芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

大コケ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/06(金) 16:27:56.69
 2006年に阿部寛主演で放送され人気作となった連続テレビドラマ『結婚できない男』(フジテレビ系)の続編で、現在放送中の『まだ結婚できない男』。前評判は高かったものの、11月26日に放送された第8話の平均視聴率が8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となるなど、苦戦している。

 同作は偏屈で独善的な独身の建築家・桑野信介(阿部)が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚と真摯に向き合うまでの日常を描いた作品で、今回13年ぶりに続篇が放送されている。主演の阿部は続投の一方、女性キャスト陣は吉田羊、稲森いずみ、深川麻衣に一新された。

 なかでも深川は乃木坂46を卒業して以来、民放での本格的なドラマ出演はほとんど初めて。NHKの“朝ドラ”はすでに経験しているものの、今作ではあまり視聴者から受け入れられていないようだ。

「制作陣は『思っていたより数字が取れない』と嘆いています。前作が人気作だっただけに、肝心の女性陣の選定もかなり悩んだらしいのですが……。吉田羊はどの作品でもバランサーになってくれるので安定的に力を発揮してくれていますが、問題なのは深川。まだ演技の経験が少ないため、深川のシーンが苦痛だという視聴者も多いようです」(フジ関係者)

 インターネット上では、深川に対して「演技が下手すぎる。すごく好きなドラマだったのに、このひとが出てるシーンはイライラしてしまう」「もともと国仲涼子が良い味出していたから、受け入れるまで時間がかかりそう」「他にもっといい女優いたと思うんだけど…」と厳しい声が目立つ。

 女優業に専念するという理由で乃木坂46を卒業した深川だったが、別のフジ関係者は話す。

「深川の所属事務所には、田中麗奈や高良健吾、中条あやみなどがいますが、俳優を戦略的に売っていくことでも有名です。深川に関してはアイドル色を消すために作品もかなり選んでおり、今作を選んだのも大きな賭けで、人気を全国区にしたいという気持ちの表れだと思います。今回の抜擢は、事務所とフジの関係が影響していますが、制作陣の間では『演技が想像以上に下手』『次回は起用することはない』という評価となってしまっています。NHKの朝ドラでは素人っぽい演技が映えますが、民放の人気シリーズ作では、それでは通用しませんよ」

「局内では、深川の起用が大コケの原因だという声も出るほど」(テレビ局関係者)だというが、深川の試練は続きそうだ。

『結婚できない男』大コケ、原因は元乃木坂・深川“大根すぎる演技”だとフジ局内で酷評 

https://biz-journal.jp/2019/12/post_131147.html

深川麻衣
no title

【【戦犯探し】『結婚できない男』大コケ フジ関係者「原因は大根すぎる演技の乃木坂46・深川麻衣」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/18(木) 14:37:53.68 ID:B5gYwb689
同世代の女優の中では、頭一つも二つも抜けていると評されている広瀬すず。しかし、その人気に疑問符が付く結果が出てしまったようだ。

「4月に朝ドラ『なつぞら』とコラボしたフォトブック『「広瀬すず in なつぞら」PHOTO BOOK』が発売されたのですが、初週の売り上げがオリコンによると4042部。何とも微妙な数字で、広瀬の格を考えると明らかに〝爆死〟と言っていいレベルですよ」(出版関係者)

3月に発売された女優・永野芽郁のファースト写真集 『moment』は、初週だけで9048部を売り上げ、累計では2万部ほどのセールスを記録している。2月には橋本環奈が写真集をリリースし、楽々1万部を超えている。

「もちろん、写真集のコンセプトが違うため、一概に比べることはできませんが、橋本、永野、広瀬とひと月おきに若手女優が写真集を出し、広瀬だけ圧倒的に売れていないという事実は変わりません。『なつぞら』が高視聴率を記録しているだけに、写真集のコケ方がより際立ちますね」(同・関係者)

“表紙買い”したくならない
2016年に発売したフォトブック『17才のすずぼん。』では、累計6万5000部を刷るほど注文が入ったという。一体なぜ、今回はここまで外したのだろうか。

