芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

大河ドラマ

0794b7a0-s


1: なまえないよぉ~ 2018/01/14(日) 10:11:07.42 ID:CAP_USER9
キャスト充実の大河「西郷どん」初回ワースト2位の不思議


7日放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」は期待以上の面白さ!
初回は西郷の少年時代を描いていたが、やはり特筆すべきは島津斉彬を演じた渡辺謙の圧倒的な存在感。
ハリウッドも一目置く、日本を代表する俳優は迫力が違う。

昨年ともに不倫騒動を起こした斉藤由貴が降板したのに、渡辺が降板しないのはおかしいと一部非難する声もあったが、
役者は演じてナンボを証明したといっていい。一昨年の大河「真田丸」の草刈正雄同様、主役を食うほど存在感がある。

役者では西郷隆盛の父が風間杜夫、母が松坂慶子、大久保利通の父が平田満と「蒲田行進曲」トリオが画面に映るだけで得した気分。

ナレーションの西田敏行、島津斉興に鹿賀丈史という90年の大河「翔ぶが如く」で西郷と大久保を演じた2人が関わっているのもうれしい。
西郷の少年時代を演じた子役(渡邉蒼)もいい。NHKは相変わらず子役選びがうまい。

残念ながら初回視聴率15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は過去10年で最低、大河ドラマ史上ワースト2位だとか。
鬼の首をとったように“爆死”などと騒ぐ向きもあるが、本当に見ているのか疑問だ。

初回の視聴率の低さは前回の「おんな城主 直虎」のつまらなさが原因では。視聴習慣が途切れたせいだ。
2時間早く放送されるBSプレミアムの視聴率は4.9%と好発進。視聴者が20時の放送を待ちきれずに見たかったということだろう。

ちなみに、西郷どんのお膝元・鹿児島では視聴率34.9%と驚くべき高視聴率を獲得。
早くも西郷フィーバーが起きているとか。日曜の夜が待ち遠しい。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/221218/1

【キャスト充実の大河 「西郷どん」 初回の視聴率の低さは前回の「直虎」のつまらなさが原因、視聴習慣が途切れたせいだ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/01/09(火) 15:28:07.97 ID:CAP_USER9
俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)が7日に15分拡大でスタートし、物語の舞台となるお膝元・鹿児島で初回平均視聴率(ビデオリサーチ調べ)が34・9%と高視聴率をマークしたことが9日、分かった。

 初回平均15・4%だった関東地区と比較すると鹿児島地区の視聴率が驚異の数字と分かる。主人公・西郷隆盛は今も全国で親しまれる歴史上の偉人だが、ご当地での“西郷どん”への思い入れは強く、高い注目を集めた。

 16年の大河ドラマ「真田丸」の初回平均も、関東19・9%に対し、地元・長野地区は32・4%と熱狂。「西郷どん」も地元を中心に盛り上がりそうだ。

 大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(63)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の激動の生涯を新たな視点で描く。NHK連続テレビ小説「花子とアン」、テレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~」などで知られる中園ミホ氏(58)が初の大河脚本に挑戦。演出は野田雄介氏ら。

1/9(火) 15:23配信 
大河「西郷どん」地元・鹿児島が熱狂!驚異の視聴率34・9% 

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000110-spnannex-ent
no title

【大河「西郷どん」地元・鹿児島が熱狂!驚異の視聴率34・9%】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/01/09(火) 09:57:14.29 ID:CAP_USER9
俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)が7日に15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は15・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。

 近年の大河ドラマ初回は17年「おんな城主 直虎」=16・9%、16年「真田丸」=19・9%、15年「花燃ゆ」=16・7%、14年「軍師官兵衛」=18・9%、13年「八重の桜」=21・4%、12年「平清盛」=17・3%、11年「江~姫たちの戦国~」=21・7%、10年「龍馬伝」=23・2%、09年「天地人」=24・7%、08年「篤姫」=20・3%。

 大河ドラマ57作目。直木賞作家・林真理子氏(63)の小説「西郷どん!」(KADOKAWA)を原作に、幕末から明治維新のヒーロー・西郷隆盛(鈴木)の激動の生涯を新たな視点で描く。NHK連続テレビ小説「花子とアン」、テレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~」などで知られる中園ミホ氏(58)が初の大河脚本に挑戦。演出は野田雄介氏ら。

 第1話は「薩摩のやっせんぼ」。1840年(天保11)、薩摩の国。西郷小吉(渡辺蒼)は大久保正助(石川樹)ら町内の仲間と学問や剣術を磨く日々を過ごしていた。「妙円寺詣(まい)り」という薩摩藩最大の行事の際、一番乗りで寺に到着した小吉たちは褒美をもらい、薩摩藩の世継ぎ・島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをする。しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年に刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなる…という展開だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000082-spnannex-ent
no title

【【視聴率】大河ドラマ「西郷どん」初回視聴率は15・4% 「直虎」初回下回るwwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/29(水) 14:27:19.69 ID:CAP_USER9
NHKは29日、同局にて2019年大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」出演者発表会見を行い、新たな出演者7人を発表した。

第58作となる2019年大河ドラマ「いだてん」は、“オリンピックの歴史”を題材とし、中村勘九郎と阿部サダヲがW主演を務め、リレー形式で物語が進行。脚本は宮藤官九郎。

“オリンピックに初参加した男”金栗四三(かなくりしそう)を中村が、“オリンピックを呼んだ男”田畑政治(たばたまさじ)を阿部が演じる。

「いだてん」新キャスト発表

落語の神様と呼ばれた古今亭志ん生(ここんていしんしょう)をビートたけし、若き日の志ん生を森山未來、志ん生の弟子・五りん(ごりん)を神木隆之介、
五りんのガールフレンド・知恵を川栄李奈、浅草の遊女・小梅を橋本愛、浅草の人力車夫・清(せい)さんを峯田和伸、伝説の落語家・橘家圓喬(たちばなやえんきょう)を松尾スズキがそれぞれ演じる。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

2017.11.29 14:06 

2019年大河ドラマ「いだてん」神木隆之介、川栄李奈ら新キャスト発表 

 前列左から:神木隆之介、ビートたけし、森山未來/後列左から:川栄李奈、峯田和伸、橋本愛、松尾スズキ (C)モデルプレス
no title

https://mdpr.jp/news/detail/1731051

【橋本愛、2019年大河ドラマ「いだてん」に出演決定】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/27(月) 00:36:10.44 ID:CAP_USER9
女優・菜々緒(29)が26日放送のTBS系「情熱大陸」(日曜、午後11・00)に出演。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の撮影後のインタビューに「壁に当たった」と涙を流して胸中を語った。

 大河で悲運の徳川正室・瀬名を演じた菜々緒。前週放送分で出演が終わり、存在感を発揮したと評価が高かったが、「情熱大陸」では、モデル出身で演技は独学のため、悩むことが多いことを明かした。
 インタビューに「自分のお芝居の能力だったりとか、そういうところですね。なんか納得いかないところですね」と話した。

 涙をこぼしながら「なんでこんなにできないのかなとか、辞めたほうがいいのかなとか、考えることが多くて。ちょうど壁に当たちゃった感じですね」と悩みながらの演技だったことを告白した。

菜々緒、大河ドラマ「壁に当たった」と涙…情熱大陸で告白 
2017.11.27(Mon) 
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/27/0010767508.shtml 
no title

【菜々緒、大河ドラマ「壁に当たった」と涙…情熱大陸で告白】の続きを読む