芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

大爆死

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/15(金) 09:07:11.72
11月9日放送のバラエティ番組「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ) に、桜井日奈子がゲスト出演した。同番組で桜井は、催眠術にかかる姿が注目を集めたという。

「桜井といえば11月6日、芸能人が学校生活を送るバラエティ番組『BACK TO SCHOOL!』(フジテレビ系)の第2回に出演。
しかし11月10日の『日刊大衆』によると、視聴率が2.9%の大爆死だったそうです。

同番組は先週オンエアの初回に、タピオカドリンク店オーナーへの恫喝問題で炎上している木下優樹菜が出演したことで批判が殺到していたため、桜井のファンからは『木下の影響で番組から視聴者が離れたのではないか?』『出演のタイミングが悪すぎただけ』と同情する声も飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

http://dailynewsonline.jp/article/2073190/
桜井日奈子

【木下優樹菜の影響?桜井日奈子出演のバラエティ大爆死に同情の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/03(日) 22:54:50.17
アメリカでは今週公開となった映画『ターミネーター ニュー・フェイト』。
シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』のその後の世界を描く正当続編として大きな期待が寄せられていた本作だったが、興行収入は散々な結果に終わったようだ。

米経済誌フォーブスによれば

・『ターミネーター ニュー・フェイト』がこの世の終わりのような爆死を遂げた

・製作費は1億8,500万?1億9,600万ドル(約212億円)と言われる本作。北米における初日興行収入は当初4,000万ドル前後(約43億円)の予想も、たった1,060万ドル(約11億円)に終わった

・初週の興行収入は2,670万ドル(約29億円)と見込まれているが、これは『アリータ バトル・エンジェル』や『ターミネーター 新起動/ジェニシス』にも劣る数字だ。いまや『ターミネーター』は死にもできないし、生きることも許されないSFシリーズになってしまった

・本作は『ターミネーター2』以来、アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェームズ・キャメロン、リンダ・ハミルトンが製作に復帰した期待作だった

・しかしもはや『ターミネーター』は観客に求められていないブランドなのだ

・観客が求めていないものを繰り返し出す制作陣の”思い上がり”には正直ゾッとする。「これなら飛びつくだろう」という彼らの安直な態度が劇場から人を遠ざけてしまっているのだ。いまやストリーミングやテレビネットワークには『ターミネーター』という”過去の栄光”を超える作品があるからだ

http://yurukuyaru.com/archives/81395083.html
no title

【期待の新作『ターミネーター ニューフェイト』が大爆死 この世の終わりのような興行収入だと話題にwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
00bed3

1: なまえないよぉ~ 2019/02/23(土) 14:59:21.60 ID:rqJI2BYF9
去る2月13日、ソロアーティストの板野友美が最新シングル『すき。ということ』をリリース。
『AKB48』在籍時には絶大な人気を誇っていた彼女だったが、売り上げは〝悲惨〟極まりないという。

今回の楽曲は恋愛がテーマ。MV(ミュージック・ビデオ)では恋人との日常が描かれており、板野が目覚めとともに彼氏役の男性へキス。
その後、一緒に海へデートに行くなど、自然体の姿が収められた。

同MVは1月24日に公開され、2月21日現在の再生回数は160万回超えと大反響。当然、CDの売り上げも期待できると思ったのだが…。

https://youtu.be/ikXYksWpZo0




オリコンランキングによると、『すき。ということ』の初週売り上げは2906枚。ランキングは初登場29位という大爆死状態で、地下アイドルらにも敗北。
さらに屈辱的なことに、元『AKB48』の演歌歌手・岩佐美咲が同タイミングで販売したシングル
『恋の終わり三軒茶屋』は、初週9307枚を売り上げて16位にランクイン。板野はトリプルスコアで敗北を喫している。

?

下位メンに下剋上された板野友美
「岩佐の『AKB総選挙』最高位は33位。一方、板野の最高位は4位で、AKB時代の人気の差は歴然。
このような現状になるとは、誰も予想できなかったことでしょう。板野の凋落ぶりがよく分かる結果です」(アイドルライター)

板野のCD売り上げの落ち方は、シャレにならない。

「2011年のソロデビューシングル『Dear J』は発売初週で16万枚強を売り上げ、初登場2位を獲得するほど絶好調だった。
しかし、年々売り上げは落ち、16年以降の初週はトップ10圏外に。それでも10位台でとどまっていたのですが、今年はいきなり30位間近にまで転落してしまいました。
板野は安室奈美恵に憧れているようですが、どう考えてもこれでは無理。早急な路線変更が必要でしょう」(音楽誌記者)

