芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

声優

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/12/02(金) 18:18:33.30
「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの主人公・碇シンジ役などで知られる緒方恵美(57)が、2日までに自身のツイッターを更新。政府がコンサートチケットなどの高額転売防止のため、購入の際にマイナンバーカード活用を検討していることに対して苦言を呈した。

河野デジタル相がデジタル庁に対し、プロスポーツを始めとする関係団体と具体的な協議を始めるよう指示したとされたことについて緒方は「“日本国発行のクレカしか使えない”“日本国で販売されてる携帯が必要”…そのおかげで日本のライブ・イベント業界は、海外から来て下さっていたお客様の大部分を失いました。転売ヤー対策と言って始めた施策が追い詰めた。それにみんな今苦しんでいるのに。更なるガラパゴス化?あり得ない…!」と吐露。「転売ヤーは嫌だけど転売ヤーから買うしかない、悔しいと言ってた彼らを完全締め出しする施策」とした。

続けて「当たり前ですが配信も買えません。日本国発行のクレカが必要だから。今来日してくれてる僅かなファンは、出るかわからない当日券を最後の望みとし、必死で航空券とホテルを押さえてくれている。…そんなことをさせているのが申し訳なく悔しく、情けない。本当にこれで終わってしまう」と海外ファンへの思いをにじませた。

 また、この発言がニュースとして取り上げられると「…当たり前ですが転売ヤーにはいなくなってほしい。でもこれが本当に転売対策になる?今一度考えて頂きたいのです。決議されてしまう前に。そして知ってほしかった」と意図を説明。「同じ作品を、音楽を愛する私達の仲間が、海外に住んでいるというだけで弾かれてしまっている現実を。外国人はもちろんですが、海外在住の日本人さえ。そしてこの案が通れば更に…今でも、業界は皆、なんとか、と努力しています。それが更に…は避けたい。みんなのために」と切実な思いをつづった。

2022年12月2日
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/12/02/kiji/20221202s00041000411000c.html

hysteric_okoru_woman

【声優・緒方恵美、チケット購入時のマイナカード活用にブチギレ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/11/30(水) 14:40:49.96
 最近、続々と報じられる声優の体調不良。なりたい職業ランキングの常連にもかかわらず、アイドル活動をする多くの若手女性声優が体調不良を訴え、活動を制限したり休止したり、中には適応障害と発表するなどメンタルの不調を訴える人も。なぜそのような事態に陥っているのだろうか。

 メンタルヘルスの重要性が叫ばれる今、声優業界はどうあるべきなのか。23日の『ABEMA Prime』では、40年以上のキャリアを持つ三ツ矢雄二氏と、榎本温子氏の声優2人とともに議論した。

■榎本温子「20代の頃のメンタルは悪かった」

 以前と比べて声優の仕事は変化してきているのか。三ツ矢氏は「今みたいに全ての声優さんが歌を出し、踊り、芝居もして、みたいなことは僕たちの時はなかった。それが変わったのは、2.5次元ミュージカルが流行り出した頃と、深夜アニメが増えたこと。
深夜のアニメを見ているファンがまずキャラクターを好きになって、その声を担当している声優さんのことも好きになって、両方合致して人気が出た。今の“声優アイドル”は、例えばAKB48といったものを模倣したものがだんだん主流になり、“声で芝居をする職業”という部分が二の次、三の次になっている。
オーディションをすると、『あなたはグラビアに出られますか?』『水着になれますか?』『歌を歌えますか?』と聞かれる。それができない人はキャスティングされないこともあったりして、時代は変わったなとすごく感じる」と話す。



■三ツ矢雄二「“声優は裏方”という根本に使う側が戻ってもらいたい」

 声優業界の疑問点として、三ツ矢氏は「若手声優が使い捨てになっている」ことをあげる。「アイドル以外で地道に続けている人たちは、1本30分のアニメーションで1万5000円というギャラで細々と頑張っている。
そういう人たちが何年後かにギャラを上げなくちゃいけない時に、『他にいるからいいよ』と使い捨てになってしまう。事務所と密に関係を持っていても、『休ませてください』と言うといい印象を与えない。僕は事務所に強く言えるけど、新人の人は言えないというのは、将来がすごく心配だ」と懸念を示す。

