芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

好感度高すぎ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/08(日) 00:58:54.13
好感度は芸能人にとって大事な要素だ。前回、本サイトでは男性芸能人の好感度ランキングをお伝えしたが、今回は同様に10~50代の男女200人に「好感度の高い女性芸能人」について聞いてみた。

第3位は、いとうあさこ。

『ヒルナンデス!』『世界の果てまでイッテQ!』『メレンゲの気持ち』(すべて日本テレビ系)など、バラエティや情報番組で活躍中のいとうあさこ。
ロケなどでは体を張っている印象が強いが、実はお嬢様育ちで穏やかな人柄で知られている。
そんないとうには、「性格が良さそう。安心して見ていられる」(53歳/女性/主婦)、「キャリアがありトークもうまい。
人柄が良さそう」(16歳/女性/学生・フリーター)、「気取りがない。人を傷つけない感じに好感が持てる」(54歳/女性/主婦)と、幅広い世代から支持された。

第2位は、ガッキーこと新垣結衣。 新垣といえば『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ系)、『コード・ブルー』シリーズ、『リーガル・ハイ』(ともにフジテレビ系)、
『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)など、ヒットドラマに次々出演。昨年は映画やドラマの出演がなかったが、2月1日から「十六茶」の新CM“テント編”が放送され、
相変わらずのかわいさにファンから歓喜の声が上がった。新垣を選んだ人からも「かわいいから」という理由が圧倒的大多数。他には「見るだけで癒される」(38歳/男性/営業・販売)、
「女性から見てもかわいい。ずっと前から大好きです」(26歳/女性/総務・人事・事務)、「清楚でかわいくて見ているだけでほっこりする」(32歳/女性/主婦)、
「かわいいだけじゃなくて演技がうまい」(41歳/女性/主婦)、「『逃げ恥』が良かった。ドラマの影響でもっと見たいと思うから」(29歳/女性)、
「女優さんなので、当然ドラマや映画くらいでしか見る機会はありませんが、バラエティなどいろいろな番組にも出てほしい。
いろいろな顔を見たいなと思う」(39歳/男性)など、もっとテレビなどでガッキーを見たいという人も多かった。

■いつでもひたむきなおっとり美女

第1位は、綾瀬はるか。 昨年のNHK紅白歌合戦では4年ぶり3回目の紅組司会を務め、今年1月には主演ドラマ『義母と娘のブルース2020年謹賀新年スペシャル』(TBS系)が放送された綾瀬。
おっとりとした性格と透明感のある美貌で老若男女から人気が高い。
6月5日からは、2017年に放送された主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の映画版、『劇場版 奥様は、取り扱い注意』も公開予定だ。
綾瀬には、「キレイ」「かわいい」という声も多かったが、続いて「なんでも一生懸命なところ。ひたむきなイメージ」(36歳/男性/企画・マーケティング)という人も多数。
他に「時折見せる天然キャラが、嫌みがなく好感が持てる」(58歳/男性)、「性格が良さそう。出るドラマも面白い」(21歳/女性)、「嫌味がない美人さんだし、ちょっと天然なかわいさもあっていい」(45歳/女性/主婦)、
「いろんな役ができる。芸の幅広さがある」(51歳/男性)など、さまざまな理由が挙がっていた。

他にも女優では天海祐希や深田恭子、石原さとみやなど、お笑い系ではイモトアヤコ、大食いタレントのギャル曽根、マツコ・デラックスなども多くの票を集めていた。

http://dailynewsonline.jp/article/2226448/
2020.03.07 07:30 日刊大衆
no title

no title


no title

no title



【新垣結衣は2位!「好感度高すぎ」女性芸能人ランキング】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2018/03/12(月) 18:27:47.60 ID:CAP_USER9
これぞ大人の対応というものか。タレントの小島瑠璃子が3月8日、ネットニュースに対する感想をツイートし、その余裕ある態度が話題となっている。

 このツイートで小島は〈ネットニュースって嘘でしょ!?ってレベルの嘘があって面白い〉と、怒りではなく笑いに昇華するテクニックを披露。そのうえで〈嘘っていうか、、、テキトー?なのかな?〉とあしらいつつ、〈ネットニュース読むときは読む側もテキトーにね〉と締めくくっていた。この発言について芸能ライターが感心した様子で語る。

「このツイートはおそらく、3月6日発売の週刊誌『女性自身』に掲載された小島の熱愛スクープに反応したものでしょう。お相手はイケメン俳優の竹内涼真に似た長身男性で、二人は化粧品を一緒に探していたと同誌では報じています。ただ小島はツイートで記事についていっさい触れず、それどころか自分についてのニュースがあったとも語らず、あくまで一般論を口にした形になっています。これならスクープ記事を自分で広めてしまうこともないですし、ファンなら彼女の気持ちを忖度してくれるはず。そして表立ったメディア批判にもなっていないので、マスコミから敵視されることもありません。24歳の若さにして、実にバランスの取れた対応だと拍手喝采を送りたいですね」

 いつも笑顔を絶やさない天真爛漫ぶりで人気の小島だが、その態度はツイッター上でも一緒ということか。その姿を見れば“こじるり”が幅広い層から好かれているのも納得できるというものだ。そんな小島に対して、芸能界にはメディアからちょっと批判されただけでヒステリックに反論する小心者も少なくという。

「中には『ラジオでしゃべった内容を引用して記事を書くな』など、自分の発言に責任を持たないと宣言する者まで現れる始末。しまいにはネット記者やニュースサイトを根絶やしにしてほしいと言い出す者までいて、その言論封殺ぶりには身の毛もよだちますね。それに比べて小島の『読む側もテキトーにね』というツイートがどれほど平和なのか。彼女が情報番組で重宝される理由がわかろうというものです」(前出・芸能ライター)

 千葉県内の進学校から伝統ある女子大に進学するも、タレント業が多忙になって中退していた小島。だが、芸能界で、大学で学べる以上のことを身につけているようだ。

http://www.asagei.com/100187

【だから好かれる?小島瑠璃子のネット記事あしらいが好感度高すぎだった!】の続きを読む