芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

安室奈美恵

1: なまえないよぉ~ 2018/07/30(月) 09:06:39.16 ID:CAP_USER9
歌手の安室奈美恵(40)とお笑いタレントのイモトアヤコ(32)の夢の共演が実現した29日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の平均視聴率が21・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが30日、分かった。

前週22日放送は20・3%だった。

今まで応援してくれたイモトに、安室が最後にお礼を言いたいと「イッテQ」初出演を決め、台湾公演からの帰国を1日延期して“最初で最後”の共演。イモトは安室を前に「すごくすごく大好きです」と号泣。約30分にわたり、2人きりの夢の対談も行い「安室奈美恵さんを好きになったことをすごく誇りに思います」と、あこがれの人へ思いの丈を語った。

小5の時から20年以上思い続けた憧れの人”安室ちゃん”と対面を果たしたイモトに対し、ネット上には、放送中から祝福の声が殺到。イモトが大嫌いなヘビ料理の食レポをしているところへ、従業員に扮した安室がお茶を持って登場。まさかの対面に絶叫、号泣するイモトの姿に視聴者も感情を抑え切れなかったようで「イモトの涙につられる…よかったねぇ」「イモトがんばってきてよかったねぇ」「我が事のように嬉しいよ。よかったー」と、感動一色となった。

7/30(月) 9:04
スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000080-spnannex-ent

no title

【【視聴率】安室奈美恵登場 「イッテQ」平均視聴率、もっと行くかと思っていたのだがwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/29(日) 21:19:37.41 ID:CAP_USER9
9月16日で引退する歌手・安室奈美恵(40)が、きょう29日放送の日本テレビ系バラエティー『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜 後7:58)に出演。安室の大ファンとして有名なタレントのイモトアヤコ(32)と、ツアー先の台湾で初対面を果たした。2人きりでの対談も実現し、互いに涙を浮かべ、思いを伝え合った。

この日放送された企画は“台湾で安室と2ショットが撮れるか”というもので、5月に行われたアジアツアーで駆け回る安室の姿を追いながら、なんとか安室とイモトの2ショットを写真に収めようという内容。

現地では無事に安室の公演チケットを手に入れ、コンサートを堪能するも肝心の2ショットは撮れず。ところが公演翌日、恒例の現地の“ヘビ料理”にひとしきり悶絶した後、チャイナドレスで店員にふんした安室がサプライズでイモトの前に登場。安室から「どうぞ」とお茶を出されたイモトは驚きのあまり絶叫し、目をまん丸くしながら「すごく大好きです…」と、小学5年から憧れ続けた“女神”に気持ちを伝えた。

その後は安室とイモト、2人きりで対談に。イモトから「なんで『イッテQ!』に出ていただけたのか」と聞かれると、「いつも応援してくださっているイモトさんが出てらっしゃる番組なので、ぜひ出させていただきたいと思って」と、以前から番組を観て自分を応援してくれていることを知っていたと明かした。

その後、過去のVTRを2人で振り返り、イモトの熱い思いを改めて知ると安室は思わず目頭を押さえ涙。イモトも「安室奈美恵さんを好きになったことを本当に誇りに思います。ずっとずっと大好きです」と積年の思いを告げた。

最後に安室から「これからもイモトさんらしく、そのままのイモトさんであってほしい。きっと私のファンもイモトさんのこと大好きだと思います」とメッセージを受け取ると、イモトもたまらず涙。最後には無事に2ショット写真を撮り、安室の展示会に掲示されることも決定した。

イモトの熱烈な“アムラー”ぶりはこれまでも番組を通じて広く知られており、昨年9月20日に安室の引退が発表されるとイモトのSNSに心配の声が殺到したほど。翌日イモトは「安室奈美恵さんと同じ時代に生まれた奇跡に感謝し、1年後の9/16まで全身全霊かけてアーティスト安室奈美恵さんを応援したいです」と投稿し、最後まで安室“命”を貫くことを宣言。その年の『紅白歌合戦』に安室の出場が決まった際には、南極ロケ中に年越しを迎えるため『紅白』が観られないと嘆く姿も放送され、大きな反響を呼んだ。