 さらに、業界を変えていくためには「声優ブームが一旦収まること」が必要だと指摘。
「聖子ちゃんや明菜ちゃんのアイドルブームは一度去った。それと同じように、アニメ・声優ブームも落ちつくか去っていかないと、やはり新しいシステムは成り立たない。
今、30代や40代で残っていられる声優さんは先があるけど、20代でバタバタしている新人の声優さんはある意味、明日がない。そういう子たちがきっちりと残れるように使う側が考えていかないと。
今のブームになってから、アニメや洋画の声優、ラジオのディスクジョッキーなど、『マルチに活躍したい』って判を押したように言ってみんな入ってくる。
そういう仕事があればやって、自分の首を締めちゃって自滅する。1回これをチャラにして、“声優は裏方で、芝居をする。
そのキャラクターを生かしていく仕事なんだよ”という根本に、使う側も戻ってもらいたい」と訴える。



https://news.yahoo.co.jp/articles/e31a33ab9b9740879c6a4be3a23822584b4b5cf7

job_seiyu_ikebo

【三ツ矢雄二「“声優は裏方”という根本に使う側が戻ってもらいたい」相次ぐ声優の体調不良…若手声優が使い捨てになっている現状を問題視】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/11/28(月) 16:56:04.43
 声優の前田佳織里さんが、2022年11月25日に配信されたニッポン放送のポッドキャスト番組「金曜日のしじみ」で披露した豪快な飲酒スタイルが話題になっている。

■「もうここに入れて飲めばよくない!? 」

 前田さんは、人気ゲームアプリ「ウマ娘」のナイスネイチャ役などで知られる人気声優。番組は、声優の青山吉能さんとの共演で、2人が毎回違ったお酒などのドリンクを飲みながら進行していく。番組公式ツイッターの23日の投稿では、「今回は梅酒を楽しんでいる2人ですが、ロックで飲もうとした氷に問題発生!? 」と予告されていた。配信直前の25日17時には、前田さんが「氷でとあるハプニング発生w」とツイート。

 25日21時に番組が配信されると、番組公式ツイッターに「前田さん『全然くだけない』」のつぶやきと共に、必死で氷を砕こうとする前田さんの写真が投稿プされた。

 続けて「前田さん『もうここに入れて飲めばよくない!? 』」のツイートを添えて公開されたのは、3枚の写真。前田さんが氷の入った容器に直接梅酒を注ぎ、容器に口をつけて豪快に飲む姿だ。

 共に番組パーソナリティーを務める青山さんは、「今回はかおりんの奇行が飛び抜けています」としたうえで、「奇行、これです」のつぶやきを添えて番組の投稿をリツイートしている。配信でも、前田さんが悪戦苦闘し、最終的に氷の容器に梅酒を注ぐ様子が伝えられていた。

 この飲みっぷりにSNS上では、「ワイルドすぎぃ」「おとこまえだ!」「大酒豪でワロタ」「絵面がヤバ過ぎて笑いが止まんない」などの書き込みが相次いでいる。

11/28(月) 13:18配信
J-CASTニュース

「絵面ヤバすぎて笑い止まんない」 ウマ娘声優の豪快飲酒に反響...共演者もツッコミ「奇行、これです」

https://news.yahoo.co.jp/articles/ee74803f374985da28ec79bb6d96e8b4ea6a6076

【写真】実際の豪快すぎる飲酒方法
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221128-00000006-jct-000-1-view.jpg
https://www.j-cast.com/images/2022/11/news_20221128130816.jpg
https://www.j-cast.com/images/2022/11/news_20221128130937.jpg
https://www.j-cast.com/images/2022/11/news_20221128130847.jpg

pose_english_wow_man

【ウマ娘声優の前田佳織里さん、飲酒方法がヤバすぎると話題に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/11/17(木) 18:17:39.74
TBS系で放送中のアニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のミオリネ・レンブランやアニメ映画「君の膵臓を食べたい」(2019年)のヒロイン・山内桜良などを演じた声優・Lynnが、15から16日にかけて「#平日の夜のLynnリプ祭り」を開催。ツイッターで、フォロワーからのさまざまな質問に答えた。

