芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

声優

1: なまえないよぉ~ 2019/05/15(水) 16:01:32.84 ● BE:486699244-2BP(2000)
『メン・イン・ブラック』最新作、「吉本坂」を全員起用で波紋 何役? 公式SNSには批判殺到
人気映画シリーズ『メン・イン・ブラック』の最新作の日本語吹替版について、映画ファンの間で物議を醸している。

 問題となっているのは、6月14日公開予定のシリーズ最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』。
シリーズはスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める人気SFアクション作でファンも多く、最新作にも期待が集まっていた。

 そんな中、12日に都内で行われた公開直前イベントに「M(マジで)I(イケてる)B(ビッグ・グループ)」としてMIB日本支部エージェントに任命されている吉本坂46が登場。その中で、
46人全員が日本語吹替版で声優を務めることがサプライズ発表され、メンバーたちはそれぞれ喜びを口にしていた。

 しかし、これについて映画ファンからは、「餅は餅屋。プロの声優を起用してください」「ここまで反感買う吹替に出来るの逆に凄い」
「映画をなんだと思ってますか?もううんざり。遊んでますよね、絶対に」
といった批判が殺到。『メン・イン・ブラック:インターナショナル』公式ツイッターの元にも多くの批判が寄せられ、炎上状態となっている。
no title


 「実は先月19日に公開された映画『シャザム!』についても、日本語吹替監修・演出を務める福田雄一監督が、主人公の吹替声優に菅田将暉を起用したことで、
『イメージと合わない』として批判が殺到。
『お気に入りの俳優を起用して作品を私物化してる』という声も見られました。多くの映画ファンが吹替版作品に求めているのはプロの声優の吹替なだけに、
素人である芸人が大量に起用されるという今回のプロジェクトへの不満が多く寄せられてしまったようです」(芸能ライター)

 吉本坂46ファンからは、「批判あるけどファンだから吉本坂メンバーの声優楽しみにしてる」「観た上で批判されるのはしょうがないけど、
イメージだけで吉本坂を避けないで」といった擁護の声も上がっているが、
「吹替版は絶対に観ない」「字幕で観る以外の選択肢がない」といった厳しい宣言も多く見受けられた。
http://news.livedoor.com/article/detail/16459132/

吉本坂46
https://www.youtube.com/watch?v=UrdOxREwfOA
no title


【【炎上】映画「メン・イン・ブラック」最新作、吹替版の声優に「吉本坂46」46人全員を起用→批判殺到wwwww】の続きを読む

f4b1b857

1: なまえないよぉ~ 2019/05/06(月) 12:33:32.34 ID:SQ2eQd3w9
声優がテレビ番組に出演することは当たり前の光景になった。しかし、声優はあくまで声の仕事。顔を出してテレビに出ることを、快く思っていない人も少なくない。ガールズちゃんねるに4月下旬、「声優の顔見たくない人集合」というスレッドが立った。スレ主は、好きな二次元作品はたくさんあるが、「私が好きなのは二次元のキャラであって中の人ではありません」と現状を憂いた。(文:石川祐介)

■「絶対見たくないけど、今の時代避けられない。耐性つけるしかないのか」
「見たくないね。よくイケメンとかのCD?とかあるけど声優がブサイクだと思うと萎える」など、スレ主に共感を示す人は多かった。
キャラクターと声優の顔のイメージが大きく違うと、モヤモヤ感を抱いてしまうのだろう。「見たくない声優の顔を見たらアニメの世界に入りこめなくなる」という意見もある。アニメの世界観を楽しむために声優の顔を視界に入れたくないという人もいた。

確かに「このキャラってこの顔の声優が担当してるのか」という意識が少しでもチラついてしまうと、作品のノイズになる恐れがある。「絶対見たくないけど、今の時代避けられないのが現状。もうこっちが耐性つけるしかないのかとあきらめてる」という声も。声優の顔を見たくない、という人達は、肩身の狭い思いをしているようだ。

■「最近は中の人を知らないといけない雰囲気で、話を合わせるのが面倒」
アニメが好きな人が声優好きとは限らないが、境があいまいなせいで、理想の楽しみ方が出来ないという不満も聞かれる。
「最近は中の人を知らないといけないみたいな雰囲気で、話を合わせるのが面倒」
「Twitterだと同じ趣味の人いても、声優も好きだったりな人が多いから合わない!」

ただ、声優界は今や供給過多であり、あの手この手でセルフプロデュースしなければ生き残れない。そのため、タレントのような振る舞いをさせて声優を売り込む事務所も多いが、そうした戦略を受け入れられない人もいる。

「自分をタレントだと思ってるような活動してる声優もいるよね」
「女性声優の水着姿とかいる?もう声優関係ないじゃん」
「昔は、どんなに顔出しのオファーが来ても、夢を売る仕事だからと絶対顔出ししないプロばかりだったけど」

