芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

大河ドラマ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/07(月) 17:58:59.43 _USER9
 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第35回「義昭、まよいの中で」が12月6日に放送され、平均視聴率(世帯)は12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第35回は、藤吉郎(佐々木蔵之介さん)から、信長(染谷将太さん)は将軍や幕府はもはやどうでもよく、帝や朝廷との関係ばかりを強化しようとしていることを聞き、不安に駆られる光秀(長谷川さん)。その一方で、摂津(片岡鶴太郎さん)率いる幕府内では、信長の力をそぐべく、その重臣である光秀を暗殺する計画が持ち上がる。

 数日後に開かれた将軍主催の茶会に招かれた光秀に、刺客たちの刃(やいば)が襲いかかる。光秀は将軍・義昭(滝藤賢一さん)の元へ急ぐのだが……。

 この日は義昭役の滝藤さんの演技に視聴者の注目が集まった。精神的にかなり不安定になっていることを露呈してしまう義昭。駒(門脇麦さん)の前で首にヒモを巻き、「わしは時折、己の首を絞めたくなる」「哀れなわしをいっそ絞め殺してくれ」と詰め寄ると、終盤、光秀の暗殺を企てた摂津を切ることを決意するも、顔をゆがませ「信長とわしは性が合わぬ」と訴えるなど、見事な壊れっぷりを披露。

 SNSでは「あの優しい公方様は、どこに行ったのじゃ」「すっかり孤独だな公方様」「怒濤(どとう)の疑心暗鬼」「メンタルがボロボロ」「義昭さん、マジ狂気」などと視聴者は反応。さらに「滝藤賢一の迫真」「滝藤さんの壊れた演技すごい」「眼球キョロキョロしているし、精神的に不安定なのをうまく表している」「足利義昭の苦悩を全身で表現する、滝藤賢一という役者のすごさが画面から伝わってくる」「圧巻! 滝藤さんの狂気、吸い込まれそう。この人やっぱりすごい」といった感想が並んだ。

2020年12月07日 テレビ 
https://mantan-web.jp/article/20201207dog00m200009000c.html 
no title


【【視聴率】大河ドラマ「麒麟がくる」第35回視聴率12.7% 光秀に襲いかかる刺客の刃! 滝藤賢一“義昭”の壊れっぷりも話題】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/05(土) 18:19:43.79 _USER9
 来年2月14日スタート予定のNHK大河ドラマ「青天を衝け」のメインビジュアルが4日、番組公式サイトで公開。主人公・渋沢栄一を演じる吉沢亮(26)が土砂降りの中、泥にまみれながらもまっすぐに前を見つめる、インパクト十分な構成となっている。

 吉沢にドラマのメイク、衣装で実際にどろんこの中を転がってもらったそうで、撮影した写真家の操上和美(くりがみ・かずみ)さんは「渋沢栄一の波瀾(はらん)万丈の人生をイメージ。端正美形の吉沢亮君は汚すほどに美しさが輝き素晴らしい仕上がりになりました」。吉沢も「世の中の不条理に立ち向かう挑戦的な雰囲気や、若いからこその“生命力の塊"みたいなものが伝わるエネルギッシュな写真で、『青天を衝け』の世界観をとても表していると思います」とコメントを寄せた。
中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b4856dd1c0a98bf02c4a45c72004985547d63b6
no title

【大河ドラマ「青天を衝け」メインビジュアル解禁 吉沢亮が泥まみれ強烈インパクト】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/26(木) 16:28:46.28 _USER9
 俳優・吉沢亮が主人公・渋沢栄一を演じる2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」(日曜・後8時)の出演者が26日、発表された。

 第12代将軍・徳川家慶役は吉幾三、第13代将軍・徳川家定役は渡辺大知、家定の正室・篤君(天璋院)役は上白石萌音、家定の乳母・歌橋役は峯村リエが務める。

 慶喜の養祖母・徳信院役は美村里江、慶喜の正室・美賀君役は川栄李奈が、江戸幕府の大老・井伊直弼役は岸谷五朗、老中・阿部正弘役は大谷亮平、老中・堀田正睦役は佐戸井けん太、海防掛・永井尚志役は中村靖日が務める。