「まず、表紙がいけませんね。前髪をすべて上げ、何とも言えない笑顔を浮かべる広瀬…。今までの写真集は広瀬の〝あざとい〟かわいらしさを前面に押し出していたのに、これはかわいらしさが皆無。写りの悪い〝逆奇跡の1枚〟を表紙にしたのかと疑うものでしたよ。『なつぞら』のドラマイメージを写真集に落とし込んだのかもしれませんが、ファンからしたらただの期待ハズレ。

購買意欲がそそられなくて当然ですね」(アイドルライター)

【4/1(月)発売「#広瀬すず in #なつぞら」PHOTO BOOK 】

大反響ありがとうございます!
皆さん、ご予約はお済みでしょうか?

5/4(土)には広瀬さんによる特典お渡しイベントも開催!

イベント参加を希望される方は
3/25(月)までにHMV&BOOKS onlineにてご予約下さい!

最近、かわいさよりもやたらと〝かっこよさ〟や〝オシャレさ〟を打ち出し、変な髪型やメークで登場することの多い広瀬。本格派として売りたい事務所の考えかもしれないが、まだまだかわいさを押していくべきかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1782279/
2019.04.18 10:32 まいじつ
1ec6ca16


【広瀬すず『フォトブック』が大コケ! かわいさゼロの“表紙”wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/03/17(日) 07:57:56.85 ID:Qu4YIAFN9
ピエール瀧も出演している、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の平均視聴率がついに8・7%(10日、第10話)まで下がった。

日本で初めて五輪に参加した男・金栗四三(かなくり・しそう)と日本に初めて五輪を招致した男・田畑政治(たばた・まさじ)の物語で、金栗を中村勘九郎(写真)、田畑を阿部サダヲがそれぞれ演じ、リレー形式で主役をつなぐものだ。

宮藤官九郎脚本。朝ドラ「あまちゃん」制作チームによる大河と、スタート前から話題を呼んだが、蓋を開ければまさかの大コケ。原因は何か。

「『時代を行き来してわかりづらい』とか『志ん生役のビートたけしの滑舌が悪く、何を言ってるかわからない』などと言われていますが、一番の原因は主役の中村勘九郎に魅力がないこと。
ただの武骨な田舎者でオーラも華もない。ドラマは主役次第という一番大切なことを忘れています」(ドラマウオッチャー)

どうせなら、ヒットしたドラマで主演したことがある阿部を先に出した方がよかったのでは!?

公開日:2019/03/17 06:00 更新日:2019/03/17 06:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/249812

写真
no title

【NHK大河ドラマ「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2018/10/31(水) 10:39:07.47 ID:CAP_USER9
今年9月14日に295館で公開された映画「響 -HIBIKI-」は、10月25日を最後に主要な映画館での上映が終了した。
人気漫画を原作に、いまを時めく欅坂のエースを投入した本作には“大コケ”の声も聞こえるが、
意外にも「アイドル女優」として評価は悪くないのだとか。

公開から1週間が経った9月21日付の「毎日新聞」夕刊は、「響」について〈最終の興行収入10億円が難しい情勢だ〉と分析した。

「現時点での公式の詳しい発表はないものの、ネットでは熱心な欅坂ファンがどこからか数字を引っ張ってきて、
最終的な数字を『5・5億円程度』と見積もっています。

初週がランキング6位、翌週には9位に転落していたことを考えると、これはそう遠くない数字のはず。
公開前の大宣伝と公開館数を考えれば、少なくとも“成功”とはいえないでしょうね……」(芸能記者)

天才女子高生作家を描いた本作で主演を務めたのは、欅坂46のセンター・平手友梨奈(17)である。
“女優・平手”については「監督にダメ出しした」との常人離れエピソードが紹介されたり、
「絶対的な存在感を見せつけた」といったレビューがメディアに掲載されたりと、ヨイショで埋め尽くされていた。

それだけに興収振るわず、平手の面目丸つぶれ――と思いきや、さにあらず。

「いえいえ、普段は感情を表に出さず、突飛な行動で周囲を驚かせる主人公が見事に憑依していました。
数字の反面、彼女の演技は悪くなかったんじゃないですかね」と、先の記者はいう。

