芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

女優復帰

1: なまえないよぉ~ 2018/09/13(木) 18:02:08.40 ID:CAP_USER9
女優・歌手としてマルチな活躍をみせる「のん」が、9月6日の大阪公演を皮切りに広島、福岡、仙台、そして東京・日比谷野外大音楽堂を巡る五大都市ツアーをスタートさせた。

「これに先立ち5月には、初アルバム『スーパーヒーローズ』をリリース。12曲のうち5曲はのん自身が作詞作曲。周囲に振り回されず自分らしくあることを歌ったまっすぐな歌詞が多く、NHK朝ドラ『あまちゃん』で音楽を担当した大友良英氏も『ギターのリズムがすごくいい。まさかこんなに成長するとは。会うたびに上手くなっている。パンクだよ、この子は』と絶賛のコメントを寄せています」(音楽ライター)

 アルバムには先の大友氏のほか、高橋幸宏、矢野顕子、尾崎亜美といった大物アーティストも楽曲を提供。さらに、矢野顕子の楽曲「わたしはベイベー」の最後には、あの忌野清志郎の肉声が特別収録されるなど超豪華すぎるメンバーが話題となった。さらに9月30日に行われる日比谷野外大音楽堂でのライブには、なんとRCサクセションのギタリストで忌野清志郎の盟友でもあった仲井戸麗市の「仲井戸麗市BAND」が参加決定。音楽業界のレジェンドたちのバックアップに、驚きの声も上がっている。

「大物アーティストの応援の他にも、『あまちゃん』の縁で岩手県、映画『この世界の片隅に』の縁で広島県など、お世話になった人たちとCMやイベント出演で交流を深め、今も高い人気を誇っています。こうした追い風に乗って、そろそろ女優としてドラマや映画に登場する日も近いのではないでしょうか」(スポーツ紙デスク)

 そこで注目されているのが、来年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」への出演である。
「大河ドラマ『いだてん』は、宮藤官九郎が脚本を担当、チーフプロデューサーや演出家も『あまちゃん』と一緒ですし、宮藤とのんは、今も連絡を取り合う親しい間柄のようです。しかも『あまちゃん』で共演した橋本愛も浅草の遊女役で出演。復帰するなら、この作品しかないと思うのですが…」(前出・スポーツ紙デスク)

 もしサプライズででも出演が叶えば話題性は十分。橋本と二人でまた、歌声を披露して欲しいものだ。

のん来年のNHK大河『いだてん』で女優復帰か 宮藤官九郎氏が脚本、橋本愛も出演 
2018年09月13日 17時50分 
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12251-085297/ 
no title

のん、大御所のバックアップで遂に「あのドラマ」で女優復帰!? 

 (窪田史朗)

【のん来年のNHK大河『いだてん』で女優復帰か】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/10(日) 12:55:27.76 ID:CAP_USER9
昨年2月、所属事務所を退所、芸能界から“引退”した堀北真希(29)が、10月からスタートするフジテレビ系の月9ドラマで、女優復帰する可能性が出てきた。
2015年8月に俳優山本耕史(41)と電撃婚後、翌年12月に第1子を出産。育児に専念していると思われていたが、状況が急変したようだ。
大物芸能人夫婦のバックアップに加え、堀北なき後、旧所属事務所の稼ぎ頭となった桐谷美玲(28)が三浦翔平(30)と結婚秒読みとなったことが影響しているという。

人気女優だった堀北が交際0日で山本と“電撃入籍”し、世間を驚かせたのは3年前。翌16年12月に出産した第1子も今年で満2歳となる。
昨年2月、堀北は「これまでやってきたお仕事から離れることを決意しました」とコメントを残し、所属事務所を退所した。

ところが、ドラマ制作会社関係者は「フジのドラマスタッフが、子育てが一段落した堀北に連ドラ復帰を持ち掛けているんです。前事務所も今では堀北の復帰を歓迎していますからね。
早ければ10月期の月9で復帰となるとの情報が流れてますよ」と注目発言する。

