芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

好きな顔

1: なまえないよぉ~ 2019/03/07(木) 09:09:30.08 ID:eBTGpJTg9
 乃木坂46を卒業した西野七瀬が5日放送のカンテレ『グータンヌーボ2』に出演。タレントのゆきぽよ、若槻千夏とトークを展開し、好きな男性のタイプなどの話で盛り上がった。

 ゆきぽよから「アイドル時代にこの人、イケメンだなって思うことは?」と聞かれた西野は「思います。思います」とうなずき、若槻から具体的な顔を尋ねられた。

 西野は「二重じゃない人がいいです」と話し、「パチッていう…が、なんか苦手で」と目力の強い人が得意ではないと説明。
ゆきぽよが「塩顔だ」と指摘すると、西野は大きく相槌を打ちながら「塩顔だ、塩顔です」と肯定した。

 そして、ゆきぽよが好きな顔として「向井理さん」を取り上げると、西野は何度も「うん」と応じ、「カッコイイですね」と同意した。

 ただ、若槻は「向井理さん、二重だった気がするけど?」と西野の主張との食い違いを突っついたが、ゆきぽよと同時に「奥二重じゃないですか?」とした西野。その場は爆笑に包まれ「奥二重は好きなんですよ」とし、その場で若槻がスマホで向井が「奥二重」であることを確認した。

 また、「行ってみたいデートスポット」を尋ねられた西野は、「一人でスーパー行った時とかに、カップ麺のコーナーで、カップルが指さしてああだこうだやってたんですよ」と説明。カップルの仲睦まじそうな雰囲気が「すごいうらやましいなって」とすると、ピュアな状況描写に2人は驚きの様子を見せていた。

 この日の放送で、西野は自宅の部屋についても紹介。「シンプルです。シンプル、質素です」とし、
「ベッドカバーとか枕は全部、無地のグレー」と女の子らしいものは置いていないようだ。

 観葉植物やサボテンも枯らしてしまったという西野。「1回、お花をドライフラワーしようと思って逆さに吊るしてたんですよ」と話したが、仕事が忙しくそのまま置いたままにしていたところ、「虫の卵があったみたいで」と当時を振り返り、2人を引かせていた。

ミュージックヴォイス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00010001-musicv-ent
no title

【元乃木坂46西野七瀬さん、好きな顔は向井理 ← おまえら惨敗wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/16(月) 18:23:55.56 ID:CAP_USER9
「週刊ポスト」2018年7月13日号(小学館)が、「日本のセックスシンボル」についての調査結果を発表した。

男性があこがれる女性芸能人をランキング形式で掲載した。ベストテンは、1位:壇蜜(37)、2位:五月みどり(78)、3位:橋本マナミ(33)、4位:杉本彩(49)、5位:石原さとみ(31)、6位:深田恭子(35)、7位:菜々緒(29)、8位:由美かおる(67)、9位:松坂慶子(65)、10位:吉永小百合(73)という結果に。

 中高年のおじさんが主な読者層となっている「週刊ポスト」らしいランキング。壇蜜主演映画『地球防衛未亡人』の河崎実監督は、同誌に「壇蜜は怪物みたいなものですよ。髪は黒髪で古風な顔立ちで、しかも谷崎潤一郎や三島由紀夫なんかの日本文学や映画にも詳しい。ちょっと学歴のあるオヤジだったらイチコロでしょう」というコメントを寄せていた。やはり壇蜜のおじさん受けは大迫並みに半端ではないらしい。

 70年代にポルノ映画で大活躍した五月みどりや、“国民の愛人”橋本マナミ、“エロスの女王”とも呼ばれていた杉本彩が上位に続いているのも、読者層を考えれば妥当。しかしこのランキングで5位に石原さとみがランクインしているのは、大健闘ではなかろうか。

 もう少し対象年齢層が低めのランキングであれば、石原さとみが上位常連なのもうなずける。

「ORICON NEWS」の「恋人にしたい女性有名人ランキング」で石原さとみは、2016年~2018年まで3回連続で4位。こちらは「10代」「20代」「30代」「40代」「50代」の幅広い年齢層を対象にしており、20代の調査対象者からは「性格が明るそうだから、一緒にいて楽しそう」という声が寄せられていた。

 どちらかといえば若者の支持を集めている印象の石原さとみだが、「週刊ポスト」の読者からも人気となれば、おじさんウケも抜群ということになる。性格的にはセクシーというより快活なイメージだが、やはりおじさん世代的には白肌と厚い唇がセクシーポイントなのだろうか。7月11日に放送された『高嶺の花』(日本テレビ系)の第1話でも、石原さとみの真っ赤な唇を際立たせるようなシーンが。もはや彼女の唇は、女優としての“武器”にもなっている。

 一方でファッション誌「GINGER」(幻冬舎)のインタビューでは、「ぽてっとした唇だったり、濃い感じの眉やまつげがそんなに好きじゃないんです」と告白。本人としては“コンプレックス”に思っているようだ。

 しかし石原さとみの「顔」は、若者からおじさんまで幅広い男性を虜にしており、その上で多くの女性たちからも「なりたい顔」として支持されている。もう全方位無敵だ。

messy2018年7月16日16時00分
https://news.infoseek.co.jp/article/messy_65731/?ptadid=

写真
no title

【<石原さとみが強すぎ!>老若男女問わず「好きな顔」だと判明wwwwwww】の続きを読む