芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

大河ドラマ

1: なまえないよぉ~ 2019/07/16(火) 09:31:30.38
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第27回が、14日に放送され、関東地区の平均視聴率が7・6%だったことが16日、ビデオリサーチの調べで分かった。

同作は第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、大河ドラマ史上最低の数字を記録し、第23回も6・9%と2週続けて6%台を記録するなど低迷を続けているが、これで第6回から第27回まで22話連続で1桁の数字となった。

第27回は、アムステルダム五輪での水泳選手団の活躍を受け、田畑政治(阿部サダヲ)が次回ロサンゼルス大会での必勝プランを練るほか、悲願だった神宮プールが完成し、そのこけら落としとなった大会で田畑が天才少女前畑秀子(上白石萌歌)と運命の出会いを果たす様子が描かれた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0)

第26回は7・9%(関西地区6・5%)

写真no title


7/16(火) 9:26配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-07090425-nksports-ent

【【視聴率】<NHK大河いだてん>22話連続1桁、でも安定しちゃったなwwwww】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/07/08(月) 09:43:12.05
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第26回が7日に放送され、関東地区の平均視聴率が7・9%だったことが8日、ビデオリサーチの調べで分かった。

6月9日に放送された第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、大河ドラマ史上最低の数字を記録し、翌週16日の第23回も6・9%と2週続けて6%台となるなど低迷を続け、第6回から第26回まで21話連続で1桁の数字となった。

第26回は第2部の2話目。阿部サダヲが主演を務め、64年の東京五輪招致に尽力した新聞記者の田畑政治が主人公。アムステルダム五輪が迫り、体協が相変わらず資金難に苦しむ中、田畑が記者人脈を生かし、政界の大物、大蔵大臣の高橋是清(萩原健一)に選手派遣のための資金援助を直談判する姿が描かれた。

また、アムステルダム大会では女子陸上が正式種目になり、人見絹枝(菅原小春)はプレッシャーに押しつぶされ、期待された100メートルで惨敗するが、未経験の800メートルで銀メダルを獲得した内容だった。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

第25回は8・6%(関西地区8・0)

7/8(月) 9:38配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-07080144-nksports-ent

【【視聴率】<NHK大河「いだてん」>阿部サダヲ主演2話目にして低迷、どこまで落ちるのかwwwww】の続きを読む

20190212-00000085-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/07/01(月) 09:33:54.72 ID:GAQxx5hr9
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第25回が30日に放送され、関東地区の平均視聴率が8・6%だったことが1日、ビデオリサーチの調べで分かった。

6月9日に放送された第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、大河ドラマ史上最低の数字を記録し、翌週16日の第23回も6・9%と2週続けて6%台となるなど低迷を続け、第6回から第25回まで20話連続で1桁の数字となった。

第25回は第2部のスタートで、阿部サダヲが演じる田畑政治が主人公だった。64年の東京五輪招致に尽力した人物。30歳で死ぬと予言され、体の弱かった彼は、自分が生きている間に日本水泳を世界レベルに引き上げようと血気盛ん。朝日新聞に記者として入社し、政治家の大物にも接触。震災不況でオリンピック参加に逃げ腰の治五郎(役所広司)も驚く大量の資金援助をとりつける内容が描かれた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

第24回は7・8%(関西地区7・5%)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-06260899-nksports-ent

【【視聴率】NHK大河「いだてん」第2部スタートで爆上げwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/24(月) 09:29:26.68 ID:f/jPrHBB9
NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第24回が23日に放送され、関東地区の平均視聴率が7・8%だったことが24日、ビデオリサーチの調べで分かった。

9日に放送された第22回で6・7%(関西地区6・0%)と、大河ドラマ史上最低の数字を記録し、翌週16日の第23回も6・9%と2週続けて6%台となっていたが、前回から0・9ポイントアップし、7%台となった。ただ、第6回から第24回まで19回連続で1桁の状態となっている。

第24回は第1部の最終回。関東大震災により、東京は壊滅状態になり、治五郎(役所広司)が建設した神宮外苑競技場は避難所として人々を受け入れ、そこで富江(黒島結菜)ら女学生らも加わって傷ついた人々の救済に尽力する内容。四三(中村勘九郎)は心配する熊本のスヤ(綾瀬はるか)や幾江(大竹しのぶ)の元にわずかな時間だが帰省し、援助物資として食料を譲り受け、神宮で復興運動会を開催するなど、スポーツで人々を元気づける様子などが感動的に描かれた。

