芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

女子アナ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/28(日) 15:23:12.00
まず1人目は赤木野々花アナだ。
彼女は岡山県出身で90年8月8日生まれの29歳である。

慶応義塾大学の総合政策学部を卒業後、13年4月に入局すると、徳島放送局に赴任した。
そこで「とくしまニュース845」などのニュース番組や県内のニュース・中継リポートを精力的にこなしている。

さらに15年春には大阪放送局へと異動、そこでも夕方のニュースワイド「ニュースほっと関西」をメインで担当するなど、一貫して報道畑での活躍が目立っている。

17年4月からは東京アナウンス室に配属され、「NHKニュースおはよう日本」の平日の前半パートのキャスターに就任(近江友里恵アナと隔週で担当)。いわば局の“早朝の顔”となった。
しかし、この番組は1年で降板してしまったため、お茶の間にあまり浸透しなかった。

だが、そんな赤木アナの魅力はニュース/報道番組よりも他の演者とやりとりをするバラエティ番組で発揮される。

今年3月17日からMCを担当している「うたコン」(火曜19:57~20:42)ではもう一人の司会者・谷原章介(47)と軽妙なやり取りを毎回展開し、評判になっているという。

続いて2人目は池田伸子アナである。
86年に新潟県で生まれた34歳。
お茶の水女子大学生活科学部を卒業後、09年4月に入局した(余談だが、同期入局の佐々木彩アナ[33]はお茶の水女子大学生活科学部からの仲である)。

初任地は熊本放送局で、なんと着任してすぐにNHK熊本放送局の地上デジタル放送推進大使という大役を担った。

また、11年3月の東日本大震災の後には盛岡放送局に応援として派遣され、災害情報を中心にローカルニュースを担当していたこともある。

その後、12年4月に名古屋放送局へと異動、ニュースのほか、東海・北陸地方向けの音楽番組「Uta-Tube」(2012~16)の初代MCなどを担当することに。

そのハードワークぶりから“鉄人”という異名で視聴者からは呼ばれていたという。

最後にご紹介するのは、現在「サタデースポーツ」(土曜・21:50)と「サンデースポーツ2020」(日曜・21:50)を担当している副島萌生アナだ。

彼女は91年12月28日生まれで、現在28歳である。
生まれは青森県で、慶応義塾大学を卒業後の15年4月に入局、初任地は大分放送局だった。

この入局4年目での東京アナウンス室勤務は、現在「ニュースウオッチ9」のメインキャスターを務める和久田麻由子アナと同じ、異例の人事と言われる。

そして担当することとなったのが、先述した週末夜の看板スポーツ番組である。
彼女に対するNHKの期待の大きさが分かろうというものだ。

そのルックスは、目鼻立ちのはっきりとしたキレイ系の和風美人顔で明るくまぶしい笑顔は魅力的だし、何よりスポーツ番組を担当するうえで重要な“健康的な雰囲気”を身体全体から漂わせている。

さらにアナウンス能力も抜群である。
少し高めのハイトーンボイスがはつらつとしていて絶妙に耳に心地よい。

以上が今、注目して欲しい、まだいる実力派のNHK女子アナウンサー3人である。

最後に、この中から将来的にNHKのエース女子アナになれそうな人材を1人選ぶとなると、やはり一番若い副島アナだろうか。

来年に東京オリンピックが開催されるかは分からないが、その中継や関連番組で大活躍を見せれば、1つの上のステージに駆け上がるに違いない。

(全文はコチラ)
http://news.yahoo.co.jp/articles/f5a8cb11cfa1ab9c3448a5296281128166f9c94a

赤木野々花アナ
no title

池田伸子アナ
no title

副島萌生アナ
no title

【赤木野々花(29)、池田伸子(34)、副島萌生(28)…NHK女子アナ“隠れた実力派”3人の魅力 将来のエースアナは?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/09(土) 18:54:26.25
 1位 田中みな実 
 2位 加藤綾子
 3位 水卜麻美
 4位 高島彩
 5位 滝川クリステル
 6位 夏目三久
 7位 内田恭子
 8位 宇垣美里
 9位 皆藤愛子
 10位 高橋真麻
 11位 桑子真帆
 12位 大橋未歩
 13位 生野陽子
 14位 宇賀なつみ
 15位 弘中綾香
 16位 鷲見玲奈
 17位 三田友梨佳
 18位 竹内由恵
 19位 中野美奈子
 20位 安藤優子

■1位は「田中みな実」 元TBS
2014年の退社後は、フリーアナウンサーとしてバラエティー番組などで活躍しています。
2017年9月20日号の雑誌『an・an』では「美乳強化塾」と題し、肘でバストを隠した肘ブラで表紙を飾りました。
これ以降、注目されたのが美バストと、ストイックな美意識。

