芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

大みそか

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/26(木) 06:28:14.70 _USER9
 大みそか恒例「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の「絶対に笑ってはいけない」シリーズの今年のテーマはラスベガスだ。タイトルは「ガキの使い!大みそか年越しSP 絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」(午後6時30分から0時30分)で、5人はラスベガスを模した巨大セットの中、数々の笑いに挑戦していく。


 今年も藤原寛吉本興業株式会社代表取締役副社長に引率され、ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)、月亭方正、ココリコ(遠藤章造、田中直樹)の5人が出演する。今回は〝大貧民〟となった5人が、舞台となる「オマメット リージェンシー ホテル&カジノ」で一獲千金の夢を見る。

 ラスベガスで繰り広げられる数々のイベントやショー。中でも、大物女優が扮するホテルオーナーとの対面が目玉のひとつ。これまでの「笑ってはいけない」の実績を活かしつつ、新たな面白さでスケールアップする。例年にない豪華ゲストに扮する刺客たちが、様々な笑いのトラップを仕掛けていく。

「カジノでは凄腕SPによるボディーチェックを受けた後に、様々な仕掛けに挑んでいく。大物タレントが胸キュンドラマに挑戦したり、大物女優がまさかの恥ずかしいネタにチャレンジする。見どころとなるのは5人の待機部屋。例年どおりに数々のマル秘トラップが仕掛けられている」と話すのは某放送作家だ。

 今年は引き出しネタやDVDネタに続き、新たなアイテムが出現する。「大物監督と5人メンバーとの異色のコラボ。さらに、あの国民的アスリートがオリジナルゲームに挑戦する。カジノならではのリアルセレブオークションも見逃せない。蝶野正洋のビンタももちろん。定番となっている移動バスを巡る笑いの仕掛けも登場する」(同放送作家)

 今回は新型コロナウイルスを警戒し、日本テレビの生田スタジオと外ロケで収録が行われた。

「今月18日と25日。そして生田スタジオの周囲を〝ガキ使バス〟で走るロケの3回。生田スタジオに、壮大なラスベガスのセットを作った」(関係者)という。

 例年、高視聴率を獲得している同シリーズ。昨年は「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」では第1部(18時半から21時)で16・2%、第2部(21時から24時半)では14・6%だった。民放では10年連続首位をキープしているが、今年も高視聴率が期待されるところだ。
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

2020年11月26日 05時15分 
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2445687/ 
no title

【大みそか「ガキ使」全貌判明!今年の〝笑ってはいけない〟は豪華、多目的トイレはあるのかwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/20(金) 03:20:36.09 _USER9
 多目的トイレなどでの不倫騒動で6月から無期限活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建(48)が年末特番で電撃復帰することが19日、分かった。大みそか恒例の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない」シリーズで、10月下旬に番組からのオファーを受け、決断した。不倫への風当たりが厳しい中、半年ぶりのテレビ解禁。スキャンダルを笑いに変えられるか、芸人として正念場だ。

 「渡部、アウト~」な不倫騒動から半年。捨てる神あれば拾う神ありだ。まだ正式発表されていないが、今年も大みそかにダウンタウンがメインを務める「絶対に笑ってはいけない」シリーズの放送が決定。その名物番組でみそぎを果たすことになった。

 マイナスイメージが強い不倫騒動だけに、スポンサーのこともあって局側では慎重に協議。「最終的に出演が決まったのは今月17日。間違いなく大みそかに出てくる」(同局関係者)という。

 「番組の企画会議で“渡部さんの復帰の場になれば”という話が持ち上がり、先月20日ごろに大まかな話がまとまったようです。これまでも“笑ってはいけない”で、スキャンダルから復帰した人もいますし、何とかうまくいってほしいと願っています」(制作スタッフ)。

 関係者によると、渡部は同局の人気番組「行列のできる法律相談所」にレギュラー出演しており、その制作チームの中心スタッフが「笑ってはいけない」にも携わっていることもあって出演をオファーしたという。同番組では、17年にアパホテル不倫の袴田吉彦(47)が、19年には4WD不倫の原田龍二(50)がイジられることによってスキャンダルを笑いに変え、本格復帰を果たしている。

 今年はコロナ禍の影響により地方ロケを控え、18日からメインキャストを中心に都内で収録がスタート。スポニチ本紙の取材に日本テレビは「番組の制作過程についてはお答えしておりません」と説明したが、すでに渡部の収録は終えたとみられる。

 「笑ってはいけない」はダウンタウンやココリコ、月亭方正(52)が、警察官や新聞記者に扮して新人研修を行い、どうにかして笑わせようとする刺客に立ち向かう。思わず噴き出してしまうと、「〇〇、アウト~!」の掛け声とともにケツバットの罰ゲームを受ける年末の風物詩だ。

