芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

天海祐希

1: なまえないよぉ~ 2017/11/10(金) 17:40:44.65 ID:CAP_USER9
11月5日、『日曜もアメトーーク!』(テレビ朝日系)の2時間スペシャルが放送。ゲスト出演した女優の天海祐希(50)の発言が、視聴者の共感を得たようだ。

この日の放送では、「仲良し同居芸人」を特集。メイプル超合金のカズレーザー(33)や、チュートリアルの徳井義実(42)らが、芸人同士の同居の良さをプレゼンした。

そのプレゼンを見ていた天海は、同居についての感想を聞かれたものの、まったく乗り気ではない様子。
そして、天海のことを“一番美しい人”と絶賛するカズレーザーが、同居候補者としてラブコールを送ると、
天海は「家に人がいることがイヤ」とバッサリ。さらに「一人がいい」と、何度も繰り返して拒絶した。

自分の考えをキッパリ言い切る天海に、視聴者は大ウケ。また、そんな天海の姿勢に感動する人も多かったようだ。
ネットには「天海さんが言うとめっちゃ心強い!」「天海祐希が言うからこそ価値のある発言」「このまま独身を貫きそう」
「すっごく美人なのに、こういうこと言えるのカッコいい」「人には人のスタイルがあるから、そういう考え方をハッキリ示してくれるのうれしい」と、天海を称賛するコメントが相次いでいた。

「天海は、以前にも“生涯独身宣言”をして話題になりました。モントリオール世界映画祭に、主演映画『恋妻家宮本』が出品された際の舞台あいさつで、
“結婚するつもりは1ミクロンもありません”と断言。仕事で主婦役を疑似体験しているので、結婚する必要はないと説明していましたね」(芸能誌ライター)――何かと頼もしい存在!

http://dailynewsonline.jp/article/1374389/
2017.11.10 08:30 日刊大衆

no title

【天海祐希「一人がいい」独身宣言が大好評!?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/06(月) 05:39:06.47 ID:CAP_USER9
女優の天海祐希(50)が5日放送のテレビ朝日系「日曜もアメトーークSP」に出演し、「家に人がいることがイヤ」と仰天告白した。

 この日のトークテーマは「仲良し同居芸人」で、天海が理想の女性ナンバーワンというメイプル超合金のカズレーザー(33)が出演。カズレーザーはトレンディエンジェルのたかし(31)ら芸人仲間5人で同居しているという。

 同居生活のエピソードを聞いた天海は「お節介好きな女の人は楽しそうですね」と論評。
カズレーザーが「天海さん?」と期待すると、天海は「家に人がいることがイヤだから」と言い放ち、「一人がいい。一人がいい。一人がいい」と、「一人がいい」を3回も繰り返した。

 また、カズレーザーは「京本政樹さんと及川光博さんと天海祐希さんが俺は一番美しいと思ってるんで」と、独特の表現で天海を称賛。
「この後ヒマなんですかね?良かったらウチでみんなで飲み…」と天海を誘い、「この後って…!」と、あぜんとさせていた。

2017.11.05. 

天海祐希が仰天告白「家に人がいることがイヤ」 「一人がいい」を3回繰り返す 


 
天海祐希
no title

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/05/0010707589.shtml

【天海祐希が仰天告白「家に人がいることがイヤ」 「一人がいい」を3回繰り返すwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/27(土) 12:29:31.34 ID:CAP_USER9
フジテレビの連続テレビドラマ『貴族探偵』の第6話が22日に放送され、平均視聴率7.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と、またもダウンした。
同ドラマは、フジの月曜夜9時台の連ドラ枠“月9”が今クールで30周年を迎え、その記念作として人気ジャニーズアイドルグループ嵐の相葉雅紀を主演に据えた作品だが、惨敗状態に陥っている。テレビ局関係者が語る。

「最近の月9は毎クールのように低視聴率が話題となり、前クールの『突然ですが、明日結婚します』では“月9史上最低視聴率”をマークしてしまいました。
そこで今クールの『貴族探偵』では、フジはジャニーズ事務所に頭を下げて、なんとか相葉に出演してもらったという経緯もあり、多額の制作費・宣伝費を投入し、
さらには中山美穂、松重豊、滝藤賢一、生瀬勝久、仲間由紀恵、広末涼子という主役級の豪華俳優陣を揃え万全の体制で臨んだにもかかわらず、結果は大コケ。
そのため、すでに決まっている次クールの『コード・ブルー』の次、秋クールのスポンサー確保とキャスティングが難航したため、フジ内は一旦は月9枠打ち切りに傾きました」

当サイトも今月、フジが月9打ち切りの方向に動いていると報じたが、ここにきて、なんとか秋クールも月9継続のメドが立ったという。

「秋クールはもともと木村拓哉主演の人気シリーズ『HERO』が放送される予定でしたが、『貴族探偵』の撃沈に加え、放送開始の9月がちょうどSMAP元メンバーの契約更新タイミングに当たり、
一部メンバーが退社する可能性もあり、そうなれば昨年の解散騒動で戦犯扱いされた木村のさらなるイメージ悪化も懸念される。
さらに、ジャニーズとベッタリの関係だったフジの亀山千広社長の退任が決まったこともあり、ジャニーズは正式に木村の出演を断り、企画は白紙となりました。
しかし、フジはなんとか主役に篠原涼子を押さえることに成功し、月9続行が決まったのです」(前出と別のテレビ局関係者)