「今でいえば橋本環奈(19)なんかが『アイドル女優』の枠でしょうが、
平手の場合はちょっと独自の道をひらいているイメージ。あえていうなら昔の中森明菜(53)みたいな感じです」

共演者には北川景子(32)や吉田栄作(49)、高嶋政伸(52)らがいるが、「撮影のスケジュールは完全に“平手あわせ”」でした、と関係者は明かす。

「撮影は今年の4~5月だったかと思います。早目にリハーサルをしても本番撮影まで日が空くのが嫌らしく、
リハ翌日に本番なんてこともありました。異例も異例です。欅のプロデューサーの秋元(康)さんが作品のスーパーバイザーですし、
なにより平手の起用は原作者の希望もありましたから」

こうしたお膳立てがあったにしろ、“憑依系女優”としての評価は悪くなかったというわけである。これは来年あたり、連ドラ主演もあるか!?

「ネックになってくるのが平手の体調です。昨年の『紅白』では過呼吸で倒れていましたが、
その後も負傷して武道館公演がなくなったり、ステージから転落したり……。
この10月も、グループの新曲の握手会ミニライブを体調不良で欠席していました」(先の記者)

かねてよりメンタル不安が囁かれてもいる。

「ですから、連ドラに使うのはキツイ。短期間で撮り終える映画と違って、ドラマの撮影は長期にわたる。
そこで休まれたりしたら、撮影スケジュールがめちゃくちゃになってしまいますからね」

オファーがあるのかを含め、次回作にご期待あれ、ということか――。
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/10310700/?all=1&page=1

【【欅坂46】平手友梨奈 主演映画「響」“大コケ”wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/10/17(水) 15:21:40.64 ID:CAP_USER9
 映画館での予告編も頻繁に目にしたし、10月12日公開前にはテレビなどに2人でいっぱい出ていた気もするんですけど…。

 ドーピングで声を作っているロックンローラーを演じる阿部サダヲと、声が小さすぎるストリートミュージシャンを吉岡里帆がW主演した映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」が、まさかの大コケを記録してしまった。

「10月12日~13日の週末興行ランキングは今年最低といっていいほどの低調で、1位が千眼美子の舞台挨拶も大盛況だった長編アニメ『宇宙の法 黎明編』、2位が黒木華主演の『日日是好日』でした。けれど、2位の『日日是好日』の数字でも約9500万円。普段ならベスト5に入れないぐらいの興収です。そんな中、吉岡主演の『音量を上げろ~』は214スクリーンで公開されながら映画館の空調代がもったいないんじゃないかと思ってしまうほどの閑古鳥です(笑)。初週で12位とまさかのベスト10圏外、興収も3000万円程度だと言われています。『座席がガラガラで座ってるのが辛い』という観客からの報告もあり、これには映画マニアもア然、初日ですら客を集められないために、“吉岡の潜在人気の低さを物語っているのでは?”という声があとを絶ちません」(CD&DVD専門誌ライター)

 数少ない観客からの全体的な評判も芳しくなく、「ギャグが寒すぎる」「必死の番宣につられて観てみたが大失敗」「ガッカリ度マックス」など散々。逆に時々目立つ称賛の声は「吉岡里帆が可愛かった」「昔からファンでした」など、映画の内容そのものとはあまり関係ないものばかり。

「吉岡だけを観に来たファンにとっては、確かに可愛く見えるシーンは多かったので満足なんでしょうね。でも、ここまで客が入らないのは、お金を払ってまで彼女を観たいという人が少ないことの証明でもあります。酷な言い方ですが、今後も映画進出を目指しているとしたら、何らかの軌道修正が必要なのかもしれません」(前出・CD&DVD専門誌ライター)

 数年後は作品があったことも誰も覚えていないことが救い、なんて悪い冗談も聞こえてくるほどのコケっぷりだが、逆にこのことが話題になれば、盛り返していける!?ファンにとっては、吉岡の可愛らしさが楽しめることは間違いなさそうだが…。

https://www.asagei.com/114205 
アサ芸 
2018年10月17日 12:30 
001

【【大コケ】“潜在人気”低かった!?吉岡里帆、主演映画に「席がガラガラすぎて怖い」wwwww】の続きを読む