堀北の復帰については、この4月、大物芸能人夫婦との家族ぐるみの交際が報じられていた。

「堀北は昨年の声明文でも最後まで『引退』の2文字を出さなかったんです。それはいずれ芸能界に戻るつもりだったから。

4月中旬、女性週刊誌に今井美樹・布袋寅泰夫妻との食事会での会話がスッパ抜かれたでしょ。布袋から『子育てが落ち着いたら、
女優に復帰した方がいいよ』と言われた堀北が『実はドラマの話もいただいているんです』と答えていた」(女性誌関係者)

堀北にドラマの話を持ち込んでいたのは“月9”のスタッフだった。ドラマオファーの話を聞いた今井、布袋夫妻は「私たちが主題歌を作ろう」とまで言ったともいう。

だが、堀北と前事務所との関係は復帰への障害になっていた。

「結婚、母親願望が強かった堀北でしたが、ジャニーズの嵐・櫻井翔との交際、結婚を事務所に反対された。
山本と交際0日で、電撃婚をしたのも事務所への当てつけといわれ、以来、険悪な関係となっていた」(芸能プロ関係者)

ところが、その事務所も状況が変わってきた。現在の稼ぎ頭の桐谷が三浦と“結婚秒読み”となったことが、堀北復帰の追い風となりそうだ。

「桐谷は結婚を機に女優業を引退し、キャスターとモデル業だけで活動したいとの意向。そうなると事務所にとっては稼ぎ頭の桐谷による売り上げが減ることになりそう。
堀北の復帰は願ってもない話に変わった。事務所と堀北が和解、再所属が無理でも、夫の山本の個人事務所と業務提携の形をとるなど、復帰となれば方法はいくらでもありますからね」(前出の芸能プロ関係者)

ドラマや映画で主役を張ってきた堀北が結婚、出産を経て復帰が実現すれば話題性は十分。低迷するフジテレビの月9の救世主になる可能性も出てきた。

6/10(日) 11:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000003-tospoweb-ent

写真
no title

【<堀北真希>10月スタートのフジ月9で女優復帰か?復帰が実現すれば話題性は十分】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/04(月) 05:04:45.30 ID:CAP_USER9
 女優の仙道敦子さんが、7月スタートの連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)で、1995年放送の単発ドラマ「テキ屋の信ちゃん5 青春 完結編」(同局系)以来、23年ぶりに女優復帰することが4日、分かった。仙道さんはヒロインのすず(松本穂香さん)の母・浦野キセノを演じる。

 「この世界の片隅に」は、こうの史代さんの名作マンガ。「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞した。戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれた。コミックスの累計発行部数は120万部を突破しており、劇場版アニメが16年に公開され、ロングヒットを記録。女優ののんさんがすずの声優を担当したことも話題となった。

 ドラマの脚本は、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」などで知られる岡田惠和さん、演出は連続ドラマ「カルテット」「逃げるは恥だが役に立つ」(ともにTBS系)の土井裕泰さん。作曲家の久石譲さんが、民放連ドラでは約24年ぶりに音楽を手がける。7月からTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される。

2018年06月04日 
仙道敦子:23年ぶり女優復帰 「この世界の片隅に」ですずの母役 

 連続ドラマ「この世界の片隅に」で23年ぶりに女優復帰する仙道敦子さん(下段左から2番目)ら (C)TBS
no title

https://mantan-web.jp/article/20180603dog00m200031000c.html

【仙道敦子 23年ぶり女優復帰 「この世界の片隅に」ですずの母役】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/12(水) 11:16:14.64 ID:CAP_USER9
「スラッと長い美脚に、完璧なくびれ。思わず見惚れてしまいました」(居合わせた客)

