芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

孤独のグルメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
syokuji_okazu_noseru

1: なまえないよぉ~ 2022/03/31(木) 22:59:13.97 _USER9
俳優の松重豊さんが主演を務める連続ドラマシリーズ『孤独のグルメ』の配信オリジナル作品『孤独のグルメ~美味しいけどホロ苦い…井之頭五郎の災難~』が、22年3月31日から配信されます。
久住昌之先生・作、谷口ジロー先生・画の同名マンガを実写化した同シリーズは、輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメ作品。今回はそのなかでも、SNSなどで「神回!」と話題になった、至福のグルメを紹介します。

●神奈川・川崎の焼肉 名言「人間火力発電所」も誕生
シーズン1で最も話題にあがるのが、第8話「神奈川県川崎市 八丁畷の一人焼肉」のおいしそうな肉の数々。お得意様を空港まで送り、ふと川崎に立ち寄った五郎が焼肉店へやってきて、至福の焼肉タイムが始まります。五郎はお通しのキャベツから始まり、カルビ、ハラミ、コプチャン(小腸)、シビレ、ジンギスカンなどを、次々と豪快に平らげていきました。

ひとりひとつ用意される網に次々と肉を乗せ、「ウォ~ン!」と雄たけびを上げながら食べ続ける五郎が発した「まるで、人間火力発電所だ」は、名言として、視聴者の脳裏に焼きつきました。インターネットでも、「おいしそうに焼肉を食べる五郎さんも印象的だった」「『人間火力発電所』は忘れられません」「名言すぎた」という声も溢れており、神回と呼ばれるにふさわしい人気エピソードとなりました。

●骨まで食べれられる「蒸し鶏」、肉の塊「毛沢東スペアリブ」
シーズン4の第9話「渋谷区神宮前の毛沢東スペアリブと黒チャーハン」も、人気が高いエピソードのひとつです。
東京・神宮球場の周辺を歩いていた五郎は、「家庭料理鉄板中華」という看板に惹かれ、店内へ。そこで、10時間蒸して骨まで食べられるという「蒸し鶏」や「スペアリブの湖南風炒め(通称:毛沢東スペアリブ)」、「黒チャーハン」を食すという展開でした。 

●霜降り肉の「すき焼き」、卵かけご飯、うどんの贅沢コース
シーズン5の第12話「東京都豊島区西巣鴨の一人すき焼き」のすき焼きも話題となり、多くの視聴者が聖地巡礼したようです。同話では、西巣鴨の駅近くの不動産屋さんに来た五郎が、「すきやきしゃぶしゃぶ」の看板を見つけ入店。U字のカウンター席で、「上州すきやき定食」を食すという回でした。スジが入った霜降り肉や野菜を頬張りつつ、牛肉を乗せた「卵かけご飯」や卵とじうどんが登場しました。

これらのエピソード以外にも、東京の「広島風お好み焼き」「一人ちゃんこ鍋」「回転寿司」、静岡の「生ワサビ付わさび丼」、大阪の「好み焼き定食と串かつ」、群馬の「一人ロースター焼肉」など、視聴者の胃袋を刺激したグルメが続々登場しています。

https://magmix.jp/post/84570

【『孤独のグルメ』ネットで話題の神回3選】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
syokuji_okazu_noseru

1: なまえないよぉ~ 2022/01/10(月) 23:24:55.38 _USER9
大みそかの夜に放送された紅白歌合戦の裏番組の視聴率が出揃い、テレビ東京の「孤独のグルメ」が大健闘していたことが分かった。

やはり「紅白歌合戦」(第2部21時~23時45分)は強い。“番組史上ワースト”とはいうものの、平均世帯視聴率は34.4%(個人24.8%)と断トツ。


対する民放の同時間帯における平均世帯視聴率は以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。

①テレビ朝日「ザワつく!大晦日 一茂良純ちさ子の会」(20時~23時)9.3%(個人5.4%)

②フジテレビ「大晦日はRIZIN」(20時~23時)7.4%(個人4.6%)

③テレ東「孤独のグルメ2021大晦日スペシャル 激走!絶景絶品・年忘れロードムービー」(22時~23時30分)6.1%(個人3.5%)

④日本テレビ「笑って年越したい!笑う大晦日」(21時~24時30分)5.6%(個人3.5%)

⑤TBS「THE鬼タイジ大晦日決戦in鬼ヶ島」(19時40分~23時45分)3.9%(個人2.8%)


テレ朝の「ザワつく」がトップに躍り出る一方、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ」が、11年連続で民放トップを独走していた日テレは、10ポイント以上落とし、首位から転落。