セクシーさだけではない健康美は、女性からも絶大な支持を集め、
2019年12月に発売されたファースト写真集『Sincerely yours...』は60万部を突破。
ストイックに鍛え上げたみな実ボディーは誰もが憧れるスタイルですね。

■2位は「加藤綾子」 元フジテレビ
フジテレビの看板アナウンサーとして活躍し、現在はフリーアナウンサーとしてバラエティー番組や報道番組などマルチに活躍しています。
ほっそりとした二の腕、キュッと引き締まったウエスト、
きれいに浮き出た鎖骨…そんなスレンダーな体形でもしっかり存在するバストは女性の理想のスタイル。
無理なダイエットでは敵わない、持ち前の素材の良さを感じます。
彼女の清楚系ファッションも魅力的で、お手本にしている女性も多いのではないでしょうか。

■3位は「水卜麻美」日本テレビ
 ミトちゃんの愛称で親しまれている日本テレビアナウンサーの水卜麻美。たくさん食べることで知られ、
ロケでは大きな口を開けておいしそうに食べる姿が印象的。そんな飾らない姿と愛嬌で勝負という姿勢は、
これまでの女子アナのイメージをガラリと変えました。
美白でふっくらとした肌の質感からか、ぽっちゃりキャラとしていじられることもありますが、
同局の後輩・徳島えりかが「脱いだらすごい」「くびれもすごい」と番組で明かすほど、実は美ボディーなミトちゃん。うらやましい限り!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
 有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答) 調査期間:2020年3月12日~2020年3月12日
no title

http://www.zakzak.co.jp/ent/news/200506/enn2005060005-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/ent/news/200506/enn2005060005-n2.html
https://ranking.goo.ne.jp/column/6530/ranking/52589/

【実は美乳だと思う女子アナランキング】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/08(金) 23:42:05.69
頭脳明晰で容姿端麗、そんな才色兼備を地でいく女性アナウンサーはいつの時代も注目されてきました。
最近は仕事ぶりに加えて、ファッションやスタイルにも注目が集まっています。そこで今回は、美乳だと思う女性アナウンサーについて聞いてみました。

■1位は「田中みな実」!
元TBSアナウンサーの田中みな実。2014年の退社後は、フリーアナウンサーとしてバラエティー番組などで活躍しています。
2017年9月20日号の雑誌『an・an』(マガジンハウス)では「美乳強化塾」と題し、肘でバストを隠した“肘ブラ”で表紙を飾りました。
これ以降、注目されたのが美バストと、ストイックな美意識。セクシーさだけではない健康美は、女性からも絶大な支持を集め、
2019年12月に発売されたファースト写真集『Sincerely yours...』(宝島社)は60万部を突破。ストイックに鍛え上げたみな実ボディーは誰もが憧れるスタイルですね。

■2位は「加藤綾子」!
元フジテレビアナウンサーの加藤綾子。
フジテレビの看板アナウンサーとして活躍し、現在はフリーアナウンサーとしてバラエティー番組や報道番組などマルチに活躍しています。
ほっそりとした二の腕、キュッと引き締まったウエスト、きれいに浮き出た鎖骨…そんなスレンダーな体形でもしっかり存在するバストは女性の理想のスタイル。
無理なダイエットでは敵わない、持ち前の素材の良さを感じます。彼女の清楚系ファッションも魅力的で、お手本にしている女性も多いのではないでしょうか。


■3位は「水卜麻美」!
ミトちゃんの愛称で親しまれている日本テレビアナウンサーの水卜麻美。たくさん食べることで知られ、ロケでは大きな口を開けておいしそうに食べる姿が印象的。そんな飾らない姿と愛嬌(あいきょう)で勝負という姿勢は、これまでの女子アナのイメージをガラリと変えました。美白でふっくらとした肌の質感からか、ぽっちゃりキャラとしていじられることもありますが、 同局の後輩・徳島えりかが「脱いだらすごい」「くびれもすごい」と番組で明かすほど、実は美ボディーなミトちゃん。うらやましい限り!