 福井藩主・松平慶永(春嶽)役は要潤、福井藩士・橋本左内役は小池徹平。

 また栄一の故郷の人々として、尾高家の母・尾高やへ役は手塚理美、尾高惇忠の妻・尾高きせ役は手塚真生。栄一に影響を与える人物として、岡部藩代官・利根吉春役は酒向芳、剣術家・真田範之助役は板橋駿谷、儒学者・大橋訥庵役は山崎銀之丞、水戸藩士・藤田小四郎役は藤原季節が務める。

 慶喜の母・吉子(登美宮)役は原日出子、米国海軍軍人のマシュー・ペリー役はモーリー・ロバートソンが務める。

 吉沢は「大先輩から同年代の方まで、世代を代表するすばらしい役者さんたち。江戸の皆さんとはなかなか会えないかもしれませんが、江戸で生まれる風を受けて、僕たち血洗島の若者たちも新たな風を生み出していきます。一緒に『青天を衝け』を作っていけることが楽しみです」とコメントしている。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/0cb3265ef95166f3387e49f9a3cf93e68ad27002

20201126004

【吉沢亮主演の大河「青天を衝け」出演者発表 篤姫役に上白石萌音、井伊直弼役に岸谷吾朗ら豪華キャスト】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/16(月) 19:08:15.46 _USER9
 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第32回「反撃の二百挺(ちょう)」が11月15日に放送され、平均視聴率(世帯)は13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第32回は、命からがら京に戻った光秀(長谷川さん)が、美濃からやってきた熙子(木村文乃さん)や娘たちとつかの間のひとときを過ごす。戦で失った鉄砲を調達すべく、木下藤吉郎(佐々木蔵之介さん)と訪れた堺で、光秀は丸薬の商いで成功した駒(門脇麦さん)と出会う。

 さらに松永久秀(吉田鋼太郎さん)と大和で争う筒井順慶(駿河太郎さん)と知り合い、駒の助けを得て大量の鉄砲の調達に成功する。手に入れた鉄砲で再び戦に出る信長(染谷将太さん)だったが、摂津での戦いで一向宗徒や三好の残党勢力に苦戦。さらに背後から朝倉・浅井の軍勢が迫り、再び四面楚歌(そか)に陥る……という展開だった。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となっている。

2020年11月16日 テレビ 
https://mantan-web.jp/article/20201116dog00m200022000c.html 
no title

【【視聴率】NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第32回視聴率13.3% 駒無双状態が続くwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/09(月) 11:09:32.68 _USER9
 8日放送された俳優・長谷川博己(43)主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(日曜・後8時)第31話の平均世帯視聴率が13・8%だったことが9日、分かった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月1日から6月29日まで収録が中断。放送は6月7日をもって一時中断、8月30日に再開した。視聴率は初回19・1%でスタートし、放送再開の第22話は14・6%。以降は13~11%台を推移し、今回は前回の11・9%から1・9ポイントアップした。

 本能寺の変を起こした明智光秀(長谷川)を通して描かれる戦国絵巻。史料がほとんど残っていない20代の青年期も描き、斎藤道三や織田信長に仕え、最後は本能寺の変で謀反を果たす光秀の前半生に光を当て、足利義昭、今川義元、細川藤孝、松永久秀らくせ者たちの群像劇が描かれる。

 第31話のあらすじは「逃げよ信長」。ついに越前へ向けて出兵を開始した信長(染谷将太)は破竹の勢いで敦賀まで制圧をする。しかし、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)のいる一乗谷まであと一歩に迫った金ヶ崎で、浅井長政(金井浩人)が信長を突然裏切り、背後から迫ってくる。

 朝倉・浅井に挟まれ絶体絶命の信長軍。このまま前進するという信長を光秀(長谷川)は、織田信長はいま死んではならない、逃げるべしと強く説得。それは数万の兵を率いたしれつな退却戦の始まりだった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/08e3d0a343d27b441bfaf89457e5bcfabdace7c9
20200119-00159467-roupeiro-000-3-view

【【視聴率】NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第31話視聴率は13・8% なぜか前回から1・9ポイント増】の続きを読む