●市長モノ

では、そのドラマの内容は、どのようなものなのであろうか。

「篠原がシングルマザーの役で、待機児童問題で子供を保育園に預けられないという状況を変えるため自ら市長になり、
過去にキャバクラ嬢として働いていた過去が暴かれ批判を受けたりしながらも奮闘するというストーリーです。
古田新太などの出演がすでに決まり、篠原の夫・市村正親の出演も検討されています。篠原主演ということで、なんとかスポンサー確保のメドもたったようです」

ちなみに、キャスティングをめぐっては興味深い動きもあったと、同関係者は言う。

「フジは天海祐希にも出演オファーしましたが、天海主演で現在放送中の連ドラ『緊急取調室』(テレビ朝日系)のスペシャル版が12月に放送されるという理由と、
昨年フジで放送された天海主演の『Chef~三ツ星の給食~』が大コケしたという理由で、天海の事務所は断ったようです」

いずれにせよ、なんとか放送にこぎつけた月9だが、この篠原ドラマが“月9ラストの作品”になる可能性も高いと、別のテレビ局関係者は指摘する。

「通常、連ドラは2クール前には企画内容やキャスティングが固まりますが、『貴族探偵』に引き続き
『コード・ブルー』も最初の数話が惨敗となれば、その時点で年内いっぱいでの月9枠打ち切りをフジは決定する可能性は十分にあるでしょう」

フジの窮地は続く。

http://dailynewsonline.jp/article/1315210/
2017.05.27 06:40 ビジネスジャーナル

フジテレビ

【フジ月9秋、天海祐希は出演拒否…篠原涼子「市長モノ」放送へ、木村拓哉『HERO』消滅】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/01(土) 15:06:16.61 ID:CAP_USER9
新垣結衣「2017年 カレンダー 壁掛け」トライエックス/広瀬すず「17才のすずぼん。」集英社
no title

 3月29日、ビデオリサーチ社が毎年2回(2月・8月)実施している「テレビタレントイメージ調査」の調査結果(2017年2月度)が発表された。「女性タレント人気度」では、半年前の調査で9位だった新垣結衣(28)が2位に上昇し初のトップ3入り、首位は前回・前々回と変わらず綾瀬はるか(32)だった。綾瀬は同調査ランキングの上位常連で、安定感ある強さを誇っている。

 さらに3月30日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、同誌調査による『「好きな俳優」「嫌いな俳優」2017』を発表したのだが、こちらでも綾瀬と新垣の“強さ”がまざまざと表れる結果が出ている。このランキングは読者アンケートおよびメルマガ会員を対象に調査・集計したもので、総投票数は6900通超だったという。

 1位こそ「文春」読者たちが心から応援している“のん”(能年玲奈)なのだが、2位に新垣結衣、3位に綾瀬がつけ、ふたりの得票数はわずか2ポイント差の大接戦。ビデオリサーチ社の調査とは反転した結果となっている。加えてこちらで5位の天海祐希(49)は、ビデオリサーチ社の好感度調査でも上位常連である(2017年2月度は3位)。この3人は好感度という観点では女優界“三強”といって差し支えないだろう。



 翻って、文春調査の「嫌い」のみにランクインした女優にも注目してみたい。まずは不動の首位・泉ピン子に次ぐ2位に躍り出た広瀬すず(18)だ。前田敦子と藤原紀香を挟んで、5位に有村架純(24)、8位に高畑充希(25)、10位に吉田羊と意外な面々が並ぶ。前田や藤原はともかくとして、いずれもテレビCMに映画にと引っ張りだこの“旬”の女優たち。すでに全国的な知名度を獲得し、女性向けファッション誌の表紙を飾る機会も多い彼女たちが、「好き」には一切名前が上がらず「嫌い」のみにランクインしているのは不思議な現象である。人気者のはずなのにどうして?

 おまけに、ビデオリサーチ社の調査をもう一度見てみると、20位に吉田羊、47位に広瀬すずが入っているが、有村と高畑は圏外。映画やCM起用は多く、その顔と名前を目にする機会も頻繁ではあるものの、まだまだ「好感度」という点では先輩女優たちに及ばないということなのかもしれない。

 ちなみに、ビデオリサーチ社の調査と「文春」ランキングを見比べてわかるのは、阿部寛(52)の無双ぶりである。前者では3期連続1位、後者では連続2位の座をキープ。当然CM契約も日本コカ・コーラや積水化学、三菱東京UFJ銀行、日本航空など一流どころと多数結んでいる。特にビデオリサーチ社の調査では<俳優>という枠内ではなく、所ジョージや明石家さんまなどを押さえての1位。万人ウケするイケメンではなく濃い顔立ちでアクの強い役者であるが、その好感度は業界随一なのだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1296283/

【綾瀬はるか・新垣結衣・天海祐希が女優界三強!売れっ子のはずの高畑充希・有村架純・広瀬すず・吉田羊は嫌われ…?】の続きを読む