都内のスーパーで女性客からの視線を集めていたのは、黒木メイサ(29)だ。6月7日、
彼女は夫・赤西仁(33)との間に第2子となる男児を無事出産したことをツイッターで発表した。

それから約1カ月後の7月4日。自宅近くの高級スーパーで買い物をしている黒木を本誌は目撃。
店内を闊歩しながら、野菜や果物などの生鮮食品を真剣な表情で吟味。そして1時間近くかけて
選んだ食材を持ってレジへ。会計を済ませると自宅へ帰って行ったーー。

実は、この日は赤西の誕生日。愛する夫のために、黒木は手料理を振舞ったようだ。

「彼女は出産後、自炊中心の食生活を心がけ、ダイエットに励んでいます。赤西さんの
バースデーケーキも、桃とさくらんぼでできた“果物ケーキ”でした」(黒木の知人)

努力が功を奏したのか、この日も産後1カ月とは思えないほどスリムだった黒木。しかし
体型維持の秘訣は、食生活だけではないという。

「彼女は、中村アン(29)さんが通っていることで知られる芸能人御用達ジムでトレーニングを
続けてきました。ダンベルなどを使ったハードなメニューなので、今はお休み中のようですが……」
(スポーツジム関係者)

産後トレーニングについて、専門トレーナーのAMP代表・稲垣純弘さんはこう語る。

「一般的には1カ月検診で問題がなければ運動OKです。産後トレーニングは、出産前に身体を
鍛えていた人ほど効果が早く出ます。通常1年以上かかるところ、黒木さんのような
トレーニング経験者なら3カ月で元の体型に戻すこともできるでしょう」

黒木は6月14日のツイッターにも《トレーニングはいつ再開できるのかな?》と綴っている。

「黒木さんが出産直後から体型を気にするのは、最速で仕事に復帰したいからです。
ストイックな黒木さんですから、そろそろ“鬼トレ”を再開するのでは」(芸能関係者)

2児のママになった黒木が、さらに輝きを増して復帰する日も近そうだ。

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170712-00010003-jisin-ent
no title

【黒木メイサ「最速で女優復帰を…」産後1カ月で鬼トレ再開】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/06/06(火) 05:07:08.62 ID:CAP_USER9
美少女子役として活躍した吉川愛(17)が7月スタートの日本テレビ系日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(放送時間未定)で1年半ぶりに女優復帰することが5日、分かった。

 吉川は5歳のとき、吉田里琴(りこ)の名でデビュー。2007年のTBS系「山田太郎ものがたり」で嵐・二宮和也(33)演じる主人公の妹役などを演じて話題に。しかし、学業専念を理由に、昨年4月に芸能界を引退した。

 一般人となり、パン店で人生初のアルバイトを経験。「日焼けを気にせずに屋外プールへ行ったり、好きなものを好きなときに食べたり」と、普通の女子高生として過ごした。当初、復帰の意志はなかったが、女優業への意欲がふつふつと再燃。思いを募らせる中、大手芸能事務所、研音にスカウトされ、今年4月に改名して復帰した。

 翌5月、ファッションイベント「TGC CAMPUS」で仕事復帰し、今月から「愛してたって-」の撮影に入る。主人公(福士蒼汰、24)に思いを寄せ、婚約者(川口春奈、22)に敵対心を持つ女子高生役を熱演する将来のスター候補は「緊張します」と初々しい表情。「二階堂ふみさんみたいな、いろんな役になりきる女優さんになりたい」と瞳を輝かせた。


役衣装の制服姿で、愛くるしい笑みがはじける吉川愛。アルバイトで接客を経験し、「積極的に話せるようになった」と成長を実感=東京・千代田区二番町 (撮影・矢島康弘)(写真:サンケイスポーツ)
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00000503-sanspo-ent.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00000503-sanspo-ent

【吉田里琴改め吉川愛!連ドラ出演で1年半ぶりに女優復帰へ】の続きを読む