黒子として作品の面白さを支えたいと考えている声優もいることだろう。しかし、声優はドル箱コンテンツだ。アイドル路線、タレント路線の売り出し方は今後も続きそうだ。

https://news.careerconnection.jp/?p=71020 
2019.5.6 

【声優の顔出しがイヤだ、という人の声 「アニメにのめり込めない」「女性声優の水着姿とかいる?もう声優関係ないじゃん」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/04(土) 13:19:59.42 ID:HNVeQ7Mj9
ゴールデンウィークは録画していた番組や、ためていた映画のDVDを見る機会も増えるだろう。ここで気を付けたいのが、本業ではないタレントが声優を務めている作品だ。中でも多いのがアイドルや若手女優だが、その中には原作ファンから高く評価された者もいれば、逆に嫌われてしまった者もいるという。いったい誰なのだろうか。

 まずは高評価だったのは飯豊まりえ。2月公開の劇場版アニメ『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』で声優に初挑戦したが、主人公・冴羽リョウ役の神谷明は「まりえちゃんの一言を聞いただけで『あ、大丈夫、いける』(と思った)」と絶賛。こだま兼嗣総監督も「劇中のキャラクターがまんま発しているようなお芝居をしてくれたので、楽しくてしょうがなかった」と語っている。

 アイドルでは元AKB48の渡辺麻友が挙げられる。2016年10月に放送された『魔法つかいプリキュア!』(テレビ朝日系)で声優を務めた際、SNSやネットには彼女を絶賛する意見が並んだという。

 だが同じ元AKBメンバーでも酷評された人物が……。それが篠田麻里子だ。2012年に公開されたアメリカ映画『TIME/タイム』でヒロイン役の日本語吹き替えを担当したが、SNSからは厳しい声が続出した。

 『コージジ苑』『こびとねこ』で知られる漫画家の相原コージも、自身のTwitterで篠田を痛烈に批判。「ヒロインの吹き替えが気になって面白さ半減。ググってみたら篠田麻里子がやってたのね。これじゃ、映画そのものもかかわった人達もあまりに気の毒。キャスティングした奴は切腹すべき」とボロクソに叩いている。

 さらに榮倉奈々もバッシングに遭った一人。2015年に公開された映画『名探偵コナン 業火の向日葵』で声優を担当した際、ファンからは「榮倉奈々アフレコ下手すぎ」「榮倉奈々棒読みだよね~」などと不満の声が挙がった。

 関係者は、くれぐれも人気や知名度だけでキャスティングしないでほしいものだ。

2019年5月4日 12時30分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16410535/

写真
no title

【声優を務めて高評価&ひどかった若手女優、アイドル、篠田麻里子や榮倉奈々には酷評wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/01(水) 20:24:49.58 ● BE:486699244-2BP(2000)
山田麻莉奈1st写真集まりり【公式】 @mariri20190523
先程のツイートですが、誤ってほかの画像があがっていたため当該ツイートを削除させて頂きました。
山田さんならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたこと深くお詫びいたします。
https://twitter.com/mariri20190523/status/1123530320773402624

疑惑の画像
no title

no title


山田 麻莉奈(やまだ まりな、1995年3月24日 - )は、HKT48の元メンバー。福岡県久留米市出身。クロコダイル所属。
愛称 まりり
性別 女性
出生地 日本の旗 日本・福岡県
生年月日 1995年3月24日(24歳)
血液型 B型
職業 声優
事務所 クロコダイル
no title

no title

no title

no title

https://www.youtube.com/watch?v=1tDV2tgoDf0



http://music-book.jp/music/news/news/251701

【【炎上】元HKT48・声優の山田麻莉奈さん Twitter写真に局部が映る疑惑→即削除wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/04/19(金) 15:23:07.33 ID:J830+pg39
『BanG Dream!』の松原花音役、『響け!ユーフォニアム』の川島緑輝役などを務める声優の豊田萌絵が『豊田萌絵2nd写真集(仮)』(声優グランプリ)を7月1日に発売する。

トルコでは7日間にわたるロケを敢行。
異国情緒あふれるイスタンブールでの、かわいらしい街歩きやホテルでのカットはもちろん、モスクでの神秘的なカットも。
世界遺産・カッパドキアでは、自然が生んだ奇跡の岩場や、気球が写る幻想的な風景の中での美しさが際立つ。

さらに初めてのランジェリーショットにも挑戦。
グラマラスで女性も憧れる抜群のスタイルを披露した。
前作から2年経ち、さらに大人っぽく成長した豊田がさまざまなシチュエーション、衣装で限界に挑む。

5月25日には発売前イベント、7月27日には発売記念サイン会を開催。
アニメイト・ゲーマーズ・とらのあな、での予約者を対象にイベント参加応募券が配布される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000359-oric-ent

『豊田萌絵2nd写真集(仮)』より
no title

no title

no title

no title

no title


豊田萌絵
no title

【声優の豊田萌絵さんがグラマラスなドスケベボディを披露wwwww】の続きを読む