芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

売り上げ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/02(火) 06:44:07.61 ID:j2Ujj+lE9
日向坂46のデビューシングル「キュン」が発売初週で47・6万枚を売り上げ、オリコン週間シングルランキングで1位となったことが1日、分かった。
女性アーティストのファーストシングルとして、歴代最高の初週売り上げとなった。
これまでの最高初週記録は、16年4月発売の「坂道シリーズ」先輩グループ欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」で、26・2万枚だった。

キャプテン佐々木久美(23)は「1位を頂けたことは本当にうれしいですし、夢のようです。この記録は私たちだけで成し得た記録ではありませんので、これからも感謝の気持ちと初心を忘れずに、たくさんの方に愛されるグループを目指して頑張っていきたいと思います」と感謝した。

「キュン」は恋に落ちる気持ちを歌ったアップテンポなナンバー。
サビで見せる「キュンキュンダンス」がキャッチーなアイドルソングだ。
佐々木は「歌詞を聞いているだけでキュンとしてしまうフレーズがたくさんあります。そして、キャッチーな『キュンキュンキュン』というフレーズや、少しレトロな曲調も混ざっており、聞けば聞くほど癖になってしまう曲だと思います。たくさんの世代の方に共感して頂ける曲だと思います」とアピールした。

日向坂46は、16年5月にけやき坂46(ひらがなけやき)として結成。
当初は、姉貴分である欅坂46の2軍的存在だったが、単独全国ツアーを開催し、見る者を幸せにする「ハッピーオーラ」を武器に人気を獲得していった。
2月11日にグループ改名とシングルデビューを発表。
3月5日から2日間、横浜アリーナで単独コンサートを開催していた。

今後の意気込みを聞かれ、佐々木は「新たな坂道グループとしてデビューさせていただくということで、坂道の名に恥じないように、また、ひらがなけやきとして活動していた時の経験をいかして、たくさんの方に笑顔とハッピーを届けられるようなグループになりたいです」と答えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-04010826-nksports-ent

日向坂46
no title

日向坂46「キュン」
no title


センター 小坂菜緒
no title

no title

no title


日向坂46 『キュン』
https://www.youtube.com/watch?v=K5HPhoqyO4U


【【日向坂46】「キュン」、女性アーティスト歴代最高の初週売り上げ!欅坂46「サイレントマジョリティー」超えwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/16(土) 09:22:10.51 ID:6eU7rgSY9
女優の安藤サクラ(32)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜前8・00)が人気だ。
今週は即席ラーメンがついに完成。
「まんぷくラーメン」と名付けられた商品の量産に動き出した。
試行錯誤を経て生み出されたラーメンに視聴者のテンションも上がったが、同時にネットでは「まんぷく見ているとラーメンめっちゃ食べたくなる!」「チキンラーメンうまそう」「家の近くのスーパー、チキンラーメン品薄になってる!」という声も。
ドラマのモデル、安藤百福(ももふく)氏が創業した日清食品に朝ドラの反響を聞いた。

◆試行錯誤経てラーメン完成、ネットで話題「品薄になってる!」◆

「まんぷく」は朝ドラ通算99作目。
大河ドラマ「龍馬伝」、フジテレビ「HERO」「ガリレオ」「海猿」などのヒット作を手掛けた福田靖氏のオリジナル脚本。
インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代の大阪で明るくひたむきに生き抜く今井福子(安藤)とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平(長谷川博己)の波乱万丈の物語を描く。

ドラマ序盤から萬平と福子が屋台のラーメンを食べる場面があり「ラーメンうまそう」「屋台いいなあ」と話題になったが、今月の放送で萬平のラーメンづくりが始まると、視聴者の“食欲”も加速。
「あのスープが飲みたいな」「こんな苦労があって完成したんだね…今すっごく食べたくなった」などの声が広がった。