2021年の年間視聴率で、個人視聴率では全日、プライム、ゴールデンの「三冠」を達成した日テレだが、世帯視聴率では、テレ朝にプライムでトップの座を奪われ、ゴールデンでも同率首位に迫られた同局にまたしても衝撃が走った。日テレ関係者はこう話す。

「ダウンタウン頼みで企画力が落ちていることが露呈しました。今更、芸人が飲み食いしながら内輪受けでダラダラやる番組など、昔のフジテレビのノリじゃあるまいし、視聴者には到底、受け入れられない。かといって、ダウンタウン復活もないでしょう。局は検討委員会を設置し、新たな次回の企画を募るつもりのようです」


一方、17年から5年連続で「孤独のグルメSP」を放送していたテレ東。
過去4年は平均視聴率4%台だったが、今回は初の5%超えとなり、民放3位に食い込む大健闘となった。

躍進の理由について、ドラマに詳しいコラムニストのペリー荻野氏はこう話す。


■最も安心して見ていられる

「中高年にとっては、他局に比べ“最も安心して見ていられる番組”だったからだと思いますね。本来それは、おなじみの人がおなじみの曲を歌っている紅白でした。しかし今年は様相が違っていた。中高年にとっては、見ていても、まさに“孤独”が募るラインアップで、仲間外れにされちゃった感じさえする。そうした人が、おなじみの五郎さんにチャンネルを合わせたのだと思います」

同ドラマは、12年にスタートした同局の人気ドラマで、昨年夏には「Season9」が放送されていた。


「テレ朝が『相棒』や『科捜研の女』を人気ドラマに育てあげたのと同じように、“テレ朝方式”でコンテンツを大切にして、ジワジワと浸透させ、育ててきた成果だと思いますね。また一人でも、家族と会話しながらでも見られるところもいいと思います」(ペリー荻野氏)

多くの人に支持されて、松重豊演じる井之頭五郎は、全然孤独じゃなかったと言えそうだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/a507854ecd8a68cc26755a2d078c29153d278ff3

【【視聴率】大晦日の民放、テレ東が『孤独のグルメ』で大躍進! 1位テレ朝、2位フジに続く民放3位の大健闘 TBSやる気無さすぎwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
syokuji_okazu_noseru

1: なまえないよぉ~ 2022/01/05(水) 09:55:01.27 _USER9
 昨年大みそかに放送された俳優・松重豊(58)主演のテレビ東京ドラマ「孤独のグルメ 2021大晦日スペシャル 激走!絶景絶品・年忘れロードムービー」(後10・00〜11・30)の平均世帯視聴率が6・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。2017年にスタートした大みそか特番としては、19年の4・7%を1・4ポイント上回り、歴代最高を更新。例年通り「NHK紅白歌合戦」第2部(後9・00〜11・45)と重なったが、大健闘した。

 大みそかSPは17年が4・6%、18年が4・0%、19年が4・7%、20年が4・1%。5年目にして初の5%超えとなった。

 「週刊SPA!」で不定期連載された同名コミック(原作・久住昌之氏、作画・谷口ジロー氏)を映像化したグルメドキュメンタリードラマ。12年に始まり、深夜枠ながら昨年7月期に「Season9」を迎えるなど、今や同局の看板ドラマ。輸入雑貨商を営み、商用のため様々な街を訪れる井之頭五郎(松重)が一人、ふと立ち寄った店で食事をする姿を描く。

 今回は12月29日、井之頭五郎(松重豊)は京都府伊根町で年内最後の商談。商談を終え、帰路に就こうとしたところ、東京へ届け物があると商談相手の舟屋の主人・蓑田康雄(小籔千豊)に相談されるが、それは何と車だった。押しの強さに渋々了承したが、古い車の上に狭くて運転しにくい。方向も分からぬまま一路東京を目指し、迷いたどり着いたのは兵庫県丹波篠山。空腹の五郎が一軒のお店に入ると…という展開だった。

1/5(水) 9:52
スポニチアネックス

俳優の松重豊

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220105-00000081-spnannex-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f8deb2c7680d309c50b5db35b0e553b2a7b407a

【【視聴率】テレ東「孤独のグルメ」大みそかSP最高6・1% 紅白裏大健闘 5年目にして初の5%超え】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/25(土) 18:16:30.22 _USER9
松重豊が主演を務める『孤独のグルメSeason9』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の最終話が、9月24日に放送。松重演じる井之頭五郎が注文した洋食メニューに、ネット上では「間違いない」「王道中の王道」などの声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

作・久住昌之、画・谷口ジローによる同名漫画が原作の本作は、主人公の五郎が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。

