芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

安室奈美恵

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/07/22(日) 21:22:23.39 ID:CAP_USER9
 歌手の安室奈美恵(40)が日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)に出演することが22日、分かった。この日放送の最後に予告編で発表された。放送は来週29日。

 この日の本編が終わると「次週、イッテQ!史上最大のサプライズ」とナレーションとテロップ。イモトアヤコ(32)が大ファンの安室の台湾公演へ。「安室奈美恵と2ショット撮影を狙う」という番組側の指令に、イモトは「バカ野郎」。その後「それは、安室ちゃんと2ショットを狙う――パパラッチロケのはずだった」という意味深なナレーションとテロップが流れた。

 そして「あなたのファンになれて、本当に私は幸せでしたって心から思いました。ありがとう、安室ちゃん。25年間、ありがとうございました、本当に」とイモトの声に、安室が涙を流す1ショットが重なった。「次週、完全公開」とあおり、イモトの背後に安室が控える映像に「ええ?」というスタジオ観覧の声が…。最後は「次週 イモト感動の台湾ツアー 最愛の安室ちゃんと2Sを狙う」のテロップが表示された。

2018年7月22日 20:45
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/22/kiji/20180722s00041000386000c.html

画像
no title

【安室奈美恵「イッテQ」出演決定! 29日放送「それは、パパラッチロケのはずだった」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/20(金) 23:12:51.90 ID:CAP_USER9
 9月16日に引退する歌手の安室奈美恵さんが表紙を飾った女性ファッション誌「andGIRL(アンドガール)」(エムオン・エンタテインメント)の8月号がこのほど、発売され、安室さんはインタビューで、これまでの人生のターニングポイントを「30歳前後かな」と告白している。

 世間でブームを巻き起こした20歳のときよりも、「30歳前後」が自身の転機と話した安室さん。「30代の音楽活動は、充実していましたね。
周囲に自分の意思を素直に話せるようになったし。いろんな音楽に挑戦しながらも、自分では詩や曲を作らないと決めたのもこの頃」と話した。

 その理由について「何度かチャレンジしたけど、それほど向いてないなと(笑い)。自分の頭にある理想の音楽やライブを表現するには、私が書くより、信頼するプロに意思を伝えて任せた方がいいかなと」「そもそも、私は自分が全部を完璧にやれるとは思わないんです。時間は有限だから、苦手なことを無理にやるより、私がやるべきパートをさらに磨いた方がいいかなって」と明かしている。

 同号では、巻頭特集「いままでも、これからも!『いつも心に安室奈美恵』」を掲載。安室さんに「どんな30代を過ごしてきたのか?」を聞くインタビューのほか、30代前後の“アラサー女性”が選んだ安室さんの楽曲ベスト3を紹介する企画も掲載された。また俳優の山下智久さん、竹内涼真さんも登場。ファッション企画「『まんま真似(まね)するだけ!』夏のシーン別!誰より可愛いワンツーコーデ」なども掲載されている。
690円。

毎日キレイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000005-maikirei-ent
no title

【<安室奈美恵>人生の転機は「30歳前後」 「詩や曲を作らないと決めた」】の続きを読む

8a6163c6

1: なまえないよぉ~ 2018/07/15(日) 22:12:21.93 ID:CAP_USER9
7月15日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜夜7:58-8:54、日本テレビ系)で流れた予告に安室奈美恵の姿が登場し、放送直後から話題になっている。

流れた予告は、イモトアヤコが台湾で安室と2ショットが撮れるかという企画。放送日は「近日公開」とされている。

イモトは、空港に降り立った安室を人混みの中から眺め、「安室ちゃん!」と叫ぶしかできない状況。その後、ゲテモノを食べるロケに移行。

しかし、視聴者を驚かせたのは次のシーン。そのゲテモノを必死で食べるイモトの姿を別室モニターらしきところから、大笑いして見詰める安室の姿が。

SNSでは「安室ちゃんとイモトは会えるってこと!?」「イモト良かったね(泣)」「絶対見なきゃ! いつ放送?」と、大反響。

イモトはこよなく愛する安室と会えたのか。そして、いつ放送されるかは後日発表される。

https://thetv.jp/news/detail/154649/ 
2018/07/15 21:22 

【【ついに来た!】安室奈美恵、待望の「イッテQ!」出演か!? 衝撃の予告映像に期待の声wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/28(木) 04:59:12.74 ID:CAP_USER9
今年9月16日に引退する歌手の安室奈美恵が7月27日発売の雑誌「NYLON JAPAN」9月号のカバーガールに登場する。