◆創業者夫妻がモデル、日清食品と視聴者の温かい遣り取り◆

朝ドラの反響がチキンラーメンの売り上げに好影響を及ぼしているか、日清食品広報部に聞いたところ「個別商品の具体的な売上動向はお答えしかねますが、2018年度は『チキンラーメン』の発売60周年にあたる記念すべき年で、期初から“『チキンラーメン』ブランドとして過去最高売上の達成”を目標に掲げておりました」と節目の年であると説明。

「新たな需要を開拓する新製品を次々と発売したり、テレビCMやネットなどで様々なプロモーションを展開するとともに、昨年10月から『まんぷく』の放送が開始されたことも相まって、目標を達成できる見込みとなっております」と、朝ドラも追い風となって過去最高の売り上げを達成できる見込みだと明かした。

「『まんぷく』はフィクションによるドラマではありますが、番組をご覧になったお客さまからは、弊社にも“波乱万丈な人生の中で、一所懸命に努力をされる人生に感銘を受けました”“様々な苦労をしながら、食うや食わずの生活をする人々のために新事業を起こそうと決意したシーンを見て大変感銘を受けました”“日清食品創業までの御苦労が伝わってきます”という声をいただいております」と広報担当者。
朝ドラを通じて温かい遣り取りが生まれている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000070-spnannex-ent

日清食品「チキンラーメン」 品薄の店舗も
no title

no title

【チキンラーメン過去最高売り上げ達成見込み、「まんぷく」が追い風に!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

1: なまえないよぉ~ 2019/02/12(火) 22:28:17.52 ID:SMCVYQC/9
誕生日を迎えた今月3日、女優の橋本環奈(20)が都内のホテルで会見を行った。

 各スポーツ紙によると、振り袖姿で会見したという橋本だが、同日2冊目の写真集「NATUREL」(講談社刊)を発売。。初のセルフプロデュース作だそうで、自己採点は「100点!」と自信をみせていたという。

 しかし、同日付のオリコン週間写真集ランキングによると、橋本の写真集は8560部を売り上げ3位。1位は発売5週目の乃木坂46・生田絵梨花の「インターミッション」(同)で、2万7140部を売り上げ、累計で20万5828部に達した。

「写真集は3780円となかなか高額。にもかかわらず、初版には“お渡しイベント”に参加できる『1冊券』、『3冊券』、『5冊券』と、3種類の抽選券付。握手や撮影などの特典があるが高額買いを煽ったため、ネット上では“極悪商法”を批判を浴びていた」(出版関係者)

 そんな橋本だが、過去の黒歴史も踏まえれば売り上げが伸びないのも納得だというのだ。

「16年に薬師丸ひろ子主演の不朽の名作をリメイクした橋本の主演映画『セーラー服と機関銃-卒業-』が公開されるも、興行収入は1億に届かず大惨敗しすっかり黒歴史に。その集客からしても、お金を払ってくれる熱烈なファンがいかに少ないかが分かるので、写真集が売れないのも仕方ない」(映画業界関係者)

 もっとまっとうに商売しないと、ますますファン離れが進みそうだ。

https://npn.co.jp/article/detail/87764657/

【セコい商法大失敗で写真集の売り上げが伸びなかった橋本環奈の黒歴史】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/09(木) 15:05:29.76 ID:CAP_USER9
今週のCDシングル売上レポートから2018年8月6日~8月8日の集計が明らかとなり、乃木坂46『ジコチューで行こう!』が924,272枚を売り上げて首位を独走している。

21枚目となる本シングルには、齋藤飛鳥が6作ぶりに単独センターを務める表題曲に加え、カップリングに劇場版『七つの大罪』主題歌「空扉」を収録。
初動3日間で924,272枚を売り上げており、週間チャートではミリオン突破となるのか、注目したい。