商談のため、神奈川県の伊勢佐木長者町にあるお米屋さんを訪れた五郎。店主である伊藤良介(ずん・飯尾和樹)との話もそっちのけで、その店で売られている「にんにくおむすび」が気になってしまう。しかし、商談が終わる頃には、全て完売。五郎は空腹を抱えたまま、店を探すことに。

五郎が見つけたのは、雰囲気のある昔ながらの洋食レストラン。「そうだよ、横浜といえば洋食もありだ。ファミレス普及以前のファミリーレストランに違いない」と店内に入った五郎は、さっそく牛ヒレの生姜焼きと、ハンバーグステーキのランチセットを注文する。デミグラスソースがかかった“ド直球”のハンバーグと、“大当たり”の生姜焼きを食べた五郎は「子供の頃、家族で行ったデパートの大食堂を思い出す」としみじみ。

そして、「まだ全然入るぞ」とナポリタンスパゲッティと、チキンのシャリアピンを追加で注文する。昭和の懐かしいケチャップ味のナポリタンには、粉チーズとタバスコをたっぷり。「ナポリタンは俺の胃袋の初恋相手だ」と微笑む五郎は、さらに「にんにくおむすびのリベンジだ」と、にんにく味の玉ねぎソースがかかったチキンのシャリアピンを食べ進む。

全て完食した五郎は、食後のコーヒーを飲みながら、「おいしく食べさせてくれた」とアットホームな雰囲気のレストランに感謝。店を出て、「さて、明日は浅草か。何を食おうかな」と、翌日の食事に思いを馳せるのだった。五郎の頼んだメニューに、ネット上では「ラストにしてど直球」「メニューの時点で間違いない」「王道中の王道だ」「美味くないわけがない」「ほのぼのと完全勝利」「最後もうまそうの連発だった」などのコメントが寄せられ、同時に最終話を迎えた本作についても、「楽しみが1つ減ってしまった」「寂しい」「来週からないの辛い」「今からseason10が楽しみ」「次シーズンにも期待」などの声が上がっていた。

https://dogatch.jp/news/tx/103577/detail/

no title

no title

no title

no title

【【食いすぎ】「孤独のグルメ」松重豊“五郎”が最終話に食べた王道の洋食メニューに「ラストにしてど直球」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/04(日) 21:09:38.51 _USER9
俳優の松重豊(57)が4日、インターネット番組AbemaTV「7.2 新しい別の窓」(後3・00)に出演し、大人気のテレビ東京系ドラマ「孤独のグルメ」について「あんまり人に言いたくない作品ではあった」と“黒歴史”だと思っていたことを明かした。

同番組は松重が主役の井之頭五郎役を演じ、すでにシーズン8まで続いているが、最初は「本当に台本いただいて、漫画の原作もいただいて…。テレビ東京の夜遅い時間に、ただ、俺が1人で食っているだけで、誰が見るの?どこがおもしろいの?お客さんが楽しめるはずがないって思って。何年かたって、お前こんな番組やっていたねって笑い話になると思っていた。あんまり人に言いたくない作品ではあったんです」と語った。

12年に最初のシーズンが開始、「何だか知らないけど足かけ10年」関わっているものの「どこがおもしろいのかなあ。見もしないですけど、ただ飯食っているだけだから」と松重。稲垣吾郎(46)が「どんどん人気が出てくるのを見て、どう思われたんですか?」と聞くものの「別に蜷川幸雄に“お前食べ方がなあ”って演劇指導されたわけではないじゃないですか。ただ、食べているだけで面白いって言われるのはいまだに心外です。どこを面白いって言っていただけているのか、自分ではわかっていないんです」と語った。さらに草なぎ剛(46)から「めちゃくちゃうまそうに見えますよ」と言われても「腹すかせているからね。食べないで行った方がいいと思って前の日の夜から食べていない」と松重。「ずっと待っていて、本当にイライラするし。それはおいしい表情にもなる」と語った。

松重は、自分の出演の作品は見ないといい、「孤独のグルメ」も「見てない見てない」と語ると、香取慎吾(43)も「孤独のグルメファンびっくりですよ」と驚いていた。

松重豊 いまだに理解できない「孤独のグルメ」の面白さ 「あんまり人に言いたくない作品ではあった」― スポニチ Sponichi Annex 芸能: 
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/04/kiji/20201004s00041000458000c.html 

2020年10月04日 20:05 
20201005001

【松重豊 いまだに理解できない「孤独のグルメ」の面白さ 「あんまり人に言いたくない作品ではあった」】の続きを読む