芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

大河ドラマ

1: なまえないよぉ~ 2019/08/07(水) 16:15:15.93
俳優の長谷川博己さん主演で、2020年に放送されるNHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の新たな出演者が8月7日、発表された。尾野真千子さん、向井理さん、風間俊介さん、伊吹吾郎さんが出演する。

尾野真千子さんは旅芸人の女座長の娘・伊呂波太夫(いろはだゆう)役、向井理さんは室町幕府第13代将軍・足利義輝役、風間俊介さんは徳川幕府の創始者・徳川家康役、伊吹吾郎さんは東海最強の戦国大名・太原雪斎役で出演。伊呂波太夫は、架空の人物となる。

「麒麟がくる」は、安土桃山時代の武将・明智光秀が主人公。1991年放送の「太平記」を手がけた池端俊策さんによるオリジナルで、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけて戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」になる。

 私怨により本能寺で織田信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才・明智光秀を、史料がほとんど残っていない20代の青春時代から描写。また、革新的な「魔王」のイメージが強い光秀の主君・信長についても、最近の研究で見直されている保守的かつ中世的な側面も強調し、父の信秀から実直に受け継いだ財政面、経営面での才覚も描く。さらに親子2代で美濃を乗っ取ったという説に基づく斎藤道三、反織田勢力を自由自在に操り、室町幕府の再興をなそうとする権謀術数に長(た)けた第15代将軍足利義昭や、若く野心にあふれる細川藤孝、松永久秀、今川義元など、一癖も二癖もある群雄たちが、戦国時代を舞台に、縦横無尽に活躍する内容になるという。

大河ドラマは現在「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が放送中で、「麒麟がくる」は2020年1月スタートを予定。

https://mantan-web.jp/article/20190807dog00m200016000c.html 
2019年08月07日 


no title

no title

no title

no title

【2020年大河ドラマ「麒麟がくる」新キャスト発表】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/05(月) 11:14:57.54
 4日放送のNHK大河ドラマ「いだてん」の視聴率が、関東地区で7・8%、関西地区で5・5%だったことが5日、分かった。

 同ドラマは序盤から視聴率不振が続き、1けたから脱出できない状況が続いている。(数字はビデオリサーチ日報調べ)

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/08/05/0012580314.shtml 
2019.08.05 
20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

【【視聴率】大河「いだてん」圧倒的低視聴率で安定wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/07/16(火) 09:31:30.38
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第27回が、14日に放送され、関東地区の平均視聴率が7・6%だったことが16日、ビデオリサーチの調べで分かった。

同作は第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、大河ドラマ史上最低の数字を記録し、第23回も6・9%と2週続けて6%台を記録するなど低迷を続けているが、これで第6回から第27回まで22話連続で1桁の数字となった。

第27回は、アムステルダム五輪での水泳選手団の活躍を受け、田畑政治(阿部サダヲ)が次回ロサンゼルス大会での必勝プランを練るほか、悲願だった神宮プールが完成し、そのこけら落としとなった大会で田畑が天才少女前畑秀子(上白石萌歌)と運命の出会いを果たす様子が描かれた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

写真no title


7/16(火) 9:26配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-07090425-nksports-ent

【【視聴率】<NHK大河いだてん>22話連続1桁、でも安定しちゃったなwwwww】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/07/08(月) 09:43:12.05
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第26回が7日に放送され、関東地区の平均視聴率が7・9%だったことが8日、ビデオリサーチの調べで分かった。

6月9日に放送された第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、大河ドラマ史上最低の数字を記録し、翌週16日の第23回も6・9%と2週続けて6%台となるなど低迷を続け、第6回から第26回まで21話連続で1桁の数字となった。

第26回は第2部の2話目。阿部サダヲが主演を務め、64年の東京五輪招致に尽力した新聞記者の田畑政治が主人公。アムステルダム五輪が迫り、体協が相変わらず資金難に苦しむ中、田畑が記者人脈を生かし、政界の大物、大蔵大臣の高橋是清(萩原健一)に選手派遣のための資金援助を直談判する姿が描かれた。

また、アムステルダム大会では女子陸上が正式種目になり、人見絹枝(菅原小春)はプレッシャーに押しつぶされ、期待された100メートルで惨敗するが、未経験の800メートルで銀メダルを獲得した内容だった。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0)

7/8(月) 9:38配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-07080144-nksports-ent

【【視聴率】<NHK大河「いだてん」>阿部サダヲ主演2話目にして低迷、どこまで落ちるのかwwwww】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/07/01(月) 09:33:54.72 ID:GAQxx5hr9
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第25回が30日に放送され、関東地区の平均視聴率が8・6%だったことが1日、ビデオリサーチの調べで分かった。

6月9日に放送された第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、大河ドラマ史上最低の数字を記録し、翌週16日の第23回も6・9%と2週続けて6%台となるなど低迷を続け、第6回から第25回まで20話連続で1桁の数字となった。

第25回は第2部のスタートで、阿部サダヲが演じる田畑政治が主人公だった。64年の東京五輪招致に尽力した人物。30歳で死ぬと予言され、体の弱かった彼は、自分が生きている間に日本水泳を世界レベルに引き上げようと血気盛ん。朝日新聞に記者として入社し、政治家の大物にも接触。震災不況でオリンピック参加に逃げ腰の治五郎(役所広司)も驚く大量の資金援助をとりつける内容が描かれた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-06260899-nksports-ent

【【視聴率】NHK大河「いだてん」第2部スタートで爆上げwwwww】の続きを読む