芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

大橋未歩

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/26(日) 17:02:04.21 _USER9
 フリーアナウンサーの大橋未歩(43)が26日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。怒りを覚える書き込みについて語った。

 番組では、アンガ―マネジメントにクリスタルキングの「大都会」がちょうど6秒のワンフレーズでピッタリだという話題から“怒り”についてトークを展開した。

 「(怒ること)あります」と大橋。「ネットで自分の悪口とかを見つけた時は、その画面を写メして、取っておいて、眠い時に見て、カフェイン替わりにする。怒りで“見返したろか!”みたいな感じで」と告白した。

 一番嫌な書き込みについて聞かれ「“劣化”っていうのが嫌」とも明かした。

6/26(日) 14:16配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/45c2ae41925b4862afce823607193abcd0c60c2b
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/05/03/jpeg/20220503s00041000204000p_view.webp

kaden_keitai

【大橋未歩 ネットでの悪口の独特な使い方「その画面を写メして…」 一番嫌な書き込みワードは】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/24(金) 00:01:43.53 _USER9
 フリーアナウンサーの大橋未歩アナ(43)が6月22日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演。あるシチュエーションで快感を覚えたと語り、視聴者をザワつかせた。

 この日の放送では、コロナ禍で中止されていたイギリスの「マッパ自転車大会」が3年ぶりに開催されたことを報じ、出演者らが一糸まとわぬ状態でしてみたいことを語る中、大橋は「マッパ〇〇」について経験済みであると語りだしたのだ。

「マッパでやってみたい事」について、コメンテーターの松田ゆう姫が「真夜中のスイミングプールに忍び込んで…みたいな、ロマンスみたいな」と願望を明かすと、スタジオでは「プール願望」に共感する声が。そんな中、大橋アナは自身の経験を振り返り、「(マッパで)プールっていうのはやってみたことあるんですけど、なんかやっぱり、その、背徳感。『こんなとこでこんなことしちゃってる』みたいなのがスゴい快感だった覚えがあります」と照れを隠しきれない様子で明かした。大橋アナは、次のトピックに番組が進行しようとしても思い出しニヤニヤが止まらない状態に。出演者から「なにニヤニヤしてんだよ」とツッコミが飛ぶほどの興奮ぶりだった。

 赤裸々な告白に視聴者らも衝撃を受けたのか、ネット上では《仮にも美人女子アナがマッパでプール…だと!?》《どこのプールでやったんだ?》《詳しくレポートしてくれ!》《大橋アナ、まさかの特殊癖かw》《あの照れ具合はマッパで泳いだだけじゃなさそうと深読みしてしまう》などと勘ぐる声もあがった。

 破廉恥な癖の暴露に視聴者を騒然とさせた大橋アナ、いったいどこのプールでマッパを実践したのか。洗いざらいしゃべってほしいものだ。

https://asagei.biz/excerpt/44696

pose_english_wow_man

【「スゴい快感だった」大橋未歩アナ「マッパでプール」告白に視聴者衝撃!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/21(火) 21:39:33.86 _USER9
 フリーアナウンサーの大橋未歩が21日、番組アシスタントを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」で自身に関するネットニュースに注文をつけた。

 番組での発言がニュースになるケースが多い大橋アナ。番組では偏見の原因として問題視される「年齢差別=エイジズム」を取り上げた。これに関して打ち合わせの段階で出演メンバーで話題になったのが写真だという。大橋アナは「ありがたいことに、5時に夢中!メンバーってネット記事になることが多いんですけど…」と切り出した。その中で某メディアを名指しし「使ってくださる写真が、自分たちが思っているよりも割とブスな写真が多い」と話すとスタジオは笑いに包まれた。

 言い出しっぺの作家・岩下尚史氏は「ボケて二重になっているの。アタシの公(アーティスト写真)のを差し上げるから、大先生が撮ってくれたやつ。それにして」とコメント。

 北斗晶も同調し、「ネット記事になるときなんかに、一回治療で(頭髪が)なくなって生えてきた時のとか、いまだにそういうのを(記事として)上げるのよ。なんで、あれなのかなと思う時がある」と首をかしげた。


 出演者一同、記事で使用される写真への意見が一致。大橋アナは「ページビューを稼ぐために美しい写真がいいと思う」とテレビ越しに懇願。番組の最後でも使用写真の話題を持ちだし「私と岩下さんは公式インスタグラムの写真を使ってOK」と告知した。