Lynnは「最近ありがたいことにフォロワーさんも増えたので、久しぶりにリプ返やろうかな!#平日の夜のLynnリプ祭り で呟いてくださった中からランダムでお返事します。」とつぶやき、「祭り」がスタートした。

この中で、男性とみられるあるファンが「女性声優と結婚するにはどうすればいいのですか?」と質問した。「10年くらい前から女性声優と結婚するにはどうすればいいか議論されていて、『業界関係者になる』のが一番近道と声優の方々が多くおっしゃってました。今はどうなんでしょうか?」と思いをつづった。

これに対してLynnは「なんで女性声優と結婚したいんですかね?職業でしか見てないのかな?笑」と回答した。このちょっぴり辛口で絶妙な答えがジワジワとバズり、17日には「女性声優」「女性声優と結婚」がトレンドワードとなった。

ネットには「火の玉ストレートな回答」「ピンポイント爆撃ですね」「渾身の一撃。泣いた。」とLynnの返しが突き刺さったフォロワーが続出。「オタクの欲望に正論で返してくれるとは。やさしい。」とあえて返答したLynnを評価する声もあった。

2022.11.17
https://www.daily.co.jp/gossip/2022/11/17/0015816459.shtml

Lynn
https://pbs.twimg.com/media/FhcJQjPaMAAY_l6.jpg
https://pbs.twimg.com/media/FhcJQjVagAAgG0z.jpg



bakanisuru

【「女性声優と結婚するにはどうすればいいですか?」質問に「ガンダム水星の魔女」ミオリネ役 Lynnがド正論回答】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/11/07(月) 16:34:49.27
2022年11月4日、来月に公開が予定されている『SLAM DUNK』の新作映画『THE FIRST SLAM DUNK』の声優がTVアニメ版から変更されることが明かされました。その直後から各SNSでは旧来のファンによる悲痛な投稿が相次ぎ、ショックを受けた方が大勢いることが明らかになりました。なぜ声優交代に否定的な意見が多かったのでしょうか?

中略

声優の交代自体は珍しい話ではありません。先日、2年にわたる再アニメ化を終えた『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』は1991年に1度目のアニメ化が行われていますが、新作では新たな配役が行われ、特に問題なくファンにも受け入れられています。

これは「1話から全編リメイク」という違いとあわせ、第1作で主人公のダイ役を務めた藤田淑子さんが2018年に惜しまれつつも他界されたことも、大きな要因のひとつとなっているでしょう。再び演じてもらいたくても、どうにもなりません。なお、藤田さんは2019年に発売されたゲーム『JUMP FORCE』でダイ役を演じており、これが遺作となっています。収録は2018年と思われるので、足掛け27年にわたりダイ役を演じてくれました。

対して『SLAM DUNK』はTVアニメ版の桜木花道役・草尾毅さん、流川楓役・緑川光さん、赤木剛憲役・梁田清之さん、宮城リョータ役・塩屋翼さん、三井寿役・置鮎龍太郎さんの5人全員が現役で活動しています。塩屋さんは講師や音響監督へと仕事が移行しているようですが、今もたまにですが声の仕事もされているようです。

また、声優交代が発表される前から前売りチケットの販売が開始されていたこと。現在千葉テレビやテレビ愛知などでTVアニメの再放送が行われ、過去の記憶が呼び覚まされた方が多かったことなど、さまざまな理由から否定的な意見がSNS上に数多く投稿されてしまったと思われます。

アニメは映像とストーリー、音声で構成されていますが、このなかで最も強く心に刻まれるのは「音声」です。子供の頃に見たアニメのストーリーは忘れてしまっても、オープニングやエンディング、キャラクターたちの声はいつまでも心のなかに残り続けています。

中略
とはいえ、さまざまな事情から声優の交代をしなければいけないことが多いのもまた事実です。

全文はソースをご覧ください

2022.11.07
https://magmix.jp/post/119924

figure_angry

【新作映画『スラムダンク』声優交代にファン激怒の理由 炎上を避けるにはどうすべきだったか】の続きを読む