◆これまでの視聴率推移

第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

第2回は12・0%(関西地区11・5%)

第3回は13・2%(関西地区11・6%)

第4回は11・6%(関西地区12・0%)

第5回は10・2%(関西地区11・7%)

第6回は9・9%(関西地区8・0%)

第7回は9・5%(関西地区8・6%)

第8回は9・3%(関西地区7・7%)

第9回は9・7%(関西地区8・3%)

第10回は8・7%(関西地区8・6%)

第11回は8・7%(関西地区8・9%)

第12回は9・3%(関西地区8・3%)

第13回は8・5%(関西地区7・7%)

第14回は9・6%(関西地区7・4%)

第15回は8・7%(関西地区8・4%)

第16回は7・1%(関西地区8・0%)

第17回は7・7%(関西地区8・6%)

第18回は8・7%(関西地区7・2%)

第19回は8・7%(関西地区6・6%)

第20回は8・6%(関西地区7・2%)

第21回は8・5%(関西地区6・9%)

第22回は6・7%(関西地区6・0%)

第23回は6・9%(関西地区7・5%)

6/24(月) 9:25
日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-06201026-nksports-ent
no title

【【視聴率】NHK「いだてん」24話視聴率が謎の爆上げwwwwwww】の続きを読む

いだてん


1: なまえないよぉ~ 2019/06/19(水) 11:19:48.17 ID:Cmdb3Caj9
いよいよ断末魔の様相だ――。

16日に放送された大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の
第23回の平均視聴率が6.9%だったことが分かった(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。

9日に放送された第22回は同6.7%で、「大河ドラマ史上最低視聴率」という不名誉な記録をマーク。
それを0.2ポイント上回ったものの、2週続けての6%台。

2桁を割った第6回(9.9%)から、18回連続で1桁で、一向に復活の気配は見えない。

NHK局内の関係部署はお通夜のように静まり返っているという。現場スタッフから漏れてくるのは嘆き節ばかりだ。
「何をどう変えればいいのか……。制作チームの士気はとてつもないほど下がっています。
誰も口にこそ出さないが、内心クランクアップの日を指折り数えて待っているような状態です。まさに末期ですよ」(NHK関係者)

「いだてん」の惨状をはた目にNHK上層部が密かに期待を寄せるのが2020年のオリンピックイヤーに放送される
長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」だ。鉄板といわれる“戦国モノ”で一気に巻き返しを図るべく、必勝態勢を指示したという。

「ここだけの話ですが、局上層部の中では『いだてん』は完全なオワコンです。なかったことになっていると言っても過言ではない。
連絡会議や幹部会で報告がなされてもその場に居合わせた理事はみな、シラ~ッとして誰も興味を示さないんです。
それよりもいつの間にか話題は“『麒麟』をどうやったら盛り上げられるのか”にすり替わってしまう。『いだてん』のスタッフは小さくなっています」(事情通)

上層部がNHK大河の高視聴率にこだわる理由は、まもなく実施される地上波番組のネット同時配信も関係している。

「1本1億5000万円以上の制作費をかけているにもかかわらず、民放のお昼の再放送番組より視聴率が低いわけです。
まさに番組の意義が問われているんですよ。そうした状況下、NHKは民放の反発を押し切って高額な設備を投じて同時配信を実施する。
大河のような看板番組が低視聴率だとやはり格好がつきません」(業界関係者)

いやが上にも「麒麟」に対する期待感が高まっているようだが、NHK局内外の前評判は上々だ。

「主役の明智光秀に、朝ドラ『まんぷく』でヒロインの夫役を好演し、俳優として脂が乗ってきた長谷川博己が抜擢された。
また光秀に討たれる織田信長を染谷将太、信長の正室・濃姫を沢尻エリカ、光秀の主君である斎藤道三を本木雅弘、
道三の嫡男・斎藤義龍を伊藤英明、光秀の母・牧を石川さゆり、そして農民役でナインティナインの岡村隆史らも出演する。

ネット評も『麒麟』に対する期待感は断トツなんです。
『いだてん』の出来があまりに悪かったことが幸いして、『麒麟』の評判はうなぎ上りです」(NHKマーケティング関係者)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000004-nkgendai-ent

【【大河ドラマ】 「いだてん」はオワコン、NHK 早くも「麒麟が来る」必勝態勢・・・鉄板といわれる“戦国モノ”で一気に巻き返しを図る】の続きを読む