日本を代表するファッションアイコンとして君臨し続けてきた歌姫・安室が、今話題の最高級ファッションブランドLouis Vuittonのモノグラムコートをドーリーにまとった圧巻の表紙に。

安室奈美恵スペシャルイシューとなった9月号では、Paris Hiltonなどのセレブリティのシューティングを手掛ける若手新進気鋭フォトグラファーCHARLOTTE RUTHERFORD(シャーロット・ルザフォード)がLAより来日し、撮り下ろした20ページに渡る史上最強のカバーストーリー。同誌でしか見られない極彩カラーのおとぎ話のようなヴィヴィッドな世界観に仕上がった。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


2018.06.27 18:00 
安室奈美恵、前髪ぱっつん“ドーリー”姿が可愛すぎ 

「NYLON JAPAN」9月号(カエルム、7月27日発売、表紙:安室奈美恵)/画像提供:カエルム)
no title

https://mdpr.jp/news/detail/1775825

【安室奈美恵、前髪ぱっつん“ドーリー”姿が可愛すぎwwwww 】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/04(月) 04:22:54.40 ID:CAP_USER9
 9月16日での引退を表明している歌手の安室奈美恵(40)が3日、東京ドームでソロ史上最多80万人を動員した5大ドーム&アジアツアー「namie amuro Final Tour 2018~Finally~」(国内17公演、アジア6公演)を締めくくった。5万2000人を前に涙、そして笑顔で別れを告げた。故郷・沖縄などでラストライブを行う可能性は十分残されているが、引退まで残り3か月の活動は“白紙”のまま、最後の花道となるラストツアーを終えた。

 笑顔を浮かべながらも、安室の涙はずっと止まらなかった。最後に恩師・小室哲哉氏(59)が作詞作曲した「How do you feel now?」を歌い上げ、16人のダンサー一人ひとりと抱き合った。そしてステージに一人残り、マイクを手にした。

 「昨年、発表させていただきました。今年の9月16日をもって引退させていただきます。9月16日以降、私がこうしてステージに立つことはありません。だからこそ、この25年間が、私の中で、とてもとても大切な思い出になりました」

 ラストは、5万2000人に「最後は笑顔で。みんな元気でね~! バイバ~イ!」と別れを告げた。8年ほど前から地上波のテレビに出演しなくなり、ライブでもほとんどMCを挟まずにパフォーマンスに徹してきたが、今ツアーは各公演でファンに思いを伝えてきた。だが、今まで必ずライブの最後に口にしてきた「またね」という言葉はなかった。

 今ツアーは、この日を含め80万人を動員。ソロでは小田和正(12年、74万人)を抜いて史上最多となった。95年からのソロツアー22度での通算動員数は497万人になった。

 応募総数273万通のリクエストをもとに数々の代表曲を織り交ぜ。30曲を歌い上げた。過去の自分とシンクロさせる映像も盛り込み、ファンを歓喜させた。

 92年に14歳で「SUPER MONKEY’S」の一員としてデビュー。10代から40代まで史上初4世代にわたるミリオンヒットを記録し、40歳の誕生日を迎えた昨年9月20日に1年後の引退を電撃発表した。

 絶頂期での引退は、安室なりの美学だった。昨年11月のNHK特番「安室奈美恵『告白』」では、初めて引退が脳裏をよぎったのが20代後半だったこと、20周年の5大ドームツアー(12年)後の引退を考えながら踏みとどまり、その時に25周年を引退のタイミングに定めた心境などを吐露した。その中で「引退ってネガティブなイメージがあったりするけど、一つの通過点」とも語っていた。

 今ツアーは「ファイナルツアー」と銘打ったが、ラストライブは、いまだ明らかになっていない。この日以降の活動について、所属レコード会社は「何も決まっていません」とした。先月23日に沖縄県庁で県民栄誉賞を授与された際には「引退までの時間、一生懸命活動していきたい」と語っていた。デビューから25年。平成音楽史にその名を刻んだ歌姫は、104日後に引退する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000362-sph-ent
no title

【安室奈美恵、いつもの「またね」なく「バイバーイ」史上最多80万人動員ラストツアー閉幕】の続きを読む