせる。

 中学時代の雫と聖司や、ほかのキャスト陣は今後発表される。クランクインは2月中旬で、3月中にクランクアップを迎える予定。

オリコン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000303-oric-ent
no title

【『耳をすませば』実写映画化 清野菜名&松坂桃李W主演で雫と聖司の“10年後”描く ← アニ豚発狂スレwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/13(木) 20:19:38.73 ID:upMg3m4a0 BE:232392284-PLT(12000)
人気アニメ&コミック「地獄少女」が、主演・玉城ティナで実写映画化。2019年秋全国ロードショー。

「地獄少女」は、2005年よりオリジナルテレビアニメを放映、その後「なかよし」での連載をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、
2.5次元舞台、そして、パチンコ台・パチスロ台化などシリーズとして幅広く展開されてきた。そんな人気作品が初の実写映画化。
監督は、『不能犯』、『貞子vs伽椰子』などを手掛けたホラー名手・白石晃士が務める。

<ストーリー>
午前0時にだけアクセスできるサイト「地獄通信」に恨みを書き込むと現れる、現世と地獄の間をつなぐ主人公・閻魔あい(えんまあい)。
物語は、そんな彼女が憎い人間を地獄へ送るというミステリーホラーだ。


玉城ティナが閻魔あい役に
主人公の閻魔あい役には、『貞子 vs 伽椰子』、『私に××しなさい』の玉城ティナを抜擢。
また、地獄流しの依頼者とターゲットの調査などを行う3人の使い魔“三藁”として、着物を身に着けた妖艶な雰囲気の骨女役に女優・タレントの橋本マナミ、
今時の好青年風の妖怪・一目連役にオーディションで抜擢された楽駆(らいく)、三藁の中でもリーダー的存在の輪入道に舞踏家であり演出家、
そして俳優としても活躍する麿赤兒が出演する。

また、女子高生・市川美保には、新人ながら岩井俊二監督をはじめ名だたる監督作の出演が続く森七菜。
美保の親友役・南條遥役にモデルであり女優の仁村紗和らが起用される。人気俳優から新星まで個性豊かな面々が揃った。

https://www.fashion-press.net/news/43024
no title

【「地獄少女」が、主演・玉城ティナで実写映画化】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/06(金) 09:38:29.19 ID:CAP_USER9
アニメ「機動戦士ガンダム」が、ハリウッドで実写映画化されることが決定した。

これはアメリカ・ロサンゼルスにて7月5日から8日まで開催中のイベント「Anime Expo 2018」にて発表されたもの。今回の実写映画はサンライズと、
「パシフィック・リム」「GODZILLA ゴジラ」などを手がけてきたレジェンダリー・ピクチャーズとの共同制作となる。詳細は続報を待とう。

「機動戦士ガンダム」は1979年に日本でテレビ放送が開始され、2019年で40周年を迎える。

https://natalie.mu/comic/news/289948
no title

【「ガンダム」ハリウッドで実写映画化!制作はレジェンダリー・ピクチャーズ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/08/22(火) 05:06:08.37 ID:CAP_USER9
シリーズ累計発行部数1000万部を記録する吉住渉氏の人気少女漫画『ママレード・ボーイ』が実写映画化され、桜井日奈子(20)と吉沢亮(23)がW主演することが21日、わかった。お互いの両親がダブル離婚&ダブル再婚し、突然ひとつ屋根の下で暮らすことになった高校生のラブストーリー。
元気で少し子どもっぽい一面のある小石川光希を桜井、頭脳明晰・スポーツ万能の松浦遊を吉沢が演じ、ワーナー・ブラザース映画配給で2018年公開。監督は、『ストロボ・エッジ』(15年)、『オオカミ少女と黒王子』(16年)などの廣木隆一氏が務める。

 原作は、月刊少女漫画誌『りぼん』(集英社)にて1992年から1995年まで連載され、テレビアニメ化、劇場版、台湾でテレビドラマ化されるなど、国内外の多くのファンから愛されてきた。13年より『りぼん』版の13年後を描いた『ママレード・ボーイ little』が『ココハナ』で連載されている。

 遊に引かれていく主人公を演じる桜井は、同作で映画初主演を飾る。「私が映画のヒロイン役? 本当のことなんだろうか? とまだ実感できていないのが正直な気持ちです」と打ち明け、
「デビューしたばかりで経歴の浅い私にとっては、思ってもみなかったチャンスです。家族に翻弄され、恋に悩み苦しむピュアで一途な光希を全力で演じたいと思います」と意気込んでいる。

 王子様を絵に描いたような遊役の吉沢は「今までにも少女漫画原作の作品には出させていただいたことがありますが、お調子者の三枚目キャラや、根暗な役など、あまりカッコ良くない役が多かったので、今回のようなドストレートな二枚目は初めてです。
ついにこの顔面をフル活用する時が来たな」と、“美形”を武器に気合十分。「90年代の恋愛の金字塔とも呼べる大人気コミックを今の若い世代で頑張って作り上げます」と熱演を誓った。

■製作スタッフはヒットメーカーが集結

 メガホンをとる廣木監督をはじめ、製作スタッフには恋愛・青春作品の名手が集結。
脚本はフジテレビ系連続ドラマ『ラブジェネレーション』(97年)、同『神様、もう少しだけ』(98年)、映画『今日、恋をはじめます』(12年)の浅野妙子氏が担当し、
プロデューサーはヒット中の『銀魂』の小岩井宏悦氏と松橋真三氏、映画『22年目の告白―私が殺人犯ですー』『ちはやふるー上の句・下の句―』の北島直明氏がタッグを組む。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

2017-08-22 05:00 

名作少女漫画『

 

名作少女漫画『ママレード・ボーイ』が実写映画化。桜井日奈子、吉沢亮がW主演を務める
no title

吉住渉氏の原作漫画『ママレード・ボーイ』文庫版1巻 (C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2095991/full/

【桜井日奈子&吉沢亮がW主演で『ママレード・ボーイ』が実写映画化www】の続きを読む