 「不倫騒動はケツバットどころではすみませんが、渡部さんは周囲に迷惑をかけたことを本当に反省されている。番組にどんな出方をするか分かりませんが、不倫については身から出たサビで謝るしかない。あとは視聴者がどう判断するかです」(同局関係者)。

 不倫の代償は大きく、渡部はTBS「王様のブランチ」など10本近いレギュラーを降板しており、CM3社も差し替える事態となった。違約金は数億円に上るとみられ、渡部としては“笑えない”状態が続いている。来年、芸能界に本格復帰できるかは反響次第。目玉探しに奔走する裏番組のNHK紅白歌合戦にとっても“笑ってはいられない”隠し玉の出現だ。

 ▽渡部の不倫騒動 複数女性との不倫を一部週刊誌が今年6月に報じたことにより、渡部自身が無期限の活動自粛を所属事務所に申し入れた。報道によると、17年4月の佐々木との結婚後、渡部が肉体関係をもった女性は少なくとも3人いた。東京・六本木ヒルズの地下駐車場の多目的トイレに女性を呼び出して性行為におよんで対価として1万円を渡しており、多目的トイレ不倫として世間の批判を浴びた。佐々木や児嶋が公に謝罪する一方で、渡部は会見を開いていない。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/b9d9918d52595e12267e1650c5b6a2f93f8e51c0
日テレ

【【ざけんな!】アンジャッシュ渡部 大みそかの「ガキ使」で復帰!日テレ側オファーに決断 すでに収録済みか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/01/02(火) 12:31:47.98 ID:CAP_USER9
NTV ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!
18:30-21:00 17.3%
21:00-24:30 16.3%

EX くりぃむvs林修! 超クイズサバイバー2017
18:00-19:00 6.8%
19:00-21:00 5.2%
21:00-23:45 4.9%
23:45-25:00 6.4%

TBS KYOKUGEN2017
18:00-19:50 5.9%
19:50-22:15 5.9%
22:15-23:00 4.0%
23:00-23:35 2.2%

TX
第50回年忘れにっぽんの歌 16:00-22:00 8.4%
孤独のグルメ 大晦日スペシャル 22:00-23:30 4.6%

CX RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017
18:30-19:30 4.8%
19:30-21:30 6.4%
21:30-22:50 6.2%
22:50-23:45 4.3%

https://news.mynavi.jp/article/20180102-566429/
no title

【【視聴率】『ガキ使』8年連続で紅白裏トップ! 民放各局大みそか特番視聴率の結果wwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/17(金) 05:04:08.06 ID:CAP_USER9
大みそか恒例の、日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の特別企画「笑ってはいけない」シリーズが、今年も12年連続で放送されることが16日、分かった。今年のテーマは「アメリカンポリス」で、12月31日午後6時30分から6時間の年越し放送となる。

 紅白歌合戦に対する“最強の裏番組”が、今年も帰ってくる。昨年まで7年連続で、紅白と同時刻の民放番組の中で最高視聴率をたたき出した「笑ってはいけない」シリーズ。12回目となる今年は「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」と題して放送される。

 不動のレギュラーであるダウンタウン・浜田雅功(54)、松本人志(54)、月亭方正(49)、ココリコ・遠藤章造(46)、田中直樹(46)の5人は今月上旬、関東地方の廃校になった学校2校を貸し切りロケを敢行。スタッフ計500人、エキストラ130人、カメラはCCD含む212台と、例年通りの壮大な撮影となった。

 5人に対して仕掛けられる“笑いのトラップ”は、例年にも増して刺激的。今年も大活躍した超人気俳優たちは、ドラマ仕立てで5人の「恥ずかしい秘密」を暴露する。お騒がせの不倫女優は、先輩の人気俳優とのコラボで登場。ガキ使初登場となるメンバーの家族が、話題のスキャンダルタレントと共演するなど、ギリギリを攻め抜いた企画は健在だ。

 浜田は「久しぶりに○○いただきまして、かなりのダメージはありますけれども…」、松本は「今年とうとう、〇〇なのかなぁって諦めかけたんですが、間一髪、助かりました」と、ともに伏せ字でPR。過去にないほどの過酷さをうかがわせた。

2017.11.17 

今年の「ガキ使」は「アメリカンポリス」 紅白裏番組は過去にない過酷度! 

 
「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」に出演する(左から)月亭方正、ダウンタウン・松本人志、ココリコ・遠藤章造、田中直樹、ダウンタウン・浜田雅功 
no title

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/17/0010739654.shtml

【今年の「ガキ使」は「アメリカンポリス」 紅白裏番組は過去にない過酷度!】の続きを読む