13年に開催された、板野として最後の『AKB総選挙』では、約6万3000票を獲得していた。しかし、今回のCD売り上げは3000枚弱。6万人のファンはどこにいったのだろうか…。

http://dailynewsonline.jp/article/1704126/
2019.02.23 11:02 まいじつ

【ともちん こと板野友美さんの最新シングルが地下アイドル以下の大爆死wwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
d7977_929_spnldpc-20180928-0086-001-p-0[1]

1: なまえないよぉ~ 2018/10/12(金) 17:28:07.20 ID:CAP_USER9
10月9日に放送された有村架純主演のテレビドラマ「中学聖日記」(TBS系)第1話の視聴率が、6%だったことがわかった。
この記録は、ドラマの初回としてはかなり低い数字だという。

「近年、大爆死したドラマといえば、一時視聴率3%台を記録した渡辺麻友主演『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)ですら初回は6.2%。
また一時2%台で劇場版も中止となったAKIRA主演『HEAT』(フジテレビ系)も、初回は6.6%を記録しており、『中学聖日記』はそれらも下回る悲惨なスタートとなってしまいました。
このまま数字を下げ続ければ、打ち切りの可能性も出てくるでしょう」(テレビ誌記者)

同ドラマは、中学生と女教師の禁断の恋を描いた作品なのだが、放送後は一部視聴者から「設定が気持ち悪い」
「登場人物の行動に感情移入できない」「学生役の俳優がまったく中学生に見えない」など、批判的な意見が多く飛び交っている。

そんな中、心配されるのが主演を務めている有村のメンタルだという。

「10月1日発売の『フラッシュ』によると、有村はドラマ撮影と同時期に公開された主演映画『コーヒーが冷めないうちに』のPR活動で、かなり多忙だったとのこと。
そんな疲れからか、ドラマの宣伝で出演したあるバラエティ番組の収録中では、泣きながら途中退場してしまったそうです。
それだけに、もしドラマで結果を残せなかった場合、主演の有村は責任を感じて、ますますメンタルを病んでしまうのではないかとファンを心配させています」(前出・テレビ誌記者)

とはいえ、若者を中心にSNSなどでは大きな反響を呼んでおり、有村の可愛さも絶賛されている「中学聖日記」。何とかここから挽回し、彼女の頑張りが報われるといいのだが。

http://dailynewsonline.jp/article/1539054/
2018.10.12 15:10 アサ芸プラス

【有村架純が本番中に号泣!?「中学聖日記」大爆死でメンタル崩壊の危機!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/09/24(日) 10:50:38.31 ID:CAP_USER9
女優の水原希子に災難が続いている。

 9月7日、飲料メーカーの公式ツイッターが彼女出演するビールCM動画を紹介したところ、投稿欄に彼女が韓国人とアメリカ人のハーフであることと絡めて、差別的なコメントが相次いで寄せられる事態となったことは記憶に新しい。メーカー側も困惑し、遺憾のコメントを出したほどだ。

「彼女がここまでヘイトの標的になっていることにメーカー側もビックリしたと思いますが、こればかりは本当に気の毒な話。しかも、追い打ちをかけるように水原は本業の女優でも災難が続いてしまったんです」(週刊誌記者)

 というのも、サブカルコミックの原作で、妻夫木聡とW主演をはたした映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男をすべて狂わせるガール」が予想を大きく下回る「大爆死」となってしまったのだ。

「公開前は水原もテレビなどに多数出演して宣伝にいそしんだ『奥田民生に──』。ところが9月16日に257スクリーンと大々的に公開されるも、初日から『各回で観客が平均10人以下』というネット情報も飛び交うなど、まったくの不入り。初週の土日で7500万円では、おそらく最終で興収3~4億円。水原自身はなかなかの“狂わせガール”ぶりを熱演しているんですが、ヘイト騒動があったばかりというタイミングに関連させて、もともと水原嫌いのネット住民から『水原だから爆死した』といった批判コメントも増産されています。一昨年の超大作『進撃の巨人』2部作でもなぜか大コケ戦犯の1人にされていましたし、こんなことが続くと、今後は主演扱いの映画はなくなるかもしれません」(CD&DVD専門誌記者)

 この記者の証言どおり、ネット上には、「ほんとにガラガラだった。希子ちゃんはけっこう色っぽくてよかったけどな~」といった擁護の声もある一方で、「新垣結衣なら絶対見たのに」「この人が主演というだけでゴメンナサイです」「これだけ嫌われてるのに(水原を)使うほうがバカ」など、ヘイトの続きのようなコメントがアップされている。

 今後、彼女をキャスティングする際には各方面から細心の注意が払われるはずだが、心ないヘイトにこそ具体的なメスを入れる必要があるはずだ。

(飯野さつき)

出演作をコケさせガール!?水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事! 
http://www.asagei.com/excerpt/89379 
Posted on 2017年9月24日 09:59 

20170924_asagei_mizuhara

【水原希子ムービーが「観客10人」の大惨事】の続きを読む