ニュースキャスターやナレーター、司会、時にはタレントさながらの活躍もする女性アナウンサー。
異性にこびたセクシーさではなく、自分が納得できるまで美を追及する姿勢は多くの女性から支持を集めています。

実は美乳だと思う歴代女子アナランキング 

https://www.zakzak.co.jp/smp/ent/news/200506/enn2005060005-s1.html


1位田中みな実
2位加藤綾子
3位水卜麻美
4位高島彩
5位滝川クリステル
6位夏目三久
7位内田恭子
8位宇垣美里
9位皆藤愛子
10位高橋真麻

11位以降はこちら
https://ranking.goo.ne.jp/column/6530/ranking/52589/
4f4b7d7e1

【実は美乳だと思う歴代女子アナランキング】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/29(日) 16:55:28.78
TBSの宇内梨沙アナ(28歳)が3月28日、自身のInstagramで、同僚女子アナたちのセーラー服集合写真を披露している。

宇内アナはこの日、29日放送の番組「TBS春の大改編プレゼン祭」を告知。同番組は「TBSアナウンサー8人がそれぞれ新番組を担当し体を張って新番組を宣伝します」という内容で、女子アナ6人、男子アナ2人がそれぞれセーラー服、学生服を着ている。

女子アナは宇内アナのほか、日比麻音子アナ(26歳)、若林有子アナ(23歳)、山本里菜アナ(25歳)、篠原梨菜アナ(23歳)、伊東楓アナ(26歳)。男子アナは熊崎風斗アナ(30歳)、喜入友浩アナ(26歳)の計8人だ。

これにファンからは「ひゃーーーかわいいいい」「皆さんセーラー服珍しくないですか??」「宇内さん、セーラー服似合いすぎ」「セーラー服も良いんだけど、男子の学生服も似合いすぎww」「ひびちゃんこれもう現役やろ……」などの声が上がっている。

https://www.narinari.com/smart/news/2020/03/59154/all#more
20200329006

【TBS女子アナ6人“セーラー服姿”で集合】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/09(日) 03:31:44.60
〝かわい過ぎる棋士〟として人気を博していた元棋士・現役女子大生タレントの竹俣紅が、フジテレビアナウンサーに内定したとの報道が駆け巡っている。

竹俣は有名進学校に通っていた14歳のときに女流棋士となり、大学は早稲田大学に現役で合格。
以降、将棋界のみならず、容姿や学歴を生かして芸能界でも活躍し、『Qさま!』(テレビ朝日系)や『東大王』(TBS系)といったクイズ番組にたびたび出演していた。

昨年3月には日本将棋連盟を退会し、自身のブログで《大学に入って、さまざまな価値観に触れたことで、そうではない生き方をしてみたいと思えるように…》とコメント。
将棋以外の道に進むため退会したことを明かし、その後の去就には注目が集まっていた。

またお得意の〝経歴採用〟か…
あれから約1年、今度は〝女子アナ〟としてメディアをにぎわせた竹俣。しかし、ネット上ではフジテレビに対し、

《ビジュアル重視じゃなくアナウンス力のある女子アナを育てた方がいいと思うけど》
《キー局のアナウンサー試験が、いかに「コネ」が大事かがよく分かる良い事例だと思う》
《「元〇〇」という話題性が通用するのは、最初のうちだけ》
《フジも話題作り必死だな》
《アイドルアナの時代は終わったでしょうに》

など、〝話題性重視の採用〟だと冷ややかな視線が向けられている。

「アナウンサーの選考基準に知名度や看板が影響していることは公然の秘密。フジ所属時代に採用担当もしたことがあるというフリーアナウンサー・笠井信輔も、
昨年放送された『林先生の初耳学』(TBS系)でこれを認めるような発言をしています。笠井は未来のアナウンサーを養成する企画『女子アナ学』で模擬面接を担当したのですが、
高校卒業後にアパレル業界で働き、自力で学費を稼いでから大学に入ったと明かす候補生に『このエピソードは最強。〝経歴合格〟の方に入るんですよ』とコメント。

少林寺拳法で世界4位になったという候補生にも『〝経歴合格〟の方に入るんですよ』と口にし、アナウンサー志望者として注目を浴びるためには経歴も大事な要素だと説いていました」(テレビ誌ライター)

元『乃木坂46』の日本テレビ・市來玲奈、テレビ朝日・斎藤ちはる、元『AKB48』の福岡放送・小林茉里奈など、以前にも増して〝芸能出身〟の女子アナが氾濫している昨今のテレビ界。
彼女たちの採用に〝経歴〟が影響していることは想像に難くないが、竹俣もその一員と見る他ないだろう。

何はともあれ、メディア不信やテレビ離れが進んでいる今、本来は〝伝達役〟である女子アナのタレント化が進んでいけば、結局は〝エロい目の餌食〟になりかねない。
本人にそのあたりの覚悟がしっかりとあればいいのだが…。

http://dailynewsonline.jp/article/2185890/
2020.02.08 17:31 まいじつ

no title

20200209004

no title

no title

no title

【フジテレビ“経歴合格”で女子アナ内定? 元女流棋士 竹俣紅に呆れ声】の続きを読む