イモトが涙、安室奈美恵と念願の初対面「好きになったことを誇りに思います」 
7/29(日) 20:25配信 オリコン 
https://www.oricon.co.jp/news/2116465/full/ 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000395-oric-ent 

no title

【【泣けた】イモトが涙、安室奈美恵と念願の初対面「好きになったことを誇りに思います」】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/07/23(月) 11:00:00.09 ID:CAP_USER9
 22日に放送された日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)が平均20・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークしたことが23日、分かった。同番組の大台突破は6月17日放送回以来で、約1カ月ぶり。

 今回は「珍獣ハンターイモトワールドツアー in ベナン」が放送され、イモトアヤコ(32)が113カ国目の西アフリカ・ベナン共和国を訪れた。また、「世界の果てまでイッタっきり in エチオピア」では、24時間テレビのチャリティーランナーにも決まったお笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(33)が「エチオピアの火山で1曲歌うまでイッタっきり」に挑戦した。

 番組の最後には、9月に引退する歌手の安室奈美恵(40)が次週29日の放送で出演することが明らかに。安室の大ファンであるイモトが対面を果たすとみられる。予告映像では、イモトの後ろに、安室がこっそり立っている場面があり、大きな反響を呼んだ。

2018年7月23日 10:25
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/23/kiji/20180723s00041000170000c.html

画像
no title


関連スレ

安室奈美恵「イッテQ」出演決定! 29日放送「それは、パパラッチロケのはずだった」

【【視聴率】イモト体当たりロケと安室出演予告「イッテQ」約1カ月ぶりの大台突破wwwwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/07/22(日) 21:22:23.39 ID:CAP_USER9
 歌手の安室奈美恵(40)が日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)に出演することが22日、分かった。この日放送の最後に予告編で発表された。放送は来週29日。

 この日の本編が終わると「次週、イッテQ!史上最大のサプライズ」とナレーションとテロップ。イモトアヤコ(32)が大ファンの安室の台湾公演へ。「安室奈美恵と2ショット撮影を狙う」という番組側の指令に、イモトは「バカ野郎」。その後「それは、安室ちゃんと2ショットを狙う――パパラッチロケのはずだった」という意味深なナレーションとテロップが流れた。

 そして「あなたのファンになれて、本当に私は幸せでしたって心から思いました。ありがとう、安室ちゃん。25年間、ありがとうございました、本当に」とイモトの声に、安室が涙を流す1ショットが重なった。「次週、完全公開」とあおり、イモトの背後に安室が控える映像に「ええ?」というスタジオ観覧の声が…。最後は「次週 イモト感動の台湾ツアー 最愛の安室ちゃんと2Sを狙う」のテロップが表示された。

2018年7月22日 20:45
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/22/kiji/20180722s00041000386000c.html

画像
no title

【安室奈美恵「イッテQ」出演決定! 29日放送「それは、パパラッチロケのはずだった」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/20(金) 23:12:51.90 ID:CAP_USER9
 9月16日に引退する歌手の安室奈美恵さんが表紙を飾った女性ファッション誌「andGIRL(アンドガール)」(エムオン・エンタテインメント)の8月号がこのほど、発売され、安室さんはインタビューで、これまでの人生のターニングポイントを「30歳前後かな」と告白している。

 世間でブームを巻き起こした20歳のときよりも、「30歳前後」が自身の転機と話した安室さん。「30代の音楽活動は、充実していましたね。
周囲に自分の意思を素直に話せるようになったし。いろんな音楽に挑戦しながらも、自分では詩や曲を作らないと決めたのもこの頃」と話した。

 その理由について「何度かチャレンジしたけど、それほど向いてないなと(笑い)。自分の頭にある理想の音楽やライブを表現するには、私が書くより、信頼するプロに意思を伝えて任せた方がいいかなと」「そもそも、私は自分が全部を完璧にやれるとは思わないんです。時間は有限だから、苦手なことを無理にやるより、私がやるべきパートをさらに磨いた方がいいかなって」と明かしている。

 同号では、巻頭特集「いままでも、これからも!『いつも心に安室奈美恵』」を掲載。安室さんに「どんな30代を過ごしてきたのか?」を聞くインタビューのほか、30代前後の“アラサー女性”が選んだ安室さんの楽曲ベスト3を紹介する企画も掲載された。また俳優の山下智久さん、竹内涼真さんも登場。ファッション企画「『まんま真似(まね)するだけ!』夏のシーン別!誰より可愛いワンツーコーデ」なども掲載されている。
690円。

毎日キレイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000005-maikirei-ent
no title

【<安室奈美恵>人生の転機は「30歳前後」 「詩や曲を作らないと決めた」】の続きを読む