2022年06月21日 18時48分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4270520/
https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/06/39dab727ade7ed3346fa8b2ca574d018-412x450.jpg

pose_english_shrug_woman

【大橋未歩アナが一部メディアに抗議「割とブスな写真を使う」 北斗晶らも同調】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/05/24(火) 18:40:31.92 _USER9
 フリーアナウンサー・大橋未歩(43)が24日、アシスタントを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に出演し、エゴサーチについて私見を述べた。

 番組でエゴサーチについて話題が上がると「5ちゃんねるもそうですし、SNSもすっごいエゴサします」と話した大橋。「エゴサも4種類でするんですよ。大橋未歩、大橋アナ、大橋さん、みほみほ。そうすると、自分に対する意見が網羅できるんですよね」と語った。

 さらに「理不尽な悪口とかは、結構自分のカフェインにするっていうか。発奮材料にするんですよ。写メしといて眠い時に見たりして、カフェイン代わりにして」と明かした。

 大橋によると「褒めてないのも欲しいんですよ。この歳になってくると、マネージャーも優しいし、何も意見を言ってくださらないから。だから意見が欲しいんです」といい、「意見を書いてくれるとありがたいんですよ」と批判的な声にも耳を傾けていることを語った。

5/24(火) 18:19配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9113e3185eab0b42e9faa66a737b91d6a646856b
https://i.imgur.com/uUjGk4P.jpg

smartphone_screen_sns

【大橋未歩アナ「すっごいエゴサします」 悪口も「書いてくれるとありがたい」というワケ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/05/15(日) 13:36:17.43 _USER9
元テレビ東京アナウンサーで、現在はフリーの大橋未歩が、テレビ業界のハラスメントについて激白した。
5月5日に放送された情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演した際のことだ。

この日にゲスト出演した映画監督の白石和彌氏は、制作現場におけるあらゆるハラスメントをなくしていこうという環境づくりを目指しており、ハラスメント防止のために、相手にリスペクトの気持ちを持って接する「リスペクト・トレーニング」なるものを導入している。



そこで大橋は、次のようにブチまけた。

「映画界もテレビ界と一緒だったんだなと、結構ビックリしまして。10年位前までテレビ局にいましたけど、ものすごい性的ハラスメント、パワハラの温床だったので…。またそれに(ハラスメントを防止する)マニュアルとかあっても意味がないんですよね。やっぱり無数にいろんな(ハラスメントの)例があるから『リスペクト・トレーニング』をすることが大事なんだなって。テレビ局も導入したらいいと思う」


この「告発」に対し、世間の反応はというと、「テレ東には独自なカメラアングルもあったし、納得できるわ」「テレ東時代は大橋さんが特にターゲットにされてたんじゃない?」「大橋さんの横バストショットにはよくお世話になってたな」というものだった。


放送作家が言う。
「テレビ東京では、女性アナウンサーのバストを強調するようなカメラアングルを意図的に多用しており、横からバストを撮影する『YCショット』や、真上からバストを撮影する『UCショット』といったワードが存在し、当たり前に番組進行表に書かれていたようです。とりわけ豊かなバストの持ち主である大橋は散々、こういったアングルの餌食になってきました」


ただ、ハラスメントに関してはあくまでその人の感じ方次第なところもあり、

「大橋はテレ東時代に出演した深夜バラエティー番組『極嬢ヂカラ』で、ワンナイトラブ経験があることをカミングアウトしたり、夜の営みに関する事情をオープンにぶっちゃけていました。カメラアングルを含め、多少のことであればハラスメントと感じていなかった、あるいは仕方なく黙認した可能性もありますよね。そこで局側も大丈夫だと判断して、エスカレートしていったのかもしれません」(前出・放送作家)


サービス精神旺盛な大橋がことさらターゲットにされてしまった感も。

現在はフリーとして活動しているだけに、不満も一種のネタとして、どんどん発信できるのだろう。

大橋未歩がブチまけた!
テレビ界の「ものすごいバスト・ハラスメント」
https://www.asagei.com/212150

yopparai_karami

【大橋未歩がブチまけた! 「10年位前までテレビ局にいましたけど、ものすごい性的ハラスメント、パワハラの温床だった」】の続きを読む