2位は、UP10TIONの日本3rdシングル『CHASER』。
現時点で93,808枚を売り上げており、これは1月に発売された前シングル『WILD LOVE』の初週売上を上回る数字となっている。
続いて、超特急『JESUS』が3位。
“8号車(超特急ファンの呼称)の日”の8月8日にリリースとなった本作は、27,162枚を売り上げている。

4位には、24,850枚を売り上げたこぶしファクトリー『きっと私は/ナセバナル』が、5位にはアイドルマスター シンデレラガールズシリーズより『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! いとしーさー□(ハート)』が19,231枚を売り上げ、それぞれ速報TOP5入りを果たした。


◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(集計期間:2018年8月6日~8月8日)
1位『ジコチューで行こう!』乃木坂46 924,272枚
2位『CHASER』UP10TION 93,808枚
3位『JESUS』超特急 27,162枚
4位『きっと私は/ナセバナル』こぶしファクトリー 24,850枚
5位『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! いとしーさー□(ハート)』輿水幸子(竹達彩奈),多田李衣菜(青木瑠璃子),藤原肇(鈴木みのり),水本ゆかり(藤田茜),森久保乃々(高橋花林) 19,231枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/66420/2

MV
乃木坂46 『ジコチューで行こう!』
https://www.youtube.com/watch?v=7eoiyP4kaAQ



乃木坂46『ジコチューで行こう!』
no title

no title


センター齋藤飛鳥
no title

no title

no title

【乃木坂46新曲『ジコチューで行こう!』が発売3日で924,272枚を売り上げ首位独走!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/08/04(金) 13:54:07.39 ID:CAP_USER9
今週のCDシングル売上レポートから7月31日~8月2日までの集計が明らかとなり、HKT48『キスは待つしかないのでしょうか?』が256,175枚を売り上げ首位に立っている。

『キスは待つしかないのでしょうか?』は、HKT48の通算10枚目となるシングル。
表題曲は片思いする女の子の気持ちを描いた切ない恋愛ソングで、19才の映画監督である松本花奈が手掛けたミュージック・ビデオも話題となっている。
初動3日間の売り上げで2位以下に大差をつけており、次週発表の週間シングル・セールス・チャートでの首位獲得もほぼ間違いないだろう。

続く2位には、118,799枚を売り上げたBOYS AND MEN『帆を上げろ!』。
表題曲は、作曲がヒャダイン、作詞がいしわたり淳治という初タッグによる楽曲で、「夢は諦めなければ必ず叶う」という熱い思いが描かれている。
週間結果までのセールスで、どれだけ1位に追いつけるかに注目したいところだ。

また、3位には28,590枚を売り上げたももいろクローバーZ『BLAST!』が入った。
本作は初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の3形態で発売され、表題曲「BLAST!」のほか、“食べる”をテーマとした新曲「Yum-Yum!」、初回限定盤Aには田中将大選手登場曲「何時だって挑戦者」、初回限定盤Bには新録曲「境界のペンデュラム」と合計4曲の新録曲と1曲のinterludeが収録された作品となっている。
そして、その後を約5,000枚差で韓国ボーイズグループSF9『EASY LOVE』が追っており、5位には“ラブライブ!”シリーズよりAqoursのシングルがつけている。

◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2017年7月31日~8月2日までの集計)
1位『キスは待つしかないのでしょうか?』HKT48 256,175枚
2位『帆を上げろ!』BOYS AND MEN 118,799枚
3位『BLAST!』ももいろクローバーZ 28,590枚
4位『EASY LOVE』SF9 23,163枚
5位『ラブライブ!サンシャイン!! デュオトリオコレクションCD VOL.1 SUMMER VACATION』Aqours 13,605枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00054013-exp-musi

【MV full】キスは待つしかないのでしょうか? / HKT48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=YkDyX5S37rE



HKT48 10thシングル『キスは待つしかないのでしょうか?』
no title

HKT48
no title

センター松岡はな
no title

no title

【【HKT48】『キスは待つしかないのでしょうか?』が25万枚超売上げで首位 センター